babydeernkitten0

 野生の生き物たちには彼ら自身の生き様があって、ニンゲンやペットたちのそれとはときおり何かのハプニングで交わることがあるとしても、それぞれ別々の世界で生きていくことが望ましいとされるわけなんだが、そんなハプニングで訪れた出会いと別れは、やっぱりちょっと感動的だったり寂しかったりするものなんだ。

 今日は赤ちゃんの時にニンゲンに助けられたシカと、ペットの猫とのモフ風景を写した動画をお目にかけよう。

スポンサードリンク


Missed YOU! Rescued Deer & Kitty Cat By The Lighthouse Lady

 このオジロジカの赤ちゃんは2014年の夏に保護され、アーロンと名付けられたんだ。
babydeernkitten1

 お母さんがどこかへ行ってしまい、数日間一人で過ごしたアーロンくんは、心優しいニンゲンさんにミルクをもらい、自分で生きていけるまでに成長した。

babydeernkitten2

 保護した人たちは、アーロンくんがちゃんと一人でご飯を食べて生きていけるようになった時、森に帰してくれたんだくれたんだよ。

 その後もときおりやって来ては、仲良くなった猫とこうやって楽しそうに遊んで過ごすアーロンくん。この猫ちゃんも、実はもともとは保護猫だったそうなんだ。

babydeernkitten3

 猫のほうもアーロンくんが大好きみたいだね。
babydeernkitten4

 月に何度かは顔を見せにやって来たというアーロンくんだが、2015年の10月を境に姿を見せることがなくなったという。撮影者さんはとても寂しがっていて、アーロンくんがどこかで元気に過ごしていること、またいつか遊びに来てくれることを祈っているそうだ。

 保護された時の様子はこちら。

Baby Deer Almost Dead - Rescued By The Lighthouse Lady

edited by ruichan

▼あわせて読みたい
「…というわけだ」「了解した」「ではいずれ」裏庭でのシカと猫とのコンタクト、その真相はいったい?


なんか変なのがいた!アンタ何ていう動物?猫に興味津々なシカ御一行様


ハロウィンにはまだ少し早いけれど「オヤツくれないとイタズラするよ?」犬用のドアからシカがこんにちは


あらロマンチックがとまらない。枯草の上で、犬と鹿のらぶりんちょ。


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年02月07日 22:02
  • ID:Z.aQjdl90 #

ペットは、育児放棄あるけど野生でもあるのか?
お母さんがどこかへ行ってしまい・・・密漁か?
アーロン(T . T)

2

2. 匿名処理班

  • 2018年02月07日 22:17
  • ID:cI5Xu.v50 #

恋人見つけてそっちに夢中になったに違いない。
警戒心の強い野生出身の奥さん(旦那さん?)に、「人間のところなんか行ったら別れてやる!」って脅されたに違いないさ。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年02月07日 22:48
  • ID:wovHen760 #

家族を持ったのかな。
きっといつか、可愛い子鹿をお披露目に来てくれる。

4

4. 匿名処理班

  • 2018年02月07日 22:58
  • ID:gCxJJJ7.0 #

猫のうっとり表情ええなぁ

5

5. 匿名処理班

  • 2018年02月08日 00:36
  • ID:FzjxXJJJ0 #

大人の階段を登ったのさきっと…

6

6. 匿名処理班

  • 2018年02月08日 01:05
  • ID:sKNB086K0 #

猫さんだけでなく人にも慣れてるなと思ったら
なるほど育ててくれた恩人なんだね
愛情は伝わるもんだね

7

7. 匿名処理班

  • 2018年02月08日 13:40
  • ID:xBkadlo30 #

※2
幼稚園訪問で有名になった日本のペリカンさんも、奥さん出来てからパッタリ訪問を止めちゃったもんなw

8

8. 匿名処理班

  • 2018年02月08日 13:41
  • ID:L0LiIeCQ0 #

コヨーテが美味しく頂きました

9

9. 匿名処理班

  • 2018年02月08日 14:55
  • ID:uIAtR1Un0 #

※1
普通に狩られた可能性もあるし、そうじゃなくても野生でも育児放棄はありますよ
外敵から逃げる為にはぐれてしまったり、怪我や病気で付いて行けなくなったり
野生動物が生物としての肉体的限界まで生きる事は稀で、飼育下に比べると寿命が短い生物が殆どです

10

10. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 16:13
  • ID:dcEY.tIC0 #

※8 捕食者と狩猟者によって、鹿が爆発的に増えて
害獣になる(→今日本ココ)事がないんだね。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 09:19
  • ID:pPT5O4Lh0 #

鹿ちゃん、ほんっとに猫兄ちゃんがスキなんだなあ!
鹿どうしのこんなになめる愛情表現は見たことないよ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク