dog-1_e

 2月も終わりに近づいたころ、アメリカオレゴン州で暮らす犬のデイジーさんを悲劇が襲った。当時のデイジーさんは出産を終え、愛する7匹の我が子と幸せな未来を夢見て暮らしていた。

 デイジーの飼い主のジェシカさんはデイジーとその子供たちのために居心地の良いベッドを納屋に作ってあげたところであった。突然の火事がその納屋を燃やし尽くしてしまったのだ。その火事により、デイジーさんは最愛の子犬たちを失ってしまう。

 悲しみに暮れていたデイジーさんを見かねて飼い主のジェシカさんは、ちょっとしたアイデアを思いつく。
スポンサードリンク

dog-1_e


 ジェシカさんのアイデア、それというのは「母親のいない動物の赤ちゃんを引き取ろう」というもの。我が子を失ったばかりのデイジーさんに少しでも生きる気力を思い出してほしい故の苦肉の策だった。

 facebookで「母親のいない動物の赤ちゃんを探しています。」とデイジーさんの近況と共に書き込みをしたジェシカさんの投稿はあっという間に注目を得る。そうして「生まれてすぐに母犬を亡くしてしまった8匹の子犬たちがいます」という連絡が入る。

 そうしてデイジーは生まれて間もない8匹の子犬たちの里親となった。かくして行き場を失った母性、そして一度は失いかけた生きがいを再発見したデイジーは、みるみる明るい表情を取り戻していった。

 命を懸けて産んだ子供たちを突然失うというのは、並大抵の悲しみではなかったろう。しかしジェシカさんの粋なアイデアで生きる喜びを思い出せた。そして産まれてすぐに母犬を失ってしまった子犬たちは、デイジーさんとの生活できっと母親に包まれている暖かい心地よさ、愛情を知ることができたのではないだろうか。

 子犬たちは離乳の時期までデイジーさんと共に暮らし、その後父親のもとに戻ったとのこと。ちょっとした出会いで交差した犬生。子供を失った母親は子供を育てる幸せを知り、母親を失った子犬たちは母親の強さ、やさしさ、温かさを知り立派な成犬になっていくはずなんだ。


Dog That Lost Babies In Fire Gets 8 Orphaned Puppies To Care For


▼あわせて読みたい
ずっと待ってたの。2年間置き去りにされた犬、苦難の末新しい家族のもとへ


生き別れたあの子に会いたい!犬肉加工工場で保護され生き別れた恋犬同士、数カ月ぶりに再会する!


虐待を受けていた犬サッシ、新しい家族とのいちゃこらが止まらない。


一件落着!盗まれた愛犬、無事に飼い主のもとへ


同じ悲しみを経験したからもう離れないよ。寄り添い生きる二匹の犬、CCとチューバッカの物語





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1.

    • 2017年03月16日 21:57
    • ID:O8VqkuqZ0 #
    2

    2. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 21:57
    • ID:BQveiTOl0 #

    火事って…死んでしまった子犬たちが可哀想すぎる

    3

    3. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:01
    • ID:m.4CwsQw0 #

    全俺が泣いた( ;∀;)

    4

    4.

    • 2017年03月16日 22:03
    • ID:5u7SaJm00 #
    5

    5. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:15
    • ID:4Yj7uffq0 #

    So touched……!
    デイジーさんめちゃうれしそうで、パピーもハッピー。
    いいことしたなぁ!

    6

    6.

    • 2017年03月16日 22:21
    • ID:xU8.KshM0 #
    7

    7.

    • 2017年03月16日 22:21
    • ID:tr.J9Sox0 #
    8

    8. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:37
    • ID:5E4j32Lz0 #

    笑顔が良いだけに、ショックの大きさを察してしまう

    9

    9. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:39
    • ID:a52p.Yei0 #

    母のない子と子のない母と、か

    10

    10. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:49
    • ID:ZkLhUd.w0 #

    小泉八雲が「病理学上のこと」というエッセイで飼い猫が流産した後に子育て行動を続けたことについて書いている。子供がいなくなったことをなかなか理解できず、呼んでみたりあちこち探したり、家人が戸棚の引き出しをいちいち開けて見せたりしているうちに漸くそういう行動も止んできたという。それでも寝言で呼び鳴きしたり寝相で何かと遊ぶ仕草をしたとか。

    11

    11. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:53
    • ID:7DNDmUHX0 #

    その場に居て何故飼い主は助けられなかったのか。。非常にモヤモヤする。

    12

    12. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 22:56
    • ID:nwJwXoW00 #

    色が全然違うが、我子と認識できるのだろうか。

    13

    13.

    • 2017年03月16日 22:59
    • ID:8rlaiUbw0 #
    14

    14. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 23:00
    • ID:JdqFfwTv0 #

    死んでしまった子犬達の事を母犬はきっと忘れる事はないだろうけど、
    こんな利害の一致は、素晴らしいじゃないですか。

    15

    15. 匿名処理班

    • 2017年03月16日 23:38
    • ID:vl4vSPBn0 #

    >Priceless

    いやほんとにいい笑顔です

    16

    16. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 00:24
    • ID:B.9fhczM0 #

    火事の原因は?

    17

    17. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 00:38
    • ID:Ue8kI4XZ0 #

    そもそもなんで火事が起きた?

    18

    18. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 00:59
    • ID:pa.MFZQ60 #

    もちろん、自分の子じゃないことはわかってるけどそれでも母親にとってみれば喪った悲しみはそれなりに癒されたでしょうよ。母親ってそういうものでしょ。

    19

    19. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 01:48
    • ID:ct.JqIHl0 #

    イタズラで放火されたとかが原因か?
    この子たちが幸せと思う時間ができますように。

    20

    20. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 03:20
    • ID:j58cH6Dr0 #

    いきなり子供をなくしても身体は対応できないんだよ。
    乳房が母乳でガチガチになっても自分で搾るしかない虚しさとそれを棄てる忍びなさを犬とはいえデイジーさんが知らなくて良かった。

    21

    21. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 04:01
    • ID:Knh0H1Sd0 #

    アメリカじゃ結構自然発火で山火事が起こったりするからね
    火事が起こってる中助けにいけとか普通の人間の発想じゃない

    22

    22. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 07:53
    • ID:ulxSTQg80 #

    ※11
    "その場にいて"
    なんてどこに書いてある?
    都合のいい状況を想像で作り上げて飼い主を叩きたいだけ?

    23

    23. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 09:05
    • ID:Gqdie4Sg0 #

    犬ってやっぱり笑うんだね
    人間側の希望的観測じゃなくてやっぱり笑ってたんだね(´;∀;`)

    24

    24. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 09:12
    • ID:YTlB0J8Q0 #

    失った本当の子供たちは帰っては来ない
    代償行為なのかもしれない。でもたとえそうだとしても
    生きようとする力になるのなら、それでいいじゃないか

    25

    25. haha

    • 2017年03月17日 11:35
    • ID:HscquAIO0 #

    我が子を失った悲しみを乗り越えての、
    デイジーさんの誇らしげな笑顔に涙 ( ;∀;)

    26

    26. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 12:39
    • ID:H289rMJn0 #

    ※11
    妄想膨らませすぎ
    現実でも妄想で他人叩いてるなら自分を省みたほうがいい

    27

    27.

    • 2017年03月17日 15:23
    • ID:6WXl6y970 #
    28

    28. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 15:25
    • ID:iIKslSuf0 #

    デイジーさんの嬉しそうな顔が、逆に泣かせるなあ。

    あと、管理人さん、冒頭の『デイジーさんは子供達との幸せな未来を夢見てた』な文は、余計に切なくなるよ(泣

    29

    29. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 18:02
    • ID:RlDTSXU00 #

    乳母犬やん、、

    30

    30. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 19:12
    • ID:IWee8LL30 #

    え、子どもはずっとジェシカさんちの子になるんじゃなくて取り上げちゃうのか

    31

    31. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 23:07
    • ID:0ZzawRzT0 #

    ※30
    まあ、飼い犬の場合産んだ子でも育ったらそれぞれ貰われていくってのはしょっちゅうだからねえ

    32

    32. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 23:09
    • ID:qXlR7sAW0 #

    良かったのー

    33

    33. 匿名処理班

    • 2017年03月17日 23:13
    • ID:D.HWG.v00 #

    ええ表情しとる
    経緯は複雑だが今は幸せなんやろな

    34

    34. 匿名処理班

    • 2017年03月18日 06:21
    • ID:jVg8AMCH0 #

    カリスマドッグトレーナーのシーザーミランが
    「犬は過去ではなく今を生きている」とよく言うが
    デイジーさんのスマイルはその通りよ!って言ってるみたいだ。

    35

    35. 匿名処理班

    • 2017年03月18日 16:54
    • ID:GGCWVIly0 #

    こういうの結構稀なケースだと思う。
    このデイジーさんが他の犬より母性が強かっただけで。
    ほとんどの場合見向きもしないだろうし最悪の場合よその子犬を威嚇して噛み付く、というケースもあると思う。
    何にせよ今回は良い結果になってよかった。

    36

    36. 匿名処理班

    • 2017年03月28日 15:20
    • ID:s3i1gRfp0 #

    泣いた

    37

    37. 匿名処理班

    • 2017年04月09日 06:43
    • ID:QOUccCjK0 #

    動いてる映像、お前が喋ってるシーンだけかよって思ったw

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク