0_e

 いつの世も人類は美しくありたいという願望があるようだ。それはまさにDNAに刻み込まれているといってもよいだろう。これまでの人類の長い歴史の中で、美しく見せるために人は体をさまざまに改造してきた。

 太古の昔からあってもっとも広く行われていたのは、頭蓋骨の形を変形させることだった。幼児の柔らかな頭蓋に手を加えることから始まるこの技術は、人工頭蓋変形として知られる。もちろん美以外の目的があったかもしれない。

 昔はこれだけ流行っていたのに、現代社会ではほとんどお目にかかることができない人工頭蓋変形。だがもしかしたらファッションという名目で、人々がもういちど頭蓋骨を変形させる始めるのも、時間の問題かもしれない。
スポンサードリンク

10. トライロトラカンの女性


1_e
image credit:Sci News

 ティオティワカンの太陽のピラミッドのすぐ近くで、考古学者たちが興味深い頭蓋骨を発掘した。35歳から40歳くらいの女性で、人工的に頭蓋を長くしてあった。さらに、門歯に黄鉄鉱がかぶせてあり、失われた下の歯の跡に蛇紋石で作った義歯が入っていた。

 この地域で、1600年前のこんな頭蓋骨が見つかることは極めてまれだ。専門家たちは、この「トライロトラカンの女性」は外国の貴族だと考えている。

 人工的に頭蓋を変形させる習慣は、南メキシコや中米の拠点であるマヤではごく一般的なことだったが、メキシコ中部に位置するティオティワカンでは非常に珍しい。この女性と共に供物が納められた19の壺が埋葬されていた。長い頭蓋や装飾が施された歯を含め、富と高貴な身分を示していると思われる。


9. カルパティア盆地のフン族


2_e
image credit: Molnar

 ハンガリーのカルパティア盆地から、人工的に変形させた9つの頭蓋が見つかった。5〜6世紀にさかのぼる、あの悪名高きフン族のものとわかった。これら頭蓋は男女とも変形していて、3つのはっきりした変形スタイルが見られた。

 変形頭蓋の伝播は、ロシア南部のカルムイキア草原からクリミア半島を経由してヨーロッパへとたどることができ、フン族の移動時期と一致している。

 専門家たちは、変形の目的はふたつあると見ている。身分を示し、民族を識別するため。侵略者フン族のご機嫌をとろうとするほかの民族は、この習慣を取り入れた。頭蓋変形の痕跡は、アラン人、サルマティア人、ゴート人など、ほかの多くのゲルマン民族にも見ることができる。しかし、この習慣を最初に生み出したのはフン族ではないとされていて、彼らが誰から会得したのかは謎のままだ。


8. シャニダール洞窟の頭蓋骨


3_e
image credit:Erik Trinkaus

 人工頭蓋変形の始まりは少なくとも1万年前にさかのぼると言われてきたが、最近の発見ではもっと古いことがわかった。

 イラクのシャニダール洞窟で、ネアンデルタール人の頭蓋ふたつが見つかり、4万5000年前から頭蓋変形の習慣があったらしいことがうかがえた。

 シャニダール1と5には、両方とも人工頭蓋変形の痕跡があり、もっともはっきりした特徴は、前頭部が平らで、後頭部に不自然な湾曲があることだ。シャニダール5の平らな前頭部は、母集団平均に比べて4.5の標準誤差があった。

 これらの頭蓋骨が、この地域独特の変形を表わしているとは思えない。ほかの西アジアの種族はごく普通の頭蓋をしている。もっともわかりやすい説明は、意図的に頭蓋変形が施されたというものだが、この頭蓋はまだほとんど研究されていないネアンデルタール人の美意識を反映している。頭蓋変形の行為を死者の埋葬儀式の出現と結びつける者もいるが、いずれにしても現生人類にだけつながる昔の行動様式を反映しているといえよう。


7. アルザスの高貴な女性


4_e
image credit:Denis Gliksman

 フランス、アルザス地方の発掘で、6000年前の墓と遺物が発見された。中でも、保存状態のいい1600年前の女性の長い頭蓋が興味深い発見だった。

 豪華な装飾品に囲まれて埋葬されていたため、彼女は貴族だと思われた。装飾品の多くは東からのもので、この埋葬地がアジア出身の兵士やその家族にあてがわれた場所である可能性を示すものもいくつかあった。

 実は、20世紀始めまで、人工頭蓋変形はフランスでは普通に行われていた。不測の衝撃から守るために赤ん坊の頭を布できつく包む習慣は、地元ではバンドー(ヘアバンドの意)と言われ、これがトゥルーズ型頭蓋変形につながった。

 このアルザスの高貴な女性の変形とは違い、トゥールーズの習慣は農民の間で広くひろまった。彼らの伝統は、高貴な人の頭蓋変形を起源としたものなのか、かすかでもわかるだろうか?


6. 大量虐殺の頭蓋骨


5_e

 ニューメキシコの人里離れた峡谷で、大量虐殺の痕跡が発見された。発掘された7体の骨は、ガイナス人のものだった。彼らは1000〜1200年の間に北西ニューメキシコに住んでいたが、その文化は謎に包まれている。7体の骨はすべてひどく傷つけられた跡があり、男も女も子どもも惨殺されていた。発見されたガイナス人の遺体の9割が非業の最期をとげたことがわかる。

 ガイナス人の頭蓋骨には、意図的に変形させられた痕跡がはっきり見られた。後頭部が不自然に平らになっていたのだ。美しく見せるためのものか、文化的な身元識別のためか、実用的なことのためか、はっきりしていない。

 いずれにしても、この頭蓋の形でほかの部族とは識別ができたが、逆に標的にされやすかった可能性もある。この時期、この地域が深刻な旱魃にみまわれたことがわかっている。限られた水源を巡って、新しくやってきたガイナス人たちが敵対視された可能性はある。あるいは、彼らのせいで旱魃が起こったと憎悪の対象になったことも考えられる。


5. マンベトゥ族


6_e

 北西コンゴのマンベトゥ族は、頭蓋を人工的に長くする習慣があることが知られていた。リポンボというこの習慣は支配者階級のステータスシンボルで、長い頭蓋は、美と権力と知性の証だった。彼らは長い頭をそびえたつような凝ったヘアスタイルで強調した。

 この風習は、多くの写真に記録されていて、1950年にベルギー政府が禁止するまで続いていたという。

 マンベトゥ族とは、民族の名前ではなく、支配階級のことをさす。19世紀、近隣の部族を取り込み、多くの習慣を採用した。リポンボもそうした文化交流の一部と思われる。

 生後一ヶ月の乳飲み子の頭を布できつく包み、頭を長くする。この過程で脳がダメージを受けることはない。常に圧力をかけ続けることで、頭蓋にスペースができて脳が柔軟に成長する。目的は厳密に美容のためだ。


4. ソノーラの頭蓋骨


7_e
image credit:Virtual Museum

 1999年、メキシコ北部ソノーラ州で、作業員が思いがけない発見をした。不自然に長い頭蓋をもつ13の遺骸が埋まった古代墓地「エル・セメンテリオ」が発掘されたのだ。しかし、実際に調査されたのは、2012年になってから。遺骨は1000年前のもので、さらにペンダント、鼻輪、宝石類が出てきた。

 なぜ、頭蓋が意図的に変形させられていたのか、その理由はわからない。この北の果てではそうした記録はほとんどないため、専門家たちはメソアメリカ文化の影響の範囲を考え直さざるをえなくなった。

 さらに、同じように長い頭蓋をもつ幼児の遺体がたくさん見つかったため、この習慣は不適切で危険だったのではないかと考える者もいる。しかし、頭蓋の変形は世界中で長い間、普通に行われてきたため、これが衰退の原因とは考えにくい。


3. コフナの頭蓋骨


8_e
image credit:The Sunday Times

 1925年、オーストラリアのコウ湿地で、謎めいた頭蓋骨が発掘された。骨は原人のホモエレクトスの特徴を示していたが、1〜3万年前のものだったため、このふたつの矛盾が長い間激しい論争や憶測を引き起こした。

 現生人類であるホモサピエンスが世界中のさまざまな地域で単独に発生したという間違った多地域仮説の主眼となったが、これは科学的な人種差別の省略表現にすぎなかった。

 今では、多くの専門家は、この頭蓋骨の浅くて広く長い額は、人工的な変形の結果だということを知っている。

 しかし、この頭蓋は、この先もずっと謎めいたものとして残りそうだ。特徴の多くは、ホモエレクトスによく似ているが、頭蓋変形については説明がつかない。歯と口蓋は平均的なアボリジニの頭蓋よりもかなり大きい。のちに現われ、ソロ・マンとして知られるインドネシアのホモエレクトスと関係があるかもしれない。あるいは、記録されるのを待っている未知の人類かもしれない。


2. パラカスの頭蓋骨


9_e

 ペルー、リマから南へ4時間、パラカス半島の海に面した砂漠で、1928年、いまだに議論の多い頭蓋骨が発見された。

 現場からは、変形した頭蓋骨が300も見つかっており、南米ではこうした習慣は普通のことだったようだ。では、なにがここの頭蓋骨を独特なものにしているかというと、それは、ここの人々は生まれたときから、頭蓋が長かったというのだ。

 頭蓋を変形しても頭の容積は変わらないのに、パラカスの頭蓋骨は、平均的な頭蓋骨よりも25%も大きく、60%もずっしり重い。しかも、ふつうならふたつある壁側板がひとつしかない。

 この種族の頭蓋骨は明らかに異常で、それが頭蓋骨がエイリアンのものではないかという大胆な憶測につながった。信憑性の低い疑わしいDNA分析が、この噂をさらに突拍子もないものにしていった。

 パラカス族は、確かに母親から独特な特性を受け継ぐ。陰謀論者たちが、その特性を反論できない証拠にしてしまい、彼らが未知の種族であるという、おもしろいがありえない説をでっちあげてしまった。


1. コムコムリ酋長の頭蓋骨


10_e

 北米太平洋岸北西部のチヌーク族の間では、人工頭蓋変形はごく普通のことだった。頭を板ではさんで、変形頭蓋をつくる。

 コロンビア川流域の原住民と南米で見つかる種族の間には多くの類似点が見られる。19世紀、チヌーク族の酋長コムコムリは一帯の実力者で、その勢力を東へと伸ばそうとしていた。ルイス・クラーク探検隊がコロンビア川河口に到達したときに、出迎えた人物でもある。

 1830年、天然痘の大発生でコムコムリが死んだ。4年後、ハドソンズベイ社のドクター・メレディス・ガードナーがコムコムリの墓をあばいて、変形した頭蓋を盗み出した。

 遺体の首を切断して、イギリスへ送ったのだ。頭蓋骨はそのまま117年間もの間、英国海軍博物館に所蔵されていた。最終的に頭蓋はスミソニアンに送られたが、コムコムリの子孫が返却を求め、現在は先祖の地に埋葬されている。

via:10 Skulls Deformed For Fashion/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
まるでエイリアン。かつて世界各地で行われた人工頭蓋変形、その歴史と意義(※閲覧注意)


頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)


こ、これは!?ロシアでドイツ軍の秘密結社のブリーフケースと奇妙な形状の頭蓋骨が発見される。宇宙人的な何かなのか?


10の奇妙な考古学的発見


宇宙人なのか?ペルーの砂漠で奇妙な生物のミイラ化した頭蓋骨と遺体が発見される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 20:38
  • ID:kkTrv.9H0 #

巨頭村は実在した?

2

2. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 20:54
  • ID:Vo0dHT0C0 #

三蔵法師もインドへの旅の途中でコレを見ているんだよね、あ「西遊記」じゃなくて「大唐西域記」でね。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:05
  • ID:9oDydu4N0 #

変形は分かるけど、頭蓋骨の体積増えてる?増えるの?

4

4. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:15
  • ID:YXKBUgrB0 #

宗像教授シリーズの中で頭蓋骨変型を取り扱った回があって
その絵がすっごい怖かったのを思い出した
イワナガヒメの醜さは人工的に変型させられた顔ではなかったか、って話でした

5

5. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:21
  • ID:XkTQZNJM0 #

現在の美容整形と比べても、さほど違いが無い普通の事だったのかも知れないな、って感じました。少し違う所は、古代では生活の全てを占い等により決めていた事くらい。恐らく、様々な種族の人や言語、生活風習が異なる人々を1つの集団として纏め、統治する最適な方法として「神」の存在が必要だったのかも。
異形である事がカリスマ性を持たせる為の条件で有った事は、世界中の書物や出土品、遺骨からも明確に見て取れる。
加えて、口蓋の変形による摂食障害や栄養失調により短命である事も神とされた人物の特徴で有ったり。
今の価値観から見たら逆に非人道的な行為に感じるが、文明の黎明期には彼等の様な犠牲者も必要だったのかも知れない。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:23
  • ID:MJovmr6e0 #

変形した頭蓋骨は水中を泳ぐ際、首を傾けることで舵のような役割を果たしたと考えられており、人類水棲進化説を裏付ける証拠であることは現代の科学会では定説として認識されている。

7

7. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:23
  • ID:Aoqf6utl0 #

トンカラリンはないのか…。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:27
  • ID:bIXiHDwf0 #

変形も含めて、頭部の過剰な装飾って世界中の各地にある。
比較的マイルドなものなら、同じ国の後世の人すら真似しない突拍子もない髪型や、肩幅よりでかいかぶりものとか、多少過激になると髪を剃って一面入れ墨とか。そこまで含めると頭部をどうこうしない文化はほとんどないんじゃないかって思えるくらい。

9

9. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:39
  • ID:MY7R1tq40 #

中国の纏足とか、首長族とか、肉体強制改造系って結構あるよね。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:42
  • ID:Eao3eIs80 #

仙人骨かな

11

11. 第三形態ポロリ

  • 2017年02月20日 21:43
  • ID:l0Fow5HI0 #

わざわざ頭を長くしてなにかメリットがあったのかが気になる。
地球にきてた宇宙人の容姿を真似てたとか

12

12. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:54
  • ID:pG.O9Lli0 #

ここで見る限りでは、短頭であるアジア人には、頭蓋骨の変形がないんだね。
長頭であるがゆえに、より長頭を求めたのか?

13

13. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 21:57
  • ID:l.Oo4CA80 #

※11
近世以前の軍隊では、敵味方識別のために「目立つ」事が求められていました。
日本の兜でもやたらと長〜い・幅広〜いモノが、指揮官識別用に存在しています。

目立たせるために頭蓋骨:一番上にあるモノを変形するのは、手本の無い自然発生だと思いますね。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:01
  • ID:Z47xU.my0 #

横顔が綺麗に見えるんだよ
盛り髪と同じ

15

15. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:05
  • ID:2BmP.Ov70 #

変形した頭蓋骨だけ見てると、奇異とか異形とか不気味な印象しかないが
マンベトゥ族の女性は、美しい。神々しくさえ見える。
どうして変形させるんだろう?という思いも吹き飛んだ。

2のパラカスの頭蓋骨は一番不思議。ナゾが多すぎる〜



16

16. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:07
  • ID:XrXdLaAN0 #

きっと福禄寿をまねたんだな

17

17. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:16
  • ID:tauZLLQq0 #

絶壁頭だからできるもんならしたかったわ

18

18. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:25
  • ID:uUJQ4tfS0 #

ルチ将軍みたいになって知能指数1300を目指してみた、とか?

19

19. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:26
  • ID:0jXhhye40 #

気持ち悪いほど後頭部が平かな人間としては、正直羨ましい。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:36
  • ID:EiOSnSF70 #

縄文人なんかはステータスの高い人が敢えて歯を抜くという習慣もあったし、
なぜ・どうしてが今となっては判らない事はロマンだねぇ

21

21. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 22:36
  • ID:Ot3f7Xhi0 #

5のマンべトゥ族の女性は長頭が似合っててきれいだと思う
下に抱っこしているのは彼女の赤ちゃんかな

フン族はどこから取り入れたんだろう…?

22

22. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 23:05
  • ID:qu3Qll280 #

ホーマー

23

23. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 23:53
  • ID:ZpOrJIaI0 #

古代エジプトが無いな
なんでなの?

24

24. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 00:46
  • ID:QrqE9dfh0 #

プリンプリン物語思い出した

25

25.

  • 2017年02月21日 02:13
  • ID:9836EexE0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 02:20
  • ID:9836EexE0 #

※6
民明書房 刊

27

27. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 04:55
  • ID:OGwVGDQz0 #

単なる頭蓋骨の変形習慣による長頭化と、2番みたいな頭蓋骨の構成要素が違う例は、分けて考えなければいけないと個人的には思うけどな。たぶん、何かに似たいとか、同格化したい…みたいな願望が有って、長頭化の風習が形成されたんだと思う。誰だって、自分が忌み嫌う存在と似た姿になりたいとは考えないだろうからね。(多くは親の世代がやった結果だと思うが)やっぱり、その時代の人達にとって長頭化は、憧れの対象だったのだと思うよ。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 07:31
  • ID:rSxo.87X0 #

※24
アクタ共和国のルチ将軍ですね

29

29. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 08:19
  • ID:y1.L7TSj0 #

フリーザ様の第二形態

30

30. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 09:34
  • ID:IGdfoEbp0 #

キアディムンディ

31

31. .

  • 2017年02月21日 10:44
  • ID:cBXLqGIp0 #

これが間違って伝わって仙骨と呼ばれるようになったのか

32

32. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 12:03
  • ID:J.v3lGqX0 #

2. パラカスの頭蓋骨

これは一般的な頭蓋変形と混ぜちゃいけないのでは?
まーエイリアンなどという説は笑い流すとしても、

>平均的な頭蓋骨よりも25%も大きく、60%もずっしり重い。
>ふつうならふたつある壁側板がひとつしかない。

という特徴は変形による作用ではないのだろうから(特に下記は重要)、遺伝的に特殊な性質を有するヒトであった可能性は非常に高い。頭部以外の骨格も出土しているのだろうけど、そちらは何か違いはないんだろうか?

33

33.

  • 2017年02月21日 12:39
  • ID:fYzaGHFT0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 13:58
  • ID:aJANRXZW0 #

少し前のKABAちゃんの変なウィッグ思い出したw

35

35. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 14:10
  • ID:YRw4LCnH0 #

こんなの初めて知りました。
ビックリ!

36

36. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 14:22
  • ID:ODw10b.y0 #

自分を良く見せるのにヘアースタイルを盛る習慣は
もしかてこれの名残なのかねぇ。

37

37. ワニさん

  • 2017年02月21日 15:11
  • ID:566.Eq.l0 #

 好きな色ワニわ〜赤と黒れったんぶらっれったんぶら〜
懐かしいワニね人間伸ばせば伸びるもの、アフリカの部族は
母が赤子の頃から珍引張って伸ばしてるといってたワニし

38

38. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 16:27
  • ID:XOAD7D.J0 #

メキシコ辺りの古代文明にあった後頭部を平らに変形させるのは「ペキ」と呼ばれていて、霊的なモノを見たり交信し易くする為だったと、故水木しげる氏が現地で聞き込みした記録にあったよね。

あの辺りの言い伝えを受け継いでる人達は学者を信用していない人が多いみたいだから、学者じゃない神秘を信じてる人が聞き込んだ方が、色々教えてもらい易かったりするんだろうなぁ。

39

39. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 16:28
  • ID:aLID.VT30 #

この長い頭に美しく髪を結い上げ宝石と黄金で飾る…とか想像してたら、18世紀の貴婦人たちの斬新過ぎるヘアスタイルが湧いてきた
キャバ嬢たちもその流れを汲んでいるのかもしれない

40

40. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 17:50
  • ID:hzj8scAq0 #

昔はこういう頭蓋骨だと「宇宙人の頭蓋骨」とか言われてたな
「川口浩探検隊」全盛の頃なんて「双頭の蛇」で2時間番組作れたんだぜ
今は、加工かCG、もしくは奇形で片づけちゃう・・・
夢が無い時代になったな

41

41. 匿名処理班

  • 2017年02月21日 20:53
  • ID:V9.j6Yn00 #

インディージョーンズ思い出した

42

42. 匿名処理班

  • 2017年02月22日 09:56
  • ID:0NZ9ZDRx0 #

※17
なぜ現代では行われてないんだろうな

43

43. 匿名処理班

  • 2017年02月22日 12:18
  • ID:8NCYpSDA0 #

生殖を勝ち取ったり有利に進める事が生き物の目的の為の目的でその中に差異が含まれており、数々の肉体改造がそれなんだね。
でも、何がキッカケでそれらがポジティブな価値として認められるんだろう。

発信者の地位は様々だろうけど、肉体改造の慣習が産まれたその起源をそれぞれの文明個別でどうだったのか気になる。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年02月22日 15:32
  • ID:Ve6Zf4Ts0 #

エイリアンとは言いえて妙だね

45

45. 匿名処理班

  • 2017年02月22日 21:32
  • ID:A0YJR9z70 #

歯を削って鋸状の形にした縄文人の頭蓋骨とかなかったかしらん?

46

46. 匿名処理班

  • 2017年02月22日 23:08
  • ID:nn9hxbqz0 #

※40
昔は政治も呪術で決めていたな
卑弥呼全盛の頃なんて国民全員呪術師の思うままだぜ
今は、話し合いで片づけちゃう・・・・
夢が無い時代になったな

太古から言われる「今の若い者は」と同じで
人間は自分の育った時期を基準にしてしまう
現代も夢と不思議は溢れているし
単に自分がそうなってしまっただけw

47

47. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 01:05
  • ID:6T2Zi.c.0 #

美的感覚って時代によって本当に違うんだな

48

48. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 12:43
  • ID:XvK8370q0 #

おれもやってもらってたら長身になれたのに

49

49. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 20:39
  • ID:zEpWFu0D0 #

※48
舞の海さんもビックリだよね

50

50. 匿名処理班

  • 2017年02月26日 22:25
  • ID:aFZ0gKsm0 #

意図的に作られた才槌頭か…昔の美的センスはよくわからんね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク