no title

デスマスクは、死の直後、石膏や蝋で死者の顔の型を取ったもの。そうして作られたデスマスクは、死者の思い出として保存されたり、あるいは肖像画を描くための資料として用いられたりするのだそうだ。

 この映像は過去作られた偉人たちのデスマスクの写真をスライドショーにしたものなんだそうだ。
スポンサードリンク



 17世紀には、個人の彫像の一部としてデスマスクを使い、それを告別式に飾ったりするというのは、ごく一般的に広まっていたそうで、18世紀から19世紀を通して、こうしたものが身元の確認のため遺体の特徴を明らかにする手段としても用いられるようになったという。

Making_death_mask


 のちにこの役割は徐々に写真に取って代わられるようになったが、骨相学、民俗学、あるいは考古学では、今日でもデスマスクはもちろん、存命中の人のライフマスクの製作も科学的、擬似科学的な用途で用いられているという。考古学で発掘された頭蓋骨から製作される場合には、マスクというよりは、頭部の全体が人種的名特徴などを確認するために復元されることが多いという。

Mozart_Death_Mask03

Totenmaske_12_468


こちらはいろんなデスマスクが集められているサイト
【Virtual Museum of Death Mask】

サイトを開いたら、skip introクリックで解説を飛ばしたりしながら、画面左下の「MENU」をクリック。一番右の「exhibition」をクリックするとプルダウンメニューがでるので、そこからいろいろなデスマスクを見ることができるよ。
デスマスク


聖闘士聖衣神話 黄金聖闘士 キャンサーデスマスク
バンダイ (2007-12-15)
売り上げランキング: 24769

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2009年08月12日 01:08
  • ID:mldKg9jW0 #

デスマスクって顔だけじゃなく
手もあるんですね!

2

2. ケイ

  • 2009年08月12日 01:24
  • ID:8lNcYTpv0 #

死について深く考えてしまった。
老後、パートナーが先に死んでしまったら、そのときの死への恐怖はいかなものか。

3

3. 青銅聖闘士

  • 2009年08月12日 02:29
  • ID:8Xz31.p.0 #

なんという蟹座・・

4

4.

  • 2009年08月12日 03:00
  • ID:uNEpYlf30 #

積尸気冥界波〜!

5

5. 狂豚

  • 2009年08月12日 14:32
  • ID:BAwx6bMI0 #

よもつひらさかに逝ってよし!

6

6.  

  • 2009年08月12日 14:37
  • ID:N8ks2siA0 #

岡田真澄が居た。

7

7. ポチ

  • 2009年08月12日 20:21
  • ID:oJpyWooR0 #

サイト上のベートーベンさんと動画のベートーベンさんの顔が全然違うんです…
デスマスクってこの世に一つですよね? 謎だ…

8

8.  

  • 2009年08月12日 22:43
  • ID:egaA13CD0 #

サイト上のは正確にはライフマスク(生きている時に型取り)したものらしい。
動画の方がデスマスク。
ライフマスクは、1812年頃フランツ・クラインが型取り。
デスマスクは1827年にジョセフ・ダンハウザーが型取り。
デスマスクは難聴の原因を探る為に耳の骨が除去された後に型取ったので奇妙な形になってしまっているらしい。

9

9. ポチ

  • 2009年08月13日 23:03
  • ID:8NxSDY6f0 #

※8さん
なるほど!サイトのほうはそういう理由で顔がふっくらしてたんですね。
耳の骨の件もそう言われれば納得です。
ありがとうございました!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク