gaga-rin ユーリイ・ガガーリン(1934年〜1968年)は、1961年4月12日にボストーク1号で、人類として初めて宇宙飛行を成し遂げた、ソビエト連邦のパイロット、宇宙飛行士。「地球は青かった」という名言を残したことでも有名なんだけれど、

 そんなガガーリンが、1961年4月12日にロケットに乗り込み、無事に地球に戻ってくるまでのハイライト映像がYOUTUBEに上げられていたので見てみることにしよう。

スポンサードリンク

【12.04.1961. Yuri Gagarin】


189px-Gagarin_space_suite 彼の乗った人工衛星ボストーク1号は、1961年4月12日、A-1ロケットによってバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、地球周回軌道に入り、地球の大気圏外を1時間50分弱で1周した後帰還。

 当時のロケット技術では、帰還するには、大気圏に再突入後、高度7000mで飛行士を座席ごとカプセルから射出して一人パラシュートで降下させるという、大きな危険を伴うものだったという。

 幾多の困難を乗り越えて地球に戻ってくることができたガガーリン。これにより、人類は無重力の宇宙空間と、その眺望をこの時初めて経験することができたんだ。

 地球に戻った直後は、世界各国を宇宙親善使節として訪問し、その後、宇宙飛行士の養成、訓練などに努めたという。そして1968年、ジェット機飛行訓練中の事故により34歳の若さで亡くなったそうだ。ガガーリンの偉大なる功績と勇気をいつまでも忘れることなく空を見上げていたいんだ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. コロリョフ

  • 2009年05月21日 08:06
  • ID:Ce7nhglx0 #

これね、ソビエト宇宙開発十年史って
ビデオあったんだよね。
カプセル製作&テスト風景もあったねぇ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク