20240325_155910 (7)_e
image credit:TikTok
 愛するペットとは最後までいっしょにいたいもの。だが飼い主がどうしてもペットと別れなければならない状況は存在する。病気やケガで入院したり、あるいは死別だったり……。

 高齢の女性に飼われていた犬が、飼い主が入院したことをきっかけに、隣家の住人と交流を持つようになり、やがてその家に引き取られることになった。そこで犬は新たな生きがいを見つけ、人々に笑顔をもたらす存在になったんだ。

隣の庭に寂しそうな犬がいる…

 アメリカのテキサス州ダラスに住むライターのリサ・カナレクさんは、ある時隣の家の裏庭で、1匹の犬がずっと寂しそうにしているのに気づいた。

 リサさんは隣人について良く知らなかったが、その犬のことがどうしても気になったため、散歩に連れて行ってもいいか申し出た。

 そこでひとつ判明したことがあった。隣家の住人で、その犬・ガイアの飼い主であるサンドラさんが急遽入院することになったため、ガイアを置いていくことを余儀なくされたのだった。

私といっしょにお散歩しない?

 リサさんの申し出は受け入れられ、ふたりの散歩が始まった。最初は1回だけのつもりだったが、それが3週間になったころ、リサさんはサンドラさんの友人のギルダさんから思いもかけない提案を受けた。

「このままガイアを引き取る気はありませんか?」
20240325_155910_e
image credit:TikTok

飼い主の死後、その犬を手元に引き取ることに

 その2週間後、リサさんがほとんど顔も知らなかった隣人のサンドラさんは、80歳で亡くなった。知らせを受けたリサさんはガイアにリードをつけると、隣家から自分の家へと連れてきたんだ。

 そしてそれが、ガイアとリサさんの人生が大きく変わった瞬間だった。

 ガイアを連れて散歩している間、リサさんはガイアが子供たちの前でとても落ち着いた態度でいることに気づいた。リサさんは思い立って、ガイアと一緒にセラピードッグとしての訓練を受けることにした。
20240325_155910 (2)_e
image credit:TikTok

セラピードッグとして第二の犬生を歩み始めた犬

 2人の最初のミッションは小児科病棟にいる子供たちを励ますことだった。これまで、サンドラさんの家からほとんど出ることがなかったガイアさんは、今幼い子供たちの心の中にしっかりとした居場所を見つけ始めた。
20240325_155910 (3)_e
image credit:TikTok
 また、偶然ではあったがリサさんはサンドラさんが亡くなった時、ちょうど「終末期ドゥーラ」になるための訓練を終えたところだった。終末期ドゥーラあるいは臨終ドゥーラとは、不治の病などで終末期を迎えている患者とその家族のために、医療以外の総合的なケアを提供する人のこと。

 そこで現在リサさんはガイアと共に、終末期の患者たちのケアにも精力的に取り組みはじめているんだ。
20240325_155910 (5)_e
image credit:TikTok

みんなを笑顔にしたいから……

「ガイアが家族の一員になってから、私たちの人生は変わりました。ガイアは病気の子供たちに笑顔を与え、私自身もパンデミック中に見失っていた外向的な面を取り戻すことができました」と、リサさんはワシントンポストに寄稿したエッセイの中で語っている。

「小児病棟の廊下を通る時、私はサンドラさんのことを想います。彼女の愛犬のガイアが今、こうしいてみんなに笑顔をもたらしていることを知ったらどう思うでしょう。彼女もきっと微笑んでくれるかしら」
20240325_155910 (6)_e
image credit:TikTok
「私は泣かないようにしています。もっとサンドラさんのことを知りたかった。でも今、こうやってガイアといっしょにみんなを笑顔にすることが、サンドラさんの思い出を活かす手助けになると思っているんです」

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

たくさんの笑顔が待ってるよ!小児科病棟とセラピードッグのある1日を見てみよう



耳の聞こえない保護犬が天職を見つけた!セラピードッグとして多くの人に癒しと喜びを与え、ドッグオブザイヤーに輝く



「ずっとご主人の傍にいる!」飼い主の入院中、病室でも診察室でもいっしょに過ごせたのは愛犬が介助犬だったから



愛されドジっ子属性。トレーニング中のセラピードッグが見せた表情に対する海外の反応



患者もドクターも看護師にも、みんなに癒しを届ける天使!馬のセラピスト、病院に笑顔を運び続ける

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 18:08
  • ID:da.0Pdz40 #

ええ話や…

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 18:17
  • ID:vQ8sIzxe0 #

カリスマドッグトレーナーが言ってたけど、犬ってのは今を生きてるから、今がすごく充実してるならきっと幸せなんだと思う

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 20:44
  • ID:.28HB.AC0 #

>>2
シーザーミランかな (^^♪
この言葉に多くの人とワンちゃんが救われますよね。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 21:52
  • ID:FfoB3OnM0 #

ビリケン頭の子供が気になって犬の話が頭に入ってこない

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月31日 08:18
  • ID:toQhnkjP0 #

保護犬を引き取って海外赴任していた時、同じアパートの病院関係の人に「このの子はセラピー犬の適正がありそうだから訓練を受けてみない?」と言われた。犬はともかく、一緒に参加する人間の方に全く自信がなく実現しなかった。
この記事を見て、あの子はにそういう第二の人生(犬生)を生きる道があったのかもと、思います。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月31日 17:07
  • ID:0bHm3h.d0 #

こう言う話(ペット残して飼い主がしぬ)あるから
高齢の自分はもうペット飼わないと決めてる。
今の子で終わり。
流行り病になった時にワンの散歩がとても辛かったわ…。
家族居ても普段世話してないから散歩も頼めなかった。
家族も協力的じゃないとあれこれ無理。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links