6000年燃え続ける山
6000年燃え続ける山 Brett Touzell

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州ウィンジェンには、約6000年もの間燃え続けている山がある。

 通称「バーニング・マウンテン(燃える山)」として知られているこの山は、その名の通り世界最古の炭層(石炭がある地下層)火災として、山の地下30メートル下にある炭層が、長きにわたりゆっくりとくすぶり続けているという。
スポンサードリンク


Drone at Burning Mountain

世界中で起こる炭層火災


 地下で炭層が燃え続けているという現象は、決して珍しいことではない。実際には、世界中で約1000の炭層が一度に燃えていると推定されている。

 こうした火災は、通常石炭が豊富な発展途上国で発生する傾向にあり、たいていは数日〜1か月ほどで消火されるという。

 しかし例外もあり、インドのジャリア地区にあるジャリア炭田のように100年以上にわたり継続的に燃えている場所もある。

 また、映画『サイレントヒル』のモデルとなったこともある廃墟化したアメリカ・ペンシルベニア州セントラリアの町では、1962年に発生した原因不明の坑内火災が今でもまだ燃え続けている。

 更にドイツ・ザールラントのドゥットヴァイラーとズルツバッハ=ノイヴァイラーの間にある渓谷のブレンネンダー・ベルクは、1688年に始まったとされる炭層火災で、セントラリア同様、正確な火災の原因はわかっていないと言われている。

 これらの中でも、オーストラリアの「バーニング・マウンテン」は、世界最古の自然による炭層火災として知られている。

Burning-Mountain-fire
 

約5500〜6000年もの間燃え続けているウィンジェンの「バーニング・マウンテン」


 シドニーの北約300kmに位置するこの山は、推定5500〜6000年前から燃え続けているとされており、その昔この山を所有していたアボリジニたちの間では、天空の神“ビアミ”によって石に変えられてしまった女性の燃えるような涙がこのバーニング・マウンテンなのだと伝えられていたという。


 実際のところは、山の地下30メートルほど下で炭層がくすぶり続けており、初期にここを探検した専門家らは火山活動の明らかな兆候を示唆していたそうだ。

Burning_Mountain_Summit_e
image credit:wikipedia.org

 長い間、ゆっくりと燃え続けていることで、山の土壌は変色し、地表面は不均一になった。噴煙口に近付くにつれ、まるでハゲ山のようにむき出しの不毛な土壌が広がり、植生が地下火災の影響を受けていることは明らかだ。

 しかし、こうした外観にもかかわらず、ここは多くの人が訪れる観光名所となっている。

 資源大国と言われるオーストラリアで、この山は南のほうから年間およそ1メートルのペースで、ゆっくりと炭層火災が発生しており、およそ6000年の間、静かに世界最古の歴史を紡ぎだしてきたようだ。


Burning Mountain NSW
 
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
「サイレントヒル」のモデルとなった廃墟化した町、アメリカ、ペンシルベニア州セントラリア


アマゾンで今、何が起きているのか?アマゾンの大規模火災に関する10の質問箱


山火事の炎が迫る中、足で火を消し止めようとした男性がワイルドすぎると話題に(アメリカ)


【動画】毎日地球が燃えている。NASAが観測した過去10年間の火災発生の様子を早回しで


オーストラリアの森林火災が世界の気候パターンに悪影響を及ぼす恐れ


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
49031 points
火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

2021年2月20日
2位
7442 points
助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

2021年2月18日
6886691360
3位
4261 points
台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

2021年2月21日
4位
3903 points
80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

2021年2月19日
5位
2642 points
他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

2021年2月21日
7011881555
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月17日 23:05
  • ID:oAe.sQK.0 #

これ日本でも問題になってたな。
消防が何度も消そうとしたけど無駄だったらしい。

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月17日 23:22
  • ID:UL.jMEjP0 #

めちゃくちゃ勿体ない

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月17日 23:42
  • ID:apoYQC1X0 #

指宿みたいに砂風呂できそう

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月17日 23:46
  • ID:82AgW8eG0 #

嘘だと言ってよバーニン...

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月17日 23:58
  • ID:iupXCcHy0 #

爆風消火なら可能だが 認可してまで消したいモノじゃあ無いのさ

6

6. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 00:00
  • ID:EW.mHzRP0 #

のちのフライパン山である

7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 01:18
  • ID:W7mTnrMg0 #

アメリカのセントラリアくらいしか知らなかったけど
結構世界のあちこちにあるのねぇ・・・

8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 01:33
  • ID:8L3m2ibq0 #

オーストラリアは世界最古の地殻があるんだよね
西部のジャックヒルズのジルコン結晶を分析したら約43億7400万年前だと判明した
地球の年齢が45億年ちょっとだったかな?

もっと古いのだと約44億1700万年前のジルコンが月にある

9

9. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 02:45
  • ID:.fSjV9v70 #

熱がもったいないから卵でも茹でるか。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 05:04
  • ID:GioiYtCr0 #

真夏の地方の熱気を真冬の地方に提供して、真冬の地方の
冷気を逆に…ということが可能ならエネルギー問題もかなり
改善されるのになあ、と子供の頃考えたのを思い出した

11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 08:30
  • ID:kEZteUp10 #

広範囲が高温高圧で維持されてるから
密封しても爆風も効果がなく消すには湖水や海水の注入くらい

12

12. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 11:53
  • ID:Ri.HzYko0 #

何このショーケンが街をぶらついてる様なBGM

13

13. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 13:02
  • ID:sTDxGHyn0 #

>>4
おい、シドニー生まれ‼️

14

14. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 13:05
  • ID:sTDxGHyn0 #

そーいえば
フィリピンのスモーキーマウンテンてどうなったのかな
ゴミ山の発火でいつも煙出ていたけど

15

15. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 16:21
  • ID:2bKZ7YRQ0 #

燃えるには酸素が必要だけど地下30mの密閉された空間にどうやって酸素が供給されているのか気になる

16

16. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 19:01
  • ID:aM6rUWZn0 #

単純に火力発電に使えないんだろうか?
もしくは温水プールとか

17

17. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 20:53
  • ID:lhUBjYKh0 #

※14
なんか外国にも知れ渡って批判が多かったから
国の恥ってことで閉鎖して、
スカベンジャー(ごみ拾いスラム住民)達は強制退去になり
土で埋めて、今は草や低木が生い茂った小山になってる。

一応、スラム民には移住先も用意されたけど
家賃が払えなかったり、そこも閉鎖になったりゴタついて、
多くは別のゴミ山へ移って似たような生活を続けているらしい。

18

18. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 21:03
  • ID:lhUBjYKh0 #

※1
佐賀県多久市北多久町小侍のボタ山(石炭クズの積山)かな?

あと、100人近く死んだ夕張の炭鉱事故跡地の「神通坑」も
まだ微妙にくすぶっているそうで。

19

19. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 21:13
  • ID:lhUBjYKh0 #

※9
実際、アボリジニは
熱風で料理したり道具作りに利用してたんだとか。

20

20. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 21:18
  • ID:lhUBjYKh0 #

※15
規模の大きい炭層だと、完全な密封消火は難しくて
どこかしら地盤の亀裂から空気が供給され、
地味にくすぶりながら燃え続けるんだそうな。

21

21. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 23:33
  • ID:6Le.E9.x0 #

こういうのを原始時代に火として利用したのかな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク