最近撮影されたUFO映像10選
最近撮影されたUFO映像10選 / Pixabay
 スマホを使えば、いつでもどこでも撮影できてしまう世の中だ。誰しもがカメラマンなのだから、当然UFOだって撮影されている。

 UFO映像なんてほとんどが見間違いかフェイクだと言ってみたところで、実際に映っているその姿は強力だ。それが異星人の乗り物なのか、軍の秘密兵器なのかは分からないが、未確認飛行物体や未確認航空現象(UAP)という意味では存在しているものなのだ。

 ここでは、2019年から2020年に撮影されたUFO映像を10本ほどみてみよう。
広告

10. ドンカスター・シェフィールド空港(2020年8月、イギリス)

UFO Shoots Across Landing Passenger Jet At Yorkshire, England Airport
 つい数か月前に撮影されたばかりの映像だ。空港に到着した飛行機を眺めていた地元の親子によって撮影された。じつは撮影者自身は、高速で移動するその物体に気がついていなかったという。

 驚くべきは、この映像がスローモーションで撮影されたということだ。つまり実物は、映像で見るよりもずっと速く移動していたことになる。

 肉眼では見えなかったらしいが、映像を確認するかぎり、鳥やドローンの類ではなく、円盤状の物体だと思われる。

9. メドウパーク・サッカースタジアム(イギリス、2019年2月)

UFO descended on Meadow Park football ground and seemed to watch the Women's League Cup
 女子サッカーの試合中に、上空から降下してきた物体。途中で静止して、試合観戦でもしているかのようだ。

 なんとこの試合はテレビでも中継されており、サッカー場の観客だけでなく、番組を見ていた視聴者によっても目撃された。実際、最初にこれに気がついたのはロンドン在住の視聴者だった。だが、ただのドローンであるという意見もある。

8. 国際宇宙ステーション(2020年2月)

UFO At Space Station 22 Mins! Shoots out into space, UFO Sighting News.
 国際宇宙ステーションはライブ映像を配信しているが、その視聴者からはUFOを目撃したという報告がいくつも寄せられている。2月の配信では20分にもわたりその姿をカメラの前にさらしたというのだから驚きだ。

 それはバスほどの大きさで、宇宙ステーションへ向かって飛んできたかのようだ。後方からは炎らしきものが噴射されているようにも見え、最終的には上昇してカメラの外に消えている。

 アメリカの極秘軍事兵器や何らかの宇宙ミッションである可能性も否定できない。今のところ、NASAや国際宇宙ステーションからこの物体についての声明は一切ないそうだ。

7. ニューサウスウェールズ州(2019年11月、オーストラリア)

03-11-2019: Clearest Daylight Unidentified Flying Object UFO Manly, New South Wales, Australia
 オーストラリアで休暇中だった人物によって撮影された。一部のUFO研究家から、昼間に撮影されたものとしては最も鮮明とも評される。その様子はふわりと風にただよう風船のようだ。

 円盤状の物体と三角の物体が撮影されているのだが、別個の機体ではなく、空中で変形したのだという見解もある。撮影者によると、5分ほど空中をただよい、やがて遠くへ消えてしまったそうだ。

6. シュパングダーレム空軍基地(20207月7日、ドイツ)

Real Ufo sighting near Spangdahlem Air Base, Germany, IATA-Code: SPM
 在独アメリカ空軍基地の上空で、飛行機と並行して飛行する円盤状の飛行物体が撮影された。パイロットがこれに気がついていたのか不明だが、その可能性は高いだろう。

 そもそも飛行機が飛んでいた理由は何なのか? UFOの偵察や撃墜が目的だったということも考えられる。だとすると、シュパングダーレム空軍基地以外の米軍もこのことを認識していたのだろうか?空軍基地の上空では数多くのUFO目撃事例がある

5. パナマ市内のショッピングセンター(2019年10月9日、キューバ)

Unidentified Aerial Object Recorded Over Shopping Center in Panama
 午前10時頃、パナマ市内のショッピングセンター上空に細長い金属のような物体が出現。これに気がついた目撃者が、友人と共にショッピングセンターまで駆けつけ、撮影に成功した。

 目撃者によると、その物体は外側が白く光っており、上部にいくつかドームのようなものがあったという。

 UFO研究家の多くから、最近のものの中では特に信憑性が高い映像と評価される。映像が個人のSNSアカウントに投稿された点も注目すべきだという。というのも、疑わしい映像の多くは、それで儲けるため、有名なプラットフォームに投稿されるのが常だからだ。

4. ポポカテペトル山付近(2019年8月、メキシコ)

White Disk Seen Over A Mexico Volcano On Live Cam! 8-19-2019, UFO Sighting News.
 メキシコの活火山に設置されたライブカメラが捉えた映像。雲でかすむ向かいの山の山頂を細長い物体が通過している。

 どこか煙に包まれているような感じがするが、よく観察してみると、上部に黒いドームらしきふくらみが確認できる。この部分はコクピットではないかという意見もある。

 少なくとも渡り鳥の類ではないだろう。またドローンや普通の飛行機にしては速すぎるので、これも考えにくい。なお、山や火山には宇宙人の秘密基地が隠されていると主張するUFO研究家もいる。

3. ブリストル湾(2020年6月、イギリス)

Witness filmed cigar shaped UFO over Bristol Channel
 地元住民がブリストル湾で撮影したもの。船のそばに回転しているらしき物体が浮遊している。

 その物体の形状については意見が分かれており、円盤状という見解と三角形という見解がある。飛行物体の下部には白い光らしきものも見えるが、これは三角形のUFOによくある特徴だという。

 なお形状が三角形のUFOについては、これまで軍の航空機との関連性が指摘されてきているが、の飛行物体も秘密兵器ではないかと疑われている。

2. カリフォルニア州カテドラルシティ(2018年7月23日、アメリカ)

Stunned security man sees 'UFO' rise from construction site & soar off - Live News 24
 警備員のダグラス・ベネフィールド氏が建設現場で撮影したもの。同氏は仕事中に突然奇妙な気配を感じ、少し離れたところで空中を移動する何かに気がついたという。

 すぐに携帯電話を取り出して数秒だけ撮影して、それを見返しては驚いた。奇妙な物体が浮かんでいたかと思うと、すごい速度で上昇する様子が映っていたではないか。その正体は不明だが、彼がこれまで目にしたどんな乗り物とも似ていなかったそうだ。

1. ミズーリ州モンローシティ(2020年6月30日、アメリカ)

Orange Glowing Light Zigzaggs
 地元住民が家の戸締りを確認しながら裏庭の方へ歩いていたとき、頭上でオレンジ色の光を目撃。最初はピタッと静止してまったく動かず、音もなかったという。しかし数瞬の後、突然素早くジグザグに動き始めた。しかも動いている最中に変形までしたそうだ。

 1分ほど姿を観察できたが、やがて家の前方へ向かって移動し、それから消えてしまったそうだ。ただし、実際に撮影されたのは、この事件のほんの数秒だけのことだ。

 空中で変形するUFOはかなり頻繁に報告されているが、それが目の錯覚なのか、それとも高度なテクノロジーを示唆するものなのかは定かではない。

written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
目撃者多数!上空で光を放ちながらホバリングする謎の円盤型飛行物体(アメリカ)

UFO艦隊なのか?白昼に現れた点滅する奇妙な光(アメリカ)

UFOなのか?ロシア人宇宙飛行士が南極上空に5つの謎の光を目撃、その映像を公開

UFO連隊か?オレンジ色に光る複数の丸い発光物体がフォーメーションを組んでマイアミ上空を通過(アメリカ)

確実にそこで何かが起きていた。目撃者が複数いるUFO遭遇事件10選

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月10日 20:54
  • ID:Td.nAmx70 #

2はレンズフレアだと思う...

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月10日 21:23
  • ID:UTjk93Hc0 #

恒星間を移動できるような超ハイテクノロジーを持った異星人なら、光学迷彩やステルス技術で見つかるようなヘマはしないと思う。
地球を調査するにしても、いかにもエイリアン、あるいはキアヌ・リーブスみたいな美形ではなく、「ユニ〇ロ」や「しま〇ら」みたいなありふれた服装で、財布には量販チェーンのポイントカードがぎっしり、食料は閉店間際のスーパーで見切り品を買ったりというような「普通過ぎて目立たない」連中なのだろう。

3

3.

  • 2020年10月10日 21:38
  • ID:A4l4i9NG0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2020年10月10日 22:23
  • ID:b6lwCkqA0 #

昔はワクワクしたが、CGでこの手の画像がいくらでも作れるようになってから全く興味がなくなった

5

5. 匿名処理班

  • 2020年10月10日 22:38
  • ID:qwiMTO9A0 #

※2
自称UFO研究家とか都合のいい見方しかしないから…なぜか姿を見せて自分たちとコンタクトを取ろうとしてるとかになるんだな。
そこまでの知性あってコンタクト取りたいなら普通に交渉するとは考えない。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 00:44
  • ID:4Ih11G2.0 #

ステーションのライブ映像以外は嘘くさくて好き。
ライブ映像はガチなので夢が無くて嫌い。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 00:46
  • ID:OEAuVTzu0 #

8の正体はこれ
ISS Daily Summary Report about the UFO filmed and tracked by NASA on Feb. 21, 2020
のタイトルでYouTubeにあがってる

「衛星間通信システム船外部(ICS-EF)をISSから廃棄しました」
JAXAのプレスリリースは上のタイトルで出ています

8

8.

  • 2020年10月11日 01:03
  • ID:iLbsz0nS0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 01:31
  • ID:qNSoyK2i0 #

※1
隣の街灯がレンズ光軸を挟んで点対称の位置に逆向きに写ってるだけですナ。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 07:00
  • ID:sjNilK0T0 #

相変わらず不鮮明で昭和の頃のUFO図鑑に載ってるやつと変わらないね

11

11. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 07:50
  • ID:ubIzGobb0 #

>>2
別に見つかってもいいや、って考えもあると思う。
アリを観察するのにわざわざ隠れたりしないじゃん?的な。

そういや、幽霊が出るって旅館を24時間カメラで撮影してみた、みたいな番組があったりするけどカメラ分かりやすく3脚とかで設置して、まるで隠すつもりがないのは何なんだろうね。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 07:52
  • ID:ubIzGobb0 #

>>5
否定派も、多数の同時目撃例を黙殺したりするからなあ…人間は信じたいものしか信じないんだよ。

13

13. じょん・すみす

  • 2020年10月11日 08:19
  • ID:I.YGbibZ0 #

1枚目の写真は合成臭いな、”U.F.O.”の部分が
周囲の風景よりもはっきりしすぎてる。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 09:11
  • ID:afX5KhDa0 #

※4
全く同感です。
金の匂いがプンプンする。w

15

15. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 09:27
  • ID:GyP1Qwrm0 #

UFO研究家とやらはいつになったら未確認飛行「物体」と「光学的現象」の区別がつくようになるのか。3だってUFO研究素人の自分には蜃気楼にしか見えんのだが。

16

16.

  • 2020年10月11日 09:36
  • ID:0L1KNIZS0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 10:13
  • ID:5OG7Kpao0 #

カメラ付きスマートフォンに見られるように人類のテクノロジーは日々進化している。対してUFOサイドも未知のステルス技術(オーバーテクノロジー)を適用していってるに違いない!

UFOにオーバーテクノロジー、甘美な響きだぜ!

18

18.

  • 2020年10月11日 10:53
  • ID:oJy0Vg5y0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 11:06
  • ID:Py0A74JW0 #

私の名はゴア、地球を征服する

20

20. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 11:23
  • ID:uj1tjBwR0 #

※2
ゴリラ調査するのに、姿隠す必要あるか?

21

21. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 11:59
  • ID:7lr.pdMr0 #

イリヤの空を思い出した

22

22.

  • 2020年10月11日 12:59
  • ID:8Fp.K1jc0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 15:36
  • ID:yMpvTkGx0 #

>>11
で幽霊出たの?

24

24. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 17:12
  • ID:IVDMh9tH0 #

※4
違和感無く作るのって意外と難しいのよ
全部CGで済ませるのは些か乱暴に思う
少なくともここで意図的にに作った物ってサムネ静止画位に見える
他は見間違い(虫、バルーン、航空機、蜃気楼、機器の現象)や
知らない(ISS)とかなんじゃ無いかな
UFOに限らずフェイクニュースの溢れる昨今
真偽眼の重要度は大きくなっているんじゃないかな

25

25. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 18:03
  • ID:CnHKv.MC0 #

全部ボケボケという共通点は何とかならないものか?
心霊写真もそうだけどもう信用する人は少ないだろう。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年10月11日 18:19
  • ID:t3Q5mlkW0 #

※4
同感
自分は地球外にも知的生命体がいるだろうと信じてるけど
いたとしても光の速さで何年って距離らしいので
ワープ航法を可能にした宇宙船か、自給自足できるコロニーのような宇宙船で何十年何百年かけてくるかでないとここまで来るのはムリ
そう考えるとUFOって存在自体荒唐無稽なんだよねえ

27

27. ナパチャット

  • 2020年10月11日 19:47
  • ID:jIqwGjXT0 #

21世紀になり、令和になり、カメラの性能がこれだけ上がり、レーダー機能やステルス機能や…
なのに何故か捉える映像はチープ

28

28.

  • 2020年10月12日 04:07
  • ID:0zqx8obG0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 06:19
  • ID:CkS74M8A0 #

※26
地球人も既にやってる事なんだけど探査機って可能性は考えない?
人間はまだ行ってないけど探査機は火星に行ってるよ
途方もない時間がかかるのは同じだけど時間の概念が同じとも限らない
(地球生命の寿命は酸化由来で、もし寿命が無ければ時間は意味が無くなってくるw

30

30. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 10:40
  • ID:.fHtwB5G0 #

>>6
毎日見てれば何か映るかもね

31

31. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 13:54
  • ID:f87xECR70 #

※29
探査機は大いにありそうですよね。
で、電波を受信してテレビ見たり、ラジオ聞いたりしてるんじゃないかと思います。わざわざ危険を冒して人類の間で暮らす意味はあまりないように思われます。

32

32. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 16:18
  • ID:p2NbRyac0 #

いい加減に近くで撮るか近くに行けよ、と毎度思う

33

33. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 16:53
  • ID:gCqBXEjA0 #

youtubeで「反重力」で検索して出てくるロシア人研究者の動画がワクワクすっぞ
これは当たり(正解)だと思うz

34

34. 匿名処理班

  • 2020年10月13日 13:49
  • ID:d3k08YE80 #

サッカーの試合を直接見たかったんだね

35

35. 匿名処理班

  • 2020年11月03日 08:14
  • ID:b938mTgR0 #

国際宇宙ステーションのはたぶん虫。
コガネムシに似てるから。
7は風船だと思う。

36

36. 匿名処理班

  • 2020年11月03日 08:39
  • ID:b938mTgR0 #

旅客機のパイロットが目撃することが多いからそういう職業の人が撮影しやすい環境を整備するべきだと思うのよね

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING