象の赤ちゃんをみんなで守る大人象
 象はとても仲間意識が強く、愛情溢れる生き物だ。群れの子供はみんなの子。一致団結して子育てをし、何があっても守ろうとする。

 それを象徴するかのような動画が公開された。インドで象の群れたちが道路を移動しているのだが、大人の象たちがちいさな赤ちゃん象のまわりを取り囲むように歩き、鉄壁の布陣で守ろうとしているのだ。

 大人象の真ん中にいる赤ちゃんは、最強の防具を身にまとっている状態となり、これならで安心安全だ。
ADVERTISING
呪いの言葉が書かれた古代の墓標
 イスラエルで発見された1800年前に死んだ男の墓碑(墓石)には、血のような赤い文字で呪いの言葉が書かれていた。

 墓の主は、ユダヤ教に改宗したヤコブ・ハガーという男で、彼はどうしても自分の墓を荒らされたくなかったようだ。血のように赤い文字で、「この墓をあばく者は呪われる」と記した墓碑を生前から用意していたと思われる。

 文字はまるで血のような色をしているが血ではない。だが、見る者にはぞっとする印象を与え、死してなお、まわりを威嚇する異様な悪意を感じる。
スポンサードリンク
20220627_193101 (4)_batch
 家を買ったら、なんと野生のアライグマまでついてきた? 以前の住人さんが食べ物を与えていたアライグマは、新しい住人さんとも友好協定を結んだようだ。そしてなんと、自分の子供たちを見せにやってきたようなんだ!

 
火星由来の病原菌が地球を汚染する危険性
 NASAをはじめとする宇宙機関は、10年以内に火星から岩石などのサンプルを持ち帰るべく準備を進めている。

 そこに生命体の痕跡はあるのか?宇宙に興味を抱く人たちにとってワクワクするような計画だが、きわめて危険な行為と強く反対する科学者もいる。

 彼らが懸念するのは、火星の土壌に未知なる病原菌が含まれている可能性がゼロではないからだ。そんなものを迂闊に地球に持ち込んで、万が一感染が広まるようなことがあれば取り返しがつかない事態になるという。
壁を透視できるデバイス
 どこに隠れていてもお見通しだ。イスラエルで開発されている最新の軍事技術は、AIベースの追跡アルゴリズムを利用することで、壁の向こう側をまるっと透視してしまう。

 まるでドラえもんの道具のような透視デバイス「Xaver 1000」は、イスラエルの画像処理企業「Camero-Tech」が開発したもので、先日仏パリで開催された軍事・セキュリティ関連の見本市「Eurosatury 2022」で初公開された。
ガソリン盗難防止用に玄関用監視カメラ
物価上昇が止まらない。特にガソリン価格の高騰は、車社会のアメリカにとっては深刻である。

 そんな中横行しているのが、停車中の車の給油口から直接ガソリンを抜き取るという手口の犯罪だ。

 この犯罪に対抗すべく、玄関用監視カメラ(ドアベル)を車の給油口わきに設置し、怪しい動きを動体センサーで察知、犯人の顔を記録するという革新的な(?)ライフハックが生み出されたようだ。
共に暮らすペットたちのビフォア・アフター
 動物たちの成長はとても早い。あっという間に大きくなる。複数のペットを飼っていると、お互いの成長を比較することができる。

 共に暮らし、日々を重ねてきたペットたちは月日の数だけ絆を深めている。ここではそんな動物たちのビフォア、アフターを見ていくことにしよう。

 人の家のペットながら「こんなに立派に大きくなって!」と言わずに入られないほど感慨深いものがある。
出産したばかりの猫親子をねぎらう犬
 飼っている母猫がはじめて7匹の子猫を無事出産した。すると、同居犬のダックスフントのオスが、まるで父親のように母猫をねぎらい、子猫たちのお世話をするようになったという。

 異種同士が寄り添い、育児を助ける姿は愛らしく、動画を見たユーザーらはすっかり心を温められたようだ。
タコと人間に共通する遺伝子を発見
 タコは、無脊椎動物であるにもかかわらず、極めて複雑な脳と認知能力を持つ生物として知られているが、その理由の一部がわかったかもしれない。

 タコの脳には、人間の脳にある動く遺伝子「トランスポゾン」が存在することがわかったという。人間とタコの脳には共通の遺伝子があったのだ。

 『BMC Biology』(2022年5月18日付)に掲載された研究では、タコの神経・認知機能の複雑さは、人間との分子的な類似に由来するらしいことを明らかにしている。
天才ボーダーコリー犬
 犬界きっての頭脳派、賢いことこの上なしのボーダーコリー犬ともなると、高度なひとり遊びの技を編み出してしまうことも可能だ。

 木の棒を投げてと人間におねだりすることなく、難易度の高い川を利用した棒拾いゲームをひとりで何度も繰り返す。頭もいいが身体能力もすごいワン!
渦巻き状の青白い光
 ついにポータルが開いたのか?と錯覚するような光景がニュージーランド南島で目撃された。6月19日の夜、上空に巨大な渦巻き状の青白い光が現れたのだ。

 目撃した人の話によると、この物体は最初は小さかったがどんどん大きくなり、北に向かって速い速度で動いていたという。果たしてその正体は? 
20220626_193616 (3)_batch
image credit:TikTok
「ソウルメイト」とか「前世からの約束」とか、そんな運命の出会い的なものって信じられる? 今回登場するハスキーとサモエドの間のきずなを目にしたら、信じずにはいられなくなってしまいそうなんだよ。
コロンビアの沈没船
 日本でいう所の江戸時代、18世紀初めにスペイン王位の継承者を巡ってヨーロッパ諸国では戦争が起きていた。「スペイン継承戦争(1701年 - 1714年)」である。

 この戦争により、1708年にイギリス海軍に攻撃されたスペイン王室の帆船「サンホセ号」は、コロンビアのカリブ海、カルタヘナ沖に沈んでいった。

 この船には、金、銀、エメラルドなどの200トンもの財宝が積み込まれていたとされており、総額は2兆2000億円を超えると言われている。

 3世紀近く行方不明だった船だが、2015年にコロンビア海軍が発見した。今回新たに、水深950mに沈むサンホセ号の積み荷部分の映像が公開された。 
モンハンの生肉とこんがり肉
 世界的に人気のアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズで定番のアイテムと言えば、「上手に焼けましたー!」でおなじみのアイテム、生肉とこんがり肉だろう。

 それらが実寸大の多目的まくらになった。骨の形状も肉の色合いも超リアルな仕上がりだ。自分の体を休ませるための回復薬として使うもよし、獲物をしとめる為の罠として使うのもよしだ。 
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING