置き去りにされた犬の救出物語

 家族は、飼っていた犬を置き去りにして引っ越してしまった。犬は、空っぽの家で何週間も孤独に過ごしていた。もしかしたら、自分を迎えに飼い主が戻ってきてくれると信じて待っていたのかもしれない。

 1週間後に大家が犬が取り残されているのを発見。連絡を受けた地元の動物救済施設のスタッフはただちに救出に向かった。久しぶりに人と接し、おびえた様子を見せた犬だが、安全だとわかると本来の人懐っこさを取り戻した。

 現在犬は永遠の家を見つけ、第2のチャンスを得て幸せに暮らしているという。
ADVERTISING
マッドハニーの採取
 森のクマさんが、ヒマラヤオオミツバチが作るはちみつ「マッドハニー」を大量摂取し、ラリラリの酩酊状態になってしまったという話を前回お伝えした。

 このはちみつがマッド(狂気)と呼ばれる所以は、大量摂取すると幻覚症状を引き起こし、まれに死に至ることがあるからだ。

 その理由はやはり植物にある。シャクナゲなどのツツジ科の植物が持つ「グラヤノトキシン」という強力な神経毒が、はちみつに毒性をもたらし、多くの人が病院送りとなっているのだ。

 ということはやっぱ一番怖いのは植物ってことなんだ。
スポンサードリンク
ピューマは大きな猫
 木の下で寝ていたピューマはブランコの存在に気が付いた。ちょっと押してみたところ、ゆらゆらと揺れるではないか!

 ちょっと楽しくなっちゃったピューマは、ブランコを押して揺らす遊びを始めちゃう。こういう動きを見ると、大型ネコ科とて、イエネコとあまり変わらないって感じするよね。かといって同じように接したら痛い目みるかもだけども。
浴槽のキャビネットから赤い液体
 アメリカの女性が20年ほど住んでいる家で怪奇現象が起きた。昨晩突然浴槽のキャビネットから赤い液体が流れ出したというのだ。

 それはまさに血の色で、困惑した女性はSNSに「キャビネットが出血したんだけど、原因が分かる人いる?」と、現場映像とともに質問を投げかけた。

 そこから真相が徐々に明らかになっていく。
20220927_011147 (5)_batch
 ご存じの通り、イギリスでマラミュートズと猫と暮らすあのご一家は、田舎の広い邸宅に移り住んだ。そして今後は愛猫のマイロくんも、外を自由に歩けるようにしようと考えているそうだ。

 だがこれまで家の中だけで過ごして来たマイロくん。まだ外に行くときには長いリードをつけているし、本人…いや、本猫もそこまで積極的に外に出たいと思ってはいないみたいなんだよ。

 だけどおうちの中から外にいるわんこたちを見たときに、マイロくんはなぜか突然破壊神と化してしまうことがあるようなんだ。
ホッキョクオオカミのクローン
 中国のバイオテクノロジー企業によって、世界初となる「ホッキョクオオカミ」のクローンが誕生したそうだ。

 野生のホッキョクオオカミの皮膚からドナー細胞を採取し、交配適期のメス犬の卵子に移植して「胚」を作成。それを代理母となるビーグル犬の子宮に入れた結果、今年6月にクローンの赤ちゃんが誕生した。

 このオオカミは「マヤ」と名付けられ、その後100日間観察したところ、健康であることがはっきりしたので、今回ようやく公表されたという。

 ホッキョクオオカミは差し迫った絶滅の危機にあるわけではないが、この技術を応用することで、現在絶滅が危惧されるほかの動物を救えるとのことだ。
AIでセーラームーンをリアル化
 文字を入力するだけで画像を自動生成できるAI(人工知能)ツールは、インターネットの想像力を爆発させており、今や人気のコンテンツとなっている。

 ミラン・ジャラムさんは、お気に入りのアニメ、映画、漫画を題材に、ひとひねり加えたコマンドを入力することで、子供時代の良き思い出の作品を、AI的解釈により、別次元へと昇華させたり悪夢化させたりしている。

 「セーラームーンのキャラクターをリアルな人間ぽく」と入力した結果出来上がった、AI的リアルヒューマンな美少女戦士たちを見ていこう。
オス鳥の求愛ダンス失敗
 極楽鳥としているフウチョウ科の鳥のオスは、多彩な求愛ダンスを踊ることで知られている。そのうちの一種、オーストラリアに生息するビクトリア・ライフルバードのオスが、メスの目の前で渾身の求愛ダンスを披露中だ。

 メスはとりあえずその踊りを見ているが、あまりタイプじゃなかったようだ。切ないエンディングが待っている。
restaurant_e
 子供にフレンドリーなレストランやカフェは家族連れには嬉しいが、一方で騒ぐ子供に迷惑し食事が楽しめないと他の客から苦情が出ることも少なくない。

 シンガポールのあるレストランは、そうした苦情を頻繁に受けていたことから、店内で騒ぐ子供には1人当たり10ドル(約1400円)の追加料金を取るペナルティを導入した。

 一部の客には不評だが、ほとんどの客は店側に理解を示しており、苦情を抑える効果になっているという。
男性が偶然犬の命を救う
 飼い主が、犬を連れて運動をしようと自転車で自宅を出たところ、突然犬が倒れ、意識不明の状態に。

 その時、偶然通りかかった近所の男性が、すぐに人工呼吸と心臓マッサージ(心肺蘇生法)を行ったところ、犬は息を吹き返し、命を救われた。
座りっぱなしの人のエクササイズ
 1日座りっぱなしの生活は体に良くないと言われている。心臓病や糖尿病のリスクを上げるだけでなく、うつ病など、心の健康状態も悪化させてしまうという。

 そうは言っても学校や仕事のために、座らざるを得ない人だっているだろう。

 そんな人にオススメなのが、アメリカの科学者が考案した「ヒラメ筋押し上げ運動」という簡単エクササイズだ。椅子に座ったまま行うことができる。

 ふくらはぎにある「ヒラメ筋」は、体重のたった1%しか占めないが、これを動かすだけで全身の代謝率を大幅アップできるのだそうだ。
水を飲むトビネズミ
 砂漠に生息するトビネズミは細長い脚と尻尾でバランスを取り、ぴょんぴょん跳ねる姿が、小さなカンガルーのようだ。

 通常は食べ物から水分を取るので水を飲むことはほとんどないのだが、連日の高温でよほど喉が渇いていたのだろう。

 野生のトビネズミにコップに入れた水を差しだしたところ、ゴクゴクと飲んだそうだ。
インドの巨大な石壺の謎
 インド、メガラヤ州にあるサイプン保護林で、巨大な石壺や円形の平石などが散らばる未知の遺跡が発見された。

 インドからインドネシアにかけて、似たような石壺群遺跡が続々と発見されており、これらの石壺は葬送に使用されたと考えられている。
20220926_194404 (2)_batch
 今年の夏は長かった気がする。それこそ4月くらいから暑かったよね。イギリスでもこの夏は記録的な熱波に見舞われ、多くの川や池が干上がってしまったんだそうだ。

 イギリスで野生動物たちの救助と保護に携わる「Wildlife Aid財団」には、干上がった泥にハマって身動きの取れなくなった生き物たちへの救助要請が、毎日寄せられていたんだそう。

 今日ご紹介する動画でも、1羽のカササギが泥にまみれて動けなくなっていたんだよ。早速救出に向かったサイモンさんとローリーさん。救助作戦は成功するのかな。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING