カラパイアの歩き方

コーヒーに牛乳で抗炎症作用coffee-1867429_640
 適量のコーヒーを飲むことで健康効果がもたらされるという研究結果は以前から報告されていたが、牛乳を加えることでさらにその効果が高まるという。

 新たな研究によると、牛乳を入れることで、コーヒーの抗炎症作用が高まるというのだ。

 デンマークの研究チームによると、牛乳のタンパク質がコーヒーに含まれる抗酸化物質「ポリフェノール」と結びついて、体の炎症を抑える免疫細胞が活性化するのだそうだ。
ADVERTISING
屋根裏で遊んでいた猫が青色に変化
 なんということでしょう!屋根裏で遊んでいた猫が真っ青になって帰って来た。ここでいう真っ青は文字通り物理的な意味だ。

 好奇心旺盛なリリーという薄茶色の猫は、飼い主の父親がガレージで作業をしている間、屋根裏を探検する旅に出た。

 家族は、屋根裏には猫にとって危険なものがないことを確認したので、好きに冒険させたのだが、顔面を真っ青にして姿を現したリリーにびっくり仰天。いったいリリーに何が起きたというのだろう?
スポンサードリンク
カリフォルニアの海をピンク色に染める
今、カリフォルニア州サンディエゴのビーチに行けば、輝く太陽と青い空と、そしてピンク色の海に出会えるかもしれない。

 これは謎の自然現象でも、工場の薬品が流出したわけでも、誰かのいたずらでもない。アメリカの研究チームが行なっている立派な科学的な研究だ。

 実験名もそのまんま「ピンク(PiNC/Plumes in Nearshore Conditions)」 その目的は、川からやってきた淡水が海水とどう混ざり合うのか解明することだ。
20230201_195711 (5)_batch
 トルコで居候猫…というか、最近ではすっかり庭猫として暮らしているダルタニャンと仲間たち。

 彼らの暮らす家の裏庭には、庭猫の仲間入りをするのを望まなかったり、野良猫以上居候猫未満としてときおり遊びに来たりしている猫たちと、この家の愛犬ウォルターが仲良く暮らしている。

 だが夜になると、その裏庭にもう1種類、こんな生き物がやってくるそうなんだよ。
月の時間を定める必要性
 さて、ちょっと質問だ。月は今、何時だろうか?

 日本と海外で時差があるように、月にも時差があるはずだ。では何時なのだろう?その答えは「わからない」、あるいは「複数存在する」だ。

 実は月にきちんと定められた標準的な時間はないという。

 各国の宇宙機関は、それぞれ独自の時間尺度を地球の「協定世界時(UTC)」にリンクさせて使っているが、この方法はあまり正確でなく、月の探査機はお互いの時刻を同期することができない。

 月面の探査機が数えるほどしかない今ならいいかもしれないが、今後もっと数多くのミッションが同時に行われるようになれば、困ったことになる。

 『Nature』に掲載された記事によると、宇宙関係者の間で今、月の標準時を定めようという動きがあるのだそうだ。
サンタクロースの存在をDNAで調べて欲しいと依頼する少女
 小さい頃は無条件にサンタクロースの存在を信じていても、小学生くらいになると、実際には存在しないんじゃないかと疑問を持ち始める子供は増えていく。

 アメリカの10歳の少女は、その疑問を解決するために確実な方法で調べたいと思った。

 少女は、地元警察に手紙を書いて「サンタクロースは本当にいるのかどうか、調査してください」と、トナカイがかじった人参などの証拠品を送って、DNA鑑定を依頼した。
man-439916_640_e
pixabay
 社会生活を送っていれば、相手を信頼しなければいけない状況が必ず訪れる。ありふれた家庭の問題から、政治家同士のなんだか腐敗の臭いがする密約まで、そこに自分以外の他者が関わるのなら、大なり小なり相手を信頼しなければ何もできない。

  さて、この世には信頼とは無縁そうな反社会的人格を持つ人が一定数存在する。だが、そうした人物とて一人で生きているわけではない。

 それどころか、ヤクザやマフィアのように、反社会的な者たちが多く集まる組織に所属することだってある。他者が関わるそこでは、信頼が不可欠だろう。

 そんな場合、反社会性人格の持ち主はどうするのだろうか?

 オランダ・アムステル大学などの行動経済学者や社会心理学者による新しい研究は、この点に光を当てている――鍵を握るのは「制裁」なのだそうだ。
アメリカのマクドナルド、試験的にストロー不要のフタを導入
image credit:Mcdonald's
 ここ数年、ファストフード業界では、プラスチック製のストローから、より環境に優しい紙製のストローへの移行が見られた。

 だが、使ったことがある人ならわかると思うが、紙製のストローは最初はいいが徐々に飲みづらくなってしまうのが難点だ。

 アメリカのマクドナルドは、一部の都市の店舗で、冷たい飲み物にストローを使わない新しいふたを試験導入中だ。

 これは、より環境的に持続可能なものになるための、同社の取り組みの一環だという。
同級生が義手を作成し、人生を変えた少年
 右手が不完全な状態で生まれた少年は、左手である程度のことができるようになり、普通に生活を送っていた。だが高校に入学する時、自分の手の形がみんなと違うことを気にして、臆病になっていた。

 だがその心配は懸念に終わる。15歳少年の手のことを知った工学教師は、エンジニアリングを学ぶ生徒たちに、少年の義手を3Dプリンターで作成するプロジェクトを提案した。

 生徒たちはそれに大賛成。これまで誰からも義肢の提供を受けたことがなかっただけに、少年は驚いた。

 1か月後、同級生が少年のために義手を完成させた。義手を付けて新しくなった右手で、初めてキャッチボールをすることができた少年は、「人生が変わった」と感動しと大きな喜びを語った。
ウォンバットが池の真ん中で立ち往生
 なぜまたそんなところに?ウォンバットが湖の真ん中の切り株で立ち往生している所を釣り人が発見した。オーストラリアでのできごとだ。

 そこは湖岸から0.5km離れた場所で、どのくらいの時間そこにいたのかはわからないが、野生動物救助隊らによって無事救出されたそうだ。
水草がバイオ燃料に
 アメリカの研究グループは、ムラサキコウキクサという水草の遺伝子を組み替えて、大豆の7倍のバイオ燃料を生産することに成功したそうだ。

 現在、バイオ燃料生産の主役はトウモロコシや大豆などだが、これらは大事な作物だ。燃料を作るために、畑を奪ってしまうのでは何かがおかしい。

 だがムラサキコウキクサは池で成長する水草なので、そのような心配はない。しかも燃料生産をするついでに、廃液まできれいにしてくれるという一石二鳥な植物であるそうだ。

 多大なるポテンシャルを秘めた水草。未来のバイオ燃料の生産現場といえば、水草をイメージするようになるかもしれない。
猫は卓球の達人
 卓球を行っていた人間たちだが、「おみゃーは見てらんねぇな」とばかり、少年の加勢に加わったのは猫だった。

 卓球台に上がると、飛んでくる球を肉球ミットで次々と撃ち返していく。この猫、素人じゃないな?
10年間体の中に閉じ込められた男性の奇跡の物語
 南アフリカ出身の少年は、原因不明の病で体の機能がどんどん失われていった。眼球運動とまばたきはできるが、植物状態となってしまった。

 だがそんな中にあり、少年は周囲のすべてを見聞きし、理解していたのだ。

 現在、47歳のマーティン・ピストリウスが、最初に症状を訴えたのは12歳のときだ。学校から返ってきたとき、喉の痛みをうったえた。

 医者は当初、インフルエンザだと診断し通常の治療をした。しかし、マーティンの症状は徐々に悪化し、体はどんどん動かなくなった。

 マーティンには意識はあったのだが、それが体の中に閉じ込められ、鍵をかけられた状態が10年も続いたのだ。
20230131_194801 (3)_batch
 人とペットの間にも、運命の出会いというものは確かにあるんじゃないだろうか。シェルターで出会ったアメリカンブリーとの間に、確かなきずなを築いた女性のストーリーが紹介されていたので、今日はその動画をみんなに紹介するね。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING