悪魔と取引した男、宝くじを当選したくて2人の姉妹を殺害
 面識のなかった姉妹2名をナイフで何度も刺して殺害し、逮捕されていた男の裁判がこのほど行われ、殺人罪の有罪判決が下された。

 取り調べに対し、殺人容疑を完全否認しつつも、男は「宝くじに当選させてもらう見返りとして、悪魔と取引をした。女性の生贄を捧げるよう要求された」と供述したという。
ADVERTISING
YKK0_640
 どこか切なくてほんのり優しい、「窓と猫の物語」シリーズをリリースし続けているYKK AP株式会社の公式コマーシャルフィルムから、新作が公開されていたので紹介するよ。

 今回はひとりでお留守番しているにゃんこのお話なんだ。さて、どんな映像に仕上がっているんだろう。
スポンサードリンク
エルサレムで2000年前の地下宴会場の遺構を発掘
 エルサレムの第二神殿時代(紀元前516年〜紀元70年)の壮麗な宴会場の名残が発見され、まもなく初めて一般公開されると発表された。

 エルサレム旧市街でももっとも見事な遺跡のひとつと言われる、およそ2000年前のこの宴会場は、イスラエルの嘆きの壁遺産財団が主催する新しい「嘆きの壁トンネルツアー」の新たな目玉となるだろう。
アメリカザリガニとなったエヴァンゲリオン初号機と二号機
image credit:フジミ模型
 決戦の舞台は水中へと持ち越された、とでもいうのだろうか?エヴァンゲリオンの初号機、二号機がアメリカザリガニに進化?して最終形態?となり登場したようだ。

 カラーリングは初号機、二号機のそれだが、形はリアルなアメリカザリガニである。でもってこれ、プラモデルなので自分で組み立てられるのである。
空から車が降って来るという恐怖体験
 事故を未然に防ぐため「かもしれない運転」を心がけるドライバーでもこんな事態を予測するのはさすがにちょっと無理そうだ。

 今月14日、アメリカのカリフォルニア州の一般道を走行中のトラック運転手と家族が、眼前にいきなり車が降ってくるとんでもない事故に遭遇した。

 その車のハンドルを握っていたのはひき逃げに関与したとみられる女性だ。

 目撃者によると問題の車は近くの高速道路から猛スピードで大ジャンプ、ミラクルな軌跡を描いてトラックが走る一般道に突っ込んでいったという。

 ジェット噴射さながらの黒煙とともに宙を舞い、道路脇の電線をぎりぎりかわして飛び込むシーンはあまりにハリウッド。さらに女性も死なずに助かったというメディア騒然の映像を見てみよう。
熱波が続くイギリスで、スーパーの駐車場の車に犬が置き去りになっていないか定期的にパトロールが開始される
 ここ2週間ほど、イギリスは熱波に見舞われた。1年を通して曇りの日が多いイギリスでは、多くの人が喜びの声をあげ日光浴を楽しんだが、一方でこの時期車内に犬が放置されたままになるという深刻な動物福祉問題が増加する。

 犬にとって暑さは大敵だ。そこで、大手スーパーマーケットチェーン『テスコ(TESCO)』では、RSPCA(英国動物虐待防止協会)の協力を得て駐車場のパトロールを開始した。飼い主が買い物の間に暑い車内に犬を放置していないかどうか、見まわる取り組みを独自に実施中だ。
人間の赤ちゃんの泣き声に反応して猛ダッシュで様子を見に来た母鹿の母性
 母親の愛情は時として種族を越えてしまうようだ。庭に隣接したデッキで赤ちゃんに日光浴をさせていたところ、最初はスヤスヤと寝ていたのだが、途中でグズって泣き出してしまったようだ。

 この声に真っ先に反応したのはなんと鹿のお母さん。森の中から猛ダッシュでかけつけ、庭に来て、心配そうにその様子を伺いに来たのだ。
毒蛇の猛毒から傷口を直ぐに塞いでくれる瞬間接着剤が誕生
 使い方によっては毒にも薬にもなるものは様々あるが、蛇の毒もその1つだろう。中南米に生息するクサリヘビ科の「カイサカ」は猛毒を持つことで知られているが、その毒が、傷口をたった45秒で完全にふさいでくれる医療用接着剤として利用できるそうだ。

 臨床試験を経て安全性や効果が確認されれば、実際に戦場や緊急医療現場などで利用されることとなるという。
猫のキスで目覚める飼い主
 ペットがいることで一日が素敵に始まることがある。この猫ちゃんは毎朝、飼い主の顔を引き寄せ、鼻を押し付けノーズキスをすることで飼い主をやさしく目覚めさせてくれるという。

 愛にできることってまだあるかい?うん、たくさんあるようだよ。
no title
 幽霊は物質として実在するのか?我々の脳が作り上げた幻想なのか?「幽霊」にまつわる話はいつの時代も消えてなくなることはない。だとするならば、人間の精神世界と確実につながりがあるのは確かだ。

 幽霊はただ現れて消えるだけではない。中には奇妙という言葉では割り切れない、特殊なケースも記録されている。

 幽霊が、自分の殺人事件の犯人を明らかにするために、あの世から舞い降りてその痕跡を残したとしか思えないような話があるのだ。

 1896年にアメリカで起きた世にも奇妙な物語を見ていこう。その女性の幽霊はのちにその地名を取って「グリーンブライアーの幽霊」と呼ばれることとなる。
dogbom4_640
 昨日は猫たちによるビデオボムをご紹介したわけなんだが、猫があるなら犬もあるだろうという疑問を持ったお友だちもいたんじゃないだろうか。



 そこで今日は、わんこバージョンをお届けするよ。猫ズと同様、リモートでのTV会議や中継中に、さりげなく、あるいは全身全霊をかけて邪魔をしに来る愛犬たちの様子を、ぜひ楽しんでもらえたら嬉しいよ。
海底に沈むタイタニック号の残骸を撮影した最新映像が公開される
 1912年の処女航海で氷山に衝突し、1500人の命と共に水中へ没した悲劇の豪華客船タイタニック号。その船体は109年たった今も北大西洋の海底に沈んでいる。

 このほど最新の潜水艇によって、3800メートルの海底に眠るタイタニック号の調査が行われた。カメラに映されたのは、美しいステンドグラスが収まっていた窓枠や、床のタイルといった当時の華やかさを偲ばせつつも、どこか物悲しい船の残骸だ。
食べたものを何でも甘くする不思議な果物「ミラクルフルーツ」
 西アフリカ原産の果物「ミラクルフルーツ」を知っているだろうか。

 それ自体は甘くないのに、このミラクルフルーツを食べた後で他の物を口にすると、甘く感じてしまうという不思議な果実だ。あの酸っぱいレモンすらも甘く感じてしまうというのだからまさにミラクルなのだ。 
iStock-950635162_e
AntonioGuillem/iStock
 暗いニュースは往々にして瞬く間に拡散されるものだ。それは今、世界を震撼させている感染病、交通事故や自然災害、テロや発砲事件などでたくさんの犠牲者がでるなど、誰かが不幸にあったというような悲劇的なものが多い。

 SNSでも暗いニュースばかり拡散させている人がいるが、もしあなたが暗いニュースから目が離せなくなり、繰り返し浸っているのなら注意が必要だ。

 新たなる研究によると、悲惨な出来事にばかり意識を向けていると「不幸のサイクル」にはまり、もっと悲惨なニュースに引き寄せられるようになってしまい、そこから抜け出せなくなるという。

 更にその強い精神的なストレスは、例え状況が好転したとしても引きずってしまい、長期にわたり影響を受けるという。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING