カラパイアの歩き方

サメ
 オーストラリア、ブリスベーンにあるクイーンズランド・ゴルフコースではなんとサメが生息しているという。サメが生息している場所は14番ホールにある池の中だそうで、これらのサメは洪水で川が氾濫した際に取り残されたものだそうだ。

 生息しているのはオオメジロザメという種類のサメだそうで、現在6匹のサメがいるという。オオメジロザメはウシザメとも呼ばれ、淡水でも生息可能なのだそうだ。気性も荒いことから、ホホジロザメ、イタチザメと並ぶ最も危険なサメであるという。大きさは大きいもので3メートル近くになるそうで、近づくと危険。ということで、池ポチャしたボールを拾いにいったら逆に手足を落としてしまう可能性もなきにしもあらずなので、「サメ注意」の看板が立っているという。
sponsored links
kou
 コオロギのオスは、つがいでいる時に危険に遭遇すると、自分が食べられてしまうリスクを犯してもメスを先に逃がすという研究報告が、6日の米科学誌カレント・バイオロジーに発表されたそうだ。命がけで女を守るとかもう、コウロギさん紳士すぎて超かっこいい。
sponsored links
10
 夜光虫と呼ばれる発光プランクトンは、大発生すると夜に光り輝いて見える事からこの名がついた。その幻想的な青白い光りは見る人を魅了するが、昼間は一転して赤潮という名で海水を鉄錆色に変える。

 ということでアメリカ、サンディエゴにて夜のみ美しく光り輝く夜光虫の波の上を悠々サーフィンしている人の映像が公開されていた。
壮大
 トヨタのピックアップトラック車、ハイラックスシリーズは、その頑丈なボディーと走行性で世界中で人気の車種なのだそうだが、ニュージーランドで展開中のハイラックスのCMが、壮大なるアドベンチャーでなかなかに面白いとぷちっと話題になっていた。
pds
 アメリカでは、中央銀行である連邦準備制度がアメリカ合衆国ドルの発行を管理している。製造は製版印刷局と合衆国造幣局によって行われ、1日あたり6億5000万ドル相当の紙幣と硬貨が製造されている。紙幣は製版印刷局で作られるのだそうだが、20ドル札ができるまでの過程がわかる写真が公開されていた。
tore
 漁師さんが捕ってきた魚を選別作業。そこに現れたのは、いつもこの魚を狙っている野良な猫たち。四方八方からしのびより、漁師さんの目を盗んでは魚を食べているわけなんだけど、最後に1匹、完全に見つかっちゃったみたいだね。
隕石
 地球の表面の71%を覆う水は彗星からもたらされたかもしれないとの仮説を裏付ける研究が、科学誌「ネイチャー」に発表された。ドイツのマックスプランク研究所の研究チームは、欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡を使って観測を行い、ハートレー第2彗星(103P)に地球と似た成分の水があることを突き止めた。
ふけい
 そのままでも美しく素晴らしい自然の風景。Canon 5D2で撮影したオリジナルの映像にエフェクトをかけることで、自然から超自然、そして新世界へといざなってくれる高画質映像。大画面に拡大してみることをおすすめするよ。
はなすな
 わりとメジャーな危機感を表す手法として利用されるのが、落ちる瞬間何かにつかまる、お手手をつなぐ系のシーン。ということで様々な映画で使われている
「hold on !」なシーンをつなぎあわせてコンピレーション。
dansei
 ケビン・マクレイン(56)さんは、アメリカ、アイオア州にて家を持たず車の中で生活をしていた。

 肺ガンとなり病院に入院したが、もうすぐこの世を去らなければならない。マクレインは最後に1つだけ叶えたい願いがあった。

 それは、苦楽を共にしてきた唯一無二の家族、愛犬ユーティー(メス)にお別れの挨拶をすること。

 病院関係者とボランティアスタッフの尽力で、その願いが叶えられることになった。そしてその日、ユーティーが病院を訪れたのだ。
ノミ
 ノミのサーカスという言葉は聞いたことがあるけれど、本当にノミが芸をするのを見たことがなかったので、ちょっと胸キュンしてしまったわけだよ。1949年、フランス、パリのカーニバルからの映像だそうで、ヒトノミが、自分の体よりもかなりでかいブリキの車を引いているんだ。
ハロルド
 みんなは覚えているだろうか?2011年5月21日、キリスト教の「最後の審判が下る」と予言していた米国の伝道師、宗教放送局「ファミリー・ラジオ」の局長ハロルド・キャンピング(89)がその予告をするっとはずしたものの、「だが、10月21日には必ずや、世界は終わる。一瞬で世界は破滅するだろう」と力説していたことを。

 ということで差し迫って第二弾の予告日が迫ってきている。ハロルドは、前回の予言をはずした直後、脳卒中に見舞われ、療養していたが、最近また自宅に戻ってきたそうだ。最後の日に備える為に。
切り首
 トルコ東部の標高2,134 m の山、、ネムルト山の山頂には、巨大神像の頭部が地面に落下している不思議な遺跡がある。これは、紀元前69年に即位した、コンマゲネ王朝アンティオコス1世が山頂に築いた巨大墳墓なのだそうだ。

 人工的に作られた、直径152 m、高さ49mの頂上部には、王の座像のほか、2羽の鷲、2頭のライオン、様々なギリシャ神話やペルシャ神話の神々の像の頭部が並んでいる。その不思議な光景は、1987年、ユネスコ世界遺産に登録され、多くの旅行者が訪れるトルコ東部の有名遺跡となった。
インベーダー
 プロジェクトマッピングを利用して映し出されたのは世界最大のインベーダーゲーム画面。そしてこの画面をプレイするにはコントローラーではなくサッカーボール。プレイするのはイギリス、チェルシーFC の面々だ。
sponsored links
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links