01


 アメリカで、1950年から1951年に販売されていた教育目的の原子力実験セット(含ウラン238)は、今までに販売されていたどんなキットよりも精巧なものだと言われていて、当時の金額で50ドル。今はコレクターたちにより高値で売買され、5000ドル(約50万円)以上はする代物なんだそうだ。
ADVERTISING
す^−ぱ
 このカメレオン、タイトルにスーパーがついているくらいのスーパーな能力者。

 持ち替えたサングラスのフレームの色を瞬時に感知、ぱっとその色に変身してしまうんだ。出せない色とかもうないんじゃないのってくらいの色のつきっぷりなんだ。もう会いたすぎて困っちゃう。
スポンサードリンク
くらげ
 オーストラリアのタスマニア島沖で発見されたのは、足の部分がレインボーに発光している新種のクラゲ。

 この画像は、クラゲ研究家のリサ・ガーシュインさんが、「phototank」という水中カメラを使って撮影したものなんだそうだ。
ありくい
 アリクイとはいえ、アリばっか食ってるわけじゃないみたいなんだ。時にはワインをたしなむソムリエーターな部分もある、そんなアリクイさんのグルメな食生活を拝んでみたいんだ。
UD
 投稿者が今まで集めてきた俺フォルダの中のUFOと宇宙人などの未知との遭遇画像を編集してスライドショーにしたものなのだそうだ。パルモもいろいろスクリーンショットに取って集めておこうとちょっとだけ思ってみたんだ。
obent
 子供たちに大人気の歌番組から、誰もが1度は聴いたことのあるあの名曲「お弁当箱の歌」をお届けしてくれているんだけども、まったく新しいタイプのお弁当箱の歌なので若干の警戒心と広い心が必要なのかもしれないんだ。
ひとはえ
 音を聞いたり重力を感じたりする生き物にとって重要な5つの感覚を認識する脳の仕組みは、ヒトもハエもほぼ同じであることが、東京大学などの研究でわかったそうなんだ。

 
おくち
 口の中で、3色の光と音でエレクトリカルパレード実験をしちゃっているのが、面白実験で世界をお騒がせしている日本のプログラマーアーティスト、Daito Manabe氏。

 口から光を放つとかちょっとこれいいかも欲しいかも熱いかな?
000
photo by Pixabay
 ヘビや蜘蛛やサソリなどに毒があることはみんな知っていると思うんだけれども、えっ?こいつもっていう意外な生物が結構ポイズンだったりするそうなんだ。

 もちろん人間にとって有毒であるとは限らないわけなんだけれども、意外と知られていない毒を持った生物トップ10をスライドショーで見てみることにしようそうしよう。
溶岩
 3月18日に起きたトンガの海底火山噴火のお話はしたかと思うんだけれども、この映像は科学者たちが、海底火山を点検する為に撮影したドロドロ流れる溶岩の滝の様子なんだ。

 高温の赤い溶岩が、海に流れ落ちるこの様はまるで地獄の中にいるみたいなんだ。
38
 このおじさんに見覚えのあるおともだちも多いと思うんだ。ちょっと前に、ライオンと一緒に水遊びを楽しんでいる映像のあのケビン・リチャードソンおじさんなのだけれども、ジャングルに住む38頭ものライオンとこんな風に仲間として溶け込むことができるのだそうだ。
げんにち
 幻日は、文字通り幻の太陽のようなものが太陽の横に見える大気光学現象のことでを言うのだそうだ。(気象光学現象 > 幻日

 その幻日を目撃し、携帯カメラで撮影したものがこの映像なんだそうだけれども、確かにこんな光景を見かけたらうきうきウォッチンしたくなっちゃうよね。

 
妖精
 アイルランドには、昔から妖精さんが棲んでいて、妖精の存在を信じる心をもつアイルランドの人々により、ピーターパン、指輪物語、ナルニア国物語など様々な物語がこの地で誕生していったんだ。

 アイルランドの妖精は、群れをなして暮らすものと単独で暮らすものと大きく2種類いるそうなんだけれども、このサイトでは、Tipperaryに住んでいるといわれている単独で暮らす妖精の靴屋さん「レプラコーン」を観察できるよう、Tipperaryにライブカメラを設置したのだそうだ。

 30秒ごとに更新されるライブカメラで、レプラコーンの存在を確認してみることにしようそうしよう。
きょだい
 中国は浙江省舟山市定海区の金塘島で、謎の巨大魚が陸揚げされたそうなんだ。

 この巨大魚、体長12メートル、直径1メートルで、重さは10トン以上もあるという。灰鼈洋海域の大鵬島付近で漁を行っていた漁師達により発見されたのだけれど、発見時にはすでに死亡して海上に浮かんでいたという。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING