メガベジ
 人口も日本の10倍以上、13億人が住む中国で、食糧難に立ち向かうべく鋭意開発中なのが、通称「メガベジ」、巨大野菜や果物シリーズ。重さ10キロのトマト、長さ25センチの唐辛子、100キロのかぼちゃは既に関東省の栽培農家ですくすくと育っているそうで、栄養価も十分に高いのだそうだ。

 中国では1980年代から積極的にメガベジの開発に取り組んでおり、植物の遺伝子操作の危険性に関しては、人間の遺伝子は植物とは違い突然変異をしないので、健康を害することはないと研究者であるLo Zhigangさんは語っている。
ADVERTISING
おばちゃん
シンガポールのオフィスビルのエレベーター内に突如現れたおばあちゃんの霊は、しっかり防犯カメラに捕らえられていたそうなんだ。問題の映像は画面右下のエレベーター内の映像で再生後1:25あたりにひょっこりと現れる。ちなみにこの老婆の霊は中国は上海のフォルクスワーゲンオフィスタワーにも現れたそうなのだが、そのときの映像は残されていないとのこと。この老婆、シンガポールではラッフェルプレイスに住む霊ばあちゃんとして有名なのだそうだ。
スポンサードリンク
きもい
 ピエロ恐怖症的な人はおそらくダメで、でもって感受性豊かな子どもたちのトラウマづくりに貢献してしまったという理由から放送打ち切りになってしまったクレイアニメ作品だそうだよ。白いマスクがアレだったんだろうね、多分だけどね。
wakusei
まるで空の上を歩いているような不思議な感覚を味わえるのは、標高3760mに位置する世界最大の塩湖、「ウユニ湖」。広さは約12000平方キロメートル。白く固まった塩の上に、場所により深さ数センチ〜数十センチの水がたまる。湖の真ん中に立つと、果てしなく広い湖が鏡の役割を果たし、空の景色を一面に映し出すその光景は、異次元に迷い込んだかのよな、空の上を歩いているような、惑星に舞い降りた気分を味わえるんだそうだ。
no title
 当時「ニューネッシー」という愛称までつけられちゃったぐらいすごく有名な話なので、知っているおともだちも多いと思うけれどそんなこともあったなーという記憶確認の意味も込めて。

 1977年4月、日本のトロール漁船、「瑞洋丸」がニュージーランドの沖合で巨大な未確認動物の死体を引き上げた。それは全長10メートル、体重は2トン以上もあったそうで、カメような体にヘビの首を持っていた。組員によって写真撮影とスケッチがなされた後、死骸は海に戻されてしまったいう。この生物の正体を明らかにすべくこれらの画像を持って1980年、ヤスダフジオ博士がロンドンに渡り調査を進めたという。
眠い
眠気には勝てなかったらしいんです。たとえそこが荷車の上でも。たとえ鼻がまがっちゃっても。とってもかわいい小熊ちゃんなのですが、爪を見るととってもフレディーなので、抱きしめるには勇気が必要なのです。
d72bb9e7
 トイレ中、特に男子の場合には座ってするタイプの方でまったり一日の体の沈殿物をとっぷり落としているゆとりタイムに、いきなり誰かが乱入してきたら、そしてそれは人ではなく、ヒトガタロボットでもなく、獰猛な動物だったりしたら、1週間ぐらいはウ○コ排出機能をストップしてしまうぐらいの恐怖感を覚えるに違いないんだ。
ペット
このペットが飼いたい!!一緒に暮らしたい!!と、世界中の動物マニアから求められている動物たちトップ16だそうだよ。確かにサバンナ猫とかすごく一緒に暮らしてみたい形相はしているよね。
人食い輪に
ウガンダのアンガニーカ湖に生息しているナイルワニは、現代のギュスターブとも呼ばれ、襲われた村人の数は200人以上にも及ぶといわれているんだ。その体長はなんと8メートル。こいつに勝てるやつはなかなかいないんじゃないかと思うんだ。
謎きつねずみ?
 口はブタのようで、目はウサギ、体はキツネっぽい形状のこの謎生物は、中国の江西省宜春市にある動物園で7年間に渡って現在も飼育されているのだそうだ。この謎生物、今から7年前に地元農民が捕獲し、同市林業局野生動物保護ステーションに届けたもの。同局の専門家は、この動物が一体何であるか識別できなかったため、同省林業局専門家に鑑定を依頼。しかしそこでも正体がわからず、この動物の映像を国家林業局に送ってみたものの、やっぱりわからなかったのだそうだ。

 で、またしてもここで鑑定職人さんたちの出番です。この動物に関する情報があれば、教えてくれるとうれしいわけです。人間が作り出したものなのか?はたまた自然が生んだハイブリッド2なのか?続々登場したら面白いんだけれども現在生存が確認できるのはこいつだけらしいんだ。
絶滅


ベトナム北部にある湖で既に絶滅した思われてきた巨大カメが再発見されていたことが16日、このカメの現地調査を行ってきた米クリーブランド動物園の発表により明らかとなったそうなんだ。

 このカメはスッポンの仲間で学名が「ラフェトス・スウィンホエイ(Rafetus swinhoei)」というもので、 このカメが生息していることが確認された湖の近くにある村の村民の間では昔から湖にはナゾの巨大生物が居るといった伝説が伝えられていたが、今回、現地調査を改めて実施したことにより、その生物は生物学的にも極めて珍しい、まさに幻の生物であったことが判明した。

 このカメは既に3匹が捕らえられ、2匹は既に中国の動物園に送られた模様だ。 
黒い
捨て犬などを保護する米国各地の動物シェルターで、「ビッグ・ブラック・ドッグ(大きな黒い犬)現象」と呼ばれる傾向が目立っているそうなんだ。黒っぽい大型犬は引き取り手が見つかりにくく、ついには処分されてしまうケースも多いのだという。

 黒くて大きい犬はなんとなく恐ろしいイメージがあるため、その見かけだけで判断されがちだが、実際は大変頭の良い従順な面を持ち合わせている。黒い大型犬が嫌われる現象について、全米規模で調べた統計は今のところ見当たらないのだが、アーカンソー州ロジャーズのシェルターでは、先月処分された引き取り手のない犬14匹のうち、13匹が黒い大型犬だったという。
ライフサイズ
うちの野良にゃーにゃも結構でぶいのですが、それでも5.5キロ。で、イタリアのブルジョアジーなお金持ちの家で飼われているこの猫ちゃんの体重は15.8キロだそうで、かなり巨大であることは間違いがないようです。

 この猫ちゃんの名前は「オラーツィオ」、3歳。アニメな猫、ガーフィールドがラザニアを激しく愛しているように、オラーツィオの場合には、飼い主が財力にモノを言わせ、イタリア中から、その地域の名物料理を持ってこさせてはオラーツィオに食べさせた結果がこうなったわけで、その辺の料理評論家よりもよっぽど舌が肥えているのだそうです体重も肥えてるけれど。 
虫
YOUTUBEに公開した人は、去年自宅の裏庭にてこの虫を発見したのだそうで、今になってもその正体がわからず気になってしかたがないそうなので、YOUTUBEにて皆に「この虫なんだか知っている?」と呼びかけているそんな動画なんだ。虫と水中生物に詳しいカラパイアを読んでいるおともだちならきっとわかるだろうことを信じて、教えてくれるとうれしいし、この虫が自分の家に出現した場合には喜びひとしおなんだ。多分きてくれないとは思うけど。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING