あにこう
 イギリスの海外領土の、イベリア半島の南東端に突き出した半島、ジブラルタルの水深128メートル地点に潜んでいた、萌えるアンコウ。

 アンコウにはいろんな種類のものが世界中に存在するんだけれど、頭部が著しく大きく、幅が広いのが特徴。深海になればなるほど素敵になっていく気がするんだ。
ADVERTISING
inu
 地球探査部隊である宇宙人の一人が犬に化けて地球に潜伏していた。調査期間が終わり、宇宙にまた帰っていく。そこで地球で学んだことをみんなに披露するわけなんだけれど・・・
スポンサードリンク
yoo
 南アメリカ、チリのショッピングモールに現れたのは2体の小さい半透明の灰色物体。画面右側から出てきて、左上に通り過ぎていくんだけれど、すごい再生回数でこれが結構話題になっているみたいなんだ。南米だけに謎物体に対してはすごくポジティブで、この物体はこの付近で亡くなった少年の霊ではないかと噂されているんだ。
kaibougaku
 動物病理解剖学の権威であるダイアン・フォックス博士が、アメリカのウィスコンシン州に作った、動物標本博物館は、すごく工夫が凝らされていて、いろいろなお病気になった動物たちの剥製が、ミニチュアの遊園地や水族館にオブジェとして展示されているんだそうだ。
あるびの
 YOUTUBE動画で公開されているアルビノと呼ばれている白い生き物たちを集めてみたよ。

 アルビノは、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により メラニンが欠乏し、皮膚が白くなっている状態、固体のことを表す言葉なんだ。
otanma
 空からおびただしい魚やカエルが降ったきたという現象は、これまで世界の至るところで記録されている。

 今から30年程前、南フランスで何万匹とも知れぬヒキガエルが降ったそうだし、1861年にはシンガポールでナマズがドバドバ降ってきたという記録もある。2007年にはセルビアでカエルの雨が降り、2008年にはインドで魚の雨が降った。

 そんな空から生物が降ってくるという現象は、海外やジョジョ6部のウェザーリポートだけの話なのかと思っていたら、日本にもとうとうやってきたみたいなんだ。
ばーどすとらいく
 バードストライクとは、鳥が構造物に衝突する事故のこと。特に飛行機は飛んでいる仲間たちなだけに、バードストライクに遭遇する機会が多いんだ。

 ジェットエンジンのエアインテーク(空気吸入口)に鳥が吸い込まれると、エンジンが損傷を起こし急停止してしまったり、衝突すると、小型の鳥類であっても高速で飛行する航空機にとって衝突時のエネルギーは大きなものなので、最悪の場合、墜落に至るケースもあるんだそうだ。

 で、この動画はその最悪の場合をコックピット目線で見ることができるバードストライクを受けてから墜落するまでの映像。
うくらいな
 サンドアートアニメーションとは、下から光を当てたガラスの板の上にのせた砂を、指先だけで造形を変え、ストーリーを作っていくもの。ウクライナのタレント発掘オーディション番組「Ukraine's Got Talent」で、サンドアートによる素晴らしい作品を会場で、見ている人の目の前で披露した、美少女Kseniya Simonovaさん。

 その作品の、あまりの素晴らしさに会場には、涙の雨が降り注いだのだそうだ。
00
 人面を持つ魚として、伝説のUMA化されたのが「ジェニー・ハニヴァー」。ぶっちゃけ正体はガンギエイなんだけど、でもって日本の干物屋さんとかには普通にぶらさがっているわけなんだけど、この度、イスラエルの港町ハイファでとれとれぴちぴち水揚げされたんだそうだ。
へび
 楚天金報が伝えたところによると、先月20日、持病の治療のために自作した蛇酒を飲もうとした武漢市に住む男性が、酒の中でまだ生きていた蛇に咬まれて病院に運ばれるという事故が発生したみたいなんだ。
真空実験
 注射器を使って作った真空ポンプを使っていろいろ面白実験をしている人の映像だよ。

 真空というと宇宙を思い出してしまうわけだけど、国際宇宙ステーションの軌道高度約400kmの真空度は10-5Pa程度なんだそうだ。一般に圧力が 10-1Pa より低くなると高真空、10-5Pa 以下は超高真空、10-9Pa 辺りになると極高真空と呼ばれるそうだよ。パルモにはまったく理解できなかったけどね。
たらべら
世界的にも有名になった、象と犬の仲良しカップル、タラとベラが、ディズニーからの映画のオファーを受けていたことが判明したそうだ

 ディスニーのプロデューサーは、タラをもう一頭の訓練を受けた象とともに出演させるというプランを申し出たのだそうだが、保護園の共同設立者であるスコット・ブレーズさん&キャロル・バックレイはきっぱり「NO」の返事を出したという。

 ブレーズさんは断った理由を「動物たちを見世物にはしたくない」、「人を楽しませるために支配と訓練を受けるような環境に象たちを戻らせたくないのです」と語ったという。
人形
 古今東西どこの国でも、人形には魂が宿ると言われているわけで、その結果が菊人形伝説だったりチャッキー伝説だったりするわけなんだけれど、どことなく魂宿ってそうな、なんか呪いたいっぽい雰囲気をかもしだしている西洋人形たちのスライドショーなんだ。
UMA
 先月の31日、アメリカ、ニューヨーク州とバーモント州の境にあるシャンプレーン湖に、実在の可能性が高いとされているUMA『チャンプ』が再び現れたんだそうだ。

 チャンプ(Champ)は、シャンプレーン湖のみに生息し、推定体長が7.5メートルから24メートルとされている。細長い首に馬の頭。ひげが生えていたと言う証言から当初はチョウザメ説もあったが現在では否定されつつあるそうだ。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING