eko石川ホールディングスがお贈りするエコロジー・エンタテイメント。満を持しての発表となった模様です。これはかなりのエコだな。
スポンサードリンク
ライオンライオンさんは、ハングリーじゃないときには無駄に戦ったりはしないわけなんだね。じゃぁ今ハングリーなパルモは誰を襲ってもいいわけなんだね、よくわかんないんだけども。で、猪突猛進なイノシシさんの場合には誰彼かまわずタックルタックル、この波には一応乗っておこうと思うんだ。
スポンサードリンク
mimik ミミック(擬態)って聞くと、ドラクエなんかで、宝箱に変装しているアイツらを思い出すわけだけれども、その名の通りミミックオクトパス(ゼブラオクトパス)は主にインドネシアに生息していて、脅威の擬態能力でウミヘビ、カレイ、ミノカサゴなんかに華麗に変身してくれるんだ。これは天敵から身を守る為なんだけれども、逆に自分で獲物を捕まえたいときには相手を油断させるために他の弱い生き物に化けたりなんかする始末。

 この能力のおかげで最近までミミックオクトパスの存在があまり知られてなかったのだそうで、今日もどこかであたらしい物まね芸を見につけているに違いないんだ。「イソギンチャク、あれちょっと評判悪かったから今度はカサゴいっとく?」みたいにね。
進化 このたび、イギリスのイングランド地方やウェールズ地方などにある鉱区の土壌から、鉛、亜鉛、砒素、銅などの重金属を好んで食べる“ヘビーメタル・マニア”のミミズが発見されたそうなんだ。

 この“スーパーミミズ”は、新たに進化した種とみられており、有害廃棄物をエサにすることから、汚染された工業用地の浄化に役立つ可能性もあるという。

 新たに見つかったミミズは摂取した金属を若干異なる形に変えてから排泄する。排泄物は元の金属よりも植物が吸い上げやすい形状であり、植物に吸収させた上で刈り取れば土壌を浄化すること(ファイトレメディエーション)も望めるという。
??マレーシアのGunung Mulu国立公園で発見されたというこの生物。形状は陸のウニとかイガグリみたいで色は真っ白。かわいいにもほどがあるんだけれどもいったい何なのかな?毛虫族かな?
?????????1936年、メキシコのアグアスカリエンテスにあるその家に悲惨な事件が起きた。父親が夜明けにいきなり乱心、家族を殺そうと襲い掛かったのだとそうだ。母親は命からがら幼い息子の手をひき近所の家に逃げ込むことができたのだそうだが、娘の方は逃げ遅れ、腕を刺されてしまったのだという。

 この悲劇によりこの家は無人化し、廃墟化していったわけだが現在でも尚この家に霊的な現象が発せられるという。そこでこの家を調査しにゴーストバスターたちが向かっていったわけなのだが、そこで驚くべき現象が・・・
食虫動きが遅いにもほどがあるナメクジさんとカタツムリさんですもの。食虫植物であるハエトリソウにぱっくりんちょされるのは時間の問題っていうか時間をかけても軽く捕食されてしまうわけなんだ。我々人類の場合にも、自然という大きな食虫植物の中で、自然の気分次第ではいつでもぱっくりんちょされてしまうところを想像してみると、このカタツムリさんやナメクジさんの気持ちがわかってくるかもしれないんだ。
souseiji 通常ならば、長生きはできないであろうシャム双生児として生まれた魚の兄弟。ところがこの兄弟たちは他の双生児とは一味違ったわけで、お腹が引っ付いたままもう8ヶ月も2匹とも元気に水の中で暮らしているというから、専門家たちもびっくり。どうやらこの体勢のまま生き抜く術を見つけたみたいなんだ。
あり自宅の玄関前を集団でよってたかっていたのはアリに見えなくもないんだけども、アリにしてはちょっと不自然なところのある虫さんたちなのだそうだ。で、これはなんなのっていう話なんだけれども、普通にアリにしか見えないパルモ以外の救いの手が必要なんだ。
少女有名な映像なので、知っているおともだちも多いんじゃないかと思うんだけれども、知らないおともだちの場合には、天真爛漫に笑うふくよかな少女の笑顔に癒されたり威嚇されたりしてみればいいと思うんだ。
不気味の谷 日本のロボット工学者である森政弘氏が提唱している「不気味の谷現象」を実際にロボットを使って検証している動画があったみたいなんだ。
例脳 坪野鉱泉は、富山県魚津市の富山県道136号坪野湯上線付近にあった旅館、現在は廃墟となっており全国でも有名な心霊スポットとして知られている。
00

 ニホンミツバチの天敵といえば世界最大のスズメバチ、オオスズメバチだ。

 雑食のスズメバチがミツバチの巣を発見。ミツバチたちは羽の音をぶんぶん鳴らして威嚇するも一向におかまいなし。

 巣の中に一人乗り込んでいったスズメバチは仲間を呼ぶためにおしりから液体を放出。ここで仲間を呼ばれたら、大量の兵力とはいえ勝ち目のないミツバチ軍。そこで彼らがとった作戦とは・・・
mitubati ミツバチはあんなにちっこいのにきちんと秩序正しく集団生活を送っていてこいつら只者じゃねえな、と思っていたら、やっぱりすごい奴らだったんだ。

 これまでにもミツバチは、記号言語と呼ばれるジェスチャーを使ったコミュニケーション能力があることや、その記号言語が住む地域により方言のように異なっていることや、左右が対象か非対称かを見分けられたりすることができることがわかっていたのだけれど、更にすごいことに最高4つまでなら数を認識することができるという研究結果が最近の調査で明らかになったそうなんだ。

 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク