せんそぷ
 過去1000年の間、世界のどこかで幾度もの戦争が繰り広げられてられてきたわけなんだけども、どの場所でどれくらいの規模の戦争が起きたのかを世界地図上に記し、それを5分という早回しで編集した映像がこれなんだ。

 1000年という長いスパンで見ると、ヨーロッパや中東での戦争の数の多さが浮き彫りとなる形となったわけだね。そしてアメリカ本土はほとんど戦地になっていないところにも注目なんだ。
スポンサードリンク
リス
 これまでにもげっ歯類の動物がうまそうにタネ類を食べる映像は数々見てきたが、これほど鮮明に高画質なものははじめてだったんだ。

 というか上手にひまわりの種の殻を剥いて食べるもんだね。かなりじっくり観察できるよ。
スポンサードリンク
brain-activity
 見たかったあの夢を、もう二度と見たくないあの悪夢を、記録し可視化させる装置を作ることは可能であるという研究結果が物議を醸し出しているという。

 この研究にあたっている、米、カリフォルニア工科大学のモラン・サーフ博士は、夢と脳の関係を解明するため、被験者の脳内に電極を埋め込み、あらかじめ見せた写真のイメージが脳内で思い描けるとランプが点灯するという装置を使って実験を行った。

 その結果、被験者らは約70パーセントの割合でランプを点灯させることに成功したという。
くーろん
 九龍城砦は、香港・九龍の九龍城地区のことで、かつてはそこに巨大なスラム街が形成されていたところ。

 1898年、イギリスが中国清朝から香港島や九龍に隣接する新界、及びランタオ島をはじめとする香港周辺200余りの島嶼部を99年間租借したのだが、九龍城砦は例外として租借地から除外され清の飛び地となった。後にイギリスの圧力で清軍・官吏等が排除されてしまい、以後中国大陸が中国国民党率いる中華民国となって以降も、事実上どこの国の法も及ばない不管理地帯となったんだ。
廃墟
 かつては死体安置所として、たくさんの遺体が運び込まれていた施設内を撮影中、映像に表れたのは白く浮かび上がる人影のような霊の姿だったという。
フォトショ
 これがロシア式フォトショップという感じなのかどうなのかはわからないままに、ロシアの古い時代のコンピューターを利用して行われた画像加工技術がなかなかに精密なんだ。元は共産国家なので国民に出せない画像は処理しなければならず、こういった技術が発達していったんだろうね。
o-suto
 オーストラリアでは便秘治療に使われているらしいというこの真っ赤なワーム。押すと内臓的なものがびよーんとでてくる機能を搭載しているみたいなんだ。この虫の正体がわかるおともだちはいるかな?いたら教えてほしいな。
tengu
 日本古来から今に伝わる、天狗や河童とされているミイラ。これらは既に別の動物の骨を組み合わせたものであるという事実はうすうす気がついているわけで、いやでもそれでも、夢とロマンでなんとか1体くらい本物が混じってたりしたらいいなーという願望はまだ持っているかと思うんだ。

 そんな中、またしても夢砕く事実が明らかになったそうだ。「カラス天狗(てんぐ)のミイラ」として知られる和歌山県御坊市所蔵の「生身迦樓羅王尊像(しょうじんかるらおうそんぞう)」(江戸時代)の正体が、同県によるコンピューター断層撮影(CT)で、2羽の鳥の骨や粘土で作った造作物と分かったそうだ。
rosia
 ロシアの少年少女たちによる度胸試しの映像が話題になっていたよ。かなりの高所の鉄塔の先っぽに命綱なしで渡っていくわけなんだけども、ロシアには放置された高い鉄塔とかたくさんあるみたいで、子どもたちの娯楽施設になっているようだね。子どもの頃の方が高いところは怖くなかった気がするけど、それにしてもこれはちょっとスリリングが怖すぎなんだ。
不発で餡
 第二次世界大戦時に使用された爆弾は今尚戦場となった地には残されている。この映像は、先月ドイツのポツダムにて、不発弾を爆破処理した時のものだそうで、住宅街に程近い川の中で発見された不発弾は、住民たちに避難勧告を出し、破片が吹き飛ぶのを防ぐために、9トンの藁(ワラ)で250キログラムの爆薬を覆いながらの処理となったそうだ。
すろ
 ナマケモノは一日のほとんどを木の上で暮らしているが、排便する時には、ゆっくりと木の根元まで下りていく。木の根元の地面に浅い穴を掘ってそこに糞をして、枯れ葉でそれを覆うという習性があるんだそうだ。

 地上には天敵となる捕食者がいっぱいいるのに、危険を冒してまで、なんでわざわざ木を降りて排便するのかというと、そうすることによって、自分たちを養ってくれている木に、葉を食べて得た栄養価の50%を返しているのだそうだ。
ブラックバス
 日本では、生態系を狂わすとして特定外来生物に指定されているブラックバス。食用にもするが、体長の割に引きが強いことや、季節によって一定のパターンをもって行動することから、主にゲームフィッシングの対象魚として世界的に人気が高い魚でもあるんだ。

 疑似餌(ルアー)を使っての釣りが一般的だが、他にエビやドジョウやミミズなどを餌にした釣り方があるという。そんなブラックバスが餌に食いつく瞬間を撮影した映像がこれなんだそうだ。
kanaibou
 人間の細胞から人工臓器を作り出す研究を行っている米ノースカロライナ州のWake Forest University Baptist Medical Centerの再生医学研究所は、人間の肝細胞を増殖させ、人工肝臓を作り出す事に成功したそうだ。

 大人の肝臓の平均重量は2Kg程だが、今回作成に成功した人工肝臓は5.7gとかなり小さい。実際に人に移植して機能するには最低454gは必要とのことだが、肝臓再生の大きな一歩を踏み出すこととなった。
ですしティー
 1986年4月26日未明、チェルノブイリ原子力発電所の4号炉の爆発事故により、漏れた放射性物質が町全体を覆ったウクライナ北部にあるプリピャチを覆った。この影響でプリピャチは現在も放射線に汚染されており、今後900年以上は人が生活できない状態にあるという。プリピャチの住人は皆強制退去させられたが、ごく一部の人は町に残り生活をしている。

 現在は、ウクライナの地元ツーリストがプリピャチの見学ツアーを開催しているので、ロシア語を学びガイガーカウンターを持って行けばプリピャチを歩き回る事が可能。ただし参加する前に「見学中やそれ以後の健康に関してはすべて自己責任でお願いします」という旨が記載された書類にサインしなければならないそうだ。

 そんなプリピャチの町をツアーで回った人の映像がこれなんだそうだ。

スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING