カラパイアの歩き方

ドッペルゲンガー殺人事件
 ドイツで、若い女性の遺体が発見される事件が発生した。

 女性の身元が特定されたが、死んだとされた女性が実は加害者で、身代わりに自分とよく似た女性を殺害した偽装殺人だったことが判明した。

 最終的に事件の詳細が明らかになったことで、加害者と恋人の男性が共犯者として逮捕されたが、まるでサスペンスドラマのようなこの事件は、ドイツのメディアで「ドッペルゲンガー殺人事件」と報じられた。
ADVERTISING
20230204_193759_batch
 ヒーローという名前の保護犬は、引き取られた先でひとつだけどうしてもやりたくないことがあった。それはお散歩に行くこと。

 そりゃあニンゲンだって、アウトドア派もいればインドア派もいる。でもお散歩がキライなわんこもいるんだね。というわけで、今回ご紹介するのは、究極のインドア派わんこだよ。
スポンサードリンク
絶滅した鳥、ドードーの復活プロジェクト
 すでに絶滅してしまった「マンモス」の復活を目指す研究チームが、次のターゲットとして「ドードー」を選んだ。

 ドードーは、17世紀までマダガスカル沖の島に生息していた飛べない鳥で、オランダ人に発見されてから、わずか100年足らずで絶滅してしまった。

 侵入してきた人間による乱獲と、人間が持ち込んだ動物にヒナや卵が捕食されたことによるものだ。

 絶滅種の復活を目指す新興企業「コロッサル・バイオサイエンシズ(Clossal Biosciences)」は、このプロジェクトのため新たに1億5000万ドル(195億円)の資金を調達し、総額は2億2500万ドル(292億円)に達したそうだ。
no title
 人が亡くなる原因はさまざまだ。たとえ現在健康でこれといった持病がなくても思わぬ形で死ぬ可能性はつねにある。

 いつどこで何がおきるのがわからないのが人生だ。交通事故はもちろん、火事、海でおぼれたり、食べ物で窒息したり、虫に刺されたりと、思ってもいない形でエンディングを迎えることがある。

 データをわかりやすくグラフィック化する「Visual Capitalist」では、アメリカ人における不慮の死が起こりうる確率をインフォグラフィックにした。

 使用されているデータは、全米安全評議会NSCとアメリカ疾病予防管理センターCDCの情報に基づくものだそうで、対象はアメリカ人となる。

 アメリカ人が、予期せぬ死を迎える確率が高いのは何なのか?興味深い結果となっているので参考として見ていくことにしよう。 
コンゴウインコが傷害事件を起こし飼い主逮捕
 色鮮やかなコンゴウインコは、ペットとしても人気だが、公共の場で自由に飛ばすとなると、思いもしない事態を引き起こしてしまうことがあるようだ。

 台湾でコンゴウインコをペットに飼っている男性が、公園で鳥を自由に飛ばせていたところ、ジョギング中の医師に飛びかかり、医師が転倒して怪我をするという事故が起こった。

 その後、医師は飼い主を訴え、最終的に飼い主の男性は裁判所から過失傷害の罪で、懲役2か月と多額の賠償金の支払いを命じられた。
壁の中にキツツキが貯めた大量のドングリ
 アメリカの民家でキツツキの被害にあっていると連絡を受けた害虫駆除業者の男性が、壁に穴を開けたところ、そこから大量のドングリがなだれこんできた!

 大量なんてもんじゃない、爆量だ。20年以上この仕事を行っている男性も、このような事態に遭遇したのは初めてだという。
0_e7
 今回はじゃがいもを使った便利なレシピを紹介しよう。マッシュポテトに隠し味を入れることでそのまま食べてもおいしいし、様々な料理に転用できる。

 今回はこの万能マッシュポテトを使ったメニューを2つほど紹介するが、朝作って余ったエッグスラット用のマッシュポテトを、そのままお昼に、あるいは夕ご飯にポテトチーズコロッケとして再登場させることが可能となる。

  それじゃあ今回も張り切っていってみるびゅん!
30歳の犬が史上最高齢でギネス記録更新
 今年1月、チワワのスパイクが23歳で存命する世界最高齢の犬としてギネス世界記録に認定されたが、そのわずか2週間後に記録が破られた。

 ポルトガルに住む純血種「ラフェイロ・ド・アレンティジョ」のボビー(オス)が、2023年2月1日時点で30歳と266日であることがわかり、公式に世界記録を更新したのだ。

 ボビーは加齢による視力低下や早く走れないなどの問題はあるものの、体調は良好で、猫たちと一緒にのんびり過ごしているという。
2023年2月6日は満月
 毎度おなじみ、カラパイア満月速報の時間です。2023年2月の満月が6日の午前3時29分にやってくる。

 今回は今年で一番、地球から最も遠い満月となるため、今年最小の満月となる。たとえ小さくても定期的に確実に満月を見せてくれるのがお月様だ。

 お正月を迎えて心機一転したはずなのに、良いことがなくて運気が停滞気味だと嘆いている人は、満月でまた気分をリセットできるチャンス。

 満月時は地球のエネルギーを最大限に高めてくれるとも言われているので、ここで心と体を充電チャージだ。
風を受け堂々とポーズを決める犬
 この日は強い風が吹いていた。庭を見ると飼い犬のプードルが全身で風を受け、威風堂々なポーズを決めている。

 風に毛をたなびかせ、むしろ風を楽しむかのように座っているその姿は、まるでライオンのようだ。うん、かっこいい。
2500年前の石に刻まれたラブレター
 どの時代のものであっても、誰のものであっても、熱烈な思いを綴ったラブレターの内容には、心を揺り動かされるものだ。

 今ならネットで簡単にやり取りできるが、紙がない大昔は、文字を1つ1つ、思いを込めて石に刻んでいったのだからなおさら感慨深いものがある。

 約2500年前の石棺に刻まれたこのラブレターは、古代ギリシャ、マケドニア王国のアレキサンダー大王に仕えた将軍で、のちに自らも王となった、アンティゴノス1世に向けて書かれたものだ。

 そして最も興味深いのは、誰がアンティゴノスにラブレターを書いたのか、誰も知らないということだ。
20230203_115551 (3)_batch
 ご主人や同居犬とはベッドをめぐってガチバトルもするゴールデンレトリバーのベイリーくん。だが、彼は小さき者たちには惜しみない愛情を注ぐのだ。ベッド?もちろん譲っちゃう。



 今日はそんなベイリーくんが、子猫たちとイチャコラしている映像が届いたので紹介するね。
マヤ文明のエリート女性戦士
 マヤ文明時代の遺跡に残された3人の遺骨を分析したところ、肩に矢が突き刺さった上流階級の女性のものが含まれていた。

 その骨の強度を分析したところ、男性に負けないくらい弓の扱いに長けていただろうことが明らかになり、女性戦士である可能性が高いという。

 マヤ文明では上流階級の女性も戦争で戦っていたという仮説があるが、今回の発見はその裏付けになるかもしれないという。
catmuseum_e
 アメリカのウィスコンシン州に、猫好きならきっと足を運んでみたくなるユニークなミャウジアム(猫博物館)が存在する。

 猫に関するさまざまな小物が1万点以上揃っているミャウジアムは、外見上は普通の住宅だが、一歩中に入るとそこは猫、猫、猫フィギュアのオンパレード。でもって、10匹のリアル猫も出迎えてくれるという。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING