ガガーリン
 1960年代、米ソ間の宇宙開発競争が激化していった時代、ソ連では宇宙飛行士の選抜が始められ、ガガーリンも20人の候補生の一人に選ばれた。ガガーリンは他の飛行士たちとともに、宇宙飛行に必要な身体的・精神的耐久性をテストされながら、厳しい訓練を受けた。

 ついに世界初の有人宇宙飛行が行われることが決まったとき、パイロットの候補はガガーリンとゲルマン・チトフのどちらかにしぼられた。最終選考の結果、選ばれたのはガガーリンだった。この決定は政府の上層部によって行われたが、決め手となったのはガガーリンが労働者階級出身にあることに加え温和で社交的な性格と、「ユーリイ」というロシア的な名前、そして労働者階級出身の英雄という点を強調しやすい生い立ちにあったという。

 そしてついに、1961年4月12日、ガガーリンはボストーク3KA-2で世界初の有人宇宙飛行に成功した。
ADVERTISING
no title
 タッツェルブルム(Tatzelwurm)は、アルプス山脈に住むとされる未確認生物。タッツェルブルムは古くから現地の伝説に登場している。目撃情報によると、鉤爪のある前脚を持ったヘビのような姿をしているというのは共通しているが、頭部は猫そっくりだったという証言から、ドラゴン(トカゲ)に似ていたという証言もある。大きさも60センチ程度のものから2メートルのものまで様々。
スポンサードリンク
擬態
 モンダルマガレイ(Peacock Flounders)は、インド・太平洋域に生息する体長40cmに達する大型種。有眼側は淡色から茶褐色で、有眼側には青もしくは淡色の輪状斑が多数見られる。雄の無眼側には小黒斑がある。海底の砂そっくりに擬態しているのだが、泳ぐ姿はヒラヒラしててちょっとでっぱった目玉も左右別々に動き、ユーモラスキュートでかわいいんだ。
カマキリ
 その誇りとプライドの高さにおいては人間をも超越した存在であるかもしれないカマキリ族。今回の対戦カードは黒猫なのであるが、おっとりさんな黒猫だった為に思った以上に長い戦いとなったみたいなんだ。
トイレ
 便器大国と言えばウォシュレットを排出した日本であるということは世界で認められているわけではあるのだが、アメリカの場合にも便器には基準があるそうで、少ない水の量で大量の大便を流せる便器が良しとされているんだそうだ。

 最低基準は1回の平均排便量である350グラムがきちんと流すことができることだそうで、この基準を満たした便器には「MaP(Maximum performance)」と呼ばれる認定印を便器にプリントすることができるんだ。
氷河
 太陽の周期的な活動に異変が起き、「冬眠状態」に入り、地球にミニ氷河期(小氷期)が到来する可能性があることがわかったそうだ。

 これは国立天文台や理化学研究所などが発表したもので、磁石のS極とN極がひっくり返るような磁場の反転が太陽の北極で起きつつあるという。通常は北極の磁場と同時に反転するはずの南極の磁場が、まったく変化する様子がない。これは過去に地球が寒冷化した時期の太陽の状況と似ているのだそうだ。また、太陽の黒点の様子にも、過去に地球の気温が下がった時期と同様の変化が見られるという。

 

首なしラクダ??

2012年05月04日 ι コメント(20) ι 動画 ι 動物・鳥類 ι #
くびなし
 ラクダがよりそう動物公園の敷地内をのっそりと徘徊しているこのラクダ。なんと首がなかったという・・・
エイリアン
 一般的なファミリーカーの車両。その車が走行中になんと車の下からエイリアンめいたものがひょっこり顔を出したという。この映像は後続車が撮影したものなのだが、ジャックバウワーのようなそんなエイリアンがいるとでもいうのだろうか?
モンゴル
 1900年代初期、欧米列強の植民地主義に圧倒され、清朝(中国)の衰退が顕著になっていた。そんな中、かねてより清の統治に不満のあった外モンゴルの諸王公は清朝からの分離独立を模索していた。

 1911年10月、辛亥革命によって清の実効統治が急速に弱体化すると、外モンゴルのハルハ地方の諸王侯はロシア帝国の力を頼って清からの独立を決意。ボグド・ハーン政権が誕生した。ボグド・ハーン政権は、国号を「モンゴル国」と称し、活仏ジェプツンダンバ・ホトクト8世を皇帝として戴いた君主国とした。

 これらの画像は1913年、モンゴル国を訪れた写真家スタパスによって撮影された外モンゴルの様子をとらえたものだそうだ。
単純作業もらきゅらく
 自らの手に設置した外骨格アームを動かすことで、ロボットの手が同じように動き、危険物を取り扱う作業でも本体に危険がおよぶことは無いという便利なロボットハンド。また、単純作業においても通常よりも力を使わずに済む為その負担も軽減されるという。
ふくろう
 イタリア、ヴィラクレスピのフクロウ大好き一家は、現在22羽のフクロウを飼っているという。夜行性、昼行性といろんな種類のフクロウと毎日楽しくすごしているそうで、見ているだけでクラクラきちゃう。気絶寸前するほどに愛くるしいフクロウたちなんだ。しかも娘さんとか、メンフクロウのお顔をモフってたりなんかして。
高い
 ブラジル北東部、赤道付近のフォルタレーザにある「ビーチパーク」は世界一高いウォータースライダー「Insano」があるという。その高さは41メートル。ビルにすると14階に匹敵する。しかもほぼ垂直状態なもんだから、落下速度も毎時105キロ。ビルから地上に向かって一直線に飛び降りた気分を味わえるのだそうだ。
終末
 
 調査会社イプソスが世界的規模で行った最新の調査で、「生きているうちに世界の終わりが来ると思う」と回答した人が、全体の約15%にのぼることが分かった。これは7人に1人の計算となる。

 イプソスは、中国、トルコ、ロシア、メキシコ、韓国、日本、米国、アルゼンチン、ハンガリー、ポーランド、スウェーデン、フランス、スペイン、ベルギー、カナダ、オーストラリア、イタリア、南アフリカ、英国、インドネシア、ドイツの21カ国の計1万6262人を対象に調査を実施。
pinboru
 ウェブ上で簡単に遊ぶことができるフラッシュゲーム「* SNOWBALL! *」は、ピンボール版の上を雪上の世界にみたてて、ボールが仕掛けを通るたびに様々なワクワクが待ち構えている中毒性の高いゲームなんだ。
スポンサードリンク
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING