コロナから復活したおばあさんの今年の感謝祭
コロナから復活したおばあさんの今年の感謝祭 image credit:Briana Whitney/Twitter

 2016年、孫と勘違いして見知らぬ男性に感謝祭の招待メールを送ってしまったことがきっかけで、これもなにかの縁と、以降毎年感謝祭にその男性を招待し、一緒に食事会をしていたおばあさんの話はカラパイアでもお伝えしたとおりだ。

 今年も5回目となる感謝祭が行われるはずだったのだが、世界はコロナが大流行。4月におばあさんと彼女の夫がコロナに感染、SNSでは彼らを心配する声が多く届いた。

 悲しいことに夫であるロニーさんは他界してしまったが、ワンダおばあさんは無事回復した。今年は、ロニーさんを偲びながらの食事会が行われたという。
スポンサードリンク

間違いメールがきっかけで知り合った2人


 2016年、アメリカのアリゾナ州に住むワンダ・デンチさんは、感謝祭の食事に孫を招待しようと携帯電話からショートメッセージを送ったが、間違えた番号を登録していたようで、そのメッセージは見知らぬ男性、ジャマル・ヒントンさんのもとへ届いた。

 しかし、それがきっかけでワンダさんはジャマルさんを感謝祭の食事に招待することとなった。以降、ワンダさん一家とジャマルさんの間には交流が生まれ、毎年感謝祭を共に過ごすようになった。


コロナに感染したワンダさんと夫のロニーさん


 これまで4回、感謝祭の食事を共にし、ワンダさん一家とジャマルさんの間には家族のような繋がりができていた。

 しかし、今年の4月ジャマルさんは、ワンダさんと夫ロニーさんが2人ともコロナに感染していることを知った。

 特にロニーさんは重症で入院、自身も感染しているワンダさんはロニーさんの見舞いに行くことも叶わなかった。

 ジャマルさんは、「ワンダもロニーもこの状況に恐怖を感じている。だけど2人は強い人だから、乗り越えられることを願っている」と、大好きな2人が辛い状況にあることをSNSでシェアし、フォロワーに愛と祈りを2人に送るよう呼びかけた。


ロニーさんのいない5回目の感謝祭を2人で過ごすことに


 その後、ワンダさんはコロナから無事回復したが、ロニーさんは重篤な肺炎を起こし4月5日に帰らぬ人となってしまった。

 ロニーさんが亡くなった後、メディアの取材に応えたワンダさんは、ジャマルさんの温かい思いやりに感動した。

 ワンダさんとロニーさんがコロナに感染していることをTwitterやYouTubeで伝えたジャマルさんを介して、全米中の見知らぬ多くの人々が、2人の快復を祈るメッセージビデオやコメントを寄せてくれたからだ。


 ワンダさんは、涙ぐみながらこのように話している。

天国を見上げて、亡き夫に「あなたのことを本当に多くの人が想ってくれているわよ」と伝えました。こんなにたくさんの方々からサポートのメッセージを頂いたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 また、ワンダさん自身、Twitterでジャマルさんと彼のガールフレンドへ感謝の言葉を綴っている。

ジャマルとミカエラに感謝します。彼らは、私が悲しみに暮れている間、本当によくサポートしてくれました。ロニーと私は彼らをとても愛しています。彼らと出会えて本当に良かった。

 ジャマルさんがワンダさん一家に参加した感謝祭は、今年で5回目となる。これまでは、ワンダさんとともにロニーさんが笑顔でジャマルさんを家族のように迎え入れてくれた。

 しかし、今年の感謝祭にはロニーさんはいない。ワンダさんは、ロニーさんの笑顔の写真をテーブルに置き、愛する夫を偲びながらジャマルさんや家族と一緒に食事をしたようだ。


 この写真を見たユーザーらからは、ワンダさんへの励ましの声とロニーさんへの追悼メッセージが多数寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
「感謝祭だから一緒に夕食たべよ!」間違って見知らぬ少年にメッセージを送ってしまったおばあさん、それでも彼を招待することをやめなかったことで全米が感動


間違いメールがきっかけで、見知らぬ男性と感謝祭を共にしていたあのおばあさん、コロナウイルスに感染


出産報告のメッセージを見知らぬ人に誤送信→受け取った相手がお祝いに駆け付ける(アメリカ)


オーストラリアにあるアメリカ大使館が誤爆!架空のパジャマ猫パーティーの招待状を一斉送信しちゃった件


おばあちゃんの愛情はあたたかくてほろ苦い。おばあちゃんがくれた12のプレゼント。


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
26103 points
寒冷地仕様だから雪に強し!ロシアの猫、ジンジャーの日常

寒冷地仕様だから雪に強し!ロシアの猫、ジンジャーの日常

2021年1月16日
2位
7216 points
なんじゃこりゃ!はじめての猫用ドアにブチ切れる猫

なんじゃこりゃ!はじめての猫用ドアにブチ切れる猫

2021年1月12日
3位
4083 points
ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

2021年1月11日
9603105315
4位
2677 points
新種の異常巻きアンモナイトが北海道で発見される

新種の異常巻きアンモナイトが北海道で発見される

2021年1月15日
5792053540
5位
2563 points
愛がすべて。野生動物公園の飼育員が動物たちとの日常をシェア(オーストラリア)

愛がすべて。野生動物公園の飼育員が動物たちとの日常をシェア(オーストラリア)

2021年1月14日
912457114
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年11月24日 15:05
  • ID:bQngGFB40 #
2

2.

  • 2020年11月24日 15:07
  • ID:ErJe8Vd90 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年11月24日 15:16
  • ID:ekaa1Y4G0 #

今でも交流が続いていてすごいね。
でも、ロニーさんが亡くなってしまったとは・・・・。ご冥福をお祈りします。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年11月24日 15:54
  • ID:9YMr.gL.0 #


登場人物全員優しさしかないとかなんなの?!
そんな奴らはこれからも幸せに過ごしてしまえばいいんだ!

5

5. 匿名処理班

  • 2020年11月24日 16:49
  • ID:E3botzUX0 #

オー・ヘンリー著「感謝祭の二人の紳士」っぽい話だね

6

6. 匿名処理班

  • 2020年11月24日 16:50
  • ID:ovobDe.A0 #

こな方の続報記事毎年楽しみにしてたけどロニーさん亡くなってしまったのか。
最愛の人の闘病中にも見舞えず死に目に立ち会うことも叶わない。コロナの恐ろしさ悲しさはそれに尽きると思う。
本当に早く収束して欲しい。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年11月24日 17:58
  • ID:qZ0GkPwy0 #

この話、覚えてる!
ずっと交流が続いてるのね。

おじいちゃんのご冥福をお祈りします。
みんなに幸せあれ。

8

8.

  • 2020年11月24日 18:47
  • ID:Ka63VOau0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク