2020年じゃがいも写真コンテスト
2020年じゃがいも写真コンテスト image credit:Potato Photographer of the Year/Ray Spence

 最近、イギリスでちょっぴりユーモラスな写真コンテストが開催された。その名も、「2020年 じゃがいも写真コンテスト」だ。

 このコンテストは、フードバンクの慈善団体『Trussell Trust』への資金集め目的で行われたそうだが、多くの応募者がじゃがいもをテーマとした作品を提供し、その中から特に優秀な作品と審査された10選が『The Guardian』など複数のメディアで紹介された。
スポンサードリンク

2020年じゃがいも写真コンテストが開催


 主催者となったベネディクト・ブレイン氏とマーティン・パー氏を含む審査員は、フードバンクの資金集めのために開催したじゃがいも写真コンテストの作品を厳重に審査。

 多くの作品がいずれもユーモア溢れるものとなっているが、特にロックダウン時期と掛け合わせたシニカルな作品も寄せられ、注目を浴びたようだ。

 では、審査員や写真家のコメントと共に、優勝作品1位、2位、3位から10作品までを見て行こう。

優勝作品1位「ロックダウンの終わり」



この写真は、ロックダウン中の強迫観念を、見事なユーモアで描いている。発芽したじゃがいもの芽を、ロックダウン中ヘアカットに行くことができない人の髪と見立てた想像力は素晴らしい。ちょぴりバカげていて、笑ってしまうユーモア溢れるこのような作品は、まさに今の私たちが必要としているものだ。

2位「じゃがいも」



NASAのロボットによって、不毛の惑星の表面で撮影されたエイリアンの生命体のようだ。

3位「厳しい市場仕様」



じゃがいもの農学は常に変化している。この作品は、2つの角度からじゃがいもの政治的側面を表現している。先住民の起源と現在の単一企業による農業の支配を巧みに組み合わせ、考え抜いて実行された合成画像だ。

4.「タイトルなし」



じゃがいもの皮を剥く作業は、家族間で行われるノスタルジックなイギリスの文化だ。この入念な描写は、審査した作品の中でも非常に印象的だった。

空のキッチンで、おそらく窓から差し込んだ限られた光を創造的に使用し、ロックダウン中どこにも行けない人々が淡々とじゃがいもの皮剥きに熱中するという以外にも、閉所恐怖症の側面を効果的に反映している。

5.「いもナメクジ」



全体的に、さつまいもの姿がアザラシのように見えたり、芽がユニコーンの角のようにも見えたりして、シンプルだがユーモラスな作品だ。

6.「ジャージーポテトを植える」



じゃがいもを収穫する人たちが非常によく配置されている画期的な作品。

7.「ブルージュのフリッツ」



チップスとマヨネーズを見ると、どれほど安心することか。

8「大地のりんご」



この写真は、りんごの代わりにじゃがいもを持って新たな世界の始まりを告げるアダムとイブの創造に焦点を当てている。

COVID-19以降、人間は接触や親密さなどの多くの誘惑を拒否されてきた。しかし、それはまた世界に「リセット」と更新の機会を提供した。じゃがいもは、世界中で愛されている主食であることから、生活の基本を体現しているといえよう。

9「“じゃがいもの顔”を食べる」



ピンホールカメラを使って口の中から撮影した作品

10「2030年」



気候変動と食糧不足により、2030年には英国政府がすべての市民に裏庭で食料の栽培を開始するように働きかけるようになる。パニックになった市民らは頭にザルを被り、5Gの不安定な恐怖から身を守るため、コンクリートで裏打ちされた裏庭にジャガイモを植えようとすることだろう。

そうすることが、唯一の生存のチャンスかもしれないことを想像させるユーモア溢れた作品。写真家がこの作品を撮影するために費やした努力には感心する。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ミュータントかな。3か月ぶりに家に帰ったらジャガイモが触手を伸ばした変異体になっていた件(フランス)


ちょっと待って!冷蔵庫でじゃがいもを保管してはならない理由


じゃがいもワンダフル!世界10か国のじゃがいも料理(レシピ付き)


映画オデッセイのように、火星でジャガイモを栽培することはできるのか?(共同研究)


なにこれちょっと食べてみたい!ガラス細工のような透明ポテトチップスの作り方


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
14656 points
負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

2020年9月17日
50014097455
2位
6658 points
ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

2020年9月15日
3位
5859 points
心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

2020年9月18日
3205517418
4位
2668 points
飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

2020年9月16日
2312413222
5位
2072 points
スワンボートが超進化。70年代の日本の漫画からインスパイアされた「白鳥型メガヨット」がついにお披露目

スワンボートが超進化。70年代の日本の漫画からインスパイアされた「白鳥型メガヨット」がついにお披露目

2020年9月14日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 14:44
  • ID:Mc04U2zq0 #

4番が17、8世紀のバロック絵画を現代で表現したかのようですごく好き

2

2. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 15:02
  • ID:PYqL7oOU0 #

8番目の写真、まだ未収穫のじゃがいもが左下に……

3

3. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 16:14
  • ID:futuDR2u0 #

面白さがわからない

4

4. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 16:31
  • ID:Yq6CeUU.0 #

7番だけは何で入選できたのか分からん

5

5. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 16:40
  • ID:5nkVrBZE0 #

わざわざなんで面白くないって言いにくるのかわからない

6

6. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 16:41
  • ID:TwYSD7X30 #

英のジョーク?
日本人にはウケないような気がする

7

7. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 16:53
  • ID:Y9mTzhdn0 #

※1
左の伏せているおじさんが聖書の人物に思えてくる

8

8. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 17:06
  • ID:g.sKWN5m0 #

この難解さ、シュールさがいかにもイギリスという感じがする

9

9. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 17:44
  • ID:q.hdmfB00 #

8はなんていうか股間のポテトが気になってしまう

10

10. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 18:27
  • ID:rsv6HKmR0 #

軽い気持ちで見に来たのにクオリティ凄い!!
アダムとイヴとポテトの作品が周りに比べてなーんか少し雑な気もして笑えてしまうのは何故だろう?

11

11. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 19:22
  • ID:t7k5gxyn0 #

イモを食べる喜びはあまり感じない作品が多いのは
メシマズといわれる国だからなのか

12

12. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 20:13
  • ID:J81Bze8e0 #

うーむー正直ほとんどの作品がキャプションの力技で作品化してる感

13

13. 匿名処理班

  • 2020年08月06日 21:10
  • ID:Mc04U2zq0 #

※7
左から、『逃避』、『怠惰』、『惰性』、『執着』

14

14. 匿名処理班

  • 2020年08月07日 01:23
  • ID:WKGi5ijE0 #

フリッツのマヨネーズ、もはや芸術品と呼んでいいほどウマいというらしいが、本当に芸術品になってた

15

15. 匿名処理班

  • 2020年08月07日 01:25
  • ID:vlLD3hgd0 #

>>5
?普通にわかるだろ
見て面白くなかったって感想を書いてるだけ
くだらない芸能ネタでわざわざこの人知らないって書き込むのとは違うだろ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年08月07日 11:06
  • ID:.XIWoaNe0 #

写真ガチ勢とジョーク勢が混じってて面白いね。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年08月07日 11:38
  • ID:DxHPoJj70 #

※12 あ、わりと深いところをついてしまいましたね。程度の差はありますが、視覚的な作品はだいたいそういうことですよな。

18

18. 匿名処理班

  • 2020年08月07日 17:24
  • ID:LaKn1BMd0 #

8のタイトルは、まんまじゃがいものフランス語ですね(ポム・ド・テール)
アダムとイブが食べたのは林檎じゃなくていちじくだと言われてるけど

19

19. 匿名処理班

  • 2020年08月08日 05:58
  • ID:h1pIj4jV0 #

10が急にヤバイ雰囲気を醸し出して浮いてる

20

20. 匿名処理班

  • 2020年08月08日 11:55
  • ID:jRVHofpX0 #

※3 そっかー。そういう人も当然いるよね。面白がってるヒトもいるんだなと思っとけばいいと思うよ。

21

21.

  • 2020年08月08日 11:57
  • ID:jRVHofpX0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年08月08日 16:18
  • ID:XP3XeLhM0 #

3位の発想すごすぎる

23

23. 匿名処理班

  • 2020年08月09日 10:03
  • ID:CByQ7Bl80 #

3位の意味がわからない
猫でもわかるように解説を頼む

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク