スパイ容疑のハト

 古くから平和のシンボルとして名高い鳩だが、インドの国境付近ではたびたび捕獲される不審な鳩が警察を悩ませている。

 今月24日、インドとパキスタンの国境付近に位置するカシミールの村で見つかった鳩がインド当局に引き渡された。

 その鳩には鮮やかな赤い印と「暗号化されたメッセージ」ともとれる数字がついた足環があるため、インドとパキスタンを行き来するスパイの疑いがあるとして拘束されたのだ。

 なおこうした事例はインドでたびたび発生しており、およそ10年前にも同様の鳩がスパイ容疑で拘束され話題となった。

 定期的に現れるミステリアスな鳩。ところが今回、拘束されたその鳩の無実を証明する人物が現れたという。
スポンサードリンク

Locals Capture Suspected 'Spy' Pigeon From Pakistan Near Indian Border In Kathua

スパイなの?国境で謎の鳩がまたも捕獲される


 この鳩は今月24日にインドとカシミールの間に広がる山岳地帯カシミールのマニャリの村で捕獲された。そこはインドと対立するパキスタンの実効支配地域に近く、カシミールの帰属をめぐる紛争が絶えない地域として知られる。

 その鳩はパキスタンからある女性のもとに飛んできたとみられるが、目立つ印がついた鳩には足環がありいくつかの数字が並んでいるという。鳩を受け取った警察官のミシュラ氏はこう語る。

 「この鳩がスパイ目的とは言い切れない。地元の人が足環を見て捕まえたんです。しかしそこに刻まれている数字を暗号化されたメッセージという人もいます」

スクリーンショット-(328)

 確かに鳩の帰巣本能を利用した通信手段は過去の戦争でも使われている。ミシュラ氏はパキスタンのパンジャーブのあたりでは所有者が鳩に数字の入った標識を結び付けることを知っているが、インドに飛んできた鳩たちは識別番号に模した暗号を運んでいるかもしれないのだ。


ケージに入れられスパイ容疑で調査される鳩


 地元メディアによると、インドの警察は鮮やかなピンクの印と脚に足環がある鳩を「スパイの疑いあり」として記録し、容疑者の安全を確保するためにケージまで用意しているという。
 
 なお、警察は現在のところその鳩に異常はみられないとしながらも、特別部門が調査にあたっていると述べている。

 「鳩がパキスタンのスパイとして捕獲される事例は定期的に起きています。国境沿いのこのあたりは微妙な地域で、潜入行動もよくあります」

 ある警官は鳩が国境を越えてメッセージを伝えるために使われていると主張し、疑いをもたれにくい鳥が伝書鳩のようにこっそり使われていると話す。


過去には首相への脅迫メモまで。定期的な事案に


 こうした事例は初めてではなく、2010年にパキスタンとの国境沿いのパンジャーブ州で体に赤いインクと足環がついた鳩が警察に届けられている。そのインクはパキスタン国内の電話番号と住所のスタンプだった。

 さらに2016年も同州の警察が同様の鳩を発見。その鳩にはインドの首相への脅迫を含むメモがついていたという。

 その前年にも体にメッセージをつけられた鳩などが捕獲されており、スパイ容疑の鳩は定期的な事案になってるようだ。

 なにしろ相手は鳥であり、問いただすこともできない。結果、用途や意図は不明であっても警察が身柄を拘束、詳しい調査に回す流れができあがってるらしい。



それうちの鳩!パキスタンで鳩の飼い主が無罪を主張


 じゃあ今回の鳩も謎のままかと思いきや、なんとパキスタンでその鳩の容疑を否定する人物が地元メディアに取り上げられている。
 
 その情報によると、パキスタンのBagga-Shakargarh村に住むハビブラという名の男性が、その鳩は自分のもので足環の数字は自分の携帯電話の番号だと主張してるのだ。

スクリーンショット-(329)
 
 ハビブラ氏は鳩を数十羽も所有する愛鳩家で、イード(イスラム教の祝日。直近では今年5月24日)の頃にインドの領土から4km付近にある彼の村で何羽かの鳩を飛ばしたという。

 大切な鳩を案じているハビブラ氏は、インドの首相に鳩の返還を要請し、インド当局に対しても正式な協定や正当な尊重を求めるという。
 
 彼は「平和と愛と寛容の象徴」である愛鳩の無罪を訴えている。事実であれば鳩にとってもとんでもない濡れ衣だが、対立国のインドでその主張が受け入れられるかは謎だ。なお、これに関する当局の対応はまだわかっていない。

References:ladbible / youtube / uniladなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
パキスタンのハトがスパイ容疑をかけられインド警察に拘束される


第一次世界大戦中に活躍したイギリスの軍鳩は二階建てのダブルデッカーバスを拠点としていた


冷戦時代、CIAの諜報員として活動していたスパイ鳩。上空からソ連の軍事機密を入手していた(アメリカ)


これが鳩?鳩をより美しく演出した国際鳩大会で入賞した鳩の覇者たちの画像


人類が近い将来遭遇する可能性がある10の深刻な戦争


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年05月29日 14:51
  • ID:g97.OZ9i0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 14:57
  • ID:jGwZnrKK0 #

スパイの道具とスパイは別物やろ

3

3. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 15:24
  • ID:HtNEweYy0 #

鳥好きなのに体にピンクの塗料べったりは不自然
無実が仮に認められたとしても政府から監視が付きそうに見える

4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 15:41
  • ID:aHtEs7nZ0 #

嫁に〜こないか〜

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 16:32
  • ID:OcorFTXM0 #

昔から鳩はスパイ行為に使われてきたけれど、こんなわかりやすく体に色塗ったりしないわな。
レース鳩って良い個体は数千万で取引されることもある。侮れない世界だよ、鳩は。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 17:11
  • ID:69c9vkO80 #

まあ普通に考えたら「自分の鳩である事を証明するための印をつけたり連絡先として電話番号書いてる」だよなあ…
なんでスパイだと考えたというか、暗号文とかだと思ったんだろ
あと日本とかだと鳩の登録番号が足環に付いてるんだよな、だから照会すると飼い主の住所とか連絡先がわかるから、保護した鳩が飼い主の元に戻れるようになってる
インド当局は深読みしすぎでドツボに嵌ってんじゃないだろうか

7

7. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 17:33
  • ID:gr74XpIz0 #

スパイと疑われて鳩が豆鉄砲を食ったような顔になってるな

8

8.

  • 2020年05月29日 17:45
  • ID:QYT39gEW0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 18:40
  • ID:hP2xFt.X0 #

伝書鳩

10

10. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 18:59
  • ID:0oqZFqHA0 #

タイトルだけで情報量やばい

11

11. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 23:33
  • ID:eNIFYVTZ0 #

昔はと保護したんだけどさ、トイレ覚えて読んだら歩いてくるほどになったんよね。侮れない鳩。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年05月30日 00:19
  • ID:tAsLHag.0 #

※6
ならそんな緊張感バリバリの地域でややこしいことすんなって話だろ?
どつぼも何も何処の国であっても疑って当たり前な話。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年05月30日 07:24
  • ID:x6Th0pku0 #

知らん鳩が飛んでいてインド政府もハッとしたんにゃろうな

14

14. 匿名処理班

  • 2020年05月30日 21:09
  • ID:P8yp5wkf0 #

※12
緊張感バリバリの地域でそんなことしてるんじゃなく
もともとやってた地域で緊張感が高まる紛争の状況になった順番でしょうが・・・
飼育されている鳩や伝書鳩に登録や所有者の連絡先が書いてあるのはどこの国であっても当たり前な話(野生の鳩との区別をつけるため)
疑うほうがおかしい、というか当局がこのことに関して無知だっただけとしか断言できません

15

15.

  • 2020年05月31日 05:07
  • ID:VCfKH3OU0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク