iStock-1191669639_e
イッカクの牙の大きさは魅力の証 /iStock

 ド派手な孔雀の羽しかり、巨大なヘラジカの角しかり、力強いザリガニの爪しかり――動物は並いるライバルとの異性獲得競争に勝つために、ときに極端な進化を辿ることがある。

 こうした異性をめぐる争いがきっかけとなって起きる進化を「性淘汰(性選択)」という。

 アリゾナ州立大学(アメリカ)博士課程の学生ザッカリー・グラハム氏らによれば、海のユニコーンと呼ばれる「イッカク」の牙もまた、こうした性淘汰によって発達したものだという。大きくて長いほど強く見えるのでメスにモテるのだそうだ。
スポンサードリンク

オスのイッカクの牙と性淘汰の関連性に注目


 「ずばり、私の関心は、生物において最高にクレイジーな特徴を作り出す性淘汰にあります」と語るグラハム氏は、自分がそうした動物の少々興味深い特徴を考えることに取り憑かれていると話す。彼は、グーグルであらゆる動物を調べ、博物館で恐竜を眺めたりした末に、イッカクの牙を見つけたのだそうだ。

 『Biology Letters』(3月18日付)に掲載されたグラハム氏らの研究は、イッカクの牙が性的形質として機能していることを示す、これまでで最高の科学的証拠を提示している。

The longer the better: evidence that narwhal tusks are sexually selected | Biology Letters
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsbl.2019.0950


それは武器なのか? それともモテアピールなのか?


 セイウチやゾウと同じく、オスのイッカク(学名 Monodon monoceros)の歯が変形してできた牙もまた成長する。

 それは口から大きく突き出て、ときには240センチにも達する。螺旋状の模様を描く牙が長く伸びたその姿は、まさに海のユニコーンだ。

iStock-1191667474_e
dottedhippo/iStock

 イッカクはほとんどを北極の氷の下で過ごしているため、その牙の使い途についてさまざまな推測がなされてきた。たとえば、狩りやケンカの際に使う武器、あるいは異性を惹きつけるためのアピールといったことが指摘されている。

 グラハム氏によると、これまで頭についた傷や折れた牙、さらにはおそらく攻撃を受けたと思われる体に牙が刺さったオスなどが報告されているという。

 また、イッカク同士が牙を交差させて擦り付け合うなど、同性や異性との性的なコミュニケーションに使われているらしいことを匂わせる姿も散見されているそうだ。


牙の不均衡な成長が性淘汰の証拠になる


 ザリガニの研究など、あらゆる動物の性淘汰を研究する中でグラハム氏が気がついたのは、牙と体の大きさの比率にその謎のヒントがあるだろうことだ。

 そこで過去35年間で観察されてきたイッカクのオス245頭の形態学的データを集め、同年齢の個体同士を比較してみた。すると牙が不均衡な成長をすることが分かったという。つまり、体が一番大きな個体では、その大きさから予測される以上に大きな牙を生やしているということだ。

 さらに、おそらくは性的機能はないだろうと考えられるイッカクの尾びれの成長と体の大きさとの関係をも調べ、それを牙のデータと比較してみた。

 「もしイッカクの牙が性淘汰によるものなら、尾びれの幅のバラツキよりも、牙の長さのバラツキの方が大きいと予測しました」と、グラハム氏は言う。

 これは、多くの性的特徴が栄養や体調に敏感で、一番大きく強い個体しか極端なまでに大きな特徴を作り出すだけのエネルギーの余裕がないことが原因であるという。


Narwhals | World's Weirdest

オスの牙の長さには4倍もの開きがある


 こうした分析の結果、オスの牙の長さには4本分もの差異があることが判明した。つまり、オスは体の大きさが同じだったとしても、牙の長さには46〜250センチの幅があるということだ。ちなみにメスには牙はない。

 一方、尾びれには46〜91センチの幅しかなかった。さらに尾びれと比較した場合、牙は体に比べて不釣り合いな成長をすることも明らかになった。

 こうした牙の長さのバラツキと不均衡な成長は、イッカクの牙が性淘汰によるものであることを示す、今日までで最高の科学的証拠であるという。

iStock-1191669725_e
dottedhippo /iStock

俺の方がデカいぜ!


 グラハム氏によれば、牙が伝えるメッセージはシンプルである。つまり「俺の方がお前よりデカいぜ!」ということだ。

 そして、仮に最高スペックのオスだけが最大の牙を生やせるのだとしたら、牙はまさに、メスに対してもオスに対しても、その個体の超ハイスペックぶりを伝えるシグナルである可能性が高いとのことだ。

 はたしてイッカクの牙は攻撃のための武器なのか、性的な魅力のサインなのか、それともその両方なのか?

 今後、空中ドローンや水中ドローンを利用した研究によって、自然界における牙の機能についての具体的な証拠が得られることをグラハム氏は期待しているという。

References:The narwhal’s giant unicorn horn might help them find mates | Popular Science/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
フッサフサでハンサムか?アレの巨大さか?霊長類のオスが直面する「どっちかしか選べない問題」


メスとオスの大きさのクセがすごい!世界初、チョウチンアンコウの交尾の瞬間をとらえた映像


左利きは戦闘有利。選択的な優位性を持っていることが明らかに(英研究)


一定の割合で発生する身体障害や奇形は人類の進化に重要な役割を果たしていた可能性(英研究)


トンボのメス、交尾したくないオスに対し「死んだふり」をする(スイス研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:34
  • ID:7iCY7aq70 #

大きなイチモツを下さい〜♪

2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:49
  • ID:Z4VfOEML0 #

おでこばかり見ないでくれ……。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:56
  • ID:9JMC3vZB0 #

ハンデキャップ説ね、私も心に大きなハンデキャップがあるんだけれども……、まあモテんわな。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:58
  • ID:BGMXSSGR0 #

ドローンで牙の役割が撮影されましたね。
この牙で獲物を叩いて(突き刺さないんだ)捕食するようです。
謎が解明できてドローンという技術に感謝します。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:58
  • ID:DjPjErxE0 #

先のとがったものを見るとイライラする
イッカクに生まれなくてよかった

6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:59
  • ID:AU7PiY3.0 #

センチで比べるのは変だな。たとえば、
だいたい2mくらいあるものが5cmの標準偏差を持つ場合と
だいたい20cmくらいの長さのののが5cmの標準偏差を持つ場合とを
「同じ5cmの標準偏差」でくくっちゃいけない気がする。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 23:01
  • ID:l2eGGZed0 #

ハナアブの幼虫に似てるよね

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 23:11
  • ID:5ZxUm6wd0 #

ある集団において優位な形質を集団内で特化させていくと、その集団内だけで優位な形質のお陰で他集団とか環境の淘汰圧に弱くなるというジレンマ。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 00:12
  • ID:2.FNzsss0 #

昔、孔雀の羽の目玉模様が多いほどメスにモテるという研究があって、実にもっともらしい内容だったけど、その後再現性が取れなかった
それ以来、この手の研究者が少ない動物行動学は懐疑的に見てしまう

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 01:06
  • ID:HGjnw7fb0 #

凄く……大きいです

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 02:42
  • ID:YtiiQrM40 #

※5
今はそうではないが、私が小学校高学年だったころ、
先の尖った物を見ると眩暈を感じる事が多かった
刺す様な痛みを感じて、尖った物を見続けられなかった
あれって、何だったのだろう?と今でも不思議に思う

12

12. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 03:09
  • ID:QWmviz8g0 #

もしイッカクに生まれてたら子孫を残せず死んでたんだな
と思うと、人間に生まれて良かったと安心したけど

よく考えたら人間でも同じだった

13

13. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 04:08
  • ID:rU8tS2d90 #

※4
ノコギリザメの鼻とおんなじ使い方か
でも他のクジラみたいに普通に口で捕まえる方が効率良さそう

14

14. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 06:49
  • ID:xsqgTZRb0 #

イッカクって絶滅したと思ってた、まだいたんだね。

15

15.

  • 2020年04月15日 08:04
  • ID:lD6AURPs0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 11:17
  • ID:2iIOZ6n40 #

そりゃそうだろうな
メスにはないんだから、無くても生存には影響ない
なのに、伸びるってことはメスの好みだってだけ

17

17. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 12:30
  • ID:eAa0y1SF0 #

イッカクのあの角は欠陥に思えるんだよな
陸上生物の角と違って邪魔すぎる

18

18. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 12:55
  • ID:2kQFykdB0 #

※4
牙をもたないメスは、どうやって獲物を捕食するんだ?

19

19. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 13:40
  • ID:YtiiQrM40 #

>メスにはない

まあ、例外は何にでも有るもので…
良く調べたら、牙を持っている一角のメスも少数居ました
なんて言うんだろ?たぶんさ?

20

20. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 13:41
  • ID:U6kFHjGc0 #

あの角って歯なんだよね。口を突き破った時痛くなかったのかね。

21

21. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 14:15
  • ID:101G.JNZ0 #

※16
メスが牙の大きさを好むわけではないが
大きな牙を持つオスがオス同士の中で評価されるので
牙の長さはどうでもいいが結果的に牙の長い個体が
メスに好かれるという可能性もある

人間でも身長に対する好みは個人差があるけど
背が高い方が男性同士で高評価を得られるので
自信に満ちた態度を示せる高身長男性が好かれやすいみたいに

22

22. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 14:45
  • ID:A2nW2RDP0 #

※17
バビルサ「は?牙が伸びすぎたら脳天に刺さって死ぬワイよりはましじゃよ」

23

23. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 15:58
  • ID:DI5lpt9.0 #

水の中で棒を振り回そうとしても全然動かない
水の抵抗で牙の根本にはすごい負荷がかかってると思うんだけど何で平気なんだろうね

24

24. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 19:18
  • ID:WbVKSCZq0 #

>>13
品川の水族館で拝見したけどノコギリさんも、頭(ギザギザ)を左右に振って獲物寄せて食べてたなぁ。
イッカクさんも打撃を与えていく方法なんだねぇ。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 22:18
  • ID:ZtjMfVUF0 #

※11
単に先端恐怖症だったという事では。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 22:20
  • ID:ZtjMfVUF0 #

※20
乳歯から永久歯に生え変わった時を
思い出してくださいませ。
我々の歯だって歯茎を突き破って生えてますよね。
ですので、ちょっとウズウズする位なのでは。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 07:10
  • ID:Pavyspwa0 #

すんごいムカシのドキュだけど、
オスは牙の長さを比べ合って優劣をつける、とあった。
(長いと機敏に動けないと思うんだけど。。。)
最近の説はどうなんだろ。
あと原住民さんにとっては食用だそう。

28

28. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:06
  • ID:FDr91bdm0 #

イッカクかっこいいから好き!稀に2角もいるらしいけど1角の方がかっこいい
絶滅しないで欲しいな~

29

29. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 13:35
  • ID:XGQ2NyTU0 #

ナニがデカすぎて20センチ少年と呼ばれていたワシは、一度もモテたことなんかないぞ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク