cover_e15

 路上で厳しい生活を強いられる野良犬同士の間には、飼い犬よりもいっそう強い仲間意識があるのだろう。アメリカのカリフォルニア州の路上で発見された野良犬は、まさにそんな2匹だった。

 怪我をして横たわっている仲間の傍を片時も離れることなく、助けを待ち続けていたその犬は、やがて助けが現れると「友達がきちんとケアされるのを見届けるまでは」と言わんばかりに、傍に寄り添い続け、病院までついて来たという。
スポンサードリンク

道路脇で何時間も救助を待っていた2匹


 カリフォルニア州マスコイの道路脇に2匹の野良犬らしき犬がいるのを、恐らく多くのドライバーたちが目にしただろう。

 2匹のうち1匹は、横たわっていて動くことが困難な様子だった。その傍には小さな犬がいて、助けを待っているようだったが、誰一人として車を停めるドライバーはいなかった。

 何時間も過ぎたが、2匹は辛抱強く救助を待ち続けた。そしてついに、救いの手が差し伸べられたのだ。



救済施設のスタッフにより2匹は保護される


 非営利団体『Dream Fetchers : Project rescue』の救助スタッフであるフェイス・イーズデールさんは、ドライバーの1人から「道路脇に犬が横たわっていて動かない」と連絡を受け、もう1人のスタッフと一緒に現場へと向かった。

 ジャーマン・シェパード・ドッグのマーリー(後に命名)は、ひどい痛みに苦しんでおり、呼吸も激しく、助からないかもしれないほど容態が悪そうだった。

 直ちに、獣医院へ運ぼうとマーリーを車に運び入れようとしたが、マーリーはかなり重く、動かすことは容易ではなかった。

 傍にいて見守っていたフワフワした毛の小さな犬マーフィー(後に命名)は、マーリーが運ばれる時も傍を離れたがらず、ついて来ようとした。

 そこでスタッフは2匹を車に乗せ、急いで獣医院へ向かった。車内の後部座席では、横たわるマーリーのお腹に小さな頭を置いたマーフィーの姿があった。



2匹の犬は、まるで1つ目の困難を乗り越えたかのような安堵の雰囲気を漂わせていました。マーフィーは苦しむマーリーを労わっているかのように見えました。(フェイスさん)


獣医院で診察の結果、マーリーの妊娠が発覚


 獣医院で診察とX線検査を受けたマーリーは、多くの骨折をしていることが判明した。そして同時に、11匹の赤ちゃんを妊娠していることもわかったのだ。

 マーフィーは、マーリーが治療をしてもらっている間も、辛抱強く獣医院で待っていた。



 そして数日経つと、マーフィーは「マーリーは良い人たちにケアされている」と悟り始めたようだ。





 一旦、仲間のマーリーが大丈夫だとわかったマーフィーは、妊娠しているマーリーをそっとしておくことに決めたようだ。

 そんな2匹の様子を見て仲睦まじい友情を感じたフェイスさんは、「マーフィーに良い飼い主を見つけてあげたい」と思った。


マーリー、元気に11匹の子犬を出産


 マーリーは骨折で激しい痛みを抱えていたが、元気な11匹の赤ちゃんを無事に出産した。



 2本の脚がギプスで覆われていても、マーリーは子犬の母親としてめいっぱいの愛情を注ぎ、気配りをしているようだった。



 マーリーの骨折が完全治癒するまでは2年の月日がかかったが、複数の獣医師やケアスタッフ、そしてマーリーの新しい飼い主のおかげで、現在走り回れるほど元気に回復したという。



 2年前の出来事を振り返り、フェイスさんはこのように語っている。

マーリーは、とても強いお母さんでした。妊娠中は大変な思いをしたでしょうけど、よく頑張りました。

今では、子犬たちはすっかり成長して、それぞれの飼い主宅へ引き取られて行きました。マーリーも、飼い主宅で元気に幸せにしています。

そしてマーフィーも、飼い主が見つかって幸せに暮らしています。みんなハッピーエンドになったことを何より嬉しく思います。

References:Paws Planetなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
仲間は見捨てない。怪我をして線路の上から動けない犬のそばで自らを危険にさらしながらも2日間守り抜いた犬。


廃墟探検中の男性の前に一匹の野良犬が現れた。水の中で困っていた仲間の犬の救出劇


やっぱ犬ってすごい。犬は仲間を思いやり、仲間に自分の餌を分け与える(オーストリア研究)


犬は仲間を見捨てない。貯水槽に落ちて出られなくなった友達に寄り添って1週間も助けを待ち続けた犬(米)


「体が冷たいよ。早く目を覚まして。」交通事故死した仲間の身体をずっと温め続ける犬


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年02月23日 11:47
  • ID:88nk7V5I0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 11:55
  • ID:Q6j7LcYQ0 #

別々のお家に引き取られたのね…ちょっと寂しいね

3

3. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 11:56
  • ID:VbRyfZli0 #

ああーこういう犬が死んじゃう話悲しくて泣いてしまう……って思いながら記事みたら死んでなかった!!良かった!!!助けてくれてありがとう!!!良かった!!!!!幸せにな!!!!!

4

4. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 11:59
  • ID:UjK2lT3k0 #

(;ω;)

5

5.

  • 2020年02月23日 12:07
  • ID:9AInOZFx0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 12:20
  • ID:jqgFuGv.0 #

マーフィーとマーリー二匹とも幸せになれたようで良かった。
けど、再会できたのか気になります。

7

7.

  • 2020年02月23日 12:29
  • ID:9AInOZFx0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 12:32
  • ID:SjLUXWkS0 #

マーフィーがパパというわけではないのか。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 12:42
  • ID:Z4ugIZlr0 #

欲を言えば一緒に飼ってあげられるゆとりのある家に引き取られてほしかった
けど助かって引き取られて良かった
国によっちゃ二匹仲良く安楽死の未来もあった

10

10.

  • 2020年02月23日 13:14
  • ID:SQieTtKw0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 13:18
  • ID:HRadEsMQ0 #

スズメなんかもそうなんだよ…
群れなのかつがいなのかわからかったけど
道路の片隅で落鳥してたスズメのそばをいつまでも離れないやつがいた
車通りがけっこう激しい道路だったから、早く離れろーてこっちが必死になってた
鳥好きの思い込みかもしれないけど、とても悲しい顏してたように見えた

記事はとにかく死ななくてよかった

12

12. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 13:48
  • ID:j7UNlhLy0 #

別々のお家へ引き取られたとはいえ、どちらの飼い主さんもきっと、ものすごく大事にして可愛がっていると思う。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 14:14
  • ID:vao4C1n30 #

助かって良かった
ホント良かった

14

14. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 14:41
  • ID:ubiiutH40 #

マーフィーの優しさにほっこりするが、マーリーの子供の父親が誰なのか気になる。
犬はそういうの気にしないとは思うが、マーフィーが父親なら一緒に引き取られてほしかった…

15

15. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 14:56
  • ID:G0vxe3A10 #

怪我している上に妊娠していたのか。
それをわかってて離れられなかったんだろうな…

結果として12の命を助けたマーフィーはすごいな!

16

16. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 15:52
  • ID:QIPBmfrV0 #

こんなかわいいというか買ったら高そうな犬まで野良犬になるのかよ…

17

17. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 15:59
  • ID:yHCOSKiE0 #

人間のせいで怪我をしたのは理解してるだろうに
救助しようとする人間にまで攻撃的になったりはしないのね
賢いなあ

18

18. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 16:55
  • ID:I7lfF8cB0 #

涙腺が壊れた(;つД`)
人間が悪いけど、助けてくれたスタッフありがとう! 連絡してくれた人ありがとう!

19

19. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 19:39
  • ID:EZIqGo6B0 #

マーリーは訓練系のジャーマン・シェパだ。
こんな子が野良犬になるなんて、何があったんだろう。
ハッピーエンドでうれしい。
助けてくれた人たち、とにかくありがとう!

20

20. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 23:10
  • ID:UYKNtnkr0 #

人間を全く恐れてないあたり、つい最近まで飼われてたな。アメリカはアニマルレスキュー沢山あるけど、捨てられたりの数も半端無いんだろう。

21

21. 匿名処理班

  • 2020年02月24日 00:06
  • ID:02XzpwIK0 #

なんか久しぶりに最後モヤモヤしない動物の記事読んだ気がするなぁ

22

22. 匿名処理班

  • 2020年02月24日 04:23
  • ID:m9JLBxSB0 #

>>16
ジャーマンシェパードが野良とか日本だと見かけないよね。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年02月26日 01:24
  • ID:P5S0GG030 #

誰が時間分かってたんだろ?

24

24. 匿名処理班

  • 2020年05月03日 23:32
  • ID:.R0KIatu0 #

よかった。よかった。
非営利団体『Dream Fetchers : Project rescue』の救助スタッフであるフェイス・イーズデールさんそして「道路脇に犬が横たわっていて動かない」と連絡したドライバーの人、
本当にご苦労様です。あなたがたは、かけがえのない12の命と非常にりっぱな1匹を救ったのです。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク