2_e2
NASA/JHU-APL

 これからの数十年は、地球外生命発見の連続となるかもしれない。前回、地球外生命体を探すなら、土星の衛星、タイタンこそが最良物件(関連記事)という話をしたが、NASAがついに本気を出した。

 先週NASAは新型探査機「ドラゴンフライ」を発表したのだ。これは、土星最大の衛星タイタンで生命誕生へとつながる化学的なサインがないか探査をするオクトコプター式ドローンだ。
スポンサードリンク

地球に似たところのある濡れた衛星タイタン


 この太陽系に、もし地球以外にも生命が存在するのだとすれば、それはおそらくタイタンや木星の衛星エウロパのような濡れた衛星だろう。

 エウロパの場合、生命発見が期待されるのは地下に広がる海だ。地球の南極地下深くの貯水槽には微生物がいることが判明しているが、エウロパ地下の海はそことさして変わらないと考えられている。だが、もちろん氷の世界であり、私たちが暮らす生息環境とは大きく異なる。

 一方、タイタンは、これまで調査された衛星の中ではもっとも大気が厚く、わかっている範囲では一番地球に似た天体だ。

3_e2
NASA/JHU-APL

初期の地球そっくり。ただしメタン以外は


 NASAのプレスカンファレンスで、NASA惑星科学局のディレクターであるロリ・グレーズ氏は、「タイタンには生命に必要な素材がすべてあります」と発言。

 タイタンには、生命が形成された初期の地球にあった環境があり、それどころか今現在、生命を宿す環境さえ調査できるかもしれないという。

 もちろん完全に同じというわけではない。
 だが、だからこそいっそう好奇心を掻き立てる。

 タイタンを地球と似て非なるものにしているのはメタンだ。これはタイタンの気圧下でマイナス178度以下になると液体になる。液体メタンは凝結して雲となり、雨となる。それがメタンであるということを除けば、まさに地球と同じ水循環だ。

10_e
メタンで形成されたタイタンの極の雲(左)と、水とその氷から形成された地球の極成層圏雲の比較
image credit:NASA/JHU-APL

 地表には嵐が吹いて、谷を削り、湖や川を作り出す。そこに広がるのは私たちが見慣れた地形だと考えられている。

粉雪のような有機分子


タイタンには有機分子も存在する。生命の進化に決定的に重要となるものだ。

 「化学反応が起きており、それが実際にとても複雑な有機分子を形成して、舞い散らせています」とNASAのニュー・フロンティア計画でもプログラムを担当するカート・ニーブール氏。その有機化合物は粉雪のようなもので、大いに興味を駆り立てるのだという。


プロペラ8基で飛ぶドラゴンフライ


 実際にタイタンを探査することになるドラゴンフライはドローンであるが、よくあるドローンとは一味違う。8基のプロペラを備えたオクトコプターで、どちらかといえば、火星のローバーに似ているだろうか。

4_e0
NASA/JHU-APL

 タイタンでは2.7年間にわたり、2、30回の短いフライトを繰り返す予定。目標となる総飛行距離は約170キロで、これはこれまで火星で稼働してきた全ローバーのものを合わせたよりも長い。

 その調査で目玉となるのは、「セルク」というインパクトクレーターだ。ここは生命には不可欠な3つの素材すべてが同時に存在したのではと考えられている。つまり液体の水と有機分子とエネルギー(日光)だ。

 また、残念ながらかつて生命が存在したという痕跡を見つけられなかったとしても、地球で生命が誕生した当時の化学的条件を垣間見ることができる滅多にない機会だろう。


美しいタイタンの風景に期待


 ニーブール氏は、ドラゴンフライが撮影する写真に特に期待しているそうだ。

 2005年、土星探査機カッシーニから投下された欧州宇宙機関のホイヘンスは、タイタンの美しい姿を地球に送り届けてくれた。だが、ドラゴンフライならそれを大きく上回る詳細な姿を撮影できるはずだ。

 「まるでドラゴンフライに乗っているかのような体験ができますよ」というのだから、すごく楽しみになってくる。

 個人的にはVR対応にしてもらって、まるでタイタンにいるかのような体験ができたらと期待している。そこにはメタンではあっても見慣れた湖や川が流れていて、なんだ地球とあんまり変わらないじゃん! みたいな。

 それどころか、あれっ、なんか生き物みたいのがいるよってな感じで、自分が地球外生命体の第一発見者になっちゃったり!? そんな具合に妄想がはかどること、はかどること。

4_e
惑星探査機カッシーニによって撮影されたタイタン。 大気があるため輪郭がかすんで見えている。
image credit:NASA/JHU-APL

打ち上げは2024年、到着は2034年


 なんでもタイタンの地下にも海があるのではと疑われているそうだ。それが生命の源となる素材と混ざり合ったりしていれば、砂丘やメタンの川の下に生き物が存在するという可能性だってあるかもしれない。

 ドラゴンフライの打ち上げは2024年。タイタンへの到着は2034年を予定している。

 さんざん期待感をあおっておきながら、初期の地球に似た世界を覗き見れるようになるのは結構先のことになる。でも、その日が来れば、きっと生命の起源についてこれまでの常識を覆すような発見があるはずだ。

追記(2019/07/02):本文を一部修正して再送します。

References:It's Official: NASA's Sending a Mission to Titan, a Top Candidate For Alien Life/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
土星の衛星「タイタン」こそ人類が探すべき地球外生命体がいるかもしれない(米研究者)


土星の衛星タイタンの謎めいた地表が鮮明に。氷の堆積物や海の存在がわかるNASAが新たに公開したタイタンの写真


土星の衛星「タイタン」に存在する炭化水素の海を探索するため、NASAがロボット潜水艦を開発中


驚くほど地球に似ていた。土星の衛星「タイタン」のマッピング画像


地球がなんだかヤバそうだ。 なら移住だ。太陽系で住めそうな5つの優良物件惑星、そのメリットとデメリットを徹底検証

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 20:36
  • ID:EJjPsr7E0 #

土星から降り注ぐ電磁波やら放射線やらは大丈夫なんだろうか。

2

2. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 20:40
  • ID:uIgX1bu70 #

タイタンも良いけど金星の上空50km付近の大気中も微生物がいる可能性があると言われてるから探査機で大気採集して地球に持ち帰ってほしい

3

3. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 20:44
  • ID:ZggF7zFS0 #

「いいよ、いいよ、タイタンくらい好きに使ってもらってかまわないよ」
「だが、エウロパは別だ、エウロパにだけは手を出すな!」

4

4. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 21:22
  • ID:1qN1bpSn0 #

エウロパには近づくな

5

5. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 21:29
  • ID:1Jp7urTo0 #

これは…マルチプルタイタンパーを送り込むしかないな

6

6. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 21:30
  • ID:gXUV.eA80 #

土星人「マジかよ。いたら俺らに教えてくれ」

7

7. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 21:40
  • ID:p5caC9.P0 #

おお、これは楽しみ。しかしマイナス178度だとベアリングの油もバッテリーも厳しそうだ。開発はもう終わってるんだろうか?2024年の打ち上げに間に合うといいんだけど。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 21:55
  • ID:gwz2BhQI0 #

2036年かぁ
気が遠くなるな

9

9. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 22:18
  • ID:nd39.iNk0 #

エウロパ調べに行こうぜ。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 22:20
  • ID:wv.Dopqx0 #

とりあえず、あらゆる星に"G"を送り込んでみてはどうだろうか。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 22:39
  • ID:dpK6wes80 #

土星の衛星ならタイタンよりエンケラドスの方が可能性は高いような気もするが。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 22:44
  • ID:gwz2BhQI0 #

※10
人間もそんな感じで送り込まれたのかもしれない

13

13. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 23:06
  • ID:NhCEJS3d0 #

>>5
あたたかい

14

14. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 23:07
  • ID:NhCEJS3d0 #

地球外生命体にも興味無くはないが、より知りたいのはやはり地球外知的生命体、かなー。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年07月01日 23:58
  • ID:3bvcZadH0 #

物体Xとか強殖生物とかシンビオートとかフェイスハガーとか地球に持ち帰るなよ

16

16. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 01:10
  • ID:vlgq3QTQ0 #

土星の輪は超巨大UFOが噴射している何かで出来てるって昔見たんだけど、どうなんだろう

17

17. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 02:20
  • ID:ISBdB6Cs0 #

地球外生命はすでに発見されている

隕石から「地球外バクテリア」発見されているのを知らないのだろうか?

18

18. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 03:58
  • ID:Hp667loj0 #

ヤツラって、深海系のヤツ? それとも微生物系かな? くれぐれも卵形はやめてくれたまえ。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 07:38
  • ID:74tjCuqt0 #

※12
ちょっと有り得るかもとか思った

20

20. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 07:55
  • ID:oCzXpyGZ0 #

2036年までは生きていたい

21

21. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 14:55
  • ID:icIxBLuq0 #

今年生まれた子供が高校卒業するころかな。
俺はおじいちゃんになってるかなー

22

22. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 16:14
  • ID:c2NafaSw0 #

タイタンコマンドとか眠ってるんだろ

23

23. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 18:09
  • ID:KgupR2Wq0 #

案外宇宙怪獣がいたりして

24

24. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 18:28
  • ID:Gx4qffei0 #

※13
げしょ、げしょ。

25

25.

  • 2019年07月02日 18:44
  • ID:e7Wc1dYe0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 21:14
  • ID:7RYLxxhs0 #

※10
Gだけでは駄目だ
品種改良されたコケも一緒に送れ

27

27. 匿名処理班

  • 2019年07月02日 22:13
  • ID:A.xzwTum0 #

※17
南極で発見された「アラン・ヒルズ84001」のことかな?
まだ生命体の化石といえるほどの確証が得られていないとのこと。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年07月03日 06:37
  • ID:Osb9pHdQ0 #

※12
じょ、じょうじ…、(おいら、送り込まれたんだが?)

29

29. 匿名処理班

  • 2019年07月03日 17:05
  • ID:cJHEkWvr0 #

来たーー!
激アツプロジェクト!!

30

30. ・・・

  • 2019年07月03日 19:32
  • ID:kTBgfJ..0 #

造物主の掟「住んでいるのが生物とは限らんのやで」

31

31. 匿名処理班

  • 2019年07月14日 19:51
  • ID:kHprBATA0 #

※1

それを言い出したら、土星探査機カッシーニが土星に到着した途端に速攻で壊れて探査出来なくなっているはずなんだがね

32

32. 匿名処理班

  • 2019年07月29日 06:08
  • ID:A7wtIKbD0 #

タイタンだけでなく土星の衛星に総当りで送り込もうぜ
まどろっこしいぜ!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク