1906snf03
image credit:YouTube

 西アフリカ・リベリアで、ペット用の不法売買から救ったチンパンジーを保護する施設を運営しているジェニー。彼女は11月のある日、道路の片すみで1匹の子犬をみつけた。

 虫におおわれ、目は感染症にかかり、今にも死にそうにやせ細った子犬。彼女は、スタッフの反対を押し切って、その子犬を連れ帰ったんだ。

 スナフー(Snafu:安定のめちゃくちゃ)と名づけられた子犬に訪れた、運命の奇跡を見てみよう。
スポンサードリンク


A Dying Puppy's Rags to Riches Story

 獣医師である夫のジムと共同で、チンパンジーの保護施設を運営しているジェニー。

 もともとなんでも保護して施設に連れ帰ってくる女性だったらしく、過去にはバッタやフクロウも助けたことがあるそうだ。

1906snf01
image credit:youtube

 ジムはすぐさまスナフーに必要なケアをした。スナフーは飢餓状態で、筋肉がすっかり落ちてしまっていたという。

1906snf02
image credit:youtube

 日に日によくなっているように見えるスナフー。だけど、弱っていた動物を保護した場合、ある日状態が急変することもめずらしくないらしい。
 
 最初は心配していたジェニーとジムだが、固形のフードも食べられるようになり、スナフーは順調に回復していった。

 そしてなんと、施設で保護されているチンパンジーの子どもたちも、スナフーの面倒を見たそうなんだ。

 スナフーを抱えて、一段ずつゆっくりと階段を降りるチンパンジー。そばにいるもう1匹も、スナフーのことが気になって仕方がないようだ。

1906snf03
image credit:youtube

 この光景にはもう愛しかないよね。犬猿の仲って言葉の意味を変えちゃってもいいぐらいだ。

 こうして適切なケアと愛情に支えられたスナフーは立派に成長し……1年後の12月、あらたな飼い主の元へと旅立っていった。

1906snf04
image credit:youtube

 アメリカ・コロラド州に住む、ジェニーの姪っこたちと一緒に暮らすことになったスナフー。豊かな自然に恵まれた土地で、広い庭、やさしい家族に恵まれ、幸せな毎日を過ごしているみたいだよ。

 そのまま死ぬ運命かもしれなかった子犬が、ひとりの女性に救われたことで、この上ない幸運にめぐりあった……それは、ちょっとした奇跡の物語だ。

 でももし、いま君のとなりにスヤスヤ眠っているワンコやニャンコ、愛しいアニマルズがいるのなら。彼らもまた、数えきれない未来の中から君のそばにたどり着いてくれた、たったひとつの奇跡なんだろうね。
 
written by momo

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
あわせて読みたい
彼の名は「奇跡」!高速道路で大ケガをした犬に、その時本当に奇跡が起こった


犬の母性は天井しらず。凍える夜に野良犬が抱いていたのは、自身の子犬と人間の赤ちゃんだった


Hope For Paws〜高速道路沿いの藪の中に犬がいる!お腹を空かせやせ細った犬の保護作戦


Animal Aid〜急がないと間に合わないぞ!頭にケガをした犬を助けたい!(流血注意)


ここがボクの居場所なんだ!キャビンアテンダントのお姉さんが大好きな保護犬のお話




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 21:46
    • ID:KkwhXaXj0 #

    動物に囲まれて仲良く生活しているのが羨ましい

    2

    2. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 21:47
    • ID:IJOY41xS0 #

    保護するにしてもフクロウはともかくバッタはどうなんだ?

    3

    3. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 22:01
    • ID:LJBCDEjV0 #


     もともとなんでも保護して施設に連れ帰ってくる女性だったらしく、過去にはバッタやフクロウも助けたことがあるそうだ
    バッタ?????

    4

    4. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 22:20
    • ID:RyCZRhKe0 #

    安定のめちゃめちゃ…

    めちゃめちゃだけではダメなのか…

    5

    5. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 22:20
    • ID:aAhPQwHV0 #

    犬猿の仲

    6

    6. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 23:16
    • ID:AdbnxlTm0 #

    バッタは瀕死とかだったのだろうか?

    7

    7. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 23:32
    • ID:GS7kXk7u0 #

    バッタを助けるなんて情け深い女性じゃないか
    きっと蝉を助けたこともあるかもしれない

    8

    8. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 23:37
    • ID:Y.y6Ad7s0 #

    助けた女性の行動力と諦めない姿勢が凄い

    9

    9. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 23:43
    • ID:Tuo.dtYS0 #

    もしかして、この方の手にかかれば、首のもげたカマキリや、横っ腹に穴のあいたマツムシが助かった可能性も…?(←理科の先生の「秋の虫、捕まえてきてー」の求めに応じて、級友が持ってきた紙袋の中身)

    10

    10. 匿名処理班

    • 2019年06月13日 23:56
    • ID:n3Rtqc6s0 #

    凶暴さにも定評があるチンパンジーだけど
    教育環境次第ではこういった異種共同体的な生活も可能なんだね

    11

    11. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 00:25
    • ID:DrzcmDSE0 #

    一年後にビックリ。よかったなあ。

    12

    12. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 00:35
    • ID:M06U7WCp0 #

    >>10
    子供チンパンジーだからじゃない?

    13

    13. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 01:09
    • ID:95OHbkx90 #

    赤チンパ良い子だな

    14

    14. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 01:29
    • ID:qsOPMyh20 #

    チンパンジーもまだ子供で保護されてる身の上なのに子犬の面倒を見ようとするのが不憫でもあるなあ
    このチンパンジー達だって本来は母親に甘えている頃だっただろうに

    15

    15. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 01:52
    • ID:AGfFPA3A0 #

    >>10
    チンパンは子供の内はおおらかなのよ、大人になると豹変してしまう

    16

    16. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 01:54
    • ID:iY3fCAZ30 #

    >>10
    まぁ赤ん坊チンパンジーの内やったら仔犬と仲良く出来るやろうけど、縄張りを主張するくらいに成長したらそれこそ森の中で歩いてた人間の子供を、爪を剥がしたり眼球を抉ったり顔の肉を食いちぎる位には狂暴にはなるし、他の群れのチンパンジーの子供を食い殺したりするのは♂♀のチンパンジーでもあるらしいから、いくら人間に慣れた野生生物でも、特にチンパンジーに関してはそんな綺麗な夢をみない方が良いかもしれんで・・・

    17

    17. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 03:24
    • ID:2wG5XogU0 #

    ※12
    逆にイッヌと一緒に過ごすことによって大人になっても人間社会に馴染む可能性が微レ存!?

    18

    18. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 08:43
    • ID:grvxhW8x0 #

    誰だって生きる権利はあるんだ

    19

    19. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 08:50
    • ID:WfzJpX1z0 #

    ※10
    人間も凶暴さや残虐性と優しさや愛情を併せ持つわけだし、教育次第ってのは本当にそうかも。
    てか、赤ちゃんチンパンジーの表情や仕草が人の子そっくりでかわええ〜。
    遺伝子的に人とチンパンジーがとても近いという説を信じちゃうね。

    20

    20. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 11:58
    • ID:91RFDLRi0 #

    >バッタ
    ノッポさんのグラスホッパー物語みたいな状況じゃない?
    自分電車に入ってきたカナブンや羽アリを放してやったことがあるから、あの歌共感できる。
    羽アリは新幹線広島で入ってきたのを京都で放してやった。
    京都言葉に慣れないだろうけど、うまくやってるだろう。

    21

    21. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 12:58
    • ID:v4C06oKi0 #

    内容は良いんだけど
    死にかけの子犬って題名に違和感感じるのは私だけ?

    22

    22. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 15:38
    • ID:cr8XObNr0 #

    生き物に親切な奥さん+獣医師の旦那さんって最強コンビだな

    23

    23. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 16:54
    • ID:sTeMFBYG0 #

    今、私にもこういう手があったらなぁって思っちゃった。
    情けないけど。

    人間様なんだから、保護する側でなくちゃね、どんな時も。

    24

    24. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 17:05
    • ID:d39jnYqq0 #

    バッタリ倒れていたんだろうか。

    25

    25. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 18:45
    • ID:0XbfqLoS0 #

    ※21

    元ビデオのタイトル A Dying Puppy's Rags to Riches Story

    は、「死にかけている子犬のぼろ切れの成功物語」というような意味だと思うよ。

    だから、この記事のタイトルは正しい訳だと思う。別の言い回しもあるとは思うけど。

    26

    26. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 20:24
    • ID:0XbfqLoS0 #

    ※25

    辞書で調べたら、

    rags-to-riches story

    は、「無一文(貧乏)から大金持ちになった人の話」という意味だそう。

    27

    27. 匿名処理班

    • 2019年06月14日 23:06
    • ID:P.u.5jEq0 #

    最近犬が可愛い。これはいい話だ。

    28

    28. 匿名処理班

    • 2019年06月16日 15:04
    • ID:8JgKfMFU0 #

    バッタは不審だが
    ジェルボアのつもりで間違えて Hopping mouse
    と書こうとして更に間違えて  Grasshopper mouse
    になり mouse が抜けたのだと予想。

    29

    29. 匿名処理班

    • 2019年06月28日 16:49
    • ID:1Id0h66c0 #

    >>16
    ヒヒの子どもを頃して脳みそ食べちゃったりもします
    素人がペットにするなんてとんでもない猛獣ですよ

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク