top
image credit:facebook

 高所からいろんなものを見つけるのが得意な鳥が、変わったものを持ち去ることは多々あるが、今月アメリカのカリフォルニア州で妙なものを巣に運んたミサゴの動画が話題になっている。

 繁殖シーズンで抱卵を始めたミサゴのメスと、その巣にせっせと餌を運ぶミサゴのオス。

 その姿をほほえましく見守っていた野鳥保全スタッフが、思いがけない光景を目の当たりにした。

 この日、ミサゴのオスが運んできたのは見慣れた魚ではなく、にっこり笑うサルのぬいぐるみだったのだ。
スポンサードリンク



カメラのそばで育児するミサゴたち


 これはサンフランシスコ湾鳥類保全活動団体のライブカメラがとらえた映像だ。
 
 リッチーとロージーはこの地域で暮らすペアのミサゴだ。2羽は数年前から団体が設置したカメラのそばに巣を作り、定期的に繁殖している。

 団体は彼らのおかげでミサゴの生態をよく観察できるのだ。

2017年に孵化した2羽の子どもたち


彼らは順調に成長して無事巣立ったようだ


リッチーが運んできた風変わりなモノ


 今年の2羽は、3個の卵を無事にかえすためせっせと頑張っている。ロージーは卵のお世話、リッチーは餌の調達係だ。

 狩り慣れしてるリッチーは出かけるたびに新鮮なおいしい魚を持ち帰る。だが、その日の彼は魚とは似ても似つかない奇妙な獲物を持っていた。



 今月初めにリッチーが運んできたのはなんとサルのぬいぐるみ。
 もしやロージーやヒナたちへの贈り物のつもりだろうか?

3_e
image credit:facebook

 「なにこれおいしいの?」とロージーが聞いたかどうかは定かではないが、彼女は当初、見慣れない物体に興味を示していた。

 しかし最終的にぬいぐるみを気に入ったかどうかは謎のままだという。

 2羽を見守るスタッフはこう語る。

 「こっちは爆笑でした。ぬいぐるみのおかげで数日は楽しめましたね。動物観察が面白いのはこういうことがあるからです」


意外と好評?ぬいぐるみは今も滞在中


 ぬいぐるみのサルの心境も皆目見当もつかないが、鳥に捕まりこんな高所に運ばれるとは思いもよらなかったはずだ。
 
 それから2週間ほど経つが、ぬいぐるみはまだ巣の中にいる。4月17日の時点でも放り出されることもなく、巣の端に埋もれた状態で滞在しているらしい。

 ひょっとしてロージーに気に入られたのか?
4_e
image credit:sfbayospreys

有害なゴミを持ち帰るケースも多発している


 こうした人工物の持ち帰りは過去にもあった。しかし大半は鳥に有害なものばかりだ。

 「ぬいぐるみならまだ楽しいですが、ほとんどは大量のプラスチック製品でミサゴの体に絡みつきそうなものや、卵を窒息させてしまうものなどです」

 人間が捨てたゴミが野生動物を危険な目に合わせている。スタッフは、リッチーが持ってきたぬいぐるみでこの現実を心に留めて欲しいと語っている。

 

海の鷹。魚の狩りが得意なミサゴ


 タカ目に属するミサゴは世界各地でみられる鳥だ。

 体長は平均60センチ、体重は2キロほど。主食が魚でよく海岸などにいるためシーホーク(海の鷹)ともよばれる。

1_e
image credit:sfbayospreys

 その視力は水中の魚を見つけられるほど優れていて、足には捕らえた魚を落とさずに運べる滑り止めがついている。

 こうした食性から繁殖時も海や川に近い高所に営巣する。その材料は木の枝や苔、海藻など。巣の大きさは直径80〜180センチとかなりばらつきがある。


薬剤の被害で激減したことも


 かつてミサゴは海に流れ込む有害な農薬や殺虫剤の被害を受けていた。

 DDTなどの強力な殺虫剤が蓄積した魚を食べたミサゴは、通常より殻が薄い卵を産卵していた。その卵が孵化せず壊れてしまい個体数が減少したのだ。

 だが、こうした薬剤の使用が禁止された現在は数を増やしつつある。

 このサンフランシスコ湾は特にミサゴの巣が増加している場所で、生態や環境に配慮した取り組みが目に見える形で表れているという。

 現在のリッチーとロージーの様子は団体のサイトでライブ配信中だ。2羽の大事な子どもたちが無事かえりますように。

References:< sfbayospreysなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
猛禽最強。ワシについての驚くべき10の事実


好奇心が突出したカラス、カメラに興味を持っちゃったもんだから巨大生物襲来風(アメリカ)


ん?なんかある?なんか見てる?好奇心が突出したチョウゲンボウ、監視カメラにくぎ付け(イギリス)


これはまさに空中浮遊!鳥と監視カメラが同期した奇跡の映像


え?わざと?シロフクロウ先輩のかっこいいお姿が高速道路の監視カメラに記録されていたっす!


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
30975 points
「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

2020年9月11日
2位
11360 points
あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

2020年9月11日
3位
8979 points
「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

2020年9月10日
4位
7561 points
生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

2020年9月9日
5107023424
5位
4105 points
うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

2020年9月8日
4583630215
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 12:03
  • ID:skDfWaV00 #

なんとなくだけど…
タイトル見たときから 拾ってきたのは旦那のほうじゃないかな、って気がしてた 根拠はないんだけどね…
どこもおんなじだねww

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 12:11
  • ID:CAMc8CgM0 #

子育ての巣は柔らかいものが好まれるので車のワイパーゴムが
よく犠牲になってる。今回の場合もぬいぐるみイコール柔らかい
ということで持ってきたのだと思うがこんなでかいものをなぜ
使おうと思ったのだよ

3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 12:19
  • ID:.uzVWgK30 #

でっかい足だなぁやべぇカッコいい
仲良し夫婦なんだろうな

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 12:38
  • ID:KIB.rgz.0 #

エサとしてなのか
巣材としてなのか

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 12:39
  • ID:ZzMI9y5e0 #

早速ライブ配信見に行っちゃった・・・
         did not support.だった、無念。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 13:08
  • ID:k3DE.rBv0 #

日本とカリフォルニア州の時差は7時間だから
そこを計算して見るといいかもね。
私が見た時間はあちらが夜で1羽だけが寝てたけれど
それでもとてもキュートだったよ。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 14:27
  • ID:YHb2Sd9O0 #

ゴミだし

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 14:37
  • ID:mid8sp080 #

ミサゴカメラって面白いよね
昼間に巣でのんびりしてるミサゴさんをみてるだけでめっちゃ時間消費したことがある

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 14:55
  • ID:Z1q8jVLH0 #

※6
自分が見たときも一羽で寝てた
スヤスヤしててかわいかった
夜は雌雄一緒に寝てると思ったんだけど

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 15:10
  • ID:e65zbnRE0 #

ダンナァーかなり趣味悪いぞぅ。何?ウケをねらったのか?それにしても人間が破壊する環境はダイレクトに動物たちを減少させる。ゴミ問題を早く何とかしないとって一人ひとりが自覚しないとね。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 16:15
  • ID:H9H10Ymi0 #

旦那がフィギュアを集めてきたのにあきれる奥さんの図

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 17:44
  • ID:j3KG2wGa0 #

今見に行ったら卵3つしかなくて「どうした!?」と思ってたらすぐお母さんが戻ってきた
大きな鉤爪付きの足で本当にそーっとそーっと優しく卵を抱えこんでてほっこりした
記事の猿のぬいぐるみは奥のほうにほんのすこしだけ映ってるやつかな?
もうすぐ巣から墜落しそうだw

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 19:02
  • ID:ruVzpJu.0 #

柔らかいから普通に巣材なんだろうけど、面白い光景だね

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月24日 07:07
  • ID:KTWJmsFj0 #

このサルのぬいぐるみは見た目も色も、生まれたばかりの鳥のヒナに似ていて、親近感を感じたオスが持ってきたんじゃないかな。

しかし、メスが見たら全然違和感がありまくりなので「何よ、それ、そんなのいらないわよ」とかいって怒られたとか。

わかんない人は、とりあえずyoutubeとかでインコのヒナとかの動画でも見るといい。

孵ったばかりの鳥のヒナは、種類によっては羽毛も生えてないし翼もない丸裸の状態で、存外この記事のサルのぬいぐるみと似てるから。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月27日 19:16
  • ID:UKWS1Ak30 #

実家が海辺でミサゴが狩りしてるところが家から見えたりする。バシャーンと豪快に海に飛び込んで魚つかんで飛び立っていく姿は迫力満点

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク