tn

 子犬のエリオットは道端で拾われて、そのままジョージア州にあるシェルター、「ライフライン・アニマル・プロジェクト」に連れて来られた。生後約8週間。

 詳細は不明ながら、顔立ちからいくとピットブルっぽい。だが、エリオットには、ピットブルの強くて獰猛なイメージは全くなかった。

 なにせ、身体の大きさ、というより「小ささ」が、ジャガイモ2個と同じくらい。女性の手の中に、文字通り収まってしまうほどであったのだ。
スポンサードリンク


Tiniest Puppy Loves His Pack Of Pit Bulls | The Dodo Little But Fierce

大きなシェルターの小さな犬


 保護されたエリオットの体重はたったの1.3kg程度。身体中の骨が数えられるくらいに痩せ、左目は感染症にやられていた。エサも適切な世話も与えられずにいたのは間違いないだろう。

potatoes
image credit: YouTube

 シェルターでエサと寝床を与えられ、エリオットは生き長らえた。

 しかし、シェルターのスタッフは忙しい。保護されているのはエリオットだけではないのだ。たくさんの動物たちの世話をしなくてはならないし、里親を募り、引き合わせ、また、宣伝して寄付を集め、動物たちを食べさせなくてはならない。

 そんなわけで、エリオットは大きなシェルターの片隅で、このように過ごしていた。

rack
image credit: YouTube

スタッフの家に引き取られて


 エリオットの状況を何とかしてあげたいと思ったのが、シェルタースタッフのダフネ・ブラッグさんだ。ダフネさんは、その夜にエリオットを引き取って帰った。

 家でダフネさんの帰宅を待っていた3頭の大きなピットブルたちは、すぐにエリオットを受け入れ、保護し、とても優しく扱った。

pitbulls
image credit: YouTube

新しい家族と


 こうして、新しい家族からあふれんばかりの愛情を受けたエリオットは、すぐにその本来の性格を取り戻し、ダフネさんを驚かせた。エリオットは、元々は人懐っこく積極的な性格だったのだ。

 「人間がこの子のことを気にかけずにきたから」とダフネさん。「この子が人間に対して信頼感を持ち、愛情深い性格であるということが見えなかったのでしょう」

 「この子はいつも一緒にいたいだけ、いつもくっついていたいだけ、腕に顔を埋めたいだけ、愛されたいだけなんですよ」

holded
image credit: YouTube

成長と回復


 さて、エリオットには左目の感染症という問題があった。シェルターの獣医師には左目の摘出を薦められていた。

 だがその時点では、エリオットはサイズ的にも体力的にも手術に耐えられないだろうと思われ、ダフネさんは、エリオットにまずは手術に耐え得る体力をつけさせるべく、世話をした。

 しかし、ここで奇跡が起こった。

 エリオットがたっぷりの愛情と適切なケアを受けて育っていく間に、感染症が自然に治癒してしまったのだ。結局のところ、摘出する必要はなくなったのである。これには獣医師も仰天した。

eyes
image credit: YouTube

 また、エリオットは身体的にもう一つ問題を抱えていた。前脚が外側に湾曲してしまったのである。幼い頃の栄養不良のためだ。

 これの矯正のため、エリオットはしばらくの間、前脚にギプスをはめて過ごすことになった。

 だが、ギプスごときは何のその。エリオットはギプスをはめたまま、フルスピードで辺りを駆け回っていたのである。

 むしろ、ギプスを外してからが、「歩き方をもう一度覚えなおしているかのよう」だったそうだ。

casted
image credit: YouTube

自信に満ちた犬


 さらに、3頭の先住犬から犬としての生き方やふるまい方を習い、エリオットは立派な犬に育った。自信に満ち、積極的で、何も恐れない。身体も大きくなり、この通り、他の犬たちに引けをとらない。

grown
image credit: YouTube

 エリオットはいまや、ダフネさんの家で暮らす群れの重要な一員なのだ。虹の橋へ向かう日まで、この家で仲間たちと共に幸せに暮らしてほしい。

References: The Western journal / The Dodo (YouTube) など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
モルモット姉妹の末妹になったのは保護犬のピットブル。仲良く3匹でお昼寝するよ(アメリカ)


それでも人を信じたいの。ひどい虐待を受けていた犬が、保護された直後に見せた人間への愛(アメリカ)


首に靴ひもを巻かれフェンスに結び付けられていた捨て犬の保護物語(アメリカ)


お腹がいっぱいなわけじゃないのに必ず餌を半分残す元保護犬。それにはこんな悲しい理由があった(ブラジル)


保護施設の犬、配達員にロックオン。車に飛び込み飼い犬となる(アメリカ)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 12:00
  • ID:mh0GryUh0 #

ウインクしててかわいい!って思ったけど感染症だったんだね
治ってよかった!ピット3匹をちゃんと飼えてる飼い主さんは本当に犬が好きで犬をよく理解してて素晴らしい人だと思うから、そのお宅にもらわれて行って本当に良かった!

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 12:30
  • ID:3wpE2yGM0 #

くまだまさしを思い出すウインク顔

3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 12:38
  • ID:2pes7nGW0 #

オキシトシンの力なのかな自然治癒は。すごいな愛情って。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 13:02
  • ID:k3Y5KbwW0 #

動きや造形がちょっとAIBOっぽい

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 13:42
  • ID:vAG82FzV0 #

アメリカは良くも悪くもピットブルの話題多いなー

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 13:44
  • ID:KZjvkPSj0 #

ダフネさんが献身的で誠実なのはもちろん先住犬たちがいて安心したのもあるよね
良いお家に来られて本当に良かった

7

7.

  • 2019年04月11日 13:51
  • ID:QCJJh2eh0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 15:02
  • ID:V7Da6RpG0 #

先住犬たちナイスだね。
悪いイメージがついてるピットブルだけど、実際は愛情深くて優しい性格だよ。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 16:24
  • ID:Rde2DG940 #

思ってたよりジャガイモがデカかった。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 19:20
  • ID:A4gFHRwS0 #

ジャガイモ2個と比べられていて「それって、分かりやすいけどどうなの〜」とか思ったわけですが気性の荒い犬として品種改良されたとか言うわりには愛情深いですよね。幸せになれて良かった(*´∇`*)

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 22:18
  • ID:4HoKaQrH0 #

こいつにスパゲティを食わしてやりたいんですがかまいませんね!!

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 22:19
  • ID:864RBoYT0 #

>>8
ボク、わるいピットブルじゃないよ❗️

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月12日 12:44
  • ID:gQJd5cAS0 #

今後はバナナと比較すること。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月12日 20:27
  • ID:6bRUcboz0 #

ふふっ、目頭が熱くなった

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月12日 21:18
  • ID:EYQK9klY0 #

※8 ※10
どんなに愛情深くても、興奮すると
手に負えなくなる点はカバーできない。
ケンカになる前に興奮の種を見つけ、
興奮を落として行ける飼い主でないと。
自分にはパワー・ブリードはムリ。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 02:31
  • ID:UlsGMRrg0 #

いやじゃがいもでけえ

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月18日 20:24
  • ID:wCKz0GvI0 #

>>12
わるいピットブルなんかおらへんのや
みんないいピットブルなんや…

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク