leprechaun

 緑の服と帽子、バックルのついた靴を履いて、金貨の詰まった鉄の大釜(cauldron)を抱えた小人。アイルランド土着の妖精、レプラコーンだ。その本性はイタズラ好きで、人間にもしょっちゅうイタズラを仕掛けてくる。

・関連記事:アイルランドの妖精「レプラコーン」の観察ができる妖精専用ライブカメラ

 また、土中に埋まっている宝物のありかを知っており、捕まえることができればその場所を教えてくれるのだそうだ。

 だもんだから、宝欲しさに人間が乱獲して数が減ったのか、あるいは他の生き物同様に暮らしていくのに広大な自然が必要だったのか。現在、アイルランドには、「レプラコーンの聖地(サンクチュアリ)」があるのだそうだ。
スポンサードリンク

保護された妖精たちの棲みか


 アイルランドの東海岸沿い、イギリス領北アイルランドとの国境近くに、カーリングフォードという小さな町がある。この町を起点・終点として廻る環状のトレイル(ハイキングコース)と、近くのスリーヴ・フォイ山が、レプラコーンの聖地だ。

leprechaun
image credit: YouTube

 現在のところ、レプラコーンはアイルランド全土で236人が存在しているそうだ。

 トレイルは、2010年にEUの「生息地指令」を受けた。これによって、この地の植物相と動物相、そしてそこに生息する妖精たちも保護されることになったのである。

「アイルランドの最後のレプラコーン」と書いてある標識
post
imege credit: Eric Jones [CC BY-SA 2.0]

スリーブ・フォイ・ループ・トレイル


 トレイルの全長は約9km、標高差は270mある。最初の登りが一番きつく、その後はだいぶ緩やかだ。一周するのに、平均で2時間半ほどかかる。

path

 レプラコーンの聖地であるとはいえ、サファリパークではないので、確実にレプラコーンと出会えるという保証はない。だが、例えレプラコーンを見つけられなかったとしても、徒労に終わる心配はないとのことだ。

 トレイルを取り巻く自然は立ちすくむほど美しく、なぜ妖精がこの地を住処に選んだかがよくわかるそうだ。アイルランドの自然に抱かれて、風景を堪能するだけでも、十分に価値がある。

 そしてまた、ハイキングの途上で、2〜3頭の羊に行き会うことも珍しくないそうだ。

 ハイキングに出かける際には、適切なハイキングの装備、特に歩きやすい靴と、雨具の準備が必要だとのことである。

sheep
imege credit: Eskling [CC BY-ND 2.0]

カーリングフォードの町


 ハイキングは体力的にちょっと…という人は、カーリングフォードの町を散策することもできる。中世の面影を残している美しい町だ。


Carlingford. Castles, Oysters and Leprechauns.

それだけではない。この町は、それ自体レプラコーンと関わりがあるのだ。

 1980年代に、地元のビジネスマンのPJ.オ・ヘアという人が、焚き火の跡と思われる焼けた地面を発見した。そしてその脇には、小さな帽子とジャケット、そしてポケットに金貨がたくさん入ったズボンが落ちていたのである。

 この事件がきっかけとなって始まったのが、カーリングフォードのナショナル・レプラコーン・ハントだ。このイベントでは、地元の人々が一斉に山へ入り、レプラコーンを探して歩く。

 しかし、見つけたという話は今のところなさそうだ。ひょっとしたらレプラコーンの方でも知っていて、この日だけはどこか遠くへ出かけてしまうのかもしれない。


National Leprechaun Hunt 2016 | Carlingford

written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
アイルランドの妖精「レプラコーン」の観察ができる妖精専用ライブカメラ


小さな妖精たちの住む町。皆が幸せな気分になれる、町中のいたるところにある妖精専用ドア


イギリスの民家の庭に「妖精」が出現!?


シロアリなの?気候なの?ナミブ砂漠に点在する謎の円形地帯「妖精の輪」の形成メカニズムの最新研究


妖精さん?そうなの?イギリス、ローゼンタールで宙を舞う妖精たちの群れの撮影に成功



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 18:36
  • ID:E6C709Og0 #

ミニマム状態の主人公たちを容赦なく襲撃する妖精だよな

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 19:12
  • ID:lgvR.tTF0 #

バイストンウェルのレプラコーンはこんなに可愛くなかったぞ、そりゃもうつえーのなんのって・・・!

3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 19:38
  • ID:sQ4Zmh.y0 #

アームターミナルにするか、GUMPにするか迷うところだな

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 20:03
  • ID:W00UPW340 #

世界中に妖精の話は昔からあって
特徴や習性に共通点も多い。何かしらの存在は
実在したのかもね。全ての元ネタとなる1つの
作品があったとしてもその情報が届くわけがない
地域にまで妖精や精霊の話は存在する。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 20:32
  • ID:4t8dzkNP0 #

やばい、今までずっとユニコーンの親戚だと思ってたわ
妖精だったのね
何故かヒツジ的な動物がユニコーン的な角を持っているとばかり

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 20:44
  • ID:Z0P7cex50 #

>土中に埋まっている宝物のありかを知っており、捕まえることができればその場所を教えてくれるのだそうだ。

ファンシーな物言いだが、つまりは吐かせるって事か

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 21:48
  • ID:YQP7rsE20 #

アイルランドでは「妖精」じゃなく「良き人々」と呼び、親切な隣人とすることで、仲良く共存していこうとしたんだよね。
よそ者が土地のルールも知らず踏み荒らすと怒って出てくる。
レプラコーンのお宝目当てにやってくるような人はまんまと騙される。キツネにつままれるのと同じ。
地元住民がコップに牛乳入れて置いておくと喜んで納屋を片付けてくれたりする。
こういう妖精譚の平和な感じが好き。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 05:29
  • ID:RZRnU2Up0 #

※3
メリケンサック型はダメ?

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 08:43
  • ID:.BBlQ.bQ0 #

ゲームじゃ邪悪な妖精だよね
血に浸して自分の帽子を染めるのが趣味とか

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 10:14
  • ID:4rqFHNxe0 #

妖精というよりはただの郵便局のおじさんだし。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 11:03
  • ID:WxSRNmOE0 #

※2
息子スティック標準装備だしな

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 20:06
  • ID:JMYBuaBv0 #

バイストンウェルはアイルランドにあったのか

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月15日 04:17
  • ID:9P2c5zJa0 #

片足靴屋

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク