top

 人々が祈りを捧げる宗教建築物。その中には著名な建築家が手掛けた有名な観光スポットも多々あるが、たった1人で大聖堂の建築を行っていた男性がいた。
 
 スペインに住む91歳の元修道士は、20代で結核にかかり、余命あとわずかと宣言された。彼は、もし助かったら聖堂を建てると神に誓った。

 その後奇跡的に回復した男性。再び生を得た感謝から、その誓いを守るべく1人で聖堂の建設を始めた。

 それからおよそ50年。周囲に狂人と言われながらこつこつ作業を続けた結果、高さ40メートルもの大聖堂がついに完成しつつある。
スポンサードリンク

The Lone Man Building a Cathedral By Hand

元修道士が手がける40メートルの聖堂


 元修道士のフスト・ギャレゴ・マルティネスさんはスペインのマドリードに聖堂を建設している。聖堂はキリスト教においては礼拝施設のことを意味し、典礼儀式が行われる建物のことである。

 かつてのフストさんは建築の知識もなく、煉瓦を扱ったことすらなかった。

14_e
image credit:Denis Doyle

 だが現在手がけている大聖堂は40メートルもの高さとなり、あらゆる困難を克服する信仰の象徴とも言われている。

スクリーンショット-(16882)
image credit:youtube
 

結核から生還、誓いを守って聖堂を建設


 かつて信心深い農夫からトラピスト修道士になったフストさん。しかしそれからわずか8年後に結核を患ってしまった。

 病のために修道院から追い出され、20代で余命わずかと宣告された彼は、苦しい闘病生活を余儀なくされた。

スクリーンショット-(168811)
image credit:youtube

 それでも彼は、もしこの病気を乗り越えたら聖母マリアを礼拝する建物を作りますと誓い、懸命に祈り続けた。

 すると熱心な祈りが届いたのか、奇跡的に結核から回復。命を救われて感謝した彼は、亡き母が遺してくれた広い土地に聖堂を建て始めた。


リサイクル資材で50年以上も作業を続行


 それから53年が過ぎ、かつて狂人と言われていたフストさんは人々を驚嘆させる大きな聖堂を建てつつある。

 資材は地元の建設会社が寄付してくれたリサイクル材や余った材料だ。

スクリーンショット-(16884)
image credit:youtube

11_e
image credit:Gianfranco Tripodo

 彼はそれをうまく組み合わせ、巨大なドームや複雑な階段、美しいステンドグラスなどを自らの手でこつこつ施工していったのだ。

スクリーンショット-(16889)
image credit:youtube

無認可ながら観光スポットに。今後の話し合いも


 この建物はおよそ2,200平米という広さがある。だが残念なことに図面無しで建てているため正式には認められていない。

スクリーンショット-(16885)
image credit:youtube

 しかし今は人気の観光スポットになったため当局も見逃してくれている。

3_e
image credit:Gianfranco Tripodo

9_e
image credit:Frank O. Sotomayor

 「もしふたたび人生を与えられたとしたら、またこの聖堂を建てるでしょう。今度はもっと大きいのがいいな」

 物もお金も家もいらないと語り、すべてを聖堂に捧げるフストさん。91歳という高齢のため完成を見られないことも承知だが、淡々と作業を続けている。

15_e
image credit:Gianfranco Tripodo

 現在フストさんは地元ボランティアや友人から援助を受けている。献身的な姿に感銘を受けた人々が彼を支えており、今後の聖堂に関する話し合いもなされているという。

References:designyoutrustなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
ついに最終段階に突入。世紀の建造物、サグラダファミリアの近影写真


縦パノラマでみるニューヨークの教会の天井の目のくらむような美しさ


神に放棄されし建物。ヨーロッパの廃墟となった教会や礼拝堂


白いマントを被った幽霊が大量に?世にも恐ろしい教会「聖ジョージ教会」とその呪われた歴史(チェコ)


トルコの湖底に眠る古代教会遺跡。その下には秘密の異教徒の神殿が?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2019年02月28日 18:36
  • ID:S48XWO5G0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:38
  • ID:sAxwaeFr0 #

これがこの人の生きがいなんだね
うちの爺ちゃんは五円玉で兜を編んでたな

3

3. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:39
  • ID:wc0efFsk0 #

予想以上に広大で立派な建築だった。
そしておじいちゃん何気にオシャレ。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:40
  • ID:FR9Fy1EH0 #

尿意や腹痛がキツイ時に
不特定の神様にタスケテと祈願するけど
「引き換えに聖堂を建てますので」
までリアルにお願いした事無いから
祈りが届かないのか。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:45
  • ID:CFf5Ku.30 #

狂人と言われる一方で余った材料を譲ってくれる人もいたのだね

6

6. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:46
  • ID:38EN8OnE0 #

凄い!
まさに超人の域といっていい、とてつもない仕事だ。
でも、図面も認可もなし?
ってことは当然構造計算もしてないだろうし、さすがに現代でそこまで牧歌的なのは問題だわ。
災害時には極めて危ないわけで(偶然に耐震性が確保できている可能性もなくはないが)当局が観光スポットにしてしまうのはマズいんじゃ?
外から見るだけなら、まあ・・・だけど。
日本人的には、ちょっと無理。
構造チェックくらいはして欲しい。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:48
  • ID:eooflDrw0 #

すげーなあ

8

8. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:48
  • ID:Jjpjiqb70 #

耐震化も全く考慮されていない素人が作った巨大建造物が
地震で崩壊し人命をうしなったとき
現在賛美していた人が手のひら返してボロ糞に言うだろうなあ

9

9. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:49
  • ID:8ir.W7bd0 #

ひとりでできるもん Lv.9999

10

10. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:51
  • ID:3fGidpZY0 #

この人の人間としての力が為せる技。この人が一番神に近いかも。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:52
  • ID:Ana9lVqC0 #

こういう段階になってから皆もてはやすんだよね.
はじめは出来るかどうかも分からなかっただろうに....
今の御時世、ゴールが見えなきゃ誰もやらないし,
やること自体を蔑む風潮だから,
こういう偉業はなおさら光って見える.

12

12. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:55
  • ID:VCk8FC3G0 #

世界の【作ってみた】シリーズでも1、2を争う規模だな。
ただ、スペインは地震が起きる国だからちょっと心配。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:58
  • ID:9.MtpLBn0 #

「ブラザーサン・シスタームーン」の主人公みたいな人だ。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 18:59
  • ID:ocYbYqfp0 #

すごい。
すごいけど、せっかく健康な体を手に入れたんだし、
「好きに生きていいんだよ」って神様も思ってるんじゃないだろうか。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:00
  • ID:6yMYAz9i0 #

これもある意味ひとつの宗教といえるかも?

建設的な(文字通りw)目的とか目標がある人生っていいよね

16

16.

  • 2019年02月28日 19:04
  • ID:af95dbov0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:14
  • ID:PbYpG5DX0 #

発病当時は死病だったから仕方がなかったのかもしれないけど
重病の修道士を追い出す修道院てどうなのよ
マリア様がきっと見守ってくれてるとは思うが
フストさん元気なうちに聖堂が完成してほしい

18

18. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:16
  • ID:S80CbEhA0 #

安全性が懸念されるけどなかなかできることではない。称賛に値すると思う

19

19. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:18
  • ID:gBrj7AYx0 #

安易に神頼みしてしまう自分が恥ずかしくなるな

20

20. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:27
  • ID:coHKut3C0 #

俺も今からでも頑張ろう

21

21. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:28
  • ID:wZBeCNSu0 #

一生ものの信仰心だなぁ
若い身空で爆散して他人に迷惑かけるだけのバカどもとは大違いだ

22

22. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:31
  • ID:JmSXWFCU0 #

ノアの箱舟を思い出した

23

23. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:44
  • ID:8ir.W7bd0 #

ワクワクさんがユーチューブを始めたそうだが、
これぐらいのものを作ると再生数が伸びそうな気がする。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:55
  • ID:ihX53fyO0 #

今の時代にこんな人生もあるんだと感銘を受けた
ネジが外れてる人なのかもしれないけど、昔なら教会から聖人認定されるレベルだと思う

25

25. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 19:57
  • ID:2IO0ofoW0 #

※6
耐震に関しては、日本より地震は少ないだろうから大丈夫だと思われる
他の補強は、見た目が変わらないように後から付け足せるだろう。

素人が失礼しました

26

26. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:00
  • ID:cgreLf8h0 #

流石に、安全基準を満たしてない建物がこの質量は危険だとは思うのですが
そんなこと言うに言われません…

27

27. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:02
  • ID:ajWcI.ks0 #

病気が治っても約束を忘れない心が美しい

28

28. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:29
  • ID:eb9dlTIY0 #

結核で教会から追い出されたって、最近よく聞く抗生物質が効かないというタイプの結核だったのだろうか?

29

29. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:30
  • ID:zq5eaGZs0 #

すげーな
文字通りハデスの門にも対抗する教会を建てたのか

30

30. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:31
  • ID:LzyCwXiv0 #

耐震性や安全対策の心配は残るが、お歳が91歳ということは半世紀以上無事ということで

生きている間はそれこそ神のご加護で守られ、後の世で何かが起こってしまったらそれは神の怒りを買ったと人々は思うのかもしれない

31

31. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:36
  • ID:0oOP.vPY0 #

「虚仮(こけ)の一念、岩をも通す」とはよく言ったもんだ。

日本でも、東北のどこかで、崖に大きな観音像を掘ってた人がいた話を思い出した。その人は亡くなったし、観音像は大震災で顔が崩れちゃったということだけど、信仰心って凄いよね、良い方に働くと。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:50
  • ID:U07PU4RP0 #

この人にそんな気はないだろうから、できれば基金みたいなものをつくって、構造補強などをする建築士を雇い、うまく残す方法を考えてほしいなあ。
市が観光スポットにするつもりならなおさら。

33

33. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 20:56
  • ID:KlYVHUM00 #

この一途さはちょっと憧れる

34

34. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 21:40
  • ID:ZCOAxsOP0 #

>>17
追い出したのは結核が感染病だと判明して以降だからかも?
20代だと1950年代だろうから結核菌による感染症だというのはわかっているけど、ストレプトマイシンなどの結核に対抗できる抗生物質はまだ普及していなかったのかも。
人が集まる修道院で集団感染にならないように結核患者を隔離したことを「追い出した」という表現になってるような気がする。
結核患者は結核療養所(ゴルリス病院とか)に集められた…?

35

35. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 21:55
  • ID:01K01FJ10 #

日本だとまず耐震基準がーって考えちゃうけど国によっては数百年前の石造りの建物が平気で残ってるから何とも言えない
狂気の沙汰に思えるけどこういう人がのちのち聖人って呼ばれるんだろうか

36

36. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 22:16
  • ID:qXMh6ZtP0 #

こういう人が本当にかっこいい人だと思うんだよ

37

37. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 22:24
  • ID:h7oagNvk0 #

御年91で、このシャキッとした背筋。

38

38. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 22:26
  • ID:3IRFO5Yh0 #

これもアウトサイダーアートと言われるものの一つなんじゃないだろうか。
建築のことを何も知らず図面もなしに作り続ける…しかも50年以上、一生かけて…。狂人は狂人だと思う。
悪いけどこれを「建物」とするのはダメだと思う。危なすぎる。あくまで「アート作品」。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 22:43
  • ID:Z0QuNeH70 #

人生の全てを捧げてひとつのものを作るなんて絶対真似できない
きっと神様から恩寵を賜ることだろう

40

40. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 23:12
  • ID:kPgFwh6P0 #

※28
それは比較的最近発見された結核菌で、この方が当時患ったモノとは別だな。
当時は結核と言う病に関して各国の薬剤及び診療事情や、一般人の考え方も今と違うだろうし。
まして集団生活を送っている修道士であれば、致し方無し、だったんだろうな。

それでもこの方は病を克服したどころか、ここまでの感謝の気持ちとモチベーションを維持し持ち続けるのはスゴい。

41

41. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 23:15
  • ID:iQZ7bskb0 #

建築に関しては素人であるはずの人が建てたと思えないレベル
この聖堂の出来こそ「神懸かり」的だと思う

42

42. 匿名処理班

  • 2019年02月28日 23:55
  • ID:b3bsPhJh0 #

>>8
それは日本人の感覚で、それはそれで神の思し召しみたいな解釈で受け入れられるんじゃないかな

43

43. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 00:26
  • ID:36UScMCl0 #

耐震性がどうたら言ってる人は海外行ったことないのかなあ
年がら年中地震を心配している日本人と違って
ほとんどの国のほとんどの人間は一生のうちに一度も地震を経験することはない
まあだからって図面なしが許されるわけではないが

44

44. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 00:30
  • ID:6.bmmefG0 #

もし完成を待たずに神の御元に召されたとしたら、神との誓いを守れなかったかどで地獄に落ちるので、矛盾が発生してしまう。
だからどんなに高齢でも完成まで生き永らえているのは必然なのだ。

45

45. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 00:36
  • ID:66YB.y250 #

20代で結核
50年間で
91歳だと?

計算が合いません???



46

46. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 00:58
  • ID:vAQ6gh9u0 #

地下室をラジコンのショベルで掘っくり返してる人もいれば、ハンドメイドで大聖堂造っちゃう人もいる。
世界には面白い人がたくさんいるもんだ。

47

47. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 01:07
  • ID:G6L9IEV.0 #

>>8
あっちは滅多に地震起きないし、回りの耐震性も似たようなものだから日本人が心配するほどでもないよ
それよりも人が一生を信仰に捧げれば、これほどの事ができると言うことに感動するね

48

48. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 01:27
  • ID:OTbPwyhE0 #

海外だと、けっこうボランティアで教会を建てたり増築したりみたいな話はよくあるんだよね。

これが日本だとそうもいかなくて、
神社とかお寺とか大掛かりに建て直そうとするとプロの大工ですら手が出せない。

49

49. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 02:27
  • ID:1CukAaDL0 #

現代のガウディorシュバルの様な。

50

50. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 03:12
  • ID:Zp7zdEv00 #

※6
安全性がどうこう思う前に出てくる感想があるんじゃないの?

51

51. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 05:15
  • ID:S4jSLjLX0 #

オッッッシャレー!そんな意図は無いのかもだけど

52

52. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 06:49
  • ID:gxZT2Ul50 #

※43
災害は地震だけじゃないから。
まして構造設計してないということは、それ以前の床の強度だって「不明」なんで。
一人でコツコツ作ったのであれば恐らくRCベースだと思うけど、一人で打てるコンクリート量なんて高が知れているから実情は相互に一体化していない立体パズルのようなモザイク状の躯体になっている可能性が高い。
ましてその品質強度だって場所場所でバラバラだろうしなあ。
うっかり団体の観光客なんかを入れたら床丸ごと落下!なんて懸念もある。
シュバルの塔じゃないけど、外から眺めるだけにしておかないとヤバそう。
爺さんとすれば教会を作った以上、ここでミサとかさせたいところだろうけど、ね。

53

53. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 06:52
  • ID:msimiPRt0 #

リアルなマイクラだな

54

54. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 07:04
  • ID:slGs1Vf.0 #

※45
20年間療養したのでしょう。

55

55. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 07:08
  • ID:slGs1Vf.0 #

※24
列福、列聖は死後に行われます。
この方も、聖人として認められるかもしれません

56

56. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 08:34
  • ID:2zL5.4520 #

甥御さんらやボランティアの手助けに要所でのプロ発注もありながらとはいえよくぞまあ。ありゃあ一人でやってるようなもんだよと言われる世界に棲まう御仁のおひとかたでありますね。

Justo Gallego Martínez
以下Wikipediaのes,enやネット記事などから。生年以外1~3年のズレはあるんだろーなという印象。
1925年(大14)9月生まれ。27歳(1953年の9月前?)(28歳説あり)で修道院に入りその8年後の1961年(昭36)に結核を得て院を出る。同1961年10月12日、柱の聖母の祝日・ピラール祭のその日にCatedral de Justo建設を始める。36歳。この年を1年目とすると2019年の今年で建設59年目、10月には御年94歳になられます。
(1961年は建設を決めた年で実際の着工は2~3年後の説あり)
元記事に準拠してカラパイアのタイトルではあえて91歳、ですね。

40°23'39.4"N 3°29'17.9"W
The Madman and the Cathedral | Future Shorts (Youtube,yQGAsikORI4)
Spot Don Justo Aquarius (Youtube,tNimfH3sNaY)
飲料Aquariusの2005年TVスポット。CM内の雑誌記事に日本のがまぎれていますがどこの雑誌か知りたいもの

57

57. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 09:45
  • ID:IX8wj9O90 #

※48
神社仏閣はもう完全に専門職の領域。
真似事は出来ても、そこらのぶっつけ大工には到底無理。
というのも、単に腕の問題じゃなく「明文化されていない決まりごと」が仔細に渡って暗黙の了解事項としてあるからね。
おまけに宮大工も高齢化しちゃって、一子相伝的な世界なんで今後に不安。
まともな職人を手配するとなったら、とんでもなく遠方からアゴアシつきで三顧の礼で招かなきゃならない。
もちろん、その報酬もとんでもない額。
小さなお稲荷さんの社一つでも、真っ当にやろうとしたら1000万はかかる。
結果、中途半端なニセモノが横行することになるのも仕方がないか。

58

58. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 09:46
  • ID:GjecohgA0 #

※4
あっちの神さまは取引なんかしない
この男性も「助かったら聖堂を建てる」と誓っただけで、「助けてくれたら聖堂を建てる」わけではない

59

59. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 11:29
  • ID:jsjKBQy.0 #

すごいなあ、ちょっと憧れる

60

60. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 11:36
  • ID:2TSi02yH0 #

絵に描いたような美談だな
エコロジーの観点に即しているのもいい

61

61. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 14:29
  • ID:AVSbiM4L0 #

地震の有無ですね。現代の欧州の街、築百年ならまだ新しいといわれる部類で、地下は400年前、1階は300年前、3階から上は100年前に建った、なんてのはざらです。勿論近代建築になりつつあるけれど、街によってはチェコのように石造り、レンガの建物はまだまだ多いです。去年関西を襲った強風でも崩れそうなのとかいっぱい。
しかも、7階建て以上のアパートでも、鉄骨の入ってないレンガを積んで漆喰で固めているだけ。
最初は気になって食事の味も分からなかったけど、最近は「崩れるときは一気にね」と開き直ってます。
それは置いておいて、Justo Gallegoさん。
今歴史に名を残す偉業を達成した(中途であっても)人々は、きっとこのような人なのだろうな、と感じます。信仰は尊い。彼を助ける人々も、手を出さずとも、余計な茶々を入れたり邪魔しないで見守る街も人々も。

62

62. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 14:54
  • ID:0rvpnb4e0 #

>>28
いま90才過ぎの方が20才のころって今からなんねんまえだとおもう?

63

63. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 15:23
  • ID:x20N6Yxy0 #

※11
皆コスパコスパばっかり言ってるからな。
コスパ度外視で信念をもってやったこの人を見習いたい。

64

64. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 15:58
  • ID:6gFavdGj0 #

メリーホピンズに見えた

65

65. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 17:43
  • ID:fbb.P.IE0 #

日本には、結核療養のための” サナトリウム ”という施設があったな。

66

66. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 19:29
  • ID:4uH7DKzJ0 #

今より耐震設計とか緩い時代に始めたんだから今更ごちゃごちゃ言うのも野暮だろ
観光地化するなら後から検査して是非を決めればいいだけ
この人にとって作るという行為自体が大切なんだから小さいことは気にすんな

67

67.

  • 2019年03月01日 20:04
  • ID:66YB.y250 #
68

68. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 20:25
  • ID:Tdghi9Fd0 #

※6
地震がほぼ起こらない地域で、2000年前に作られた耐震設計0の建物がたくさん残っているところだからまず大丈夫でしょう

69

69. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 20:56
  • ID:HEpvzcoS0 #

「病気が治癒したら/子供が無事育ったら/願いがかなったら、聖堂を建てます」
ってのはヨーロッパに古来からある神への感謝の示し方であり誓い
この人は伝統に則ってるわけですな

70

70. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 21:25
  • ID:D1nbPfdB0 #

良い話なんだけど引っ掛かるなぁ

71

71. 匿名処理班

  • 2019年03月01日 21:54
  • ID:1vN9NbLw0 #

なお、地震国の日本には沢田マンションがある模様

72

72. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 00:58
  • ID:lse6UQJj0 #

※17
感染するかもしれない死の病を看病って難しいんじゃない?
※17みたいなコメントが出来る現代は恵まれてるってことかと

73

73. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 00:59
  • ID:lse6UQJj0 #

かっこいい!そしてこの人の生き様や信仰か信念を見て
周りによい影響を与える人生って素晴らしいと思う

74

74. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 10:44
  • ID:..2gr6pb0 #

※8
このコメントにマイナス票が集まることに驚く。
知識も技術も未開発でそれこそ神頼みだった時代のやり方を、そのまま現代においてなんの裏付けもなく既成事実として追認したがるのはただの無責任なノスタルジーだと思うけどな。
そもそも、歴史的建造物が建立された当時は現代とは比較にならないくらい人命が安かった時代なのだし。
まして50年前なら現代に直結するそれなりに工学的な技術も確立されていた以上、それを無視してみすみす情緒に頼った危険を冒すのをよしとするのは問題。
技術舐めるな!と思う。
もちろん、この老人個人の宗教的な想いを否定するものではない。
行政含めてカネになりそうな匂いを嗅ぎつけて、それに乗っかって無責任なところから称賛することが問題なのだ。

75

75.

  • 2019年03月02日 12:04
  • ID:oMZjgChF0 #
76

76. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 15:46
  • ID:7NpUdBDx0 #

>>45
建築に取り掛かるまでに下準備必要じゃね?
全くの無勉強で作れるものじゃないしさ

77

77. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 16:25
  • ID:ZEKR99XV0 #

地震は滅多にないから大丈夫と言えるのは、ちゃんと知識のあるプロが作った建造物に言える
感情論で糾弾は子供のやることだ

78

78. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 16:41
  • ID:..2gr6pb0 #

※49
作風から誤解されがちですが、ガウディはれっきとしたプロの建築家です。
あの魅惑的な造形も、緻密な力学的裏付けがあってのことですよ。
あっち側に行っちゃってるシュバルは、みようみまねのズブの建築素人ですが。

79

79.

  • 2019年03月02日 17:52
  • ID:..2gr6pb0 #
80

80. 匿名処理班

  • 2019年03月02日 18:00
  • ID:1D9gNzfK0 #

超鉄腕DASH

81

81. 匿名処理班

  • 2019年03月04日 02:21
  • ID:iU2CPeAE0 #

一生のお願い、てな発言はこのレベルじゃないと言っちゃいけないんだねぇ

82

82. 匿名処理班

  • 2019年03月05日 04:56
  • ID:7Lh1.WQp0 #

・・・・西洋版の佐々井秀嶺師みたいだな。

{佐々井秀嶺}が何者かって?
今すぐググれw

83

83. 匿名処理班

  • 2019年03月06日 01:24
  • ID:pEBRB.Ad0 #

日本にも山肌の岩に大仏掘ってるおじいさんがいるの
珍百景で紹介されてたのみたよ

84

84. 匿名処理班

  • 2019年03月07日 04:35
  • ID:9fFX.e710 #

維持、管理、引継ぎはどうすんのかね
保持も大変だし、壊すのも大変だぞ

85

85. 匿名処理班

  • 2019年03月11日 23:47
  • ID:qS4EIRUn0 #

>>9
今日一番ワロタ

86

86. 匿名処理班

  • 2019年03月13日 03:06
  • ID:DCWBPtG10 #

※74
多分完全に1人ではやっていないと思う.
はじめは本当に1人だったと思うが...
資材提供だって,本当に廃材を提供するだけだったらできないと思う.
重機も必要だろう.彫刻も必要だろう.
出来る範囲でそれなりの協力をしてくれた人が結構いたのではないだろうか.
このニュースは取材をもっと深掘りしてほしい

87

87. 匿名処理班

  • 2019年03月15日 02:02
  • ID:X3rwFoSg0 #

>>8
業者からリサイクル品もらってるし、専門家の意見とか全然聞ける環境だろうし、専門の人が近くにいてやばい建物みて何も言わず資材渡すことなんか考えづらいのでは?
構造チェックしてないとは書いてないわけで。
流石に穿って見過ぎでしょ。
耐震基準なんて日本が世界レベルで高いだけで、地震のほぼ無い国の基準は緩めだよ。

88

88. 匿名処理班

  • 2019年03月17日 15:51
  • ID:pETndu3J0 #

※4
子供の時、母親が病気になり神様に一生のお願いをした。何も差し出さない無償の「お願い」だった。
母の病気は無事に治った。
それ以来、神様に「お願い」はしていない。
願掛けするときには必ず、それに見合った行いを誓うようにしている。

89

89. 匿名処理班

  • 2019年03月25日 11:04
  • ID:TBTMBQ.s0 #

>>5
周りの理解が得られたのも幸いだね。生涯神への感謝を忘れず造り続けるなんて大した聖人だ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク