no title

 台湾・台北に拠点を置くアートスタジオ『Whyixd』による新たなる試みは、9つの回転するLEDライドで月の満ち欠けを表現することだ。

 満月から新月までの月の見せる様々な表情をまるごと堪能できるインスタレーションとなっている。
スポンサードリンク

 この作品『ディファイン・ムーン(#define Moon_)』は、台湾の新竹市の国立交通大学のキャンパスに設置されている。

 見る角度によってまったく異なる視覚的体験が楽しめる。LEDライトはモーターで回転しており、サテライト型構造に運動学的要素を提供している。

1.
01_e4
image credit: WHYIXD

 ディファイン・ムーンは、#defineと呼ばれるコンピューターの指示によりと連動しており、観客が未完成のコードを自分で入力し、新たな解釈を付け加えることも可能だ。

2.
02_e4
image credit: WHYIXD

3.
03_e3
image credit: WHYIXD

4.
04_e3
image credit: WHYIXD

5.
05_e5
image credit: WHYIXD

6.
06_e4
image credit: WHYIXD

References: Colossal / WHYIXD など / written by どくきのこ / edited by parumo
▼あわせて読みたい
これは直で見てみたい!NASAの月面データを使った精巧な月のオブジェがぽっかり浮かぶ「月の博物館」


まんまる大きいお月様!満月が昇る劇的瞬間をとらえたファンタジック映像


4月11日、待望の満月「ピンクムーン」がやってくる。見ると幸せになれるらしいぞ!【天体ショー】


今そこにある惑星。宇宙を身近に感じられる、月と惑星のプラネットランプ


2020年に「人工月」を打ち上げる計画を発表。本物の月の8倍の明るさで街灯の代わりに(中国)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 18:53
  • ID:HMVY3trk0 #

この僕に九回も「月が綺麗ですね」と言わせるつもりかい ?

2

2. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 19:34
  • ID:my0Ozo2C0 #

こういう素敵装置はもっと増えるべき

3

3. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 20:08
  • ID:n84HZOOu0 #

こう言うのはもうちょっと単純な方がグッと来るんだよね、おしい。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 20:53
  • ID:Ez8d.tlz0 #

動画も是非

5

5. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 23:49
  • ID:KiyP3kbO0 #

美しいというより、小学校の頃の理科の時間を思い出すわ…、天体苦手なのよね。
太陽が自転してる周りを地球が自転しながら回ってて、さらに月が自転しながら回ってるとか頭パンクするわ。しかも回転軸がずれてるとか

6

6. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 07:55
  • ID:gYkX9D8R0 #

ちゃっかりスマブラのあれが映りこんでいますね

7

7. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 17:31
  • ID:0rljQOXJ0 #

月にみせたいなら、クレーターも付けてほしい。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 20:37
  • ID:GP.9Wc8P0 #

※1
清少納言「夜(よ)に九度(ここのたび)のぼる心地し侍る」

9

9. 匿名処理班

  • 2019年01月29日 23:46
  • ID:xSh6UXtq0 #

プラネタリウムへ行くと必ず眠ってしまうのを思い出した コレ見ても眠くなった 

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク