00_e

 インターネットはおろか、テレビもラジオもなかった中世時代、人々は日々の出来事を記録するために文書を書いたり絵を描いた。

 中世ヨーロッパでは、暗黒時代も含まれるで、人々のダークな一面が反映されてしまったのかどうかはわからないが、とにかく刺したり刺されたりの描写が多かったようだ。

 頭部はわりと狙われがちだったみたいだし、刺されても微笑んでいる被害者もいたりなんかして、とにかくシュールであることは間違いないようだ。
スポンサードリンク

1. フレンドリーな感じがでてるけどいっぱい刺されてる
1_e1

2. 顔を横から斧で!
2_e

3. 王?は動じない
3_e0

4. 頭と腹。
4_e

5. 刺した者に笑みを浮かべる
5_e

6. すごく長いやつで刺される
6_e

7. 最前列に出たら絶対刺されるやつ
7_e

8. 聖者かな
8_e

9. 聖者の試練かな
9_e

10. 一番オーソドックスなやつ
10_e0

11. 剣を逆さにして刺した?
11_e0

12. 頭に十字の切込み
13_e

13. 頭部集中攻撃
14_e

14. 悪い王様?は刺されるの図
15_e
References:People Getting Stabbed In Medieval Art Who Just Don’t Give a Damn
あわせて読みたい
具合の悪い時には水銀を食べる?おしっこは殺菌剤?中世の人々が信じていたとんでもない16の常識


中世の騎士も結果にコミットしたかった。14世紀の騎士たちが行っていた10の肉体トレーニング法


世紀の大富豪、ロスチャイルド家の禍々しいオカルトパーティーの様子


うわめっちゃ刺さるわこれ。現代の様々な事象を風刺したシュールなイラスト画


雑コラかよ!中世に描かれた悲惨な猫のいる風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:34
  • ID:i.xv37ee0 #

昔の人は丈夫だったんだよ
きっと……

2

2. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:39
  • ID:6g06z0VL0 #

神のご加護のおかげでどうにか致命傷で済んだ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:40
  • ID:9UnMfw.e0 #

昔は識字率が高くなかったので絵を見ただけでわかるように聖人の殉教の仕方なんかが生前の姿と一緒に描かれてるんです。殉教の仕方でどの聖人かわかるように

4

4. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:45
  • ID:Cy.iHOjZ0 #

痛がる表情描けないのか?ww

5

5. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:45
  • ID:zZ8EzLeF0 #

こう言うの見ると、ムズムズすると言うか痛くなってしまう。

6

6. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:46
  • ID:KUwHJCvg0 #

2 もうポーズが「オーノー」してるし

7

7. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:48
  • ID:KQLCcCdu0 #

11は柄で殴ってるのでは?

8

8. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:54
  • ID:Q7JvJQ0Y0 #

11のは正しい使い方だな。
すぐに切れなくなってたから刃のほうを持ってグリップ部分の球で殴れるようになってる。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:58
  • ID:3VNqyoHO0 #

被害者の表情を変えずに描いている辺りが
かえって悲惨さを浮き彫りにしているな
こんなの現代ならば、狂気の沙汰だわ

10

10. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:58
  • ID:kO6UTvlU0 #

剣を逆さに持つやつは切れ味が落ちた剣をメイス代わりにする剣術の型だな
剣は鈍器。盾も鈍器

11

11. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 22:58
  • ID:PHsqWVAm0 #

11は剣を逆さにして刺してるんじゃなくて、刃に切れ味ないし鎧にダメージ与えられないから刀身掴んで鍔の部分で殴りつけてる

12

12. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:00
  • ID:lFMj68q10 #

「よせよー、痛いじゃないか」とか言ってそう。

13

13. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:07
  • ID:gbXa2fXg0 #

ルルーシュ「ギアスが通じないだと…?」

14

14. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:09
  • ID:WqPpQZOX0 #

なんか一様に無表情というか真顔オンリーな感じだけど
表情付けちゃダメ!みたいな風潮があったのだろうか

15

15. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:09
  • ID:BwVrZPSr0 #

4、息子スティックに見えた私

16

16. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:10
  • ID:6.hcfZOx0 #

全員前世はコンセントだったんだ(暴走気味

17

17. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:12
  • ID:uw87RXBD0 #

良い笑顔

18

18. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:12
  • ID:X.Gq0ra10 #

痛がってる様子が無いのがシュールでいいね

19

19. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:13
  • ID:EliejXwe0 #

どう見ても教科書の挿絵に落書した様にしか思えない

20

20. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:14
  • ID:bo8.P6cj0 #

ゾンビのアレを思い出した

21

21. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:17
  • ID:CO3RkF8r0 #

扉絵と4と13はヴェローナのペテロさんかな
頭の鉈は名札みたいなもんだからしゃーない

22

22. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:21
  • ID:RLAvX3ts0 #

中世ヨーロッパの宗教書、物語集などのイラストは寓意的な表現であることが多いので、その場合、イラストを見た目通り解釈するのではなく、どのような意味をもたせているのかを読み取るほうが重要です。

11のイラストのような状況はけっこうあることだったようです。当時のヨーロッパの剣はあまり鋭くないので刃がなまってきたら、刃を握って、柄頭(バランスをとるために重くなっているのでハンマーのように使える)で相手を殴り倒せ。と、記述してある当時の剣術書は実際にいくつかあります。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:25
  • ID:UTNtDres0 #

慢性頭痛は頭の中に悪魔が憑いているからというので悪魔祓いで頭皮を十字に切り開き頭蓋骨に塩を塗り込むというまじないは実際にあった。患者はタヒぬ。

24

24. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:26
  • ID:q.8L3LDS0 #

中世のヘタ絵めっちゃ好き
無表情なのは、表情を絵で表現するという概念がまだなかったからかな

25

25. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:31
  • ID:ORrqEIZb0 #

やっぱ「許します」ってコンセプトじゃねーのキリスト教的に
刺されると痛いって「知らないのです」ってさ

いや知らねえけど

26

26. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:32
  • ID:NajSKPss0 #

カラパイアでも過去に記事になってるけど、当時は、火炙り等の公開処刑が行われていて、処刑された死体が骨になるまで晒されて、子供もそういう光景を見てる時代だから、このくらいインパクトが無いとだめだったんじゃない?

27

27. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:33
  • ID:Jyg1Eus20 #

ぱっびっぷっべっ

28

28. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:37
  • ID:1uerhD6p0 #

昔読んだ地獄の絵本みたい
あれは痛がってたかな

29

29. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:41
  • ID:qFsdCIB80 #

絵だからまだキレイだけどね…
現実にこんな事起きるとね…
その時大変だけど
その後も大変でね…
いろいろとね…

30

30. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:43
  • ID:Xt4Ed..l0 #

まだ医学や施術方法が一般に認知されてない時代だと
刺さった刃物や矢は抜くと大出血するため抜かずに生活していた人も居たとか何かの本で読んだよ
後に癒着して抜くことすら出来なくなると思うけど
そういうアクティブに活動できなくなった人達は教会で働くしかなかったとかじゃないかな

31

31. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:48
  • ID:6SPxQ3Fl0 #

11は「殺撃」っていう技だね。刃をもって柄で殴る技。
この絵は剣術指南書かもしれない。倒れてる方の腕に絡まった武器を踏みつけることで数秒起き上がれなくして、組打ち的な超至近距離の中で、致命性よりは制止性と速さ(狙いをあまりつけないでも威力が出るという意味で)に優れた「殺撃」を放って、「次」の体制を作る(これで勝っちゃうかもしれないけど)。
必殺の一撃を狙うのでなく、優位をとり続けているうちにいずれ勝利するという西洋剣術の現れのような絵だ。
まあ、殺撃自体は普通に立ち合いでも有効な技だったそうだけれどね。鎧もそうだけど「パワーで防御を崩す力」が豊富な攻撃よ。

32

32. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 23:52
  • ID:o11Tmdja0 #

吹き出しが欲しいな

33

33. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:01
  • ID:rjDVfTdv0 #

※27 俺じゃないるれっ。ぱっぴっぷっぺっぽ〜(笑)

34

34. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:06
  • ID:BNxfWXsn0 #

全部ギャグマンガ日和に見えた

35

35. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:15
  • ID:LAQVmKpb0 #

11の解説出来る博識な人多くてスゴイ
とっても勉強になります!

36

36. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:19
  • ID:AS9Ape3n0 #

お、おれじゃ中目黒

37

37. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:35
  • ID:K4DHM3kR0 #

ルネッサンス以前の中世ヨーロッパでは、教会によって絵画が感情的で写実的な表現をするのを禁止されていたと聞いたことがある。

いかなる場合でも神に身を委ねるべきとか、そんな感じなんじゃないかな。

38

38. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:40
  • ID:RMVmFaST0 #

※32
『平常心、平常心』
『へーき、へーき』

39

39. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 00:41
  • ID:bnBhZDEG0 #

苦しんでると残酷だろうが、の精神

40

40. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:25
  • ID:cEsO2FrX0 #

子供の頃に見た、見世物小屋の看板を思い出した・・。

41

41. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:27
  • ID:UJ.Xx3Lq0 #

これみんな聖人だろ?
笑うものじゃない

42

42. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:27
  • ID:9FRhoMAe0 #

ケンカしても仲良し の図

43

43. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:29
  • ID:R4sOpnxU0 #

「すごく長いやつ」とか
所々の説明文がじわる

44

44. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:35
  • ID:ehXFQ31g0 #

英語の教科書の落書きあるある

45

45. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:47
  • ID:4brshkXm0 #

今日のパワーターム
「すごく長いやつで刺される」

46

46. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 01:52
  • ID:B477vEiF0 #

挿絵ならぬ刺し絵

47

47. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:20
  • ID:wh3PxLEM0 #

※30
頭に斧とか矢が刺さったまま、教会で働いていた人がいたら、そりゃワクワクしちゃうな。

48

48. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:31
  • ID:Q4dV2ei.0 #

何か思ったよりコメント欄が真面目で…絵とつけられてる文章があいまって、さんざんツボって笑ってた自分は不謹慎だったか。
5で刺されてる人は女騎士に見える。刺した瞬間に笑われたら怖いだろうな。

49

49. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:36
  • ID:wl6TZ2a80 #

ヘタウマかウマヘタかよくわからんがそういうジャンルの漫画で人気出そうだな

50

50. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:39
  • ID:UHZC.wIt0 #

5の頭(兜)の上のが気になるんですけど。

51

51. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:41
  • ID:z8oxbyFi0 #

※4 ※14
聖者の肖像画みたいなのは、※3が言うように
個人特定アイテムとして
殉教の仕方を盛り込んだ感じだし、
合戦絵みたいなのも
もしどこぞの公共施設の壁画とかだったりしたら
あまりリアルに苦悶の表情を描くと見る人が不快なのでは。

52

52. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:42
  • ID:skxc4dzC0 #

何故みんな11についてやたら詳しいんだ
中世で傭兵やってたのか…!?

53

53. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 02:47
  • ID:4LZoe.eh0 #

案外ただの落書きかもしれんぞ

54

54. 地底人

  • 2018年12月08日 03:16
  • ID:Ky.bZYS50 #

刺された場所が大事だよ。
あと、武器ね。
この組み合わせで、「あ、この人は〇〇さんね」
と分かる仕組み。

55

55. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 03:38
  • ID:wpP3QzY60 #

喉に剣が刺さってるのはシラクサの聖ルチアじゃないかな。

56

56. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 03:50
  • ID:kQuLZkC70 #

寓意的表現ってのもあるし、聖人に至っては殉教の仕方がわかるように描いてるだけ。

あと写本の絵は見たことないものを想像で描いてたり、あくまで教会の人間とかが描いてる(全員が本職の絵描きや職人ではない)からだよね。あとは当時の表現方法とか文化や価値観の影響もあるのかな?

57

57. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 05:06
  • ID:9B2q.NOd0 #

絵柄はこんなだけど、実際の状況は滅茶苦茶血なまぐさい

58

58. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 05:19
  • ID:us.B4wSk0 #

>>10
鎧も鈍器だぞ。

59

59. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 05:41
  • ID:r.6rB42B0 #

現代にも名画をパロディー化する人がいるのだから、過去にもそういう人達が何人かいたとか、あるいは、いたずらで書き加えられたものもあるんじゃないの?

60

60. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 06:43
  • ID:njHteRfU0 #

内容を否定するために後から刃物を書き加えた物とかも多いな

61

61. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 07:46
  • ID:SG.XfdqT0 #

一番最初の画がギャグや茶々を突っ込まれたパタリロのコマを思い出させる。

62

62. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 07:50
  • ID:4locUIBb0 #

8と9の首に剣ぐっさりの女性が気になり過ぎて…
シラクサの聖ルチアの可能性。
大抵は自分の目を持った姿で描かれますが、首に剣ぐっさりバージョンもいくつか見つかりました。
…しかし「剣」「刺さる」「殉教」とかで検索するとパドヴァのペトロさんが出てきまくる大人気っぷり…。
頭の鉈インパクトあり過ぎます…。

63

63. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 07:53
  • ID:xK7kL89X0 #

※19
ようやく既視感の正体が分かったわ。
場にそぐわない表情と時折どっから出てきた感ある刃物、
完全に教科書の落書きのソレだわ・・・w

64

64. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 08:19
  • ID:.Ml.OaMF0 #

ちょ、おまえなにしよんね〜ん(笑)みたいなノリの軽さを感じる

65

65. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 09:07
  • ID:lm9UJdSm0 #

12 トマトの湯むきの下ごしらえの行程にしか見えない。

66

66. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 09:29
  • ID:v7H.qmRd0 #

12はしいたけの飾り切り

67

67. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 09:32
  • ID:qt53Giz.0 #

システマの達人かな?

68

68. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 09:34
  • ID:qt53Giz.0 #

>>8
それならもう最初から鈍器で戦えばよかったのにな

69

69. 名無しよん

  • 2018年12月08日 09:59
  • ID:gCMahJb.0 #

このように、微笑みを浮かべて死んでいくべきだとされていたのでは…。特に聖者なんかは模範として。

70

70.

  • 2018年12月08日 10:10
  • ID:BADtrDuu0 #
71

71. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 10:36
  • ID:2XMarUyk0 #

逆さに握ってぶん殴るのは皆のコメ通り当時は一般的な攻撃だな。
切れ味鈍い上に鎖や金属製の手甲をはめているから大丈夫だったんじゃないかな。
この使い方を前提とした剣は鍔の形状が打撃向きになっていて柄まで全体が一体鍛造、更に重心も鍔に一番遠心力が利くように考慮された物が多いよ。

72

72. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 11:18
  • ID:BowBwpLz0 #

日本の何かを見て外人が笑うのと同じ
失礼に当たる

73

73. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 12:00
  • ID:ewlU.2wM0 #

十字の切れ込みって,カレイやシイタケじゃないんだから...

74

74. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 12:27
  • ID:.VeTr.2B0 #

権力者の場合は
毒殺の方が多いと思うぞ

75

75. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 12:32
  • ID:54NVMy3L0 #

今見ると何でもっと上手に描かなかったんだろって思うけど、多分ここに出てるのは当時としては最高峰の絵なんだろうね

76

76. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 13:46
  • ID:WbY68y5O0 #

12の十字は蚊に刺されたんだろうね

77

77. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 14:18
  • ID:0NUfbxIu0 #

この中に雑コラが混じってそうな気がする

78

78. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 14:44
  • ID:P286m1pu0 #

こういう記事載せるパルモ姉とカラパイヤが好き♡

79

79. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 15:20
  • ID:T8oF16Oq0 #

>>62
間違えましたパドヴァじゃない、ヴェローナ。
この聖人、初めて知ったのですが、画像検索したら絵画だけではなく、…立体化した聖像まで鉈や斧が頭に…で、インパクトが凄いです…。

80

80. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 15:39
  • ID:aykZIKYb0 #

※14
あーなんか聞いたことある。
ルネサンス期あたりに入るまでは神や聖人は人間を越えた聖なる存在だから人間みたいに表情をつけてはいけないっていう風潮があったらしい。
赤ん坊のイエス・キリストが生まれたてなのにおっさんみたいな顔して、聖母マリアも硬い表情をしてるのはそのせいとか。
レオナルド・ダ・ヴィンチとかが活躍しだしたルネサンス期に入ると、聖人達もいきいきとした表情で描かれるようになったけどね。

81

81. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 16:20
  • ID:7kY2L3he0 #

小学生の頃こんな感じの棒人間戦争描いてたなー

82

82. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 18:13
  • ID:zEL2xSvy0 #

12 は偶然なんだろうけど、冷や汗が「やべ、失敗しちゃった」感を出していて面白い

83

83. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 18:24
  • ID:Xx4IIvOT0 #

※62
Dymphna en Lucia
Goswin van der Weyde

Triptych with the Adoration of the Magi
Joos van Cleve
首に剣の女性が誰なのかまで追っていませんがパドヴァの聖ジュスティーナとして紹介するサイトも存在します

84

84. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 18:30
  • ID:iYO9uIfR0 #

※9
現代人が描いてたらメンヘルケアの一環かな?って言われるレベルではある

85

85. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 18:51
  • ID:xpy2NcOp0 #

※6
待って、6が何か言ってる!?

86

86. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 19:14
  • ID:Q3.cRuWv0 #

※14
これはゴシック様式といって、一種の技法なんだよ。
ゴシックは様式美こそが最も重要なもので、要するに、伝統が最も重要視された。
じゃあ、何がその伝統の始まりなの?と言うと、細密画という中世初期のヘタクソな・・ゴフンゴフン、発展途上にあるゲルマン絵画がベースになってるのね。ゲルマン人はラテン民族の知識層を皆殺しにしたり放逐したんで、その洗練された技術を学べなくて、ああいうワイルドな絵しか描けなかった。
それを様式化して数百年が経つうちに、絵画は「見るもの」ではなく「祈るもの」であり、「そこにあるようでない」という観念論・精神的様式美までが加わる。
それは、キリスト教では一応、偶像崇拝が禁止されてるから。
絵画の前で祈りを捧げるんだけど、それはあくまでも絵画の向こう側におわす主や聖人に祈るわけで、絵画は無知な民衆に「ここで祈るんやで」という標識に過ぎなかった。
標識だから、苦悶とか喜びとか余計な情報は入れちゃダメだったんだよ。
彼らが技術的なものや、ゴシックの宗教的伝統なんかを打ち破って表情をかけるようになるのはルネッサンス以降で、ジェットって人がその始まりとされている。

87

87. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 19:22
  • ID:RMVmFaST0 #

※78
パルモ姉は以前はグロ専門サイトもやっていたくらいだから
そっち系も相当に興味が有るんだと思う
今は動物&不思議系話題に偶にグロ系話題だから
バランスの取れた話題の広がり方になっていると思う

88

88. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 20:00
  • ID:9XVMda3H0 #

当時の人はコレ見て笑ってたのかな?

89

89. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 20:20
  • ID:wfYHGgQ60 #

※51 聖セバスチャンの殉教はリアルに苦悶してる絵が なぜか恍惚官能にすりかえられて
違う意味で人気がでてしまった例がある。

90

90. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 22:05
  • ID:nE6lB8h10 #

>>27
北斗の拳で
悪者がノコギリで切られるシーンだっけ❓

91

91. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 23:09
  • ID:f4T9zD9U0 #

こういう中世の絵って現代人から見たら下手に見えるかもしれないけどなんだか味があって好き

92

92. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 23:26
  • ID:wkDRaUEh0 #

>>14
あったよ
それを辞めて写実主義に移行してったのがルネサンス

93

93. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 23:28
  • ID:jHS6QUWC0 #


 心頭滅却すれば剣もまた心地よし・・・

94

94. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 02:12
  • ID:Alq1ZjLk0 #

教科書の写真なんかにしてた落書きを思い出した

95

95.

  • 2018年12月09日 02:50
  • ID:mFKW.8LB0 #
96

96. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 03:16
  • ID:NFRdP9CS0 #

実は後で付け加えられたクオリティの高い落書きだったりする?

97

97. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 10:59
  • ID:xHeqU4NN0 #

殺してみろっ 俺は不死身の杉元だ!(CV:小林親弘)

98

98. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 16:02
  • ID:lEWc6k0y0 #

真顔すぎて笑う
実は後から書き足されてたりして・・・

99

99. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 16:12
  • ID:GA1k6MHb0 #

>>14
フランスとか、笑みを浮かべた絵画をおいたら気まずそうに早足で通りすぎた
というのがあったらしい

「笑顔の革命」で検索すると出る

100

100. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 16:26
  • ID:FPet2zUW0 #

女性の首に剣の絵見てカリオストロ公がクラリス殺そうとしたシーン思い出した。
欧州では殺害対象が女性の場合首を刺す、みたいな作法があるのかな。

101

101. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 03:53
  • ID:AHvjytfR0 #

音楽室に飾ってあった作曲家達?の絵は、瞳がもれなく画鋲だった。だったっつーか、僕がやりました。

102

102. .

  • 2018年12月10日 11:18
  • ID:WQNCtz.u0 #

ちくわ町?

103

103. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 11:33
  • ID:7zc5dTff0 #

汗の表現はこの頃からあったんだな

104

104. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 15:25
  • ID:vHtKsEXl0 #

教科書の落書きが後世で発見されるとこうなるんだよ

105

105. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 23:34
  • ID:aEKupYf.0 #

へー、殉職の仕方で誰か分かるためなのか
日本だったら弁慶さんみたいな。死に方がクローズアップされるのやだな

106

106. 匿名処理班

  • 2018年12月12日 13:13
  • ID:JZaTFIUF0 #

>>83
62です。
聖ジュスティーナは知らなかった。
見てみました、ありがとうございます。
聖ジュスティーナは大抵は胸の上?に剣ぐっさりでした(汗)。

107

107. 匿名処理班

  • 2018年12月13日 08:47
  • ID:MOSDdPL00 #

2枚目のやれやれ感

108

108.

  • 2018年12月14日 15:31
  • ID:G6BsjnNO0 #
109

109. 匿名処理班

  • 2018年12月15日 01:11
  • ID:kE.U3qHX0 #

グロ系もこういう感じで描いたら規制されないかな?一気にたくさん見れてありがたいわ。

110

110. 匿名処理班

  • 2018年12月15日 05:25
  • ID:7lkqEQRl0 #

スタジオズブリ

111

111.

  • 2018年12月16日 11:13
  • ID:dIeltZN.0 #
112

112. 匿名処理班

  • 2018年12月17日 04:22
  • ID:1U.NUHug0 #

※68
切れなくなったから、というのは正確には違うんだよね。
刃が切れなくなっても刺すことはできるから。
それに、まあ、実際に最初から鈍器を使ってる騎士も多かった。
剣は刺す・切る・殴ると状況に応じて使い分けが出来る優れた武器だが、貴重な鉄を多く使うので高価な武器でもあったから。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク