iStock-693462978_e

 人間は動物界を支配している。空間と資源の獲得競争という点で、我々は地球の超捕食者だ。ほかの動物たちはそのことを理解しているかのように人を避ける。

 それでも、人口が増大するにつれて、人間の目から身を隠す場所を探すことはますます難しくなってきている。

 最新の発見によれば、世界の哺乳類はまた別の戦略を見出したらしい。夜行性化が進んでいるのだ。
スポンサードリンク

6大陸に生息する62種の哺乳類を調査


 『Science』に掲載された論文では、哺乳類の活動に対する人間の影響を調査した76本の研究を調べた。

 対象となった研究は、オポッサムからアフリカゾウまで、6大陸に生息する62種の中〜大型哺乳類の動きを24時間追跡したものだ。

 アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校博士過程の学生ケイトリン・ゲイナー(氏らは、これらの研究を元に、人間による撹乱があった地域となかった地域で暮らす動物の昼夜の活動を比較した。


人間の活動地域で夜に活動する動物が増加傾向


 すると人間の撹乱によって、動物が夜に活動する時間が平均1.36倍増えていることが判明した。

 「昼夜の活動割合が50対50の動物がいたとしたら、夜間の活動が68パーセントに伸びたということです」とゲイナー氏は説明する。特に影響が大きかったのは、昼間にしか活動しなかった動物たちだった。

 例えば、中央アフリカのガボンで暮らすヒョウは、人間による狩猟が行われていない地域では48パーセント夜行性だったが、行われている地域では93パーセント夜行性だった。

leopard-2896635_640_e

 またポーランドのイノシシは自然林では48パーセント夜行性だが、都市部では90パーセント夜行性だった。

 ハイキングや自然観察といったそれほど害はないだろうと考えられている活動でさえ、動物の生活リズムに大きな影響を与えていた。

 アラスカのヒグマは人間がこない時期は33パーセント夜行性だったが、ツーリズムのシーズンになると、76パーセント夜行性になった。

iStock-472206597_e

 「アウトドアでは一切痕跡を残していないと考えがちですが、動物の行動に持続的な影響を与えています」とゲイナー氏は話す。


恐竜の脅威が消え、人間の脅威が到来


 哺乳類が夜に活路を見出したのはこれが初めてではない。恐竜の時代にも動物たちは夜行性だった。

 ゲイナー氏によれば、恐竜はそこかしこにいる脅威で、哺乳類が昼間に進出したのは、恐竜が絶滅してからのことなのだという。

 「恐竜に取って代わったのが人間で、動物たちを夜に追い返しています」。ゲイナー氏によれば、こうした進化の歴史は現代の哺乳類たちが人間の圧力に適応する上で役に立っているようだ。


動物の活動時間の変化が生態系に悪影響を及ぼす可能性も


 この劇的なライフスタイルの変化の帰結がどのようなものかは不明であるが、昼間に餌を探し、仲間と交流し、捕食者からの逃げるよう適応してきた動物たちには悪影響があるかもしれない。

 こうした動物は、夜間にそれらを行うことが下手かもしれず、そのために生存と繁殖のチャンスが低下する恐れがあるだろう。

 おそらくさらに警戒を要するのが、動物の昼夜が変化したことによって、生態系により広範な連鎖的影響が生じることだ。

 「競争パターンや捕食者・被食者間の相互作用が夜行性活動の変化によって変わるかもしれません」。例えば、生態系の頂点にある捕食者が夜に狩りをはじめ、それまでと違う獲物を追うようになったら、食物連鎖に広く浸透する影響が生じるかもしれない。

 そうした事例は、ハイキング客のために夜型になったコヨーテがいるカリフォルニアで実際に観察されている。コヨーテは昼間にリスや鳥を狙う代わりに、ネズミやウサギなど夜行性の獲物を狩り始めているのだ。

iStock-494121203_e


夜行性になることでメリットも


 どのように生態系のコミュニティが変化するのか、またそれがいいことなのか悪いことなのかといった評価は、今後の研究を待たねばならない。

 「これは今後の研究の最前線になるでしょう」とゲイナー氏は言う。

 懸念されることばかりではなく、夜型への変化には動物と人間双方にとってメリットがあるかもしれない。例えば、ネパールのトラは、そうすることで人間との衝突の危険を避けることができる。

 この戦略が好ましいものなのかどうかはっきりとは分からないが、こうした研究は生態系を守る方策を考える上で大切だ。

 「野生動物個体数の管理や人間活動をどのように変えるべきなのか理解するためにも、地域のダイナミクスを解明しなければなりません」。

iStock-808037632_e

 今回の論文は、あるアプローチの可能性を示唆している。特定の時間帯に人為的な撹乱を禁ずる、「一時的ゾーニング」という手法だ。

 「私たちは活動の時間を管理して、昼の光を動物たちに確保してやらねばならないかもしれません」とゲイナー氏は説明する。

References:phys / inhabitat / sciencemag/ written by hiroching / edited by parumo

 人間の活動も多様化しており、都市部では特に夜に活動する人も増えた。人間が昼夜逆転するとまた動物たちにそれが影響し、今度は夜行性の動物が昼行性になってって、なんだかグルグルしてよくわからなくなってきたぞ。

あわせて読みたい
オオカミってやっぱすごい!ほんの少数のオオカミの群れが自然に奇跡をもたらすまで(米イエローストーン国立公園)


制御不能。猫を捕獲し絶滅危惧種の鳥を救ったらネズミが増殖。今度はネズミが絶滅危惧種の植物を食い荒らす(小笠原諸島)


ミツバチは人類にとってとても大切な役目を果たしていた。ミツバチが絶滅したら起こりうる10のこと


あなたが生きている間に絶滅してしまうかもしれない18種の動物


人間の目線で「美しくかわいい動物」の保護が優先されるのは生態系に悪影響を及ぼす(カナダ研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7429 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1417259227
2位
6305 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4349 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
694251524
5位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 09:42
  • ID:BHIrsLT50 #

自分も人間から逃れるために夜行性で自分の巣にいる。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 09:46
  • ID:t1PdN4iN0 #

まあでも、人間が住む辺りの話だしなー。
サバンナとかアマゾンとかはまだまだ大丈夫だろ。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 09:47
  • ID:5D3MZhOc0 #

欲望の果てに狂気が蠢き
狂気の果てに終焉が横たわる
人間は何も学ばない

4

4.

  • 2018年06月23日 10:07
  • ID:4.wGuoLv0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 10:10
  • ID:s.mAxxfm0 #

古生物学とかかじってみると常に日陰者の数%が生き延びている事が分かるから案外いいのかも
それでも哺乳類はいつか絶滅しそうだけど

6

6. ほえほえ

  • 2018年06月23日 10:19
  • ID:hNHisrtg0 #

何かセリフを付けたくなるクマーだな。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 10:41
  • ID:gX6VsNS.0 #

一方猫は、人間に合わせて昼間活動する様になってるだろ。

ノラはごはん貰う為に人間に合わせるし、
飼い猫は飼い主に愛でられる為に起きてる。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 10:58
  • ID:YIy..Mwh0 #

※6
猫は合わせないよ
合わせているのは飼い主のほう

9

9. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 10:59
  • ID:jC0oC54L0 #

そして光害によってその夜すらも奪われているという

10

10. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 11:15
  • ID:PNE2mOsr0 #

逆に元々夜行性の生物が何十kmも離れた人間の肉眼ではほとんどわからない都市部の明かりに悪影響を受けてるなんて説もあるし
月明かりを目指すはずの孵化したての海亀の子供が街の明かりに引き寄せられて大量に犠牲になるとか
人間はもうちょっと自分たちの出す明かりが自然にどんな悪影響を与えているか真剣に考えた方が良いと思う

11

11. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 11:24
  • ID:qd5lfbWH0 #

人間も夜行性の動物に狩られるのが嫌だから夜は隠れて寝ることにしましたとさ

12

12. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 11:39
  • ID:.fErBoKm0 #

悪いけど光害ぐらいの奴は動物側が適応してほしい
この地球では人間様がルールなんだ、それは仕方ない

13

13. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:11
  • ID:fA7W5Le50 #

ごく当然のことだろう。
人間も動物も生きていて、どこかで繋がっていて、互いに無影響のままでいることはできない。
生物が変化し続けることを忘れたときの方がよほど恐ろしい。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:15
  • ID:aBVZCMWP0 #

野生の時点でどの哺乳類も半数が夜行性なのな。
ホントに人間関係あるのかな?
数字のトリックでごまかしてる感じがする。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:25
  • ID:nVOqYqWc0 #

※12
同感。
人間が人間の利益を考えて行動して何が悪い・・・?
動物保護団体への寄付するのはいいけど、それを赤十字に寄付したら何人が救われるんだろうな。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:26
  • ID:nVOqYqWc0 #

進化論を信じてない人はこの現象をどう説明するんだろう。
自動車から避けるために羽が短くなった鳥、汚染された大気に紛れるために羽の色が変わった蝶、人間から逃れるために夜行性になった動物、これ全部合わさったらもはや別種じゃないか?

17

17. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:42
  • ID:nVOqYqWc0 #

※10
じゃあ人間が他の動物から悪影響を受けたらちゃんとその動物に文句言ってくれますよね?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 12:52
  • ID:yfmcqSRM0 #

生態系の悪化ととるか、動物たちの進化ととるか

19

19. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 13:15
  • ID:zbaOVPUe0 #

ニートは夜行性だって聞いたことあるんだが、ただの都市伝説かな?

20

20. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 13:24
  • ID:qwL4ba0D0 #

動物の昼行性・夜行性って、もっと固定的なものだと思ってたけど、案外フレキシブルなのね。

21

21. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 13:25
  • ID:7PaVe0940 #

おれも人がいない朝とか深夜に一番生き生きしてる

22

22. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 13:26
  • ID:..frBbPH0 #

人間と動物は対等ではない
人間の方が圧倒的に優位な立場にある
ならば優位な立場にある方が立場が弱い方を助ける
これは道理だろう
人間社会だって金持ちは多くの税金を払っているし
人間と動物の関係もそれと同じこと
大体都合のいいときだけ動物を利用するくせに
都合の悪いときは絶滅しようが生態系が狂おうが知ったことではないというのは
あまりにも自分勝手が良すぎる

23

23. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 14:09
  • ID:a66HDJRk0 #

人間が滅びることが多くの野生動物のためになる

24

24.

  • 2018年06月23日 14:11
  • ID:u0B3Vvgu0 #
25

25.

  • 2018年06月23日 17:36
  • ID:Xa8EccnT0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 17:48
  • ID:4d7j6Uri0 #

人間も元々は夜行性だったんじゃないかって話もあるよね。色彩感覚が夜行性型らしい。洞窟なんかで類人猿の化石が見つかってるし、まだ力がない時期は暗がりで生活することが多かったのかもね。

それとこの研究は多分、日本みたいな島国の方が影響が明らかなんじゃないかな。何千年も閉ざされた環境で少なくない人口に圧迫され続けて来たからね。イノシシなんか夜行性だと当たり前に思われてるし。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 18:53
  • ID:k1NzjtCy0 #

ニートを放っとくと夜行性になるのはやっぱそういうことなんだ

28

28. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 19:07
  • ID:knWjGXBt0 #

人間は経済活動に繋がらない事は結局出来ないんだろうなと思う

そんでもって人間が生態系の頂点から落ちない限り、こうやって他の生き物は自身を変化させつつ人間の繫栄期を遣り過して細々とでも生き延びていく
唯それだけの事だと思う

29

29. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 19:42
  • ID:xDReapS90 #

人間も夜行性増えたからなー

30

30. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 20:03
  • ID:IDujv7jO0 #

人間を知らず人間を恐れなかった動物の大半は
人間に喰われて絶滅している
この研究の結果は正しい

31

31. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 21:19
  • ID:..0Vf8yp0 #

※13
人間が関わらない動物同士の世界でも、例えば
カッコウの托卵は、江戸時代の書物だと
ホオジロなどへ多く行なっていたとあるが、
現在ではほとんどホオジロへは托卵していないそうだ。
モズやオオヨシキリなど相手が多いらしい。

何故なら、ホオジロはターゲットにされすぎたせいで
カッコウの卵を見分ける能力が向上し、
30分以内に巣から放り出すとのこと。

また、ここ数十年で新しく托卵先にされ始めたオナガは
巣の周辺にカッコウがいた際の攻撃性が強まったそうだ。

進化というにはけっこう短期間のスパンでも、
動物は環境適応して変化しながら生きている。

32

32. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 21:47
  • ID:HEACUwra0 #

山に住んでるが夜中ずっとウグイスが鳴いてたりする
人間には真っ暗にみえるけど、思ったより明るいのかな

33

33. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 21:49
  • ID:LcxooYFh0 #

大昔から動物は数多くの絶滅や進化、変化を繰り返しているのに、
何故か人類が生きてきた僅かな期間の歴史を絶対的なものと捉えて、
変化が起きたら駄目な事で人間さえいなければ今の生態系が永遠に
均衡のとれたものとして続くものだというような考えはおかしく感じる。

人間がいてもいなくても絶滅する動物はするし、習性も変わっていく。
生態系が崩てもそこから新たな種が生まれたり進化の元にもなり得る。
人間だって自然の世界にうまれた生物の一つに過ぎないんだから、
それによって絶滅するものがいても変化するものがいてもそれが自然。
人間の行いが全てを左右するという考え自体がまさに人間の奢りでしかない。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 21:52
  • ID:..0Vf8yp0 #

>特に影響が大きかったのは、昼間にしか活動しなかった動物たちだった。

この部分、直下の「例えば〜」以降に挙げてある内容と噛み合っていない気がするけど、翻訳はこれで合ってるんだろうか?

35

35. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 22:05
  • ID:x1OSWUom0 #

妖怪が夜行性なのは人間嫌いだからなのか
それにしても人間になりたい

36

36. 匿名処理班

  • 2018年06月23日 23:05
  • ID:PCPkNZNI0 #

恐竜が地球を支配していた時代には、哺乳類の活動のほとんどは夜間だったのでは?と個人的には考えている。もしそうなら、ほとんどの哺乳類は夜行性の性質を既に備えていると思うんだけどね?(場合によると100%夜行性化も可能?)人間が登場するずっと以前から既にね。自分達が自然界に与えている影響を考えるのは、もちろん大切な事だとは思うけれど。

37

37. 匿名処理班

  • 2018年06月24日 01:39
  • ID:.a.5.fEJ0 #

自分も人間嫌いだから夜行性だったのか・・なるほど

38

38. 匿名処理班

  • 2018年06月24日 02:27
  • ID:P1OU8mDt0 #

行き過ぎた動物愛護、環境保護に苦言を呈すと書き込み自体握り潰すんだカラパイアは

39

39. 匿名処理班

  • 2018年06月24日 02:35
  • ID:P1OU8mDt0 #

米22
街中とかで誰でもよかったするのは止めてね。

40

40. 匿名処理班

  • 2018年06月24日 08:12
  • ID:BmqvsU790 #

※1
動物は巣から出て自分で餌捕ってるけど、お前は親に養って貰ってるやん。

41

41. 匿名処理班

  • 2018年06月24日 21:45
  • ID:HyhYMarG0 #

※1
知らぬ間に自分が書き込んでた

42

42. 匿名処理班

  • 2018年06月25日 01:15
  • ID:D2S7PBXa0 #

人間が増えるのは結果的に他の動物を追いやって減らすことになるか

43

43. 匿名処理班

  • 2018年06月25日 15:02
  • ID:yzByWcLS0 #

※3
経験してない記録もしてない終焉をどう学べと

44

44. 匿名処理班

  • 2018年06月25日 15:13
  • ID:yzByWcLS0 #

別に動物たちのために人間が割を喰らう必要もないし、特に愚かとも思わない、というか
生物って根源的に愚か(?)に出来てるから、人間はまだこういう話をして考えてみてるだけお利口さんかと思ってるけど
まぁ、でも当然とか当然じゃないとかこうあるべきとかべきでないとか、倫理観がどうのこうの自然の摂理が云々かんぬんでなく
「いなくなるのは寂しいから、いなくならないようにしたい」って気持ちは好きだよ

まぁ「何が起こるかわからんから、できるだけ手を入れるのはやめような、最悪人間が割を喰らうからな」ってのが環境保護で一番納得できる言い分だけどね
自分勝手に自分のために考えていこうな、浅い考えでなく、もっと深く広くな

45

45. 匿名処理班

  • 2018年06月28日 16:20
  • ID:WvZbof.p0 #

どこもかしこもだもんな

46

46. 匿名処理班

  • 2018年06月29日 12:08
  • ID:VoPAiPYM0 #

都市部に近いのは気温も関係あるのでは?
都市部の方が田舎より気温高いだろうし(特に夏)
暑い中真昼間っから動きたくないべ?

体毛がほとんどない代わりに
全身の汗腺が露出している人間と違って
全身毛で覆われた動物は人間より体温調節苦手だろうし

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク