no title

 ウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域にあるシベリアは広い。オーストラリアの2倍、アメリカやカナダ、またはヨーロッパ全域の3割ほどを占める広大な地域であり、世界に残る最後のフロンティアの一つでもある。極寒の地にありながら、およそ200ほどの民族が暮らしている。

 いったいどんな民族がどのように暮らしているのだろう?

 オーストラリア人写真家のアレクサンダー・キムシン氏が3年前から手がける"The World in Faces" (顔で見る世界)というプロジェクトは、グローバリゼーションの影響でゆっくりと消滅していっている僻地の文化を記録しようという試みだ。

 キムシン氏は写真を通して、シベリアで暮らす人々と文化を記録に残そうとしている。
スポンサードリンク

 キムシン氏は、過去9年にわたって世界中を旅し、84カ国を訪れた。キムシン氏が撮影した素晴らしい肖像写真は、少数民族の文化に敬意を表し、永遠に記録するものだ。

 3年前よりシベリアに入り、そこで暮らす少数民族たちの元を訪れ、彼らの協力のもと、そのポートレートを撮影した。その写真には、厳しい気候と人口の縮小に直面しつつも、シベリアの人々の持つ独自の文化への誇りが写されている。

※撮影されているシベリアの範囲は現在定義されているよりも広範囲の東のロシア地域全て(アジア・ロシア)が含まれている。

1. ウリチの女性。極東連邦管区、ハバロフスク地方、ウリチ地区。
1_e



2. サハ(ヤクート)の少女。シベリア連邦管区、サハ共和国(ヤクーチア)。
2_e

伝統的な婚礼用のマスク姿。サハの人々は自らの文化に誇りを持っている。居住地域は世界最寒で、摂氏-71度を記録したことがある。10月から6月まで雪が降り、毎年2ヶ月間は-40度を下回る。


3. ニヴフの男性。極東連邦管区、ハバロフスク地方、ニコラエフスク地区。
3_e

ニヴフ語は世界中のどの言語とも関連がなく、ニヴフの人々がどこから極東に移住してきたかは不明である。ニヴフ族の一部はサハリンに、一部はアムール川の河口付近に居住する。


4. エヴェンキの老人。シベリア連邦管区、サハ共和国とアムール州の境界付近。
4_e

狩人、土地の長老、またトナカイの牧夫でもあったが、2年前に引退した。生涯を遊牧民として、トナカイを追って過ごした。生まれてからずっとテントで暮らしてきたため、村の家でのあわただしく「汚染」された生活になじめずにいる。


5. エヴェンキの幼い少女。シベリア連邦管区、サハ共和国。
5_e

サハ共和国でもっとも寒く辺鄙なオレニョーク地域に暮らしている。かの地のエヴェンキの人々はサハ族の人々に混じって暮らしている。一部の人々は基本的なロシア語しか話せない。


6. トファの男性。シベリア連邦管区、イルクーツク州、サヤン山脈。
6_e

サヤン山脈に隔絶して暮らす人々。3つの村に別れて暮らしているが、村と村をつなぐ道も、他の地域へ続く道もなく、ヘリコプターでのみ辿り着ける。


7. エヴェンの若い男性。シベリア連邦管区、サハ共和国、エヴェノ=ビタンタイ民族地区。
7_e

エヴェンキとは別の部族。サハ共和国でもっとも寒く辺鄙な地域の一つに暮らす。


8. オロチョンの男性。中華人民共和国、内モンゴル自治区、フルンボイル市、オロチョン自治旗。
8_e

オロチョンは中国内のエヴェンキだ。ロシアのエヴェンキとも縁続きで、言語の7、8割を理解できる。


9. ブリヤートの少女。シベリア連邦管区、ブリヤート共和国。
9_e

ブリヤートの人々は、氏族毎に非常に異なる伝統衣装を持つ。民族的にはモンゴル人で、言語と伝統は似通っている。ロシアでは少数派である仏教徒だ。


10. ドルガンの少女。シベリア連邦管区、サハ共和国。
10_e

ドルガンは、最も北に住む、テュルク語系の言語を話す少数民族だ。少数がヤクーツクの北東の辺鄙な地域に、残りはクラスノヤルスク地方北部のタイミル半島に暮らす。民族の成り立ちははっきりしていない。


11. モンゴル トゥバの男性。モンゴル北西部、アルタイ地方。
11_e

ロシアのトゥバ共和国に暮らすものが多いが、一部は国境を越えてモンゴルに住む。この男性の家族はユルトというテントに暮らし、氷河に隣接する高地の草原でヤクを飼って暮らしている。


 ロシアには40の少数民族が暮らすとされている。エヴェンキのように、何千キロもの範囲に散って暮らす民族もあれば、今回初めて写真に記録されたであろうターズのように、消滅しかかった民族もある。しかし、どの民族も総人口が5万人を割り、多くは100人ほどしか残っていない。

12. ウィルタの女の子。サハリン北部。
12_e

古い呼び名はオロッコ。サハリンの2ヶ所に住む。最も年とった人々はサハリンが日本の領土だったころに生まれたため、日本の姓名を持つ。ウィルタはほとんど消滅している。


13. サハの少女。シベリア連邦管区、サハ共和国。
13_e

サハの人々はテュルク系の言語を話すが、イスラム教徒ではなくシャーマニズムを信仰している。エヴェンキの文化がトナカイと関連しているように、サハの文化は馬と関連している。


14. ウデヘの男性。極東連邦管区、沿海地方。
14_e

とても小さな民族で、ロシアのアマゾンとでもいうべき、ビキン川沿いの深いタイガの中に暮らす。茂みの中に棲むアムール虎に裏庭の犬を殺されることすらある。薬用ニンジンやハチミツを採集して生計を立てる。


15. エヴェンキの母子。シベリア連邦管区、サハ共和国、ネリュングリ地区
15_e


16. ロシア正教会古儀式派の女性。シベリア連邦管区、ブリヤート共和国、ザイグラエヴォ地区。
16_e


17. ターズの女性。極東連邦管区、沿海地方、オルガ湾、ミハイロフカ。
17_e


18. エヴェンキの少女。シベリア連邦管区、ブリヤート共和国。
18_e


19. ナナイの少女。極東連邦管区、ハバロフスク地方、ナナイスク地区。
19_e


20. ウリチの若い男性。極東連邦管区、ハバロフスク地方。
20_e


21. アイヌの若い男性
21_e


22. ブリヤートのシャーマン。シベリア連邦管区、ブリヤート共和国、バウント・エヴェンキ地区。
22_e


23. チュクチの少女。シベリア連邦管区、サハ共和国。
23_e


24. ウリチの少女。極東連邦管区、ハバロフスク地方、ウリチ地区、ボゴロツコエ村。
24_e


25. エヴェンキのトナカイ飼いの少年。サハ共和国とアムール州の境界付近、ティンプトン川の土手。
25_e

 バイカル湖のほとりから日本海沿岸まで、モンゴルの果てなき草原から最寒の地ヤクーツクまで。キムシン氏はシベリアの地に入り、SUVのハンドルを握って2万5千kmの凍った大地を旅した。

26. キムシン氏とナナイの人々。
26_e


27. SUVでエヴェンキの人々を訪ねるキムシン氏。
27_e



 キムシン氏のウェブサイトフェイスブックインスタグラムでは、シベリア以外の地域の人々の写真も見られる。
via: MY MODERN MET, Bored Panda など / translated by K.Y.K. / edited by parumo
▼あわせて読みたい
滅びゆく前に・・・世界の少数民族たちの現存の記録写真


カムチャツカ半島に居住する先住民族、ロシアのイテリメン族


アイヌ民族が話すアイヌ語で民話を聞くことができるデータベース「アイヌ語口承文芸コーパス」が公開される。


結婚後は唇の周りに髭を模した刺青を入れる。アイヌ女性に伝わる伝統文化を記録した写真


11000年間孤立していたアマゾンの原住民、ヤノマミ族に抗生物質耐性を持つ遺伝子が多数発見される(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 00:57
  • ID:MezYSx070 #

主に10番の子と国際交流したいです!

2

2. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 01:31
  • ID:YfoiQPYi0 #

イモトがいたような気がしたが・・・
気のせいか。。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 01:38
  • ID:gZkTPRe40 #

各部族の伝統的な意匠とアイヌのそれが似てるなーと思ったんだけど、アイヌの人は彫りが深く目鼻のくっきりした顔立ちが多いのに対して(記事の中のアイヌとして紹介されてる若者はそうでもないけど)、大陸の各部族も大体いわば「平らな顔族」だねぇ。
文化は伝播してる可能性が高そうなのに、遺伝子は運ばれてないのだろうか…?
以前、アイヌと沖縄の人の遺伝子が本州に住む人々よりむしろ近いことが分かった、って記事を読んだことがあるんだけど、彼らはどこからどんな風にやってきたのかな。空想がたぎる。

4

4. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 01:40
  • ID:o.N5nc0K0 #

12. ウィルタの女の子

他人に福をもたらす人相
功徳がある
笑顔の中に芯の強さもある
こんないい人相見たことない

5

5. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 01:57
  • ID:MW1odsoX0 #

※3
根本的にD系列が古いこととD2系統の分岐も早かったこと、かなぁ。
後アイヌの彫りが〜というけど、女性の写真なんかは平たい顔族そのものなのが多いよ。
古写真なんかは特にその辺モデルは選んで撮ってるだろうからサンプルとして偏っているかもね。
可成り古い時期の氷河期に南方と北方の血が混ざり合って生まれたのが多分縄文。
そこから更に列島が孤立したモノの、それぞれの地方それぞれで交流を持ち、北海道地域の人々はオホーツク沿岸には結構行ったり来たりしてたようだから、そこから日本人として登録されるまでの「タイムラグ」みたいなモノじゃ無いかな。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 02:29
  • ID:A.98ulQh0 #

ウィルタとニブンは樺太にも住んでいたから日本とも馴染みは深い
西洋の服を着て西洋の家を建て先進国の文明を進んで取り入れた民族もいれば、頑なに伝統的な生活を送る民族もいたんだとか
『トナカイ王 北方先住民のサハリン史』という本はなかなか面白い

7

7. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 02:37
  • ID:a4mnbrqN0 #

アイヌには大和民族には無いニヴフの血が10%程度混じってるそうな

8

8.

  • 2017年09月12日 02:59
  • ID:V1tNCXiN0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 03:06
  • ID:eVkArQ7a0 #

召喚魔法使えそう

10

10. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 03:10
  • ID:.3EOQaNZ0 #

>3
平らな顔なのは寒冷地適応の結果なのかも・・・
ロシア奥地の北海道なんかよりももっと寒い所で代々生活して来たから、極寒の冷気でヤラレないように顔の凹凸が無くなっていった・・とか。
ロシアに住み着いたアイヌと日本のアイヌの顔の感じが違うのも、双方の環境による変化(進化?)の相違なんじゃないかな?
または、ロシア内の他の民族との混血が進んだりとか、そういう影響もあるかもしれない。
和人とアイヌの混血は、そもそも和人にも縄文系の血が流れてたりするので、結構「彫りの深さ」を受け継いだ顔になりやすいのかもしれない。
分からないけど。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 03:35
  • ID:MmsiA4pL0 #

モンスターハンターぽい

12

12. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 04:23
  • ID:IvJgBmkG0 #

こうやってみると、しみじみと
人間は総じてどこかで繋がってるもんだと
思うな。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 04:35
  • ID:8.Nf.wHb0 #

バァちゃんカッコいいなぁw
高橋由一の鮭を思い出したw(悪口じゃないよw

14

14. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 04:57
  • ID:R3eP.V2y0 #

>>3
文化伝播は、首都などの中央部から同心円状に広がってゆく性質があります。
従って、遠隔地のアイヌと沖縄県人は、かつて中央部にいた古代日本人の子孫です。
実際に、アイヌと沖縄県人が最も日本人(縄文人)らしい遺伝子を持っていることは、遺伝子研究によって証明されています。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 05:02
  • ID:fmDUD4.00 #

衣装がどれも素晴らしすぎる
特にサハがリアル雪の女王だ

16

16. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 05:32
  • ID:XL4zGLj80 #

SUVということはガソリンは調達できたのか。

17

17. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 05:54
  • ID:Bfg5Ji8G0 #

ソヴィェートの時代も太古から変わらない生活を続けてきたんだなあ
現代文明が滅んでもそのまま生き続けられそうなのに
実際は減っていってるってのが哀しい

18

18. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 06:00
  • ID:LpOB9G1K0 #

彼らのDNAを鑑定したら半島の人のDNAとの類似性が見られるかもしれない。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 06:14
  • ID:pS8GURjd0 #

ドルガン女性に一目惚れ
でも寒すぎて無理

20

20.

  • 2017年09月12日 06:37
  • ID:JwKgb6Zz0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 06:39
  • ID:sQdQfBpq0 #

アイヌは大陸と独自に交易してた記録が残ってるから影響受けてても不思議じゃない

22

22. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 07:01
  • ID:xMGgc53a0 #

※14
アイヌは大陸から北方周りで寒い地域の東北までで
南回りで入ってきた縄文人が沖縄から関東まで広がったからアイヌとは少し違う
アイヌも縄文人だけど他と混血してるし日本人というなら弥生人との混血からだな
ちなみに他と交わってない縄文人ならアマゾンの裸族が同じDNAを持っていて
大昔に太平洋を越えて移住したと言われている

23

23. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 07:14
  • ID:qp6OfFhL0 #

アイヌは古い写真見ても、めちゃくちゃ濃ゆいいわゆる縄文顔の人と、
逆にめちゃくちゃ薄い典型的な北方の顔つきの人が混在してる感じなんだよね
アイヌそのものは民族的には縄文系の遺伝子が非常に強いはずだから、
もしかしたらサハリンに居たオロッコの人たちや更に北の大陸の人たちとも
人的交流があったんじゃないかな

24

24. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 07:21
  • ID:euwfAPfb0 #

民族衣装どれも綺麗だなあ
刺繍とかビーズとか、幾何学的な模様って心ときめくものがある

25

25.

  • 2017年09月12日 07:38
  • ID:yNEMzryq0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 07:46
  • ID:PlaFTu7W0 #

キレイな衣装だな

27

27.

  • 2017年09月12日 08:06
  • ID:zMqqgCXt0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 08:21
  • ID:6..cam5m0 #

ブリヤート共和国の、オイミャンコ村には、もう見ると見た目が日本人とわかるような人達が住んでる
逆に、えっ日本人じゃなきゃおかしいでしょ?ってレベル
よく日本人は縄文人と弥生人とか言われてるが、オイミャンコ村の人達を見ると、日本人はオリジナルで存在してるという事がわかる
つまり日本列島は縄文人と弥生人、そしてオリジナルの日本人がいたんだよ
主に三種の人種が居る

29

29. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 08:46
  • ID:rgyxjFTb0 #

4のエヴェンキの老人、銃を持ってるぞ!カラシニコフ?

30

30. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 08:46
  • ID:as7ZCl9P0 #

ここには出ていないけどアムール川中流域に住むウデへ族の音楽劇の映像を見たら弓を構える時に弓の真中ではなくやや下の部分に矢をつがえていたので、あれ!!日本と同じだと思った。

オロチョン族もアムール川中流域に住む民族だけど、オロチョンのチョンは「人」ということ。琉球語のウチナンチュのチュや日本語のト(古くはトだけで人を意味した)と関連がありそうだ。

北海道のオホーツク海沿岸一帯にモヨロ貝塚などの遺跡を遺したオホーツク人はニヴフ族の一派とする説がほぼ定説になっているようだね。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 08:57
  • ID:1CCQuYgy0 #

若い女の子あまり好きではない自分だが、ドルガン少女はかわいいと思った

32

32. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:04
  • ID:wMpV08A30 #

撮る方も撮られる方も頑張ってる感じがする。いつもはフリースを着ているのに今日は精一杯晴れ着を着てきました、みたいなね。

33

33.

  • 2017年09月12日 09:10
  • ID:ntW1ayYl0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:32
  • ID:YY.XRBXW0 #

13,24あたりは、目と眉毛のナチュラルメイクがかなりの腕前
その他のいくつかの写真も、素朴な庶民はできないモデルばりの表情
経年劣化のないハレの衣装と演出の洗練さ、原住民の記録というより一枚のアート作品と感じる

35

35. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:33
  • ID:m0jiN.wz0 #

衣装がかっこいい

36

36. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:36
  • ID:Fvu.lR7C0 #

ちょっとドルガン行ってくる

37

37. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:42
  • ID:fEy0fVmm0 #

アイヌって濃い顔の人も、薄い顔の人もいるよ。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:48
  • ID:YFElPNWj0 #

※5
でも当時日本に来ていた西洋人はアイヌは掘りが深く毛深いので白人の一種かもしれないとは記しているけどね。アイヌは混血を気にしていなかったので青い目のアイヌもいたし、室町時代のとあるアイヌ族長の遺体の分析では平たい顔の人種だったよ
ちなみに、D2は→D1bに名称変更されてるよ(2014年から)
現在のD2はフィリピンで見られる固有種の名称

39

39. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 09:55
  • ID:ONB6nBeE0 #

なんだか目をそらしたくなるな。やましくて
私たちが捨ててしまった心を、まだ持っている人たちなのかな

40

40.

  • 2017年09月12日 10:17
  • ID:JHj19aPP0 #
41

41.

  • 2017年09月12日 10:25
  • ID:gp27oDik0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 10:46
  • ID:w4oV0UhS0 #

こういう写真を見るといつも思うのが、「風呂に入ってなさそうなのに俺らより肌綺麗じゃね」ってこと
もしかして現代人って逆に風呂の入りすぎで「昔の人よりも肌が汚い」んじゃないかなぁ。
かと言って現代社会で風呂入らずに生活するなんてほぼ無理なんだが

43

43. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 11:26
  • ID:3Qb.d8zH0 #

素晴らしい刺繍と毛皮のデザインだな。
どこぞの自社ロゴべたべたのブランドよりこういう服のほうが好きだわ。
1番7番10番12番13番はガチで欲しい

44

44.

  • 2017年09月12日 12:59
  • ID:vTjeC1Iu0 #
45

45. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 13:06
  • ID:YFElPNWj0 #

※18
朝鮮半島のY染色体ハプログループで一番多いのはO2(朝鮮半島の約4割。ビルマ系民族や漢民族に特に多い型。日本では約2割)次に多いのがO1b2(朝鮮半島の約3割。日本で約3割。満州族では約2割)記事の民族の人達だと、ブリヤートの1割がこの型
本記事の民族ではハプログループC2が多いよ(ニヴフ約4割、エヴェンキ約6割、エヴェン約4割、オロチョン約8割、ブリヤート約7割)朝鮮半島ではC2は約1.5割、日本では0.5割

46

46. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 13:49
  • ID:PfRhyhra0 #

※3
俺のご先祖はどうやらアイヌと関わりがあるようだが、「3」番の男性がうちの親族の顔つきで、ここで「アイヌ」と紹介されてる男性のように「つるっ」とした顔はいないけどね。
まつ毛も写真の「アイヌ」男性は短すぎという気が…。

個体差なのかしらね。

47

47. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 14:09
  • ID:GpW2hetj0 #

フサフサの毛皮が民族衣装ってすんげー寒い場所なんだろーなー

48

48. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 14:40
  • ID:fRFfPk6w0 #

シベリア以北は寒すぎて白人種(アーリア系)対応出来ないらしい
代謝がいいから身体が冷えすぎるらしいね
だからいわゆる黄色人種の先住民だけが残っているとか

49

49. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 15:02
  • ID:TLhKJCd50 #

なんか、甥っ子や姪っ子を見ているよう気分になった。
(民族の上下じゃないよ。血縁的な比喩ね)
兄弟では近すぎる。従兄弟では遠いかなと…

北方から南方から朝鮮半島から人が流入して形成された日本人は彼らからすれば甥っ子姪っ子でもあると思う。

50

50. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 15:06
  • ID:mmvfBtLq0 #

田舎に住む親戚に似てる人がちらほらいる

51

51. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 16:04
  • ID:n1j8SgbA0 #

普段着も正装も、メチャかっこいい!
地球を汚染する生活に浸ってこんな事いう権利はないが、
何かの形で残ってほしい。

52

52. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 17:21
  • ID:bT11YgkM0 #

文様の形やデザインって長い間に知らず文化が流れてきたのか
同じモチーフを偶然同じ解釈でデザインしたのか不思議と似通って
来るんだね

53

53. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 17:39
  • ID:C4xXBsED0 #

衣装がカッコ良すぎでしょ

54

54. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 17:44
  • ID:8YUccjcI0 #

100m9秒台を出した桐生祥秀が顔も体型もこういうツングース系の典型みたいな感じだよね
5とか7の写真みたいな
3とか20は岩手の山深いところでよく見るような顔だと思った
アイヌ民族っていうのは琉球人のような南方系のモンゴロイドと、北方のツングース系のミックスだっていう。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 18:29
  • ID:Y3mZqSGb0 #

日本人には、南方と北方のルーツがあるんだろうけど、北方系のルーツを感じさせる顔だな、シベリアの雪原を移動しながら何世代もかけて、やがて日本に到達したんだろうな。日本にもこのような顔の少女たちがいるな。

56

56. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 18:34
  • ID:0wsh0Gbq0 #

衣装の色遣いが堪らないなぁ
とてもいかしてる

57

57. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 19:29
  • ID:C5jdrSUM0 #

 サハの人々の衣装がとても美しい!

58

58.

  • 2017年09月12日 20:28
  • ID:K42RjmLX0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 20:28
  • ID:4HeqcDBd0 #

衣装に汚れや皺やほつれが無いので晴れ着のような位置づけの服なんだろうが普段着もどんな物着てるか気になった。

60

60. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 20:33
  • ID:ggtUmfj.0 #

エヴェンキのじいさんのワン公、秋田犬とハスキーの混血に見える

61

61. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 21:02
  • ID:PG6O2JHI0 #

シンナキサラ!

62

62. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 21:21
  • ID:soYTnGYn0 #

240年前にこういった人々を観察する機会を得た大黒屋光太夫は臭穢二目と見るべからずというような感想を残している。年中着用の獣皮、肌に塗りこまれた獣脂や住居に多用される牛糞の匂いが非肉食の伊勢者にはきつかったから余計に負のバイアスがかかって見えたんだろうか。

63

63. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 21:29
  • ID:stamDY.l0 #

どれもいい写真だなぁ

64

64. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 22:15
  • ID:f2bwefHH0 #

人々よりビーズ細工の綺麗さに感心してしまったよ・・・

65

65. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 23:11
  • ID:1y.HlKVL0 #

アイヌってもう日本人とほぼ同化してるよね。
伝統的な暮らししてる人なんかいない。
だからここで紹介されてるアイヌはほぼコスプレした日本人だよね。
アイヌの血は引いてるのかもしれないけど。
アイヌは個人差はあってもかなり日本人離れした顔だよ。

66

66. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 00:35
  • ID:A8BmvFoT0 #

サハの婚礼用の衣装かっこいい!
こういう民族衣装の写真大好きだ。

67

67. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 00:48
  • ID:IzzZwEfX0 #

ちょっと嘘くさいと思う。ビーズ細工は確かに美しいと思うが、伝統的な正装に用いるビーズ細工があそこまで、均一的に形が整い、色も統一されているのは何かおkしいと思う。まるで、人工的?機械的に?意図的に?
 色が全部均一にそろっているのが結構不気味。形を均一に整えるのなんか最近の技術だし。

68

68. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 04:24
  • ID:TET..0Zk0 #

※67
最近のものを伝統に取り込んでてもいいんでないの
例えば日本の和服だって、江戸の頃はもっとゆるゆるで体を締め付けない物だったし、色も庶民はバリエはあまりなかったし(贅沢禁止令&合成色素がなかったので)

69

69. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 05:24
  • ID:W.tkX5pR0 #

※67
いや、写真は最近撮影されたものだからなんもおかしくはないと思うよ
「先祖代々伝わってきた衣装そのもの」を着てるわけじゃなくて
「先祖代々伝わってきたデザインで現代のビーズを使って最近作った衣装」なんだろうから

70

70.

  • 2017年09月13日 07:56
  • ID:RgzJvrXr0 #
71

71. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 09:26
  • ID:RJ3PO3kR0 #

※67
古代の発掘されるビーズもかなり均一だぞ。
人間の能力をなめちゃいかん。
それにこういう衣装は「ハレ」の日にだけ着るものだから、
先祖代々何十年もかけてコツコツつくって継承するんだよ。
普段着じゃないんだ。

72

72. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 10:04
  • ID:nxyq4Ty30 #

本物。 という言葉が浮かんだ。 あとナウシカみたいっておもった。 女性作家で「狐笛の彼方」を書いた人の物語の世界に居るみたい。 トナカイや馬。。

73

73. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 12:48
  • ID:3aUU2Ji90 #

アイヌ人と生活環境が近いツングース系の連中は別に顔の彫りが深くない事から分かるように、アイヌ人=日本人離れした顔というのは、ただの思い込みだよ
むしろ、露骨に日本人離れした西洋人っぽい顔の奴は大抵、西洋人の子孫だよ
北海道は17世紀、日本でキリスト教が禁令になると、アイヌ人相手に布教活動する為に、大勢の宣教師がやってきてたし、毛皮などの商業目的の商人もきていた
特に幕末や明治時代の開拓時には、(鉱山開発や農業開発)などで、西洋人が大量に流れ込んだ時期があり、それらと交流のあったアイヌ人は、日本人離れした顔つきだったり、遺伝子的に近くなるのは当然なんだよね

74

74. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 14:06
  • ID:nxyq4Ty30 #

「誤解の満艦飾になれ」 だったか、岡本太郎さんの言葉があったそうです。 私もまだまだだけど、「理解されない」ってことは、大したことじゃないと思えるようになりたい。。

75

75. .

  • 2017年09月13日 15:30
  • ID:llShGoWN0 #

文化を受け継いでいる人が血統まで受け継いでいるとは限らないからな

しかし、生活に根付いた毛皮文化のなんと美しい事よ

76

76. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 20:46
  • ID:MPxncdJ50 #

トナカイに乗った少年カワヨ

77

77. 匿名処理班

  • 2017年09月13日 23:18
  • ID:TET..0Zk0 #

※73
アイヌに白人の遺伝子が入ることはあったけど、沖縄はアイヌと遺伝子が近くてかつ濃い顔をしているよ(日本人というか、黄色人種の範疇だけどね)。北方での生活環境が近いのなら、スラブ系も同じだよ。インドのアーリア系とドラヴィタ系も生活環境同じなのに顔が違う。肌の色は緯度で同じようになるけどね

78

78. 匿名処理班

  • 2017年09月14日 03:06
  • ID:RVkgVwVE0 #

※47
いつも思うんだけど、あのフサフサの方を内側にした方が絶対暖かいと思うんだ

79

79. 匿名処理班

  • 2017年09月14日 06:47
  • ID:nO2FBlBv0 #

写真3のニブフの男性はアイヌとの混血にも見えるが、逆に写真21のアイヌの若い男性は、顎が細くとがり、‶縄文の末裔”としての面影は全くなく、‶弥生人の末裔”にしか見えない。

アイヌは古来、東北・北海道からカムチャッカ、ロシア沿海地域、アムール川あたりまでを生活圏にしていたらしいので、だいぶ混血が進んでいると思われる。

ところで、「民族」ってどういう風に定義したらいいんだろうか?

80

80. 匿名処理班

  • 2017年09月14日 18:16
  • ID:ydUGzTHp0 #

朝青龍がいっぱいおるな

81

81.

  • 2017年09月14日 18:50
  • ID:zDCJkTd30 #
82

82. 匿名処理班

  • 2017年09月14日 22:56
  • ID:cQbpGhwz0 #

彼らを見ていると一重瞼にもっと自信をもっていいんだと気づかされる。
目力が強くてかっこいい。

83

83. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 07:42
  • ID:dHLI6I530 #

※78
民族や地域、特定種類の製品によっては、
内側にも毛の生地を合わせてある仕様のもあるよ。
ただ、その場合、柔らかめの産毛っぽい毛質のだろうけど。

表地になっているような、毛足が長くて太い毛だと
内側にしたらチクチク肌に当たって不快なだけだと思う。
ああいう表面コーティングの毛は、脂分を含んでいて
水分を弾く形で皮膚を保護・保温しているものだし。
第一、元の動物もあの向きで毛が生えて役立っていた訳だし。

84

84. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:41
  • ID:dHLI6I530 #

7あたり、
白いカッターシャツと黒っぽいズボンでも着てたら
そのへんの高校生に居そう。

85

85. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 03:29
  • ID:xcYwCfaa0 #

民族衣装素敵だなぁ…

86

86. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 10:06
  • ID:Goj.DTCB0 #

いい写真だなあ・・・何故か涙が出てくる
衣装がどれも素晴らしい
顔立ちは東洋とロシア系の中間って感じするね
しかし何と言っても表情が皆誇らしげで魅力的だ

87

87. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 16:43
  • ID:wNGptqTA0 #

日本の服や髪形させりゃ日本人つっても分かりませんねwこーゆー顔の人いる 農家の服とか交えたほうが 日焼けと馴染む なんか日本の田舎顔と思ってたのが海外にいることに草

88

88. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 21:28
  • ID:jcreTQaO0 #

混血が進んでないアジア圏の少数民族は同じく大陸ほど血が混じってない日本人に似てる人がちらほらおるね。

89

89. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 20:25
  • ID:ioswuY0V0 #

wiki見てみたが、ロシアには100人くらいアイヌの血を自覚する人がいるが、20世紀初頭にはアイヌ語話者は消滅し、他民族に同化吸収されてしまったみたいだな
樺太のアイヌは大戦の時に日本に殆どが移動して、残留した少数は非アイヌ化してる
ロシア当局はアイヌは1979年には民族集団としてのアイヌが消滅したとして項目から外して、2002年の国勢調査では調査票に「アイヌ」と記載する者はいなかった、と書いてあった

90

90. 匿名処理班

  • 2017年09月19日 12:14
  • ID:HnH3SoiL0 #

※43
極寒地の人が毛皮を着るのは必要性としてありだけど、その地以外の人がコレクションでこんな毛皮集めるのはただの動物虐待だし、地元野生動物が絶滅まっしぐらだからやめてください。

91

91. 匿名処理班

  • 2017年09月19日 12:16
  • ID:HnH3SoiL0 #

※48
そうなんだ不思議! 寒い地方といえば白人たちのホームグラウンドかと思っていたよ。日本に来てる白人たち、冬なのにTシャツだったりするし。

92

92. 匿名処理班

  • 2017年09月20日 18:37
  • ID:GsTG6xxQ0 #

うちなんちゅにそっくり
寒いとこの人々なのに、なぜだ?

93

93. 匿名処理班

  • 2017年09月20日 23:26
  • ID:oHYgwtSK0 #

おもしろいね〜
国境なんてつい最近までなかった地方だから みんな自由に行き来してくらしてたんだろうね。
ものすごーーーーく寒いところに住んでるわりに意外に薄着だったりとか。
顔もいろいろだね。 ブラック系以外どんな顔もあり。

94

94. 匿名処理班

  • 2017年09月21日 10:26
  • ID:nyAw1rbt0 #

民族衣装が可愛い

95

95. 匿名処理班

  • 2017年09月22日 13:00
  • ID:8EToBzuN0 #

写真撮ってください!って何語でお願いするんだろう

96

96. 匿名処理班

  • 2017年09月24日 23:31
  • ID:2Lfk4alA0 #

3枚目の男性がウチの父親にそっくり。
ちなみに博多出身

97

97. 匿名処理班

  • 2017年09月30日 16:40
  • ID:UCr11etB0 #

お洒落すぎ

98

98.

  • 2017年10月01日 20:30
  • ID:2LyM2B.A0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク