toptop

 デジタル時代以前、娯楽作品の内容や製品の良さを伝えるため人の手で直接描かれた日本の看板や広告などは海外においても人気がある。
 
 彼らにとって、当時の日本の職人が効果的な色使いを考え、卓越した技術を駆使したポスターや広告は、斬新で魅力的な芸術作品に見えるという。

 そんな昭和時代(1926-1989)をメインに懐かしいポスターを集めるコレクターの品が海外サイトにて紹介されていた。
スポンサードリンク

日本のポスターの魅力を語る海外のコレクター


 これらのポスターはあるコレクターが集めていた昔の映画または演劇のポスターの数々だ。こうした手作り感あふれる日本のポスターは海外の人々にはとても魅力的に見えるという。

1. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!  (1964)
1_e
image credit:dangerousminds


2. バットマン  (1966)
2_e
image credit:dangerousminds


3. 悪いことしましョ! (1967)
3_e
image credit:dangerousminds


4. キングコングの逆襲  (1967)
4_e
image credit:dangerousminds


5. 血を吸う薔薇  (1974)
5_e
image credit:dangerousminds


6. 王女メディア (1971)
6_e
image credit:dangerousminds


7. 血の唇  (1972)
7_e
image credit:dangerousminds


8. 赤線地帯  (1956)
8_e
image credit:dangerousminds

昭和の芸術と技能が垣間見える作品


 彼が日本製の映画ポスターの中で最高と評するのは昭和期にアーティストが写真をコラージュして作ったものだ。これらのポスターには当時の職人によって効果的な着色がされており、そこには芸術と技能があった、と彼は語る。

9. ミクロの決死圏  (1966)
9_e
image credit:dangerousminds


10. お嬢さん  (1930)
11_e
image credit:dangerousminds


11. お熱いのがお好き (1959)
12_e
image credit:dangerousminds


12. 蛇姫様 (1940)
13_e
image credit:dangerousminds


13. 銀座のどら猫(1960)
15_e
image credit:dangerousminds


14. 地獄門  (1953)
16_e
image credit:dangerousminds


15. 中山七里  (1962)
17_e
image credit:dangerousminds

デジタル以前のポスターを収集


 彼が特に気に入っているのは、欧米の輸入映画のポスターだ。だが、デジタルの時代を迎えてからは昔ながらの職人技もほとんど使われなくなったため、それ以前のポスターを中心に集めているそうだ。

16. 反撥  (1965)
18_e
image credit:dangerousminds


17. 悲しみはいつも母に (1962)
19_e
image credit:dangerousminds


18. 蜘蛛巣城  (1957)
20_e
image credit:dangerousminds


19. 妖怪百物語  (1968)
21_e
image credit:dangerousminds


20. 怪人マブゼ博士  (1960)
22_e
image credit:dangerousminds


21. ワイルドバンチ  (1969)
23_e
image credit:dangerousminds


22. 心中天網島  (1969)
24_e
image credit:dangerousminds


23. 怪談  (1964)
26_e
image credit:dangerousminds


24. 世代  (1955)
27_e
image credit:dangerousminds


25. 去年マリエンバートで  (1964)
28_e
image credit:dangerousminds


26. 鬼婆 (1964)
29_e
image credit:dangerousminds


27. ピアニストを撃て (1967)
30_e
image credit:dangerousminds


28. 青森県のせむし男(演劇)  (1967)
31_e
image credit:dangerousminds

via:dangerousminds・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
大正ロマン・昭和レトロ、大正から昭和にかけての企業ポスターが面白い


日本広告の歴史:酒とタバコの広告ポスター(1894-1954)


高度成長期からバブルまで。レトロ懐かしい昭和の車・家電広告ポスター


昭和初期〜後期にかけての日本の古写真


脱力全開、ロシアの手描き映画ポスター



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 00:49
  • ID:MaR9KUpK0 #

アナログでレタリングなんか学生の頃やったっきりだな
今やれって言われたら無理
デジタルは偉大だわ

2

2. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 00:49
  • ID:L011X0S70 #

心中天網島はいかにも粟津潔デザインやね

3

3. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:07
  • ID:MjtUNQxq0 #

ホラーやサスペンス系は雰囲気たっぷりでいいなー

4

4.

  • 2017年06月04日 01:09
  • ID:GOd.T7iI0 #
5

5. めきし粉

  • 2017年06月04日 01:19
  • ID:MBACSFJ.0 #

1956年に公開された『渡るべき多くの河』っていう映画があるのだけれども、日本で一館だけ『乳房とハゲ頭』というタイトルで上映され『乳房とハゲ頭』の題名のポスターも作られたらしい(素材の元は「渡るべき多くの河」のもの)。現存していれば、日本の映画史上でもかなりの珍品になると思うので、気が向いた方は是非探してみて下さい。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:24
  • ID:GQthqRNI0 #

カラーと言わず総天然色だったんだよな

7

7. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:24
  • ID:W5173wLg0 #

よくこれだけの年代物を集める事が出来たもんだなぁ(褒

アナログにはアナログの良さがあるけど、デジタルにはデジタルの良さがあるわけで
どっちが上とか下とかなくて、あくまで個人の嗜好の差だよねぇ
個人的には、今風のもこういう古風なのもどっちも好きだけど

8

8. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:28
  • ID:GQthqRNI0 #

ゴジラVSモスラが「極彩色の大決戦」ってサブタイトルだったね
モスラという怪獣はカラー化を最大限に生かす為に誕生したのかもしれない

9

9. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:54
  • ID:Q9Q11.cp0 #

※1
まったくもって同意。

何度もやり直したり配置のバランスを調整したり色合いを調整したり試行錯誤しながらデザインするので、デジタルでしかもうできない。
記事の当時のデザイン仕事をしている人が親戚にいるけど、話を聞くと自分には無理だと思い知らされるもんね。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 01:59
  • ID:mZLHMH.H0 #

※4
タイトルぐぐってみたけれど、どうしてこの内容が乳房とハゲ頭になっちゃったのか、どうしても解りません!w

11

11. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 02:05
  • ID:lhj.hucu0 #

毎度思うがバットマンはもっといいポーズなかったのか…

12

12. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 02:10
  • ID:lhj.hucu0 #

恐らくすり減った凸版文字をいいだけ拡大したんだろう「世代」もいい味出してる。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 02:29
  • ID:jIJvALGh0 #

どれも構図が素晴らしい!「ビートルズがやってくる!ヤァ!ヤァ!ヤァ!」なんか今見てもお洒落!

14

14. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 02:44
  • ID:.F8nWxnX0 #

青森県のせむし男ってどんな内容か知らないけどセンスありすぎじゃない?

15

15. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 04:18
  • ID:UO2PDpy.0 #

演劇のポスターも味のあるの多い
横尾忠則とか好き

16

16. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 05:19
  • ID:4HUa2ycn0 #

煽り文句?が今現代と変わらん感じなのな

17

17. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 06:55
  • ID:E9iuq.BM0 #

そういえば海外版の「アランドロンのゾロ」のサントラジャケットに
日本公開版のポスターデザインが使われてて日本語のタイトルも書かれてて
不思議に思った事があったけど
このコレクターと同じような趣向で採用されたのかな

18

18. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 06:57
  • ID:lXpwVace0 #

※11
ポーズ以前に、お腹のぜい肉がwww

19

19. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 07:47
  • ID:gzQ9jGC.0 #

4の河野鷹思はデザインも素晴らしいし書き文字が最高。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 07:57
  • ID:80ZLu5XM0 #

※11
かっこいい姿もいいけどユーモラスな姿も普段の
バットマンだと思えば、ポスターを作った担当者の
目利きも悪いと思わないよ
ようは見る人の感性次第というのがポスターのいい
作り方やね

21

21.

  • 2017年06月04日 08:31
  • ID:kmGggBd60 #
22

22. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 08:37
  • ID:dRN.h6U30 #

おしゃれ感ある

23

23. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 09:25
  • ID:j3iLVhUR0 #

昔の怪談とかホラーのポスターは
内容の恐ろしさをウソ偽りなく
そのまま伝えてたからな。
マジでトラウマレベル。

24

24. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 09:34
  • ID:RnE.XF1I0 #

これは絵画としての芸術的価値があるね。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 10:32
  • ID:MBACSFJ.0 #

※10
セールスの都合上、主演の女優のエレノア・パーカーがハゲ頭のインデアンと絡むシーンにスポットをあてなくてはならなくなった結果だそうです。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 10:55
  • ID:xNUCgVCf0 #

デザイナーがクリエイターだった頃だね・・

27

27. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 11:15
  • ID:AKPnld2j0 #

Tシャツにしたら今ならこのお洒落さが分かるかもな。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 11:37
  • ID:zq9LqkGX0 #

12のポスターの蛇姫様は1940年(昭和15年)公開版ではなく、

1959(昭和34年)公開版です。
前にやったのを再度映画化したものですね。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 11:42
  • ID:oamgY.CJ0 #

アンジェイ・ワイダの「世代」。たしかに作られたのは1955年としても、日本公開は1981年だね。だからこのポスターの雰囲気も50年代じゃなくていかにも80年代カルチャーっぽい。

30

30. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 11:43
  • ID:W5173wLg0 #

※18
1960年代のアメコミヒーローモノは、三流役者の吹きだまりだったからしゃーない


日本で1950年代末期だけど、月光仮面の主役には無名の大部屋俳優を持ってこざるをえなかったわけで
ただ、無名からの大抜擢のせいで、喋らせようとしたら口元ピクピクするからマスクをつけさせ、マスクで隠せたと思ったら今度は眼がきょろきょろするんでサングラスをつけさせ、原作にはない映像のあの顔を隠した風体ができあがった、なんて話もあるくらいだし

31

31. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 11:58
  • ID:UT693P6J0 #

丸尾末広とか黒田硫黄の画風がこういう感じだな
映画看板とか浴場の富士山、マッチ箱とか当時のセンスは凄い

32

32. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 12:13
  • ID:B6kLZE7W0 #

これらの映画全部見たいわー

33

33. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 13:08
  • ID:qmikP4x90 #

※5
そうなんだ⁈ 何のことかと思った。

しかし、本当にバットマンのポスターがツボ!上半身に対して足も細すぎだし(笑)

34

34. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 14:30
  • ID:JUK6yrV50 #

最後のポスター寺山修司主宰の劇団、天井桟敷のじゃん。いいな~
しかも旗揚げ後、初公演のポスターってのがまた堪らない。

天井桟敷のポスターはデザインが良さで有名だけど
脂がのって総天然色でデザイン性が高い作品が生まれる前
旗揚げ直後からデザインが良いのが伺える。

35

35. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 14:47
  • ID:7Y2nhK3G0 #

蛇姫様なんて綺麗なの…!

36

36. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 15:08
  • ID:pOaM8Et60 #

マニアックだねえ
青森のせむし男に笑う

37

37. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 15:20
  • ID:y0jFOVVK0 #

バットマンのポスターで、バットマンがサメに噛まれてて笑う

38

38. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 16:41
  • ID:JwvRlFQ.0 #

天井桟敷のポスターは、まさにヒッピーカルチャーのセンスだね。最後の方の公演を観たことあるけど、凄かった、、 高橋ひとみも所属していたんだよね。

39

39. 匿名処理班

  • 2017年06月04日 18:45
  • ID:26vVhU1g0 #

12の蛇姫様、1940年ってなってるけど演者の中に玉緒さん入っててさすがにそこまで年じゃないよねって調べたら1959年の再映画化のほうだね。
玉緒さん自体1939年生まれということに驚いたがw

40

40. 匿名処理班

  • 2017年06月05日 11:38
  • ID:7J0j.w7.0 #

コロラドのアスペンだったかな?
映画のポスター売ってるお店があって、中に入ってみてたらこんな感じの日本での上映ポスターが洋画邦画問わずキャンバスに貼って沢山売っていたよ。

41

41. 匿名処理班

  • 2017年06月05日 21:09
  • ID:nqH.oFyh0 #

色彩、質感、画面構成、どれを取っても今とは違う方向に洗練されたセンスを感じる。

42

42. 匿名処理班

  • 2017年06月05日 21:55
  • ID:QE7.r8l.0 #

構図やデザインがこってる芸術性が高いポスター多いね
非常に興味深い

43

43. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 21:07
  • ID:4c.iKpva0 #

声に出した読みたい日本語。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 02:05
  • ID:lAIIgov.0 #

生きて帰れぬ男の修羅場!命散らして花咲かす!その名も高きワイルドバンチ!
綺麗に七五調になっててかっこいいw
「鬼婆」はベニチオ・デル・トロが大ファンなんだよな

45

45. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 12:38
  • ID:Djd5ikKW0 #

最近の洋画の日本版ポスターが情報過多でダサいってよくSNSで話題になるけど
日本は元々こういう文字情報詰め込んだポスターが主流だったんだなぁと感じた

46

46. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 22:44
  • ID:WZlyqi5H0 #

「血の唇」のセンスすごいなぁ
現代でも通用する

47

47. 匿名処理班

  • 2017年06月21日 20:33
  • ID:RZQ1G1fI0 #

天井桟敷たまらねぇ…寺山修司感しゅごい
ピアニストを撃てのモダンさもすごい今のデザインって言われても納得する
怪談のポスターなんて一枚で
映画冒頭にやるCMレベルの情報詰まってる上にデザイン的にも完成されてて脱帽

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク