top

 フォトショップの登場以降、画像加工は身近なものとなり、ネットの世界ではとんでもないものからもっともらしいものまで、ありとあらゆるタイプの偽画像が出回るようになった。

 こうした画像はインパクトがあればあるほど、その話題性から人々の間で素早く共有される傾向があり、大勢の人々が悪気はなくとも故意に作られた偽画像を拡散することになってしまう。そこには信じたいものを信じたくなる人間の本能もお手伝いしていたりなんかもする。

 というわけで、海外サイトで取り上げられていた近年ネット上を席巻した有名な偽画像をご紹介しよう。
スポンサードリンク

1. 7つの頭をもつヘビ


1_e
image credit:dailymail

 双頭どころか7つもの頭をもつセントラルアメリカスネークの画像は、聖書にある頭が7つあるヘビが実在しているように加工された偽画像だった。

 しかもご丁寧にも "神が私が我々を救う。このヘビはホンジュラスの山で見つかった"といったキャプションと共にネット上で広まった。

 このヘビは単純に1匹のヘビの頭をコピペ増殖したもので、頭の周りには切り貼りした跡が残っているというわかりやすいものだった。こちらが元のヘビ画像だ。
2_e
image credit:dailymail


2. 馬もクマも乗りこなすプーチン


34
image credit:dailymail

 右はウラジミール・プーチン大統領の有名な一枚。大統領が2009年の休暇中に南シベリアのキジル市郊外で馬に乗っていた時の本物の写真で、日本を含め強い指導者としてさまざまなメディアで報じられた。そして馬はまもなく左の熊バージョンに差し替えられた。

 なお乗馬プーチンの画像は、熊だけでなく鳥や恐竜にも差し替えられ、プーチンファンを楽しませている。

3. ダイオウイカ


5_e
image credit:dailymail

 こちらもネット上で出回った偽画像。米カリフォルニア州のサンタモニカビーチに打ち上げられたとされる巨大イカの姿だ。

 だが、本来の画像は2011年にチリの浜辺に打ち上げられた死んだクジラだった。
6_e
image credit:dailymail

 そして騙されなかった人々の中にはこれが2つの画像を合成したものだと見破った人もいた。最初の巨大イカの偽画像は、以下の画像と組み合わせたものだった。
7_e
image credit:dailymail

 これは以前スペインで打ち上げられた普通のサイズのイカだが、大きく見えるよう撮影され巨大イカとして話題になった。最初のダイオウイカの偽写真は、このイカを先ほどの画像のクジラの部分に重ねて作ったものだった。

4. 妖精のプール


8_e
image credit:dailymail

 こちらはイギリスのスカイ島にある有名な"妖精のプール"として出回った画像で、紫色の植物に囲まれた川がこの世のものとは思えない雰囲気をかもし出している。

 で、本当のスカイ島の"妖精のプール"の景色はこちら。
9_e
image credit:dailymail

 偽の"妖精のプール"は元々はニュージーランドのショットオーバー川の風景で、その周りの草木をフォトショップで紫色に加工したものだった。

4. レインボースネーク


11_e
image credit:dailymail

 ヘビの加工画像は多くの人々から愛されているようだ。だがこれも前述の7つの頭のヘビ同様、加工した画像だった。

5. 凍ったヴェネツィア


12_e
image credit:dailymail

 イタリアのヴェネツィア運河が凍ることはめったにない。最近では2012年にほんの少し凍ったことがあるが、その前に凍った年は1929年だったという。

 もちろんこの画像は全くの偽物で、実はロバート・ジョンズという人物が自分で撮ったロシアのバイカル湖の氷の部分とヴェネツィアの景色を組み合わせたものだった。
13_e
image credit:dailymail


6. 世界最長の渋滞


14_e
image credit:dailymail

 この写真は中国の国道110号線だといわれていた。

 だが元の画像はこちらで、もともとは米カリフォルニア州ロサンゼルスのI-405ハイウェイで、渋滞のレベルもそれほどではなかった。
14_2_e
image credit:dailymail

 また、故意に加工した写真ではなかったものの、もっともらしい嘘や、ひどい誤解で拡散した写真もある。

6. ネパール地震で被災した子ども


15_e
image credit:dailymail

 2015年4月のネパール地震の時は、被災地で抱き合っている2人の幼いのきょうだいの写真がネット上で共有された。

 しかし写真家のNa Son Nguyenが、これは元々は2007年に彼がベトナムのハザン省で自分が撮った写真であると明かした。この女の子が兄に抱きついているのは地震ではなく、見知らぬ人がいたことに怯えていたのだ。

 だが、この画像は未だにネット上で"放棄された孤児たち"、"シリア戦争の犠牲者"というキャプションと共に誤解をされたまま拡散している。

6. コバネの天使


16_e
image credit:dailymail

 この武装した美しいクルド人女性の画像は、100人以上のイスラム国の兵士たちを殺害した人物としてネットで話題を集めた。

 しかし、コバネの天使と呼ばれる女性に会ったというスウェーデンのジャーナリストが、彼女は法律を学んでいた学生だったと明かしている。

7. 眠るシリア人


17_e
image credit:dailymail

 2014年、両親の墓の間で眠るシリアの少年らしき写真がネット上で広まった。

 しかし、この写真は元々はサウジアラビアで行われた前衛芸術プロジェクトで撮られたものだった。

 そしてモデルの少年はこんなに元気だ。
18_e
image credit:dailymail

via:dailymail・translated D/ edited by parumo

ネット発、世界が騙された13の嘘ニュース

 毎年嘘ニュースにがっつり釣られているパルモだが、今年もがっつりやられたわけで、皆様にも多大なるご迷惑をおかけしたが、そこに不思議と謎とワクワクがあるのなら、我先にと飛びついてしまうこの体質はなかなか改善されそうにもないので、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 

▼あわせて読みたい
メガロドンは現存する!という動画が拡散。だがそれはデマだったことが判明。実際には日本で目撃されたオンデンザメ


どんな画像でも映画ポスター風に仕上げてしまう海外掲示板のコラ職人が手掛けた作品


コラ職人のがんばり。ネット上に落ちていた画像を映画ポスター風に仕上げてしまうあの企画はまだ続いていた。


コラだろ?って一度は言わずにいられない目を疑うような現実の写真20


コラみたいけどコラじゃない。不思議で面白い20の錯視的写真


鷹の姿があまりにも威風堂々だったのでコラ職人頑張る


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 14:44
  • ID:kpp.6y2h0 #

3つ首コブラもコラだったのか

2

2. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 14:50
  • ID:3bBBZPiJ0 #

そんなパルモたんが大好きだよ!
画像や話の真偽は、これまで通りみんなで気を付けていけばいいと思います☺

来年もカラパイアが更新されるのを楽しみにしてます!
第一段は熊姉さんの料理と予測!

3

3. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 15:15
  • ID:iTkqQCiv0 #

すぐ捏造写真に引っかかるのってネット民の定番だよね
しかも自分の主張に合致する写真だとなおさら

4

4. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 15:30
  • ID:Ia3imlKN0 #

今年も一年、サンキュージョブス。サンキューパルモ。

5

5.

  • 2016年12月31日 15:53
  • ID:sZjfdwIQ0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 15:57
  • ID:J1l1R5xq0 #

テレビは信用できないって言えないよね。
ネットも信じるの、やめよう...

7

7. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 16:27
  • ID:dr4JzbPN0 #

人間は信じたいものしか信じないからね

8

8. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 17:06
  • ID:rroFOT7l0 #

人は信じたいものを信じるというしね。
追加で調べず騙された自分が悪いのはしょうがないと思う。

今年1年お疲れ様でした、
来年もいい記事をほどほどに期待しています。

9

9. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 17:50
  • ID:iWB1y0Cm0 #

自分の主張を補強するために写真を都合よく解釈させるのはよくある話
今では写真も映像も何の証明にもならなくなったね

フレーム外に何があるかもわからないんだから

10

10. 匿名処理班

  • 2016年12月31日 23:17
  • ID:DUm0DYkp0 #

※3
捏造写真だけじゃないぞ。
ありとあらゆるモノに、常に騙され続けてるだろ。
それこそ、マスゴミとあざ笑う存在にすら…ね。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 01:08
  • ID:xSGGSkEm0 #

俺も一緒にツラレクマー!
いつもたくさんの不思議と謎をありがとう!
つられちゃう人間心理も不思議だね☆
今年も楽しもうぜ!

12

12. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 01:50
  • ID:AtQHO0.H0 #

自分の生命・生活・財産に無関係なら、信じたいモノを信じればいいんじゃないかな?
楽しめばジョークになるし、いちいち目くじら立ててたら、何も楽しめなくなるもんね。

パルモ姐さん(=ฅ⌒ω⌒ฅ=)ハッピーニューイヤー!

13

13. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 07:32
  • ID:rbaIEjKD0 #

俺なんか自分自身にも騙され続けて生きてるよ!

14

14. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 09:26
  • ID:z5hZZ6hY0 #

>普通のサイズのイカ
・・・普通??

15

15. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 10:54
  • ID:.rnU8mdW0 #

細かいこと気にすんな

16

16. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 12:05
  • ID:H0lsVPe60 #

※3
見たい真実(のように見える何か)がそこにあれば、それを真実であるかのように扱っちゃうわけですね

17

17. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 12:27
  • ID:YUZpd6BR0 #

確証バイアスは気をつけていてもなぁ・・・

18

18. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 14:24
  • ID:tdk1kIMr0 #

全てを踏まえて
期待しとるよん

19

19. 匿名処理班

  • 2017年01月01日 20:30
  • ID:NZn8iZ7N0 #

2. 馬もクマも乗りこなすプーチン
どちらも本物じゃないか(・ω・)

20

20. 匿名処理班

  • 2017年01月02日 04:52
  • ID:dZlD6JyZ0 #

こういった記事はありがたい。
最近はポスト真実の時代だなんてよく聞くし。
何枚目かの写真は両親を亡くした実際の子供の写真だと今まで思ってたよ。
印象的な写真を触れ込み通り受け取るのはあぶないのかもね。
巨大イカに関しては信じたいところだけど…

21

21. 匿名処理班

  • 2017年01月02日 08:50
  • ID:xdWMOFwe0 #

※13
普通サイズのイカを巨大サイズに見えるようにアングルとかズームを駆使したってことじゃない?

そう、まるで寄せて上げて上から写真を撮るように

22

22. 匿名処理班

  • 2017年01月02日 10:13
  • ID:SbBMoBO90 #

※3
それでな、一部が嘘の写真だとわかると
今度は自分に都合の悪い写真は全部ねつ造だと言い始めるわけだ。
市場ずしとかな。

23

23. 匿名処理班

  • 2017年01月02日 17:06
  • ID:Rh2OQqmF0 #

良かった!両親を喪った少年はいなかったんや!

24

24. 匿名処理班

  • 2017年01月03日 12:50
  • ID:8h51uWFS0 #

ネットの一次情報は玉石混交だからね。でもすぐに嘘がバレるのもまたネットの特徴。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年01月13日 07:52
  • ID:O1G5Cbym0 #

プーチン「馬と思って乗ったらクマでな」

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク