6_e0

 1980年代はプラクティカル・エフェクトの全盛期だった。プラクティカル・エフェクトとは、アニマトロニクスや特殊メイクなどで実現する特殊効果のことだ。

 その後こういった特殊効果はCGに取って変わるわけだが、シリコンや血のりなどを利用して作られたクリーチャーはCGとはまた別の不気味さがある。

 ここでは映画史上に残る当時革新的だった10本の映画内のプラクティカル・エフェクトを見ていくことにしよう。
スポンサードリンク

1. 狼男アメリカン―狼男の変身(1981年)

1_e1

 すでにハリウッドでは名の知れた人物であったリック・ベイカーであるが、この作品で特殊効果の専門家として不動の地位を築いた。狼男の変身シーンをリアルタイムで表現することは、映画製作者の長年の夢であった。それを最初にリアルかつ痛々しく実現したのがベイカーである。このシーンには大勢のスタッフが投入され、6日間かけて撮影された。


American Werewolf in London - Complete Transformation

 本作品以降、これに匹敵する変身シーンは滅多に存在せず、35年経った今でも視聴者に身悶えするかのような感覚を味わわせる。


2. スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還―ジャバ・ザ・ハット(1983年)

2_e1

 スペシャルエディションでデジタル修整されたジャバ・ザ・ハットは間抜けに見えるが、『ジェダイの帰還』で最初に登場したときは、素晴らしいパペットワークの作品だった。


Jabba the Hutt's Bargain with Boushh (Princess Leia) - Star Wars Episode VI: Return of the Jedi

 ブヨブヨとした体、ナメクジのような尻尾、カエルのような口はどれも手作業で動かされている(アニマトロニックを利用しているのは目と舌だけで、こちらも人間の手で操作することができた)。

 パペット操作スタッフはジャバを本物らしく見せるためにリアルタイムで操作していた。そのため他の俳優たちは、本当にジャバがそこにいるかのように演技できたのである。もちろん、これを実現するのは容易なことではなかった。ジャバは今もなおこれまで作成されたパペットの中で最も高価なものである。


3. 2001年宇宙の旅―無重力のジョギング(1968年)

3_e1

 本作品はいくつもの点で画期的な映画である。だが特にその後の特殊効果に影響を与えたプラクティカル・エフェクトとして、無重力下で行われるジョギングのシーンが挙げられる。


Centripetal Motion - 2001 A Space Odyssey

 スタンリー・キューブリック監督はカメラを回転させる代わりに、セット自体を回転させて映画史上に残るシーンを撮影した。

4. トロン―ネオン効果(1982年)

4_e0

 80年代に制作された『トロン』に登場するネオンのように輝くスーツを見た者は、デジタル技術で加工したものだと普通は考える。だが、実はモノクロで撮影し、そこに一コマ一コマ手作業で塗ったものである。


Walter Cronkite demos "Tron" special effects


5. スキャナーズ―頭部の爆発(1981年)

5_e0

 デヴィッド・クローネンバーグ監督の1981年の作品『スキャーナーズ』では、特殊効果を担当したゲイリー・ケラーが頭部の爆発シーンを演出し、そのリアルさのあまり気分が悪くなる観客まで現れた。


Best Horror Kills - Scanners - Head Explosion

 ケラーは空気を利用して撮影しようと考えていたが、いくつか試した後にそれでは求める効果を得られないと悟る。結局、ダミー人形の頭をショットガンで吹き飛ばした。


6. ダーククリスタル―ランドストライダー(1982年)

6_e0

 ジム・ヘンソンが描いた人間とパペットが入り乱れるランドストライダーのシーンは、映画の撮影技術が新次元に到達した瞬間であった。

 ランドストライダーは、竹馬に乗るスタントマンがコスチュームを着込んで演じている。ランドストライダーが走るシーンでは、スタントマンは転倒防止のためにクレーンから吊られていた。


The Dark Crystal - Landstriders

 キーラとジェンはアニマトロニクスである。本作品で主役を演じたのはパペットであり、単なる物珍しさが売りであったパペット映画が本格派の映画としても通用することが証明された。


7. 遊星からの物体X―犬の”それ"のシーン(1982年 )

7_e0

 ロブ・ボッティンとスタン・ウィンストンによって生み出されたシーンがトラウマになっている人もいるかもしれない。その効果はそれほどまでにリアルで不気味だったのだ。特に観客を釘付けにしたのが、犬が”それ"に変形するシーンだ。


The Thing (2/10) Movie CLIP - It's Weird and Pissed Off (1982) HD

 どこかエイリアンにも似ており、恐ろしいと同時に哀れささえ感じさせた。スクリーンでの登場回数は少ないが、その後のホラー映画の類で何度も真似されている。パペット、アニマトロニクス、油圧システムで作成された”それ"は、特撮アーティストに限界などないことを教えてくれる。関連記事:「遊星からの物体X」で公開されなかったクリーチャーたち(※閲覧注意)


8. ターミネーター2―ターミネーターの再起動(1991年)

8_e0

 特撮アーティストのスタン・ウィンストンは、アンドロイドの機械の体と人間の体をシームレスに融合させる方法を考案した。あるシーンは完成版からはカットされているのだが、プラクティカル・エフェクトを一歩前進させたものであることは間違いない。それは、ジョン・コナーとサラ・コナーがターミネーターの皮を剥ぎ、再起動させるシーンだ。


Terminator 2: Judgement Day, Deleted Scene- Rebooting the Terminator (High Quality)

 ここではリアルでありながら、電動ドライバーを持つサラが頭部をリアルタイムでいじれる必要があった。映画館では観ることのできなかったシーンでありながら、以降の映画作品で繰り返し模倣されている。


9. アルゴ探検隊の大冒険―スケルトンとの戦闘(1963年)

9_e0

 1960年代の観客に特殊効果の未来を垣間見せたのが本作品だ。テーベで繰り広げられるスケルトンの軍勢との戦いは、スーツを着た人間やプラスチックの操り人形などではなく、当時の観客を仰天させた。

 この驚きの効果はレイ・ハリーハウゼンJrによるストップモーションと、トッド・アームストロングの巧みな演技によって生まれた。


Jason and the Argonauts skeleton fight

 ハリーハウゼンJrは『シンドバッド七回目の航海』でも同じようなストップモーションを用いているが、大勢のスケルトンをアームストロングと同じ場面にいるかのように感じさせることはさらに難易度が高く、後の作品に影響を与えることになった。


10. レイダース/失われたアーク―溶ける頭(1981年)

10_e0

 アクションシーン満載の本作品では、観客は頭が溶けるという夢に出そうなシーンを見せつけられた。恐ろしいまでに真に迫っており、デジタル技術なしで作られた本シーンに観客は仰天しただろう。

 だが実は本リストにおいては最も他愛のない技術によって撮影されている。この頭部は石の頭蓋骨にゼラチンの皮膚を貼り付けたものだ。ヒーターで熱を加えるだけで素晴らしい効果を得ることができる。


Raiders of the Lost Ark - Face Melt Scene
via:10 Of The Most Groundbreaking Practical Effects In Film History/ translated hiroching / edited by parumo

 もっとも最近では、プラクティカル・エフェクトが見直されてきており、「マッドマックス 怒りのデスロード」などはCGをほとんど使用していないそうだ。

▼あわせて読みたい
映画「MAMA」のモーションテスト映像がホラーすぎて怖い


あの映画のあのシーン、視覚効果を外してみると?実際のシーンとCG処理前のシーンを比較してみた。


映画・ドラマ内最もおぞましい、ぶっ飛んだ特殊効果ベスト20


見どころ満載。映画内特殊効果40年の進化を1分で見る動画


涙なくして見ることができない。エンディングが悲しすぎる、泣ける映画トップ10


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 20:44
  • ID:rrbznyFU0 #

2001年宇宙の旅のジョギングシーンは見るたびに不思議に思ってた。
そうやって撮ってたのね!

2

2. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 20:48
  • ID:sMQHqIzi0 #

ゴジラなんてまさにそうだったと思うんだけどな。

3

3. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 20:57
  • ID:j7iLlfTW0 #

ジャバ・ザ・ハットは当時見た時にあの動きの不自然さ?不自由さ?が、とても太った醜い怪物に的中していると思ったよ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:01
  • ID:Jw0VnnqI0 #

狼男アメリカンよりハウリングが好き

5

5. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:04
  • ID:XQuuviE70 #

プラクティカルエフェクトと言えば日本のミニチュア着ぐるみ特撮だけど海外の人からはおもちゃの中でふざけているようにしか見られないのが残念。

6

6. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:15
  • ID:Cx8h3StP0 #

骨の奴クオリティ高いなぁ

7

7. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:16
  • ID:sj3Ifog.0 #

※2
ゴジラは映画作品としては素晴らしいと思うけど、特撮技術自体はキングコングの日本版みたいなものだからね。

8

8. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:30
  • ID:5muzaana0 #

最近ザ・フライを初めて見たんだけど、グロさへの嫌悪感よりも当時の技術でアレを作ったことに対する感動の方が大きかった

9

9. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:31
  • ID:YXtoi.KL0 #

※5
またそうやって日本を貶める嘘を息を吐くように・・・
じゃーなんでゴジラはハリウッドで映画化されるまでに浸透したの?
パシフィック・リムでモンスターを敢えてKAIJUと呼ぶのはなぜ?
おまえらプルサガリでも見てろよ(これも日本の着ぐるみ怪獣への憧れだけどなw)

10

10. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:34
  • ID:.B5GCKxd0 #

アイデアだなあ
黒澤明は水に墨を溶かして雨のシーンをとったらしいけど

11

11. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:36
  • ID:3h7DQ6sA0 #

ダーククリスタル取りあげてもらって嬉しい
久しぶりにDVD観たくなった

12

12. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:36
  • ID:YXtoi.KL0 #

※7
キングコング着ぐるみ使ってないで

13

13. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:44
  • ID:2Kdzy9Cs0 #

骸骨戦士はこの当時見たらものすごい衝撃だろうね
レイダースはトラウマ

14

14. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:52
  • ID:379FWOnb0 #

CGは人間の計算通りの物しかできないが、こういった特撮は計算以上の物ができることがあるのでCGには無い生々しさがある。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 21:59
  • ID:WuJuMgkd0 #

うわぁ、狼男アメリカンとかスキャナーズとかレイダース/失われた聖櫃とか思いっきりトラウマ映画だったわ。
邦画だと野生の証明とか八つ墓村、戦国自衛隊の手作り特殊効果のトラウマ感が近い気がする。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:00
  • ID:S6OuAInv0 #

ダーククリスタルはDVDにメイキングが入ってて色々な手作業の撮影に感心した

17

17. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:07
  • ID:DKtS3RZd0 #

物体Xなら。落ちた人の首から蜘蛛みたいな足が生えてカサカサ走って行くのが一番気持ち悪かった。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:11
  • ID:3JEoXPdS0 #

技術的には古い物の応用だとしても昭和三十年代のガス人間辺りからの
マタンゴまでの怪奇路線特撮の特殊メイクなんかも白黒映画って言うのもあって結構怖い。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:14
  • ID:J3Ra5eOS0 #

特撮のアイディアと技術ってすごいよなぁ
※14のCGには無い生々しさには同意だよ。真に迫るものがあるよね。

20

20. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:21
  • ID:oTgr.v2t0 #

初代ゴジラの、町並みや電柱を蝋で作って強烈なライトで照らして溶かすことで、熱線放射の破壊力を想起させた特撮なんかは、当時の技術と能力と発想の点で素晴らしいモノだったことに間違いは無い

21

21. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:29
  • ID:xk6qJHyJ0 #

物体Xのオレノイヌダーは、触手の動きは赤いエアーホース繋げてコンプレッサー回してるのかと思ってた
エアー工具作業していてカプラーが壊れて取れるとあんな動きする

22

22. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:30
  • ID:uR3fb5.b0 #

※7
キングコングは アルゴ探検隊と同じストップモーションで
ゴジラはキングコングを見た円谷さんがこんな映画作りたいなーでもストップモーションとかやるお金ないから怪獣の着ぐるみで撮ろう
みたいな話を聞いたことがある

23

23. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:35
  • ID:Mg4x8LsS0 #

狼男に変身するシーンなら水谷豊の「バンパイヤ」もなかなかだと思う。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:38
  • ID:cjtR4iEd0 #

トロン好きだった、シド・ミードのデザインも良かったし。
まぁ懐かしむべき未来、デッドフューチャーなのかもしれないけど。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:47
  • ID:.ohPVqI10 #

CGも物によってはかえって嘘くさく見えるときもある
プラクティカル・エフェクトは確かにCGによって少なくなるだろうけど消えはしないだろうな
※5
その意見を裏付ける証拠は?

26

26. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 22:52
  • ID:JGvHf.qB0 #

昔は「いったい何をどうしたらこんな映像撮れるの!!??」
っていう純粋な驚きがあったよね
素晴しいアイディアと熱意のこもった工夫に
本物っぽく感じられる臨場感があった
今はどんなに本物っぽく見えても
「ずいぶんCGにお金かけてるね」
という感想が先に来るのが悲しい

27

27. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:14
  • ID:Uh47p9fz0 #

ダーククリスタル好きだ
マペットいいよね カーミットの表情も本当素晴らしい

28

28. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:32
  • ID:ZVqarpUh0 #

トロンとアルゴ探検隊の映画好きだったなー。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:32
  • ID:FdFOMGnf0 #

>「マッドマックス 怒りのデスロード」などはCGをほとんど使用していないそうだ。
いや、かなり使ってますよ。メイキングをご覧ください。

30

30. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:47
  • ID:uAWF7srV0 #

こういうの大好き❗
CGより、味があって好きだったなぁ。
グレムリンとかグーニーズとかネバーエンディングストーリーとかそう言うのも大好きだったなぁ。
初めて見たときの感動は、今でも鮮明に覚えているよ。
またこういう、コンピューターに頼らない
手作業制作の映画が見たい。

31

31. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:58
  • ID:XcTQ.d5A0 #

※11
オレもダーク・クリスタルがこの中に、しかもトップ画像に使われていることが嬉しい。
あの世界観・アートワークは今見ても素晴らしいと思う。

32

32. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 23:59
  • ID:k4qvJpMP0 #

昔はCGを使った怪獣描写は筋肉などの物理的に理に適った動きを再現することに
力を入れていたけど、最近は着包みっぽさを表現する方に力を入れている。
パシフィック・リムもゴジラ2014もシン・ゴジラもそう。
スーツアクターへのリスペクトもあるし、そちらの方が画になるんだよ。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 00:47
  • ID:z0HP5jQx0 #

部屋回転はフレッド・アステアもやってたね
見せ方はインセプションのそれに近いけど

34

34. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 00:49
  • ID:eIdIIQYd0 #

画面から伝わる立体感や湿度温度はCGよりもはるかに優れていると感じる
やっぱり実物としてその現場に「在る」というのは重要なんだね。

35

35. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 01:06
  • ID:hCEB1Zk.0 #

エイリアン2のクイーンが入って無いよ
あれも実物大のスーツ作って人が二人横並びになって腕を動かしてたらしい

36

36. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 01:07
  • ID:ruqmwuyp0 #

挙がってないけど有名どころでロボコップとかもなかなか
特撮的見どころ盛沢山よ

37

37. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 01:49
  • ID:DhXrcs3f0 #

ジムヘンソンが関わった作品は全部見てほしい感じ。
CGより着ぐるみがいいって言われるのは、
彼がいてこそだと思う。

38

38. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 01:58
  • ID:CyAnu2Mp0 #

インデペンデンス・デイのホワイトハウス爆破シーンが
ミニチュアを逆さにして発破かけただけだと知ったときは驚いた

39

39. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 02:07
  • ID:dHjEkFue0 #

ハンドメイドならではの不気味さってあるよね

40

40. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 02:33
  • ID:Jf2FVrjW0 #

バタリアンがこのカテゴリーに入るか不明だが、メイキング見てもトラウマだった…(T_T)
特に解剖台?に乗せられて暴れてるヤツ。
空圧使って細かく動かしてるの解っててもダメだった…

41

41. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 05:36
  • ID:.JCGhUqD0 #

グレムリン2が無いだと…
CGについては3D映画が流行り出したあたり(2009年くらい?)から明らかにツルツルテカテカの安っぽい映像が増えてて微妙に感じることが多くなった
もちろん作品にもよるけど基本的に1998〜2008あたりまでの方が自然なCGが多かった気がする

42

42. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 07:19
  • ID:5HTSi6hh0 #

※14
個人的には今どきのCGより圧倒的に怖く感じる。
子どものころに見てトラウマなものが多いせいかもしれないが。
それはそうと
昔、ミートソーススパゲッティ食べてる友人に
試しに「物体X……」とぼそっと言ったら
「まじでやめてっ!」と叱られました。

43

43. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 11:05
  • ID:Ap6Dpkeo0 #

※9
特撮技術的にはゴジラは大した事はないと思うよ。あのキャラは素晴らしいけどね。特撮技術も素晴らしいって思ってるんだったら、大きな勘違いだよ。

44

44. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 11:48
  • ID:bjgMMN8H0 #

特殊効果は色々凄いと思ったんだ。
でも一番驚いたのが、シュワちゃんが若いって事。

45

45. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 15:21
  • ID:OOyvB.T80 #

狼男アメリカンはリメイクするらしいよ

46

46. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 15:57
  • ID:RSz9eD.Z0 #

※35
これ。
動き、魅せ方、エイリアン・クイーンのラスボス感は
映画史に残る最高の出来だと思う。

47

47. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 16:17
  • ID:uZgUVQM40 #

映画館に行かなくなったのはCGにいろいろやらせてるのが
こちら(観客)に透けてみえるのが一因だと思います。
作り手の想像力とか表現力とか労力とかが
観客側の「ああ、CGだよね」でバッサリだし。
CGも作るの大変なんだけどなあ。

48

48. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 17:16
  • ID:UN3XUj7w0 #

エイリアン2が入ってない。
キャメロン枠は一つだけか?

49

49. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 18:21
  • ID:DR.sKn770 #

※5
脳内外国人の話はやめてもらおうか。
ていうか平成生まれの自分が見たら
どれもこれも結構しょぼいですよ。(ごめんなさい)
CGを使ってる映画では普通に出てくるところでも
見どころ!みたいになってるし
ここが凄い!なんて言われても
当時は大変だったんだなぁとしか思えないし
凄いなんて思わないし
とりあえず貴方のいってることが本当だとしても
そういわれてるのは日本に限った話ではないので^^

50

50. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 20:27
  • ID:3YGhhqyV0 #

※43
技術じゃなくてセンスの話だろ。あと観客の度量。
映画というものの歴史や約束事をわきまえてたら
たとえ操演の糸が見えてようが整合性に無理があろうが
いちいち鬼の首取ったみたいに幼稚に突っ込まないよ。
自分が産まれる前の作品に後出しジャンケンで
いわずもがなの揚げ足を取って重箱の隅をつつく
独りよがりのKYなオタクが一番救いようがないよ。
あの時代のあの特撮技術が素晴らしいって分からないなら
おまえには金輪際、特撮以外も含め映画を語る資格はない。
勘違いしているのはおまえだ。

51

51. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 20:47
  • ID:ERvzUXf00 #

ターミネーターは名シーンだな

52

52. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 20:55
  • ID:3YGhhqyV0 #

※18
意見には全面的に同意するが…マタンゴハカラーデスヨ

53

53. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 21:15
  • ID:w4bYUmGU0 #

※52
あれ、見たんだけど記憶で色を感じなかった…w
スマナイ

54

54. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 22:04
  • ID:v5U4Nqbb0 #

>9. アルゴ探検隊の大冒険
インターネットが無い頃、この映像がちらっとテレビて流れてさ、詳細を知りたかったんだけど全然わからなくて苦労したのを思い出したよ。

55

55. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 22:48
  • ID:wRHxtWpJ0 #

※43
 ゴジラの特撮は、映画としての出来は今一な昭和後半の方が幾つか凄い事やってる。「ゴジラの息子」の昆虫怪獣カマキラス、クモンガの操演(ワイヤーによる脚の操作)はロストテクノロジー化しているし、出来も凄い。

56

56. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 00:59
  • ID:P7Sn23dO0 #

※40
バタリアン(1985)、上半身だけのゾンビが顔を上げて苦しがるシーンや、
背骨がクネクネ動くシーンがいいね。日本語吹替えが秀逸だった。
トライオキシンのテーマも良かった。
「The Trioxin Theme: Acid Rain Version ( votumviavollupi )」
あと、トラッシュ(リネア・クイグリー)が墓の上でクネクネ踊りをするんですけど、
家庭用ゲーム「かまいたちの夜2 みどりさん腰ふり」 に通じるものがある。
スペースバンパイア(1985)では、女形バンパイア(マチルダ・メイ)とか、
25分あたりに爆発する女性バンパイアの演出が秀逸だった。
ライフ・フォースのテーマ
「Henry Mancini - Theme From Lifeforce」
スペース・サタン(1980)も外せない。
マトリックスの元ネタだと思われる、後頭部にある神経接続のシーンが秀逸。
ファイナルカウントダウン(1980)のカーク・ダグラスや、
2300年未来への旅(1976)のファラ・フォーセットが出演しているね〜。

57

57. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 02:23
  • ID:NfRpISGI0 #

ネオンがやばい
あれがデジタル無しの色付けだけとは…

58

58. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 03:42
  • ID:rzgyS.fp0 #

やっぱ実体だよなぁ。いくらCGが発達してもあのリアルさには勝てないよ。
ジュラシックパーク(一部CGだけど)も凄かったもん。
ちょっと前にCGジャバを見たけど、ベタ〜っとした安っぽい映像でビックリした。
ようは全体の統一感の問題だよ。まだまだCGと実体とのギャップが大きすぎる。
実体の持ってる質感をCGでは再現出来ない。
80〜90年代の映画を見て育ったけど、あの頃の方がよほどリアリティが感じられたな。

59

59. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 08:08
  • ID:v1.0.OA30 #

※57
トロンのネオン効果が1コマ1コマ手塗り作業だったなんて!!
確か公開当事は史上初のCG映画って触れ込みだったからまさかそんなアナログな手法が使われてるとは夢にも思わなかったわ・・・

60

60. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 16:08
  • ID:4dJSyNnP0 #

好きな映画がいくつも入ってるなー
ガイコツもそうだけど、ハリーハウゼンのストップモーションの良さは、特に無機物が動く時に発揮されると思う
あのぎこちなさがかえってリアルでいい CGでは出ない味

61

61. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 19:40
  • ID:jcgbg5tI0 #

ティム・バートンは「マーズアタック!」の火星人を全部ミニチュアコマ撮りにしたいと熱望したが「予算がいくらあっても足りないからCGで我慢してくれ」とスタジオから泣きつかれて断念した

62

62. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 22:01
  • ID:lfBuDynS0 #

※23
しかもヴァンパイアのほうが狼男アメリカンより早い 1968年

63

63. 匿名処理班

  • 2016年11月24日 22:06
  • ID:qtLbH9wU0 #

モスフィルムの怒涛の動員と空撮はCGコピペとは味が違った

64

64. 匿名処理班

  • 2016年11月25日 01:35
  • ID:U.CPVDrd0 #

※61
そうだったんだ、あのわざとらしいCGも良かったけどね
無駄に豪華なキャストとナンセンスなストーリーが最高

65

65. 匿名処理班

  • 2016年11月25日 14:11
  • ID:8A5lnQ0p0 #

VSデストロイアのゴジラが凍るところと死ぬところはすごいと思う

66

66. 匿名処理班

  • 2016年11月25日 15:40
  • ID:9V0L9eJL0 #

「2010年」で消滅する木星から脱出するためレオーノフ号をディスカバリー号とドッキングさせ推進力を確保するプラン(詳しくはDVDで!)についてロイ・シャイダー演じるフロイド博士が宇宙船に見立てたペンを無重力を利用して宙に浮かせ説明するシーンがあるが、あれはシャイダーの前に立てたガラス(アクリル板?)にペンをマジックテープか糊でくっつけて浮いてるように見せてるだけ。メイキングで何度やってもなかなかうまくくっつかず重力に負けて落っこちるペンにシャイダーが苦笑いする映像があるよ。

67

67. 匿名処理班

  • 2016年11月26日 16:41
  • ID:Lz8zdXFJ0 #

※45
リメイクする必要があるんだろうか。
オリジナルを超えられる予感が全くしない。

68

68. 匿名処理班

  • 2016年11月26日 21:25
  • ID:TF7x.T3B0 #

※68
だよねー
あの映画がすごいのは特殊メーキャップだけじゃなく
悲劇のデッドエンドにまっしぐらなのに
ブラックジョークかましまくる(しかもかなり悪趣味)
作り手の心意気だもんねー
あと上半身だけ手押し車の上に作られた
若干ポッチャリ気味の狼の忘れがたい存在感とか、
技術だけじゃ凌駕できない職人の凄みが横溢しておるよ

69

69. 匿名処理班

  • 2016年11月27日 21:53
  • ID:kuHtVzc10 #

試行錯誤や手間ひまってのはフィルムに写るのよ
ミニチュアだろうがCGだろうが 
それが面白いのよ それが感動するのよ

70

70. 匿名処理班

  • 2016年11月28日 17:38
  • ID:WOzJ3ojh0 #

※26
今はまだCGの方がコストかかるってんで撮影でやってるシーンもあるから
逆にCGでないところを探してみるのも楽しいかも。
(正解が分からんのでは楽しみようがないかー)

71

71. 匿名処理班

  • 2016年12月07日 19:34
  • ID:DFwVL4lj0 #

CGが発達して何でも出来るようになって、何もできなくなった。
なにもかも消えてしまった。

72

72. 匿名処理班

  • 2017年05月07日 05:28
  • ID:36NHuWkf0 #

スキャナーズの頭部爆発シーンは、実物の10倍ほどのサイズを作って、内部から火薬で爆破した筈。当時のスターログなんかに、馬鹿でかい頭部のスチルがよく出ていたよ。

73

73. 匿名処理班

  • 2019年02月20日 19:41
  • ID:wmjeiYjU0 #

ターミネーター2の0:24〜の蓋を外すシーン。実際は鏡が無くてサラコナー役の双子の一方の人が向こう側で手前の人と合わせて動いているってtvでやってた。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク