00_e0

 メキシコ北部のチワワ砂漠には、電波が届かず、地面にある石にコンパスを近づけると制御を失ってぐるぐる回るという場所がある。

 ここはサイレンス・ゾーンと呼ばれており、マピミ生物圏保護区の中の、距離にしてわずか50キロ、広さ40万ヘクタールのエリアにある。
スポンサードリンク

 ほとんど人のいない広大なjこの場所に情熱を掲げている男がいる。ベンジャミン・パラシオス(61)は、彼の四駆でメスキート(マメ科の低木)、サボテン、キンポウゲに似た黄色い花が生い茂るこの荒野を走りぬける。

 パラシオスは、ゾーンのはずれ、チワワ州エスカロンの村で育ち、現在はこの周辺にUFOをテーマにした自分の農場を持っている。

0_e5

 真っ黒に日焼けして、たっぷり髭をたくわえたカリスマ的存在のパラシオスが、砂漠へ続く道へとハンドルを切る。わずか2、3マイル離れた幹線道路に戻れば、ラジオははっきり聞こえるようになるのに、今は延々と電波を探しても、やはり信号はとらえられない。

ベンジャミン・パラシオス
1_e3

UFOやエイリアンの集合地帯

 このエリア一帯は、地下のマグネタイトの沈殿や隕石の破片が原因で崩壊が起こると考えられていて、ゾーン全体への影響が議論されている。チワワ、デュランゴ、コアウイラのメキシコ3州が接するこのあたりは、天体活動が盛んなのも確かで、UFOや地球外生物の訪問もあると言う人もいる。

 20世紀には、大きな隕石がゾーン近くのチワワ南部に何度か落下した。ひとつは1938年、もうひとつは1954年に同じ農場に落ちてきたのだ。

 3度目は1969年に少し西のアジェンデバレーに落ちた。「そのときオレは目が覚めて、空が明るくなったのを見たんだ」パラシオスは隕石について語った。

 「何マイルも離れた場所にいた人が光を見て、窓が割れるほどのものすごい衝撃音を聞いた。あれは世界中の研究者の関心を引いたよ」サイレンス・ゾーンという名前は1966年に初めてつけられた。石油会社のペメックスがこのエリアの調査のために乗り出し、リーダーのオーガスト・ハリー・デ・ラ・ペーニャが電波が届かないことに困って、サイレンス・ゾーンと名づけたという。

パラシオスの農場の入り口
00_e0

アメリカのロケットが墜落

 それから、このエリアが注目されるようになり、1970年7月11日には、新聞の一面を飾った。アメリカのロケット、アテナが、上層大気調査のためにユタ州グリーン・リバーの空軍基地から打ち上げられた。ロケットはニューメキシコ州ホワイトサンズ近くに落下する予定だったが、大きくそれて午前2時にサイレンス・ゾーンのど真ん中に落ちたのだ。

 ゾーンは一時的に国際的に注目され、地元の人たちは観光事業を当てにした。アメリカの宇宙計画確立を手助けした、元ナチの有名なロケット科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンが、アメリカ政府に代わって調査にやってきた。そのブラウンを列車の駅で迎えたのが、当時のエスカロン市長だったパラシオスの父親だった。

 ブラウンは、セスナで偵察飛行を行い、隕石の衝突現場を確認した。その後、300人のメキシコ人労働者を使って、砂漠を横切って隕石が衝突してできたクレーターへつながる16キロのの鉄道支線が建設された。それから、アメリカ人研究チームがやってきて、発掘をした。

 「フォン・ブラウンは、28日間ここに滞在していたよ」パラシオスは案内しながら言う。「アメリカ人たちは、砂漠の中に臨時の寮、研究室、厨房、医療施設を作った。滑走路までこしらえて、貨物を直接ヒューストンへ移送していたし、鉄道で大量の残骸を運び出していたよ」

サイレンス・ゾーンのはずれ
3_e3

多様な生物が生息する場所

 そうした施設は、今はもうない。5階建ての高さの7トンロケット、衝突のクレーター、鉄道、建物が存在していた痕跡はひとつも残っていない。

 しかし、ロケットが落下したおかげで、この地域への関心が急に高まり、数年後にメキシコ政府はマピミ生物圏保護区を作った。この保護区には研究所があって、世界中から多くの科学者がやってくる。彼らの多くは、北米最大の陸上爬虫類で絶滅が心配されるアナホリゴファーガメなど、特異な植物相や動物相に惹きつけられた生物学者たちだった。

 北東へ広がる広大なエリアは、湿気が保たれた分厚い土の層のせいで、砂漠が陥没してできた乾燥盆地の一部だ。何百万年も昔、サイレンス・ゾーンはテチス海の底にあった。その名残は、化石化した海の貝や広大な塩の鉱床に見ることができる。今日でも、労働者によってシャベルや一輪車で塩が採掘されている。難しい地形なので、部外者が単独で冒険するような場所ではない。

 「あの方角には行けない」パラシオスはTetas de Juanaの方角を指さして言った。そこにはふたつの山の頂が砂漠から直接天に向かってそびえている。その後ろにふたつの大きなチャパデロ隕石が落ちたのだ。「古い坑道があちこちに残されているし、地面が湿気を含んでいるので、こうして車で走るのも大変なんだ」

パラシオスの農場の裏
4_e2

様々な未知との遭遇情報

 何世代にもわたって、サイレンス・ゾーン近辺で奇妙な生き物に出会ったとか、空に異様な光を見たとか、ものすごい数の流星が降り注いだといった話がたくさん出てきた。

 こうした話はたいてい、遠くの農場に住んでいる人や、砂漠で迷った部外者から出たものだ。人々は空に火の玉を目撃し、火のついた巨大な回転草のような炎が山腹を転げ落ちたという。

 「このあたりでエイリアンやUFOの噂はたくさんある」州官僚で、チワワでもっとも熱心なUFO研究者でもあるジェラルド・リベラは言う。「ゾーンで迷う人は多い。そうしたとき、長身のブロンドの生き物がどこからともなく現われたと言うんだ」

 ルディックとして知られるこうしたエイリアンに遭遇したと主張する人たちは、エイリアンは完璧なスペイン語を話し、水だけ所望して、足跡も残さずに消えたという。どこから来たのか訊くと、エイリアンは"空から"とだけ言ったらしい。

プラネット・マーキュリーと名づけられた、観光客のための小屋の建設予定地
5_e2

UFOに拉致された経験のあるパラシオス

 ベンジャミン・パラシオス自身にもエイリアン体験をしている。「オレが12歳だったころ、上空から光が現われて、それがすっぽりオレたちを包み込んだ。オレは弟と一緒にゾーンに向かっていたが、なにが起こったのかわからなかった。農場に戻ってきたとき、オレたちは2時間も行方不明になってたことがわかったんだ」

 パラシオスの夢は、超自然への関心を利用して、自分の農場に客を宿泊させ、ガイドツアーを行って、サイレンス・ゾーンを観光のメッカにすることだ。

 一時、エイリアンや超常現象目当ての野次馬が大勢ここに押し寄せたが、今やほとんど来る人もいない。その大きな原因は、治安状況の悪化だ。「もし観光客が戻ってくるなら、小さな小屋を8棟立てて、それぞれに太陽系の各惑星の名前をつけたい」とパラシオスは言う。

 それが現実になるかもしれない。100年前のメキシコ革命の争乱の際に廃墟と化した大農場や、洞窟の奥深くに埋もれた秘湯のように、ここには探検の喜びを提供してくれるものがまだある。

 ここは世界の中でも本当に美しく、思わず引き込まれる場所だが、なんせアクセスが悪い。エスカロンは人口1000人以下、セバロスも3000人ちょっと。だが、鉄道が閉鎖され、若い人たちが都市やアメリカに出て行ってしまい、その数は減っている。いくつかの農場は別として、砂漠には基本的になにもいない。

サイレンス・ゾーンは、チワワ砂漠の近くにある
6_e1

様々な超常現象?サイレンス・ゾーンの魅力に取りつかれる人々

 にもかかわらず、パラシオスのような熱狂的な支援者たちは、ゾーンの特異な特徴を語り継ぎたがっている。とてつもなく巨大な植物や動物がいるというような話もそうだが、パラシオスによればここにいると病気になったことがないという。それはゾーンのおかげだと彼は信じている。

 「ゾーンはわたしたち家族にとってとてもいいのよ」というのは、パラシオスの妻のチャチャ。「娘のアレジャンドラとその夫は、なかなか子供ができなかったので、あらゆる方法を試していたの。ところが、彼らがここを訪ねて来たとたん身ごもったのよ。2年後に再びやってきた後もまた妊娠したわ」

 本当だろうか? 

 どこまでも平らな大地を進みながら、そんなことはそれほど重要ではないように思えた。太陽は西へ傾き、月がちょうど反対側の遠くの山並みの上に出ている。この砂漠にいると、なんだか別世界のような感覚になってくる。まるで自分たちが、傾いた地球のてこの支点にいるようで、オレンジに光る火の玉がひそやかな天空のシ
ーソーで金属製の円盤を持ち上げているように見える。

via:Exploring Mexico’s Zone of Silence, Where Radio Signals Fail and Meteorites Crash/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
ロズウェルUFO事件現場付近で、謎の交通事故が発生。男性2人が行方不明となり記憶喪失状態で発見される。(米ニューメキシコ州)


UFOを信じるアメリカ人のUFOを信じる5つの理由


宇宙人は存在していた?ロズウェル事件の新たな写真が公開される。(閲覧注意)


記録上有名な25のUFO目撃説


民間航空会社のパイロットが確かに見たと証言した5つのUFO目撃情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 20:55
  • ID:.PsY.DPG0 #

出てきた名称に危うさを感じるものが多くてそっちが気になる

2

2. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:01
  • ID:jyZmkMoL0 #

文章が詩的

3

3. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:05
  • ID:7HkVGPyq0 #

タルコフスキー監督の映画「ストーカー」を連想しちゃった。ロマンがある話しだね〜。

4

4. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:10
  • ID:LIOmRhUs0 #

一応…
情熱は 傾ける か 注ぐ もんだと思う。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:22
  • ID:PYgariwa0 #

※4
情熱を向ける
情熱を燃やす

言葉は生き物

6

6. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:23
  • ID:oP7ct5DL0 #

アテナロケットって1993開発開始なんですがそれは

7

7. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:26
  • ID:VI7cIBP50 #

まっさかーり担いだ
きんたりょおー♥

8

8. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 21:56
  • ID:QhFnUs1R0 #

メキシコってUFOだけでなく、気象衛生からも不思議な現象が多々観測されてたり、ミステリアスな現象がいっぱいあるんだってね。この手のニュースは本当にワクワクするわ。
行ってみたいけど、メキシコはUFOを目撃する前にトラブルに巻き込まれそうで怖いなぁ。

9

9. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 22:00
  • ID:ddXC5Fz.0 #

毎日ため息つきながら水戸黄門見てるより
何倍も健康に良さそうなのは確かだ

10

10. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 22:04
  • ID:4iO7idS.0 #

隕石がコンパスに衝突したのか・・・と思ったら違ったw
そもそも、コンパスって制御できたっけw

11

11. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 22:30
  • ID:12JUkUzn0 #

貴重な生物が居たり、色々な物が空から降って来たり、盛り沢山だね、チョット気になったのはメキシコなのにアメリカのチームがワラワラやって来て色々な物を本国に送り出していた事、当然協定は有るのだろうが。

12

12. 匿名処理班

  • 2016年11月18日 23:15
  • ID:3P.QWLoI0 #

こんなの日本でもそこかしこ見られる事象じゃないか?
地球なんて過去噴火があった場所は山ほどあって磁鉄鉱が地面に転がってても何ら不思議じゃない

13

13. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 01:20
  • ID:lotqWJNz0 #

こコンパス?制御するもの?

14

14. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 02:19
  • ID:L9py8kG.0 #

ああアエンデ隕石かー。でも隕鉄じゃなくてコンドライトだよね。
コンパス狂うんかな。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 07:16
  • ID:IwX8Io.Z0 #

ミラ・ジョボヴィッチです

16

16. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 08:39
  • ID:hCQvNwNX0 #

指さすオッサンの頭にアダムスキー乗っとるやん

17

17. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 09:58
  • ID:wlIgtH2nO #

UFOを基にソンブレロが作られたんだよ(大嘘)

18

18. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 15:25
  • ID:bLFxNoYA0 #

英語では「サイレント・ゾーン」または「ゾーン・オブ・サイレンス」って呼ばれてるみたい。隕石の落下、ロケットの墜落、村人の間でささやかれる噂話、目の前に広がる「静かな」荒野……なんというロマン!

19

19.

  • 2016年11月19日 18:49
  • ID:2dHI1wsk0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2016年11月19日 20:41
  • ID:EcWsgv340 #

とりま、盛りすぎな土地なのはよくわかった

21

21. 匿名処理班

  • 2016年11月20日 16:43
  • ID:6rzXrdM.0 #

こういうなーーんにもない乾いた土地を走り抜けてみたいものだなあ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク