0_e7

 人類の新たなるミッション……それは火星に文明を築くことだ。ナショナルジオグラフィックが製作する新ドラマシリーズ『マーズ 火星移住計画』では、この赤い惑星での暮らしについて紹介している。

 専門家が考える火星の家はイギリス、グリニッジ天文台で展示される。ワイルドクリエーションズ社が数か月がかりで完成させた家はドーム状構造。火星の土壌から採取される原料と宇宙船のリサイクルパーツ(二重エアロックドアなど)を組み合わせて作り、初期の移住者を火星の過酷な環境から守るよう設計されている。

スポンサードリンク


Mars expert Stephen Petranek explains Martian home construction

 家の構造は、スティーブン・ペトラネック著『火星の暮らしの様子(原題:How We’ll Live on Mars)』の解説に基づく。トラップドアから続く地下には、ヒーターと火星の大気の95パーセントを占める二酸化炭素を酸素に転換する機器が設置されている。

1_e7


 上階には、電子レンジなどを備える小さなキッチンエリア、ベッド、コンピュータースペースがある。天井に設えられたプラットフォームでは鉢の中で植物が栽培されており、食料の20パーセントが賄われる。主な食事はフリーズドライ食品となるために、レタスが特に適しているという。

2_e4

3_e6

4_e7

5_e5

7_e5


 重力は地球のわずか38パーセントで、骨密度の減少には注意が必要となる。そこで3Dプリンターで作成されるフィットネスマシンで日々運動を行わなければならない。外出する際はスクーバダイビングのスーツにも似た軽量宇宙服を着る。

 困難な火星への入植を進めなければいけない理由について、ペトラネック氏は好奇心でなく必要性である答える。彼によると、隕石の衝突や治癒不能なウイルスの蔓延など、いつの日か絶滅イベントが地球に起こる確率は100パーセントであり、ほぼ確実に人類を滅亡へと追いやる。これを避けるために複数の惑星で暮らすことが必要なのだという。

 展示された火星の家の外観はイグルー(イヌイットが氷で作る家)のようだ。火星の土壌から建材を入手する状況では、屋根のない家のほうが作りやすいのだという。家の外には、巨大な送信機と安定させるための”翼”がある。

6_e4

8_e5

9_e3


 レンガのような建材は、火星の表土をマイクロ波で固めたもの。火星の赤道に沿って伸びる長さ4,000キロ、幅100キロのマリネリス峡谷に建てることが想定されている。展示品の壁の厚さは3メートルだが、マイナス50度、宇宙線、薄い大気、小隕石の衝突といった火星の過酷な環境に耐えるために実際には6メートルの厚みが必要になるという。

 イーロン・マスク氏のスペースXは、2025年の人類の火星到着を計画している。先月、マスク氏は自身のもっとも野心的なプロジェクトを発表。”惑星間輸送システム”で人間を火星に送り、百万人が生活できる持続可能なコロニーを建設しようというのだ。彼の希望は生きている間に実現できると発言している。

 しかし最終的に全文明が火星に定住できるようになるまでにはずっと長い時間がかかるだろう。

10_e1

15_e0

16_e

それでも火星に移住したい人は30%も

 ナショナルジオグラフィックは、2,000人を対象に火星での生活についてアンケートを実施した。その結果、移住を検討すると回答したのは30パーセント。さらに24パーセントは地球への帰還が望めない片道切符だったとしても検討すると回答した。

 そうした理由としてもっとも多かったのが「地球は人口過密である」(31.3パーセント)で、次いで「純粋な冒険」(31.1パーセント)、「温暖化や環境問題」と続いた。またスペースXなどのプロジェクトのおかげで、回答者のうち16パーセントが2040年までには人類は火星で暮らすようになると考えている。
 
 ナショナルジオグラフィックのTVミニシリーズでは、ダイダロスという宇宙船で6人の宇宙飛行士が火星へ向かい、その地下に必要最小限度の居住区を作り上げる。その後のミッションで徐々に資材が運び込まれ、モジュールを組み合わせることによりコロニーを拡大していく。2033年と現代を舞台に、専門家へのインタビューも交えつつドラマが展開される力作だ。

11_e0

14_e0

17_e

13_e0

18_e
via:Your future house on Mars: First ever Martian show home reveals what life would be like on the red planet/ translated hiroching / edited by parumo
▼あわせて読みたい
火星を植民地化するため、NASAは藻類や細菌を利用し酸素を作り出すプロジェクトを発足


火星に入植するうえで鍵となる10種の先端技術は何か?


火星の食事はカタツムリで。ロシアの研究所が宇宙食としてカタツムリを提案


2025年、火星への片道切符の旅。日本人10人が最終選考に入る。


地球はあと何年くらい人類が生息可能な場所であるのか?(英研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2016年11月12日 09:43
  • ID:NBVND0Uc0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 10:11
  • ID:t2EuKA.P0 #

大気の95パーセントを閉める

大気の95パーセントを占める
閉める:(ドアなどを)閉じる
占める:(ある割合を)持つ
締める:固定して動きにくい状態にする
絞める:(首などをに)物を巻きつけて力を加える

3

3. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 10:34
  • ID:N1tmAFx30 #

火星に移住するよりも大陸棚に海底都市作る方がはるかに現実的だと思うが

4

4. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 10:35
  • ID:pEHV9vte0 #

ところで、ガラス面で外丸見えだけど、有害な日光の成分とか完全に防ぎきれるんだろうか?
映像作品では思いっきり無視される要素だけど、本来は宇宙船外活動用宇宙服と同じくサンバイザーが常時必要(顔は見えない)って話だし

5

5. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:00
  • ID:9zQusMt.0 #

リアルにコストを考えれば、火星入植にかかる予算を地球の環境問題や人口調整に当てた方が利口なんだよね。

同じカラパイアの「火星に入植する上でカギとなる10種の先端技術とは何か?」という記事でも触れられているが、低重力環境は人間の生殖能力にダメージを与える。低重力化での霊長類の交配・妊娠・分娩については、まだきちんとしたデータもない。
仮にどんなに立派な都市が作れても、住んでる人間が子孫を残せずに年老いて死んでいくだけなら、それは入植地とは言えない。せいぜい流刑地と言った所だろう。

6

6. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:18
  • ID:tEwYEOox0 #

一戸じゃ狭すぎるよね、連結してコロニー都市にするんでしょ?

7

7. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:29
  • ID:k27tOYI90 #

やっぱり地球のおうちが一番!

8

8. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:46
  • ID:zFgOhO.F0 #

月に1年、数人住むだけで約5兆円かかる試算が出てるのに火星の移住に拘る理由がわからない。そもそもイーロン・マスクのスペースXの利益ってどうやって出てるの?なんか金持ちの道楽か投資詐欺の類にしか見えん。

9

9. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:52
  • ID:95b4BAJr0 #

火星に人類が移動する手段ができたとしたらそのままコロニーとして太陽系から離れた方がいいと思うなあ

10

10. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 11:57
  • ID:i5ORoYYF0 #

食べることが楽しみで、ゴロゴロ大好きやから、火星なんかに行ったら発狂してまう。

11

11. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 12:01
  • ID:DU4W.60U0 #

核を打ち込みまくれ

12

12. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 12:25
  • ID:zOmfnyNO0 #

火星は地球に比べて重力が弱く大気も希薄であるためロケット打ち上げにかかるコストが低い。
それでいて南北両極地に揮発性元素が蓄えられている可能性が高いと考えられている。

人類の居住に適した環境ではないけれど、深宇宙開発に向けた工業生産施設としてなら適してそうな気がする。

13

13. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 12:34
  • ID:1gT41CJZ0 #

まだ火星へ行けたとしても片道キップだしねぇ

往復できるようになってから考えるけどそれまで生きてるかなぁww

14

14. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 12:46
  • ID:Vsd9.VTx0 #

前にディスカバリーチャンネルだったかで見た時には
宇宙線を防ぐ地球みたいな磁場が無い(あるにはあるけど極弱い)から
そこをクリアしないと移住はどうにもならない、みたいな話を見た覚えがある

15

15. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 12:51
  • ID:8GbPQU.P0 #

建築は旭化成で

16

16. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 13:16
  • ID:aaCuf1P80 #

居住地ではなく人間を火星に適した身体に作り替えない限り移住は無理

17

17. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 13:21
  • ID:7LUBJajo0 #

大航海時代ですら膨大な死人の上で作り上げた
移住地、火星も同じように安定して住める地に
なるまで膨大な費用と命を注ぎこむだろうな
そういう名もなきチャレンジャーこそが英雄であり
後世の残る名誉を得る

18

18.

  • 2016年11月12日 14:22
  • ID:UWq85eVW0 #
19

19.

  • 2016年11月12日 14:44
  • ID:MQxKgdOn0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:01
  • ID:ynVLbZC40 #

※8
いくら費用がかかろうとも人類滅亡の確率をグンと下げられるならお安いだろ
宇宙探査は人類の夢だしね

21

21. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:26
  • ID:PiTH2t350 #

よく地球の環境問題が酷くなったら火星をテラフォーミングして移住とかいうが、
あんな不毛な星をテラフォーミングするぐらいなら地球を修理した方が早いし楽な気がする。
もっとも人口問題での移住ならば仕方ないが。それでも他の方たちも言うように石油リグを応用した海上コロニーなど海の方が現実的だと思います。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:28
  • ID:3HsIa6rt0 #

※17
個人的にこの冒険主義ってのは現代ではしてはいけないことだと思っているんよね。
もちろん、過去のチャレンジャーや英雄には敬意を表するけどさ。

システムが複雑化した現代では一つの重大事故が数年以上の停滞を招くことも多々あるわけで…
スペースシャトルの事故の停滞後、ソユーズだけが実用有人ロケットになっているようにね。
ホントに実用化を目指すなら、堅実に技術革新を進め、無人探査やシミュレーションを繰り返した積み重ねのほうが早いと思うわけ。

そうすれば、火星移住だけではなく地球上での極地開発やら人口過密問題や地球温暖化問題に対する対応方法も実用化できるかもしれない。

23

23. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:29
  • ID:7uc.KzZO0 #

火星もいいけど、始めに海底都市作ってくれ

24

24. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:35
  • ID:dLBA70LY0 #

※17
うむ困難に立ち向かう開拓者は素晴らしい

俺はヘタレで良いので、快適な日本でゴロゴロするンゴ!

25

25. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 15:42
  • ID:82ONu9Tm0 #

重力が弱いことは今の火星の大きさではどうしようもないからなぁ。
でもこういう家のこういう暮らしは個人的には悪くないw

26

26. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 16:37
  • ID:LN26fU.m0 #

>展示品の壁の厚さは3メートル
30cmに見える・・・誤訳かな?

27

27. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 17:20
  • ID:qGCD0ekx0 #

そのおうち欲しいりんぐ

28

28. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 17:53
  • ID:k7n0GdbX0 #

※4
内部構造を見やすく表した断面図的なサンプルでしょう。

「amazonとネット使えるなら火星に移住してもいい」なんて引きこもり気質な人は冗談言うけど、
もし仮に通販とネットが地球と同じように使えると仮定しても、低重力とか宇宙線とか現在分かっている諸々の問題が全て解決できても、きっと想定外、予想外の問題が発生して体と精神が壊れると思う
人間は地球の自然の一部なわけで、
永続的に移住するなら海山陸動植物有機物無機物全て含めて地球の自然に近い環境を作るかないんじゃないかな
都会的な設備を整えただけでは人は生きられないと思う

29

29. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 18:03
  • ID:1axDrCIt0 #

※3
記事にもあるように最終的な目的は地球に絶滅イベントが起きた時に人類という種が消えてしまわないようバックアップする事だから、海底とは意味が違うのよ。

30

30. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 18:16
  • ID:NquQgPKG0 #

※16
同感、まずはサイボーグ技術を極めるべきだと思う。そののち満を持して火星に入植するのがいいと思うな。

31

31. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 18:51
  • ID:JsXN.RWV0 #

ドラマ「火星年代記」みたいなプレハブがいいです

32

32. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 19:52
  • ID:WXG8Wk6a0 #

せっかくジオデシックドームがあるのだから四角いレンガはやめてほしい。火星の砂を4面体と8面体に加工すれば、積層して分厚いドームを作る方法がある。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 19:54
  • ID:P6JS22gk0 #

まずはゴキブリ投入しようぜ

34

34. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 20:23
  • ID:TGaRcZcl0 #

TEDで語られてたが、未開の星に入植するより地球環境を改善するほうが遥かに簡単なのだから冒険的異星開発なんて自殺行為なんて辞めて地球にもっと目を向けろってやってたな。

35

35. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 21:09
  • ID:7rlLrEs.0 #

※23
まず海上都市でモラルや役割分担等々の訓練が先かも
海水と空気使い放題のゆるゆるだが、その程度でも問題はおきる

36

36. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 22:02
  • ID:BslIdhk30 #

火星って地震はないのかね?

37

37. 匿名処理班

  • 2016年11月12日 22:47
  • ID:NADgMBAF0 #

星を喰らい羽ばたく罪

38

38. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 00:18
  • ID:nEN3r4Kx0 #

そういえば水はどこから補給するの?
火星は乾燥してそうだから、指先のひび・あかぎれで何もできなくなるかもw
まさか片道切符で火星到着から数週間の命とか言わんよね・・・

39

39. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 04:10
  • ID:W1AiXP3O0 #

根本的問題として、火星での生活問題の前に、火星への移住問題を解決しないと無理でしょ。
数ヶ月間に及ぶ、無重力状態での生活、食料問題、閉鎖空間での人間関係、宇宙線による被曝線量。
これらはよくある物語の、「数ヶ月の月日がたった」って一節で終らせられる程簡単じゃない。
星間航行技術が確立させるまで片道切符ですらないよ。

40

40. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 07:25
  • ID:PPaQFD9d0 #

光速だと火星まで平均4分半だっけ
移住成功したとして
ラグがあり過ぎるから、惑星間通信はもっぱら文字でのやりとりになりそうだね
それとも量子テレポートとかなんとかで短縮できるのかな

41

41. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 11:10
  • ID:7.bOY9ZU0 #

※38
水だけはいくらでも有る。

42

42. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 14:29
  • ID:tHMuTwz90 #

地球なら、「地震だー!」「火事だー!」となったときは
とりあえず外に逃げればいいけど、
呼吸できない環境じゃ逃げ場がないのが怖い。

43

43. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 15:33
  • ID:V5zhOqNe0 #

地球人類が絶滅するより、火星に移住した人たちが絶滅する危険性のほうがはるかに高そうに思えるけどな。

44

44. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 16:04
  • ID:LQEKpiEh0 #

フロンティアを失った生物に待つ物は 緩やかな死

人類絶滅回避的な意味でも 地球の生物のためにも
火星移住打って出るべし

45

45. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 20:33
  • ID:LQEKpiEh0 #

※43
当たり前だよね
お花畑にでも移住する計画だと思った?
人類史はそういった数多の屍の上での私たちの生活なのよ?

46

46. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 22:41
  • ID:d5nKNtLv0 #

※3
自分もそう思う。
人類絶滅なんてそれこそSFの世界。

47

47. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 22:46
  • ID:d5nKNtLv0 #

※8
確か一兆円あればコロニーが作れるんじゃなかったけ?
コロニー建設のほうがよっぽど現実的。

48

48. 匿名処理班

  • 2016年11月13日 22:51
  • ID:d5nKNtLv0 #

※34
結局資源が目的なんでしょうね。
先に行ったもん勝ち。

49

49. 匿名処理班

  • 2016年11月14日 03:29
  • ID:ZYN9.MkQ0 #

まず火星のサイズは地球の1/3の直径しかない
そのうえ大気は極めて薄く酸素も無い
ここまでなら写真の住居を作ってエアロックがちゃんと機能していれば何とか生活出来るだろう
しかしまだ問題が残っている
火星には地磁気がほぼ無い
なのでこの程度の住居では太陽風が降り注いで毎日が福島第一原発事故状態
なので癌になりたければ行けばいいんじゃね?

50

50. 匿名処理班

  • 2016年11月15日 03:07
  • ID:JK6h.3iu0 #

ここまでピングーのお家なしとは……

51

51. 匿名処理班

  • 2016年11月16日 08:37
  • ID:5UC1xsRb0 #

※26
俺も気になって元記事見てきたけど、10フィート(3メートル)ってちゃんと書いてたよ。

52

52. 匿名処理班

  • 2016年11月22日 04:01
  • ID:eQoGHCch0 #

核ミサイルって書いた人いたけど、どうせ呼吸出来ないなら大規模爆発起こして大気中を数十年規模の粉塵まみれにして宇宙線遮ったらいんじゃね?その間に珪藻類や菌類の窒素に強くて酸素生成力強い植物蔓延らせて、人類は地下都市形成が常考だと思うんだが。

53

53. 匿名処理班

  • 2016年11月23日 16:56
  • ID:dB3.hC.q0 #

>宇宙船のリサイクルパーツ(二重エアロックドアなど)を組み合わせて作り

行ったキリの帰り道無しですね。
他惑星の移住計画として実験された「バイオスフィア2」計画では、8人の男女が
巨大な密閉空間で自給自足の生活実験を行ったが、途中で精神を病んだり、生態系の崩壊により2年で頓挫しただろ。
こんな処で暮らせるかよ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク