0_e6

 カラパイアの愛読者なら、マヌルネコのありあまる魅力のほどをよくご存じかと思うが、地球上に舞い降りたこの愛嬌たっぷりのモフフワ天使は現在絶滅の危機に瀕している。

 ということで、野生のマヌルネコを保護し、研究を行う世界初の保護区がついに誕生した。その場所はロシア、シベリアの山間部で、アルタイ山脈にあるサイリィウゲムスキー自然公園(Sailyugemsky Nature Park)内の32平方キロメートルの区域である。マヌルネコの保護へ向けた重要な一歩となる。

スポンサードリンク

 マヌルネコはシベリア南部の固有種で、中央アジアや中国にも生息する。人前に姿を現すことを好まず、単独で生活していることから、滅多に目撃されることがない。

 ノヴォシビルスクで最近開催された国際カンファレンスにおいて、この希少種を保護し、公園内で観察を強化する運びとなった。

2_e5

 サイリィウゲムスキー自然公園には15個の仕掛けカメラがあり、マヌルネコの生存を助けるインフラが完備されている。

4_e4

5_e3

 ロシア国内では絶滅危惧種リスト入りしているマヌルネコだが、隣国のモンゴルでは毛皮需要から狩猟の対象である。こうした乱獲が続けば、広い範囲で絶滅する恐れがあると研究者は懸念する。

3_e5

 ロシア国内でも密猟は深刻だ。マヌルネコについて不明な点も多いが、ザバイカル地域やトゥヴァ共和国、アルタイ共和国で生息することが知られている。

 サイリィウゲムスキー自然公園の副園長デニス・マリコフ氏は、「マヌルネコは絶滅の危機に瀕していますが、世間から不当なほどに忘れ去られています。ロシア国内ですらこの種に関する研究は数えるほどしかありません」と話す。

6_e3

7_e2

 今回の決定を受けて、公園がマヌルネコ保護研究の中心地になるだろう。まずは全体的な生息数を見積もり、生息地を把握することが急務である。

 「この種に関する最新のデータは3、40年前のもので古すぎます。ネットでアクセスできるデータベースを開設し、マヌルネコの目撃事例すべてをここに登録する予定です」と研究者のアレクセイ・クシレコフ氏。

8_e2

9_e2

10_e1

 現在、ロシア中の研究者が精力的に観察を行なっている。アルタイにおける生息数の推定は11月に発表される予定だ。マヌルネコには保護が必要であること、この地域こそがその生息地であり、保護区なのだと世界的に知られるようになるだろう。


Pallas's Cat (Otocolobus manul or Felis manul), also known as the Manul
via:atlasobscurasiberiantimesなど、/ translated hiroching / edited by parumo

追記(2016年10月10日)

 この記事を見てくれたコノサカさんが、上野動物園の「マヌルネコ」コーナーにいたマヌルネコの写真を送ってくれたよ!シベリアに住むマヌルネコとはちょっと違うみたいだけれど、すごくイケニャンなので、生マヌルを見たいお友達は上野動物園にGO!なのだ。

no title


▼あわせて読みたい
魅力満載!表情豊かなマヌルネコの愛くるキュートにズームイン!


野生のマヌルネコが現れた!うらやまけしからんマヌルネコの子どもたちを撮影した映像


ふっさりワイルドなヤマネコ、マヌルネコの「だるまさんがころばない」【百面相画像追加】


失いたくない。絶滅の危機に瀕している美しい26種の猫族


かわいらしいイラストで学ぶ、動物たちのちょっぴり切ない20の真実


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 09:48
  • ID:EvEKKMqk0 #

警戒心強い割にカメラには好奇心旺盛なんだよな

2

2. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 10:26
  • ID:QEKhRNli0 #

一度でいいからモフりたい!

3

3. ずんぐりむっくり

  • 2016年10月09日 10:30
  • ID:gcZ9vUWM0 #

>世間から不当なほどに忘れ去られています。
ほんと日本の猫好きでもカラパイアの住人以外には
ほとんど知られてないと思う。

4

4. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 11:20
  • ID:vMFVW9aA0 #

シベリア鉄道を北海道に繋ぐ理由が出来たな!

5

5. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 11:54
  • ID:H5FSlzqd0 #

目がすわってる所に親近感

6

6. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 12:38
  • ID:wfrhCv6u0 #

下の方の写真のお顔四角過ぎない?重箱の中で昼寝でもしてたのかな?
猫の丸みに加えて四角さも堪能出来るなんてお得過ぎる子たちだな

7

7. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 13:42
  • ID:BvbxI0Vf0 #

今気づいたんだけど、マヌルネコって黒目がまん丸だったんだな!

8

8. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 14:02
  • ID:..3orqYW0 #

万年おこなの?

9

9. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 14:11
  • ID:tq5Zo9oe0 #

どうしてもマムル(ry

10

10. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 15:32
  • ID:Fp.mr.G90 #

初めて見た時は不細工な猫だと思ったけど
見慣れてくればかわいく見える

11

11. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 17:24
  • ID:gBl0u6Fv0 #

モンゴルにフリースを大量に送りつけてやれ

12

12. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 18:33
  • ID:c9o9miGK0 #

集団を持たず、点在してるとなると個体数把握は難しそうだね。
中国あたりはパンダと同じように扱ってくれればいいのにと願う。
モンゴルは・・・遊牧民に絶滅危惧種とか説明する事が難しそうだ

13

13. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 19:09
  • ID:.ZTI.jbm0 #

なんという食パン猫

14

14. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 20:04
  • ID:VRE62Xxn0 #

マヌルネコの真髄は変顔にある

15

15. 匿名処理班

  • 2016年10月09日 20:25
  • ID:E2alNpBo0 #

モンゴルもロシアも教育レベルや生活習慣の問題じゃなく、国民の生活水準の格差が乱獲に繋がってる気がする。
モンゴルで昔ながらの放牧生活してる人々はどんどん減ってるし、学校さえ行けてれば、基礎教育レベルはそんなに低くない国だよ。
密猟して売らなきゃ生活できない層の住民対策が根本的解決への必要案件なんだろうけど……難しいだろうなあ……。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年10月10日 09:04
  • ID:bd9SL08B0 #

サムネの子の「むふ☆」と云う顔が、地球規模で保護せなあかん感凄い

17

17. 匿名処理班

  • 2016年10月11日 08:49
  • ID:qlVNd9re0 #

密漁するヤツ、売るヤツ、そして製品を買うヤツ・・・同等に規制罰しろっ

18

18. 匿名処理班

  • 2016年10月11日 11:59
  • ID:68nAUzYp0 #

聖地なんだからお行儀よくせえよ

19

19. 匿名処理班

  • 2016年10月11日 13:45
  • ID:XpKbHay40 #

紙コップを乗せたい誘惑にかられる頭の形してるな

20

20. 匿名処理班

  • 2016年10月12日 03:13
  • ID:8GHjsp4o0 #

エルバッキー

21

21. 匿名処理班

  • 2016年10月18日 16:41
  • ID:heV0NVmI0 #

那須どうぶつ王国には二匹いるよ。そこで知った。
ロシアから受け入れて保護を開始してる。繁殖を計画しているかどうかはわからないけど。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年11月01日 23:11
  • ID:l1jNa3Nl0 #

ユキヒョウとは違うのか

23

23. 匿名処理班

  • 2016年11月06日 16:15
  • ID:oralGEoq0 #

名古屋の東山動物園にもいます。繁殖に成功したこともあったかと。
亡くなった隻眼の個体、十兵衛くんが思い出深いです。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年11月07日 22:24
  • ID:MKQlektG0 #

神戸にもいるけど動いてるとこ見たことはほとんどないな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク