top

 オーストラリアのクイーンズランド州にて、先日車の事故で母親を亡くし、孤児となった9か月の赤ちゃんコアラが、親切な発見者の手によって動物病院に運ばれ保護された。

 奇跡的なことに彼の体には目立つ外傷は無いものの、彼の精神面を気遣った飼育係が赤ちゃんコアラがしがみつくことができるコアラのぬいぐるみを彼にプレゼントした。まだお母さんにくっついている時期の赤ちゃんにとってそれは素晴らしい贈り物になったようだ。
 
スポンサードリンク

Help us help them this Trauma Season!

 今週初め、母親が車に轢かれて亡くなってしまい、孤児になってしまった9か月の赤ちゃんコアラがオーストラリア動物園の野生生物病院に保護された。

 シェインと名づけられたコアラの赤ちゃんは、実は事故当時、母親の背にしがみついていたらしいのだが、非常に幸いなことに目立った外傷が無くほぼ無傷な状態だった。

1

2

 だが彼はたとえ体が無傷であっても、母親を失うという深い心の傷を負っている。母親を失った赤ちゃんのメンタル面を心配した飼育係は、少しでも彼の心が癒されたら、とコアラのお母さんの形をしたぬいぐるみをプレゼントした。

 それはどうやら功を奏したらしく、シェインはぬいぐるみ母さんにぴったりとくっついてくれた。

3

4

 シェインに限らず、こうした事故で母を亡くした幼いコアラは野生で独り立ちできるように練習をする必要がある。それは赤ちゃんコアラにとってはつらい訓練になる。とはいえまだ幼い彼は、その前段階としてきめ細かな体調管理がなされているという。

5

 実はこの時期、野生に帰るつらい試練を受ける孤児の動物はシェインだけではない。同病院によると、オーストラリアでは暖かい時期にあたる8月から2月にかけ、車にはねられたり家畜に襲われる野生動物が増えるため、何十頭ものコアラをはじめとするさまざまな動物たちが傷を負ったり、孤児になったりして病院に運ばれるのだという。

6

 それどころか現実には病院に運ばれる以前に放置されて命を落とす動物も少なくないのだ。そんな事情から同病院の院長は、事故に遭ったシェインに気づいて病院に運んだ救助者がいてくれたのはとてもラッキーなことだった、と述べている。シェインのような赤んぼうのコアラは野生のなかで放置された場合、たった1日生き延びることすら厳しいからだ。

7

 事故死と放置を免れ、2度も命拾いをしたシェインくんは、その強運を武器にして野生にもどる姿を見せてくれることだろう。

 とはいえ彼はまだ母親が恋しい年頃だ。今はぬいぐるみお母さんの背中にしがみつき、優しい飼育員に支えられながら心の元気を取り戻してほしいところだ。

シェインくんの様子はtwitterFacebookでも公開されている。

via:thedodo・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52181713.html
アフレコ求む。なんとか話し合いで決着をつけようとしているコアラたちの様子


街を闊歩していたコアラ。少年にカメラを向けられ立ち止まり「こうですか?」のポーズ(オーストラリア)


「キィィィイ!」お気に入りの木から引きずり降ろされたコアラの激おこ!


一方オーストラリアでは・・・コアラがスーパーから牛乳を??


アライグマ(ぬいぐるみ)が好きなんジャイ!猫に攻撃されてもアライグマを死守するリスのいる風景


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2016年10月01日 11:42
  • ID:yF.h9uXp0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 12:29
  • ID:N9Gd.zlD0 #

着ぐるみ着るからお母さん役やらせて・・・

3

3.

  • 2016年10月01日 13:12
  • ID:v8UQ75ZQO #
4

4.

  • 2016年10月01日 13:19
  • ID:Bnem8W.iO #
5

5. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 13:53
  • ID:H5vVhX2G0 #

俺と一緒だ。
俺には母親がいなかった、父親が一生懸命働きながら育てられた、
母親の愛など、全く知らない。

6

6. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 14:09
  • ID:eF.Y37im0 #

着ぐるみ洗う係になるわ

7

7.

  • 2016年10月01日 14:17
  • ID:xuVKJWU10 #
8

8. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 14:30
  • ID:G.WW3Lme0 #

心無しか俯いてる時が寂しそう
生きていても、今は地獄のようだろうな…
どうか幸せなってくれ…

9

9. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 14:59
  • ID:CP5bCWpIO #

日本の大学は動物のお母さん型ロボットを開発してはどうかな?
開発者の趣味丸出しの女の子型アンドロイドじゃなくてさ

10

10. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 15:34
  • ID:1.SlrEz30 #

俺でいいなら一生大切にするのに

11

11. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 16:35
  • ID:Jn3Zfu0K0 #

オーストラリアの動物ってかわいさの面で異常に過大評価されてる

12

12. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 16:36
  • ID:Jn3Zfu0K0 #

あ、でもインコやオウムの類は別だなと思う

13

13. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 17:50
  • ID:b8Z1DYZI0 #

※9
つまり人間用に母親型のバブみを感じられるロボットを作れと

14

14. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 18:01
  • ID:iRsMNt8Y0 #

コアラは可愛いいしオーストラリアにしか居ないから話題になるけど、
鹿や狸それにニャンコ、孤児になっちゃった動物は自然の掟は仕方がないけど、交通事故とか 人間が原因で孤児になるのは何とかならないかね、食害とか駆除しなければならないのも判るけど 。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 18:04
  • ID:e..kVl5E0 #

※12
特徴的な動物が多くてとってもかわいいじゃない
異常になんて言わないであげて〜(T ^ T)

16

16. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 19:14
  • ID:.tWNHKD70 #

※2
目が潤みかけてたけどいい感じに乾いたわ
ありがとw

17

17. 匿名処理班

  • 2016年10月01日 20:55
  • ID:4wXoIeOg0 #

保護される一方で毎年大量の
コアラが駆除されてるんだよね
なぜそんなに分かれ目ができるんだろうね

18

18.

  • 2016年10月01日 22:10
  • ID:5I8joHI.0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 01:05
  • ID:TURfc4.h0 #

オーストラリアはクジラにはあんなに異常に執着するのに、地元特有の
貴重な生物とかへの応対は変だよね
カンガルーとか目茶苦茶されてるし……

増えてんのならウォンバットとかコアラこっちにくれ
特にウォンバット。豪州じゃペットに飼えるのに何故輸出禁止なんだよー

20

20. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 03:50
  • ID:tF5vaFtP0 #

お母さんも心残りだったろう。
ちゃんと育ってるから安心してね。

21

21.

  • 2016年10月02日 05:46
  • ID:JSUU.a540 #
22

22. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 11:52
  • ID:2QzMee510 #

ぬいぐるみだと子供はなつくけど、骨組みや固い素材だと、形がにててもだめなんだっけ?

23

23. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 13:31
  • ID:F66FOOzR0 #

もっとでかいのは無いのかwどっちが赤ちゃんなのか、、コアラて
ユーカリの毒を親のフンを食べて体に慣れさせるけど、そこはどうなるのw

24

24.

  • 2016年10月02日 22:06
  • ID:FxlBEC9R0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2016年10月03日 11:59
  • ID:AZ7Z.Bkq0 #

はぁぁあぁ
ワイにも抱っこさせて!
首のところコチョコチョさせてくれぇ〜

26

26. 匿名処理班

  • 2016年10月04日 16:10
  • ID:5HjxPSZ80 #

針金のサルの実験ってのがあったよね

27

27. 匿名処理班

  • 2016年10月05日 10:48
  • ID:1mjn0BY80 #

あら可愛いw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク