c5763554

 「思うに、この世でもっとも慈悲深きことは、人間の頭脳がすべてのものの関係性を明らかにすることができないことなのではなかろうか」とはH.P.ラヴクラフトの言葉である。

 我々人類は、宇宙やその仕組みについてはよく理解しているが、すぐ近くにある地球の海についてはあまりよく知らないのかもしれない。

 海洋恐怖症のことをタラソフォビアと言うが、わたしたちが海に恐れを抱いてきたのには理由がある。海中にいるものはとても奇妙で、想像を絶するほど異質なものであることが多く、これまでに存在がわかっているものよりも遥かに巨大だったり、異様だったりするからだ。

 ここでは過去カラパイアで取り扱っている案件を含め、割とマジで奇妙な物体が海岸に打ち上げられた例を見ていくことにしよう。
スポンサードリンク

15. モントークモンスター(アメリカ)

1_e12

 2008年夏の真っただ中、ニューヨーク州ロングアイランドのモントーク岬、ビジネス街の近くのビーチに正体不明の生き物の遺骸が打ち上げられた。いまだにその正体はわかっていない。たちまち人だかりができて、この生物の写真が拡散され、さまざまな噂が広がり始めた。

 この生物の正体ついては、アライグマから、イヌ、大きなネズミといった多くの説が出てきたが、その体や骨格が既知の生物とは異なり、どうにも決め手がなかった。さらに悪いことに、発見後すぐにこの遺骸の行方がわからなくなってしまい、その正体をつきとめることはほぼ不可能になってしまった。

アメリカ、ロングアイランド島に打ち上げられた謎生物「モントーク・モンスター」


 このため、この生物は近くのプラム島の施設から流れ着いたという噂が広まった。そこで実験的に作られたキメラ的な生物だというのだ。あるいは新種の奇妙な生物だったのだろうか?


14. キャンベイ島のモンスター(イギリス)

2_e8

 1953年、イギリスのキャンベイ島に打ち上げられたこの生物は、キャンベイ島モンスターとして知られている。翌年1954年にも再びこの生物の遺骸が発見された。分厚い赤茶の皮膚に出っ張った目、体長は約76センチだったという。

 この生物がもっとも奇妙なのは、二足歩行ができそうな、馬の蹄のような2本の後ろ足があったらしいということだ。単なるアンコウだと言う人もいたが、二束歩行できるという後ろ足のせいでこの説はなくなった。

 論争は続いているが、この後ろ足は単に腐敗したヒレを足と間違えただけだと言われている。河川局は、未知の生物だと考えている。


13. 新たなネッシー?(イギリス)

3_e8

 すがすがしい日曜の午後、イングランド、ロッチデールにある静かなホリングワース湖の岸辺に恐ろしいモンスターが打ち上げられた。長さは1.5メートル超、こぶしより少し大きいくらい口には鋭い歯がびっしり並んでいた。

 この怪物に遭遇した夫婦は、最初ワニだと思ったという。この生物の正体については、結論は出ておらず、たまたま普通サイズよりも大きくなりすぎた奇形のカワカマスだという人もいう。

 たとえこれがただのカワカマスだったとしても、それにしても大きすぎる。この魚はかなり獰猛なので、人に危害を加えるだろう。とても泳ぎになど行けるわけがない。


12. サハリンモンスター(ロシア)

4_e9

 2006年にロシアの海岸に流れ着いたこの生物の遺骸は、目撃者や科学者たちを困惑させた。体長6メートル以上、全身毛のようなもので覆われていたため、魚ではなく哺乳類ではないかと思われた。

 しかし、海洋哺乳類でもこのように長い毛はほとんどない。発見したロシアの兵士は、サハリン島シーウルフと名づけた。特にこの生物の正体をつきとめようとせずに、地元の人たちはこの地域にたびたびやってくるというカミと呼ばれる海の生物だと信じるようになった。

 犬のような頭と毛をもつ生物らしいことはわかるが、骨格は大きなワニのようで謎が深まる。これがなんであれ、いずれにしてもわたしたちが海のことをほとんど知らないといういい証拠だろう。


11. ブロブ・トランコ(南アフリカ)

5_e9

 トランコは、グロブスター(グロテスク・ブロブ・モンスターの略)の仲間。グロブスターとは、海岸に打ち上げられた生き物の死骸が腐乱してぶよぶよした肉塊になった状態をさす。単にブロブとも言う。1924年南アフリカで発見されたこの生き物は、"巨大な魚のようなホッキョクグマ"と言われた。

 この生物は、沖合で2頭の大きなシャチと格闘しているところを目撃されていて、その戦いは3時間も続いたという。その生物は尾でシャチを攻撃し、水面から6メートルもジャンプすることができたらしい。しかし、その後の勝負は明らかで、まもなくこの生物の遺骸が岸に流れ着いた。

 この生物を調べてみた研究者もなく、わかったことはなにも発表されなかった。伝えられているところによると、それは雪のように白い毛をまとっていて、ゾウのような鼻とロブスターのような尾を持っていたという。奇妙なことに血液がまったくなかったと報告されている。


10. テンビーの野獣(イギリス)

6_e8

 イギリスの海岸に打ち上げられたこの謎めいた未確認生物を巡って、激しい論争が起こっている。ピーター・ベイリー(27)が浜辺で犬を散歩をさせていたとき、この生物の遺骸に出くわした。ブタの体にクマのようなツメをもっていたという。さらに謎めいているのは、クチバシのようなものもついていたという。

 モントークモンスターに似ているとよく言われていて、同種の生き物かどうか、幅広く議論されている。この生物の写真は拡散され、未確認生物の話題となると必ず取り上げられる例となった。


9. 巨大な目玉

7_e5

 海岸に流れ着くものというと、ゴミや衣類、ときにはメッセージ入りのビンなどを思い浮かべるかもしれないが、こんなものに出くわしてしまったら大いにぞっとするだろう。世界中の海岸に流れ着く巨大な目玉だ。

 専門家が現物を直接、また写真や動画などで調べた結果、メカジキの目玉ではないかという結論に達した。
しかし、ここで問題が浮上する。普通、眼球というものは海中でいち早く食べられてしまうか、腐ってしまうものなのだが、目玉だけのこうした漂着が何度もあることが、不気味さをさらに増している。


8. 死んだ鳥(アメリカ)

8_e4

 太平洋の海岸に大量の鳥の死骸が打ち寄せられるようになったが、その原因は不明だ。台風などの厳しい気候によって、数羽の遺骸があがることはあっても、これだけの大量死は前代未聞なのだ。

 大量の遺骸があがったのが、オレゴンから南カリフォルニアと幅範囲だったため、専門家はすぐに状況を調べて原因を解き明かそうとした。奇妙なのは、死ぬ鳥がいつも同じ種とは限らないことだ。4種の別々の鳥たちが集団で打ち上げられた例もある。ひとつの説は、成長するにつれ、新しい群れの中でエサ不足が起こったというもの。エサが足りなくなれば、すなわち死を意味する。あとは気候変動という説もあって、これまでのところ、これが一番確実な説である。


7. ストロンセー島の海獣(スコットランド)

9_e4

 1808年、スコットランド、オークニー諸島の海岸に打ち上げられたグロブスター。体長18メートル近くもあると言われているが、尾の部分がなくなってしまっているので、ひょっとするともっと長いかもしれない。

 自然史協会が遺骸を調べたが、正体は特定できなかった。スコットランドの解剖学者ジョン・バークレーが、Halsydrus pontoppidani ポントピダンのウミヘビと名づけた。のちの解剖学者はこれまでの話をすべて否定して、この怪物はもっと小さなウバザメの腐敗した遺骸だと主張した。

 というわけで、いまだに正体は確定していない。ネットでは今日でもその外見や正体について議論が飛び交っている。


6. セント・オーガスティンのモンスター(アメリカ)

10_e2

 1896年、フロリダのセント・オーガスティンの海岸に打ち上げられて大騒ぎになった。フロリダ・モンスター、またはジャイアント・フロリダ・オクトパスとも呼ばれる。

 オクトパス(タコ)という名前がつけられてはいるが、国際動物命名規約によると、その分類ルールには当てはまらない。この生物は、体の西側に7メートルの腕が一本、1.2メートルの腕の付け根部分がひとつ、南側に3本の腕が伸びていて、一番長い7メートルのものより90センチから1.5メートル短かかったという。


5. ニュージランドグロブスター

11_e0

 1968年、ニュージーランドの北島ギズボーン地区の海岸に流れ着いた最大のグロブスター。体長9メートル、体高2.4メートル。サイのようながっしりした体を長さ15センチのこごなった毛が覆っていた。この毛のために、海を泳ぐ巨大生物として多くが思い浮かべるクジラ説は除外されてきた。

 ほかのグロブスターと同様、この生物の正体、出自、分類は専門家にもわからず、今日まで謎は残ったままだ。


4. ガンボ(アフリカ、ガンビア)

12_e0

1 983年、アフリカ、ガンビアのバンガロービーチに流れ着いた大きな生き物の遺骸。その姿は、これを発見したオーウェン・バーナムという15歳の少年が描いた絵が残るだけだ。

 外見的に似ているため、地元の村人たちはこれをイルカと呼び、まもなく頭を切断して観光客に売り飛ばしてしまったという。残りの体もどこかに埋められて、捜索したが見つけられなかった。体長4.5メートル、多くの海の生物のように体の上の部分は茶色く、腹のほうは白かったらしい。

 この生き物には鳥のクチバシのようなものがあり、背ビレはなかったというところが、どうにも説明がつかない。


3. バミューダブロブ

13_e0

 1980年代後半から90年代にかけてバミューダの海岸にあがった、ふたつの正体不明のブロブ状遺骸のこと。88年に最初に見つかったものは、厚さ91センチ、白い繊維質の皮膚で、5本の腕か脚が生えていて、できそこないのヒトデのようだったという。

 サンプルを調べた結果、硬骨魚類の一種ではないかということになった。もうひとつは95年に発見され、最初のときにはできなかった進んだ遺伝子検査ができた。その結果、両ブロブともクジラの組織が含まれていることがわかった。それでも、これらのブロブには答の出ない多くの疑問が残る。


2. ヘブリディーズブロブ(スコットランド)

14_e0

 どうして海にはこんなにたくさんのブロブがいて、いつも海岸に流れ着くのだろうか?少なくともほかの生き物が海中で食い散らかしてしまうからだと思うかもしれない。

 1990年にスコットランドの海岸に流れ着いたヘブリディーズブロブは、進んだ生物学的分類技術をもってしても、いまだにその正体が判明していない。このおぞましい肉塊を発見したルイーズ・ウィッツはこのように語っている。

 「一方の端に頭のようなものがあって、曲がった背中には、食い散らかされた肉あるいは毛の生えた皮膚の残骸が残っていました。全長3.6メートルくらい。背中に沿ってヒレのようなものがついていました」やはり、これも謎めいた生き物だ。正体は結局わからないかもしれない。


1. 靴を履いた足(カナダ・アメリカ)

15_e0

 海岸に流れ着くもっともおぞましいもののひとつは、「セイリッシュ海における人間の足の発見」として知られるものだろう。

 カナダとアメリカの国境にあたるセイリッシュ海の海岸に靴が次々と流れ着くようになり、怖ろしいことにこれらの靴の中には人間の生の足が入っていたのだ。

 2008年から2016年にかけて、全部で16の足が見つかっている。身元が特定できたものもあるが、あとは不明だ。性別すらわからないものもある。中にはイタズラのものもいくつかあったが、16の足はまさにホンモノの人間の足で、足の持ち主はおそらく遺体になっていることだろう。今日まで、これらの足がどこから流れ着いたのか、どうしてこんな事態になったのか、わかっていない。

The 15 Creepiest Things That Have Washed Up On Shore/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
モフっぽいぞ?ロシアの海岸に打ち上げられた謎生物の正体は?


これが伝説のドラゴンか?スペインの海岸に体長約4メートル、角のある巨大生物の死骸が打ち上げられる


浜松の海岸に打ち上げられた巨大謎生物の死骸


アメリカ、ロングアイランド島に打ち上げられた謎生物「モントーク・モンスター」


現世に残された謎:10のミステリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 20:36
  • ID:AB4SEdgs0 #

10. テンビーの野獣(イギリス)
ウ、ウマゴン!?

2

2. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 20:47
  • ID:csXqo.ly0 #

8番目はエルニーニョ現象のせいじゃないのか。
悪い藻がなんちゃらかんちゃらとたけCさんの番組でやってた。

3

3. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 20:48
  • ID:6k.CVdPd0 #

諸星大二郎の漫画の世界でビーチコーミングすると
エラい目に合いそうな気がする

4

4. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 20:54
  • ID:pY6g2H.b0 #

だいたい水吸ってプヨプヨになった結果、原型とは違う形になって見えてるというね。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 20:56
  • ID:M5zi4RXc0 #

足だけ16本って怖い・・・。
何が合ったんだろう

6

6. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:03
  • ID:EBywW8g.0 #

9番目の巨大な目ってたしかダイオウイカだか巨大なイカの目だって言われてなかったっけ

7

7. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:07
  • ID:jIbP8QSl0 #

足の着いた靴が一番怖かったー

8

8. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:10
  • ID:udRdUF8m0 #

最後だけ謎の生物じゃなかった……!

9

9. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:23
  • ID:1aV6CPaj0 #

12はシャチだな。専門家に見せれば判明しそうなもんだけどね

10

10. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:27
  • ID:7eOWSfaz0 #

14.鮟鱇だろ?

11

11. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:33
  • ID:Q3yCF77j0 #

SCP-682がいるんですg[データ編集済]

12

12. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:34
  • ID:2kX95lpf0 #

「タラソフォビア」というものは、海に囲まれた日本人にはありえない。

13

13. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:42
  • ID:9sgfzjwB0 #

13. 新たなネッシー?(イギリス)
ノーザンパイクで1.5m超えるのは別に珍しくもなんともないが。
大袈裟すぎ。

14. キャンベイ島のモンスター(イギリス)
どう見てもアンコウだね。

14

14.

  • 2016年09月19日 21:46
  • ID:5u..kHZP0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:57
  • ID:TO4rQoVC0 #

No.14
どうみてもどっからどうみてもアンコウですやん

16

16. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 21:57
  • ID:Lj9xL2rt0 #

最後のは異質な怖さだわ
ますます海に遊びに行きたくなくなった

17

17. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 22:20
  • ID:nSF3JA7D0 #

「シャチVSトランコ」
 大映怪獣映画かっ

18

18. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 22:27
  • ID:K8dCossz0 #

ニュージランドグロブスターっての、巨大なウツボにしかみえん。
セント・オーガスティンはゾウっぽいなあ・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 22:29
  • ID:8XHlQw1s0 #

オレも怪物の第一発見者になりたいな〜

20

20. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 22:49
  • ID:BKvWSKcS0 #

CSIで足のようなネタやったけど、不法入国者を運ぶ
業者がちょうど運が悪く台風に巻き込まれて、メインである
麻薬がまずいことになり、軽くするために不法者を海に投棄
したという話だった。今回も似たような感じかもね

21

21. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 23:01
  • ID:WYGyM9k.0 #

靴のやつはサメに食べられたとかでしょ。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 23:19
  • ID:JmAoFa3e0 #

わからない生物の死骸ってどうしてもワクワクしちゃうねって思いながら見てたら最後だけ違う話だった…

23

23. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 23:26
  • ID:A6.PvYZkO #

昔海に住んでたばぁちゃんの話だと靴を履いた足は自○者の成れの果てと聞いたなぁ…
50年以上前の話だそうだけどさ。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年09月19日 23:41
  • ID:3KRnwuR80 #

12のクソトカゲはイルカって判明してなかったっけ?

25

25. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 00:13
  • ID:O9Q0NWdd0 #

うろ覚えだけど30年ぐらい前、テレビ東京の夕方に放送していた番組で、「14. キャンベイ島のモンスター」みたいなのを観たことがあるぞ
海で釣りをしていたら、アンコウみたいだけどカエルのような足が生えている謎の生物が釣れた人の話で、その生物もちゃんと実物が放映されてた
たしかにカエルの足みたいなのがモロに生えていて、専門家にも正体はわからないという
あれはいったいなんだったんだろう・・・
ご存知の方いませんか?

26

26. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 00:23
  • ID:Ysq3UvXw0 #

今は沖が埋め立てられたのだが、30年前に甲子園浜にて裸の猫のような死骸が流れ着いていた。
サイズは猫くらいで猫の歯を超える大きなキバが特徴的だったのを覚えている。

27

27. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 00:23
  • ID:l2goVyE20 #

SCP682の元写真って12番なのか…

28

28. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 00:34
  • ID:jgMWGO3Q0 #

4は巨大カモノハシ?

29

29. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 00:36
  • ID:94RnH9kP0 #

※16
個人的には人体の方がマシ
巨大な海洋生物が怖くてしょうがない
人の少ない水族館とか博物館の標本・レプリカとか無理

30

30. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 01:13
  • ID:Lbs9Euq20 #

・6 これ鯨って決着ついてなかったっけ?
正確に言えば、触椀があるからタコ(数十メートル級)だと言い出して学名までつけた人がいたけど、胴体部分を他の専門家に鑑定してもらったら鯨に間違いないって話だったような
あくまで可能性としての話だけど、ダイオウイカ補食中にたまたま死んだマッコウクジラではないかって話だったような

・9 以前これだけで記事が上がった際に、おそらく漁師がメカジキを解体後海に投棄したものが流れ着いたって推測があった
その部分を完全に無視して「問題点がある」っていう記事の書き方はアレだなぁと思わないでも無い

てか、現在だと明確に調査できないものを引っ張り出してきたり、当時の有識者の調査を信用できないと切り捨てたり、現代技術による調査に対しても謎が残ると濁したりして、なんでかんでも未知の生物に仕立て上げようと躍起になってないですかね

31

31. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 01:41
  • ID:8Mgo.HEl0 #

1番だけジャンルが違うじゃねーか!

32

32. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 02:56
  • ID:tMXqsSU.0 #

※30
ろ…ロマンだよ?

33

33. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 03:32
  • ID:p4.Mlndx0 #

※25
その番組は見てないけど、「カエルアンコウ」っていう足の生えたようなアンコウがいるよ。

34

34. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 03:46
  • ID:e8vMPUP40 #

足の持ち主は航空機の墜落、海難事故、津波の犠牲者だったりするんだろうか…

35

35. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 03:50
  • ID:nWLwy9I50 #

※13
ノーザンパイクの1.5mはメチャクチャ珍しいよ。世界記録級。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 08:00
  • ID:OkPYrTLt0 #

よくクジラの遺体だろー
なになにの死骸だろー
とか言うけど

中には絶対ホンマもんおるよね

37

37. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 08:01
  • ID:xZCnzPs60 #

不死身の爬虫類!

38

38. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 08:10
  • ID:1AZsh27z0 #

※33
イザリウオが、カエルアンコウに名称が変わったんだっけ?

あいつ可愛いよな

39

39. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 08:15
  • ID:eibpnphA0 #

14はアカグツちゃう?

40

40. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 08:28
  • ID:iU8FdHF00 #

コジプロの新作ゲーム「デスストランディング(死の漂流物)」がこんな感じの雰囲気だった。もしかしたらタラソフォビアを扱うのかもしれない。

41

41.

  • 2016年09月20日 08:46
  • ID:1AZsh27z0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 09:28
  • ID:PFtD.QoG0 #

14.はどう見ても鮟鱇だぞ

43

43. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 10:20
  • ID:bnsKO1r50 #

1.はFO4の世界に出てくるモールラットでしょ?

44

44. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 10:43
  • ID:9DcjRThM0 #

1の「16の足」って、確か8人分の両足という意味ではなくて、ほとんど同じ方の足なんだよね。そこがまた謎で不気味。
足は他の体の部位よりも靴の浮力で流れ着きやすいんだろうけど、落し物の靴だと思って拾ったらまだ持ち主が履いてたなんてトラウマになりそう・・・。

45

45. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 11:30
  • ID:ZwdOVTXQ0 #

15はマングースの仲間?
4はイルカでいいんじゃないの、たいていクチバシっぽいのあるし、背びれないのもいるし
5はほんとに海竜っぽく見えて素敵だわ
10は何だろう、シロクマにウマの頭くっつけた?でも歯が肉食っぽいし、まるでわからない

46

46. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 11:32
  • ID:M9u9ta0i0 #

その昔ベトナムで買い付けた米軍払い下げのブーツの中に中身あるのがいくつもあったって話が…
なくよく確認せず捨ててるんで穴空いて血まみれの服や毛の生えた塊や耳が入ったヘルメットも…

47

47.

  • 2016年09月20日 12:20
  • ID:aXWPn3o20 #
48

48. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 12:22
  • ID:1oplxb5H0 #

海獣類の腐敗したやつと哺乳類の毛が抜けたやつは本当に原型がわからんようになるからなー。専門家が見ればすぐ正体わかるんだろうけど。
人間の足が一番怖いわ。

49

49. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 13:26
  • ID:7LC72fqK0 #

14. キャンベイ島のモンスター(イギリス)
これは明らかにアンコウやアカグツの仲間。「2本の後ろ足」は腹ビレだよ。腕みたいな1対の胸ビレとともに海底を這うときに使う。

50

50. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 13:31
  • ID:WdgQyaiW0 #

靴にいっぱい付いてるものは何?

51

51. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 15:26
  • ID:tOFYq1de0 #

1は犬か豚じゃないか?
骨格的に…
なんか火傷っぽい痕があるのが気になる…

52

52. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 16:55
  • ID:UA9Gtw.t0 #

毛に見えるのは筋組織等の体組織が残ったものとか言われてるよね

※50
エボシガイ
※51
やけどと言うか長い期間漂流されていると焼ける

53

53. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 18:06
  • ID:swvwVsVy0 #

※7
本当これ。月並みだけど、結局一番恐ろしいのは人間なんだな、と思ったよ。

54

54. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 18:43
  • ID:.88B.TCS0 #

素直に未確認生物の死骸と捉えた方が自然だろう。この広大な海に潜む全ての生物を人間が知り尽くしているという考え方が、そもそも傲慢の極みだ。

55

55. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 19:43
  • ID:.m2BacZ00 #

1は過去に起きた飛行機事故で残された遺体の「一番大きなパーツ」が靴の中の足首から先だったという例があるから、靴を履いた足が形が残りやすいというのは分かるんだ。
スニーカーとかだと水に浮きそうな気がするし。
で、同じ場所に流れ着くというのも海流の関係で集まりやすい場所があるんじゃないかと思う。
けど、なんでそんなに身元不明の死体があるんだろうなぁ…。

56

56. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 19:57
  • ID:Hk1kojud0 #

SCP 682の元ネタ画像はこれ(12)なのか

57

57. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 21:24
  • ID:4v.ZJ4Nn0 #

うわああ最後でゾクッと来た。

58

58. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 21:31
  • ID:lwKqD3PaO #

SCP682の元ネタが見れるとは!

59

59. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 21:59
  • ID:Cw45Zlcd0 #

この中に一つくらいマジモンのUMAがいることを信じてる

60

60. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 22:01
  • ID:runqVCNC0 #

※34 ※55
南米当たりで独裁政権に反対した人たちを 飛行機の上からまとめて海の上へ落とした 今も行方不明多数 ていう事件がいくらでもあるよ

61

61. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 23:03
  • ID:ljKRImbM0 #

収容違反だコレ(;´・ω・)

62

62. 匿名処理班

  • 2016年09月20日 23:58
  • ID:O9Q0NWdd0 #

※33
※25の者です
あきらかにカエルアンコウ(イザリウオ)ではなかったですね
※39の方がアカグツを挙げていたので調べてみたら、どうもこいつの仲間ぽいw
アカグツ科はアンコウを平べったくした形で、後ろの鰭がモロにカエルの足みたいになっている種がいるようです
たしかに私がテレビで観たのはこんな感じでした
長年の謎が解けてスッキリw
ちなみにこの種は最大でも40センチぐらいしかならないそうですので、記事の怪物は76センチとあるからこちらは謎ですね・・・

63

63. 匿名処理班

  • 2016年09月21日 09:55
  • ID:BDGDIgpP0 #

貝のついた靴の画像にぞわぞわする

64

64. 匿名処理班

  • 2016年09月21日 10:26
  • ID:u8xEG.nl0 #

※32
単なる嘘大げさ紛らわしい、だけで無く、積極的に情報操作して自分の主張を信じさせようとするのは、ロマンでもなんでもないと思うけどねぇ

65

65. 匿名処理班

  • 2016年09月21日 13:16
  • ID:YRVBHk1O0 #

なんてこった、682が収容違反を起こしているぞ
誰かAbel連れて来い!!

66

66. 匿名処理班

  • 2016年09月21日 19:11
  • ID:pklIZUA50 #

※60
ピノチェト政権?
1970〜1990年代の遺体の足が2000年代まで浮いてるかねぇ?

67

67. 匿名処理班

  • 2016年09月21日 22:10
  • ID:.ntxn8Ub0 #

お、SCP682やんけ

68

68. 匿名処理班

  • 2016年09月22日 04:39
  • ID:aFUiA2.d0 #

1はビッシリ付いている貝といい、いわくつきの品を素手で触っているところといい、
「やめてやめてやめて!」ってなるわ。

ビッシリ貝については、タラソフォビアというよりトライポフォビアなのではと思う。
フジツボとか、どうにも駄目。蟹に付いてる黒いのとか、鯨にくっつく物体とかも。

発見されていない深海生物か、奇形の類なんじゃないかなぁ、他は。
目玉については、何らかの理由で硬質化したんじゃないかな。
高校で牛の目玉の解剖した後、クラスメートが水晶体をふざけて乾燥させてた。
濡れたガラスのような見た目から、半透明なプラスチックみたいな触りごごちで
何とも言えない気持ちになった。

こういう未知のものが、妖怪や怪物の元なんだろうね。
最近のはDNAとか調べているのかな?
しかし、とんでもねービーチコーミングだなぁ。

69

69. 匿名処理班

  • 2016年09月22日 10:29
  • ID:FTPswna60 #

某SCPの元ネタ発見や

70

70. 匿名処理班

  • 2016年09月22日 10:39
  • ID:iNN.glpp0 #

15 コアラ?

71

71. 匿名処理班

  • 2016年09月22日 12:01
  • ID:6YOeXzFU0 #

※51
ぱっと見キンカジュウっぽひ。

72

72. 匿名処理班

  • 2016年09月23日 09:03
  • ID:B7VpoJ.v0 #

15はナマケモノの溺死体で解決してたハズ。
1はグロ注意つけてほしい…orz

73

73. 匿名処理班

  • 2016年09月23日 14:37
  • ID:vB6qhoFj0 #

※72
ナマケモノ?
爪も尻尾も違うよ。

74

74. 匿名処理班

  • 2016年09月23日 22:47
  • ID:fJFZrbsr0 #

1は性別とかわかるんだろうね。
なんかカナダで先住民の女性が大勢行方不明になってたけど、それに複数の警察官が関与を認めたってニュースを聞いたけどその女性たちの足だったりしてと思った。
生きてるんだけど逃げられないように足を切断されててみたいな・・・

75

75.

  • 2016年09月24日 11:42
  • ID:rsP0GUMP0 #
76

76. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 16:41
  • ID:WgiIAy1.0 #

デスストランディング楽しみ

77

77. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 16:57
  • ID:bZ0e3F.I0 #

6m跳ぶ(すごい)

78

78.

  • 2017年10月27日 10:02
  • ID:ybug.Ahc0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク