top_e

 イギリスの写真家ジミー・ネルソンは自身の著作である「Before They Pass Away(彼らが滅びる前に)」を通じて、世界の貴重な遺産でもある部族の存続を呼びかけている。彼はその写真集の中で、貴重な文化の保護者であり自分たちの栄光を次世代へ継承することを願う部族たちの姿のほか、彼らの暮らしや伝統などを400ページ以上にわたって紹介している。
スポンサードリンク

1. アサロ族(インドネシアおよびパプアニューギニア)
2_e

 伝説的なアサロ族のマッドメン(泥の男)が西洋の世界に初めて知られたのは20世紀半ばのことだった。はるか昔からアサロ族はたびたび体に泥を塗布し、泥でできた仮面をかぶり、早朝に他の村を訪れて威嚇する慣習をもっている。

3_e


2. 鵜飼い族(広西チワン族自治区、中国)魚鷹捕魚
4_e

 現地では魚鷹捕魚とも呼ばれている。いわゆる鵜飼い漁法を伝統にしている人々。

3. マサイ族(ケニアおよびタンザニア)
5_e

 マサイ族は生まれながらの偉大な戦士である。人間であること、そして戦士であることを幼いうちから学び始めるという彼らの伝統は、現代では希少な文化となっている。マサイ族の戦士は、大切な家畜を捕食者から守り、家族の安全を確保する立場にある。マサイの少年たちは、父親と戦士になる方法を儀式を通じて長老たちから指導される。

6_e


4. ネネツ族(シベリア ヤマル半島)
7_e

 ネネツ族はトナカイを飼う遊牧民で、ヤマル半島を横断しながら暮らしており、冬は-50度、夏は35度という寒暖差を乗り越え千年以上も前から繁栄している民族だ。彼らの年間の移動距離はおよそ1000kmで、その中には凍結したオビ川を横断する48kmの旅も含まれている。

8_e


5. コロワイ族(インドネシアおよびパプアニューギニア)
9_e

 コロワイ族は数少ないパプアニューギニアの部族の一つで、コテカという男性器の装身具をつけず、代わりに陰嚢の中に陰茎を隠し、一枚の葉できつく縛る。彼らは狩猟採集民で、樹上で暮らす。彼らは男女の厳格な隔離にこだわる伝統がある。


6. ヤリ族(インドネシアおよびパプアニューギニア)
10_e

 ヤリ族は、高原の原生林に住んでいる。男性の身長がおよそ150cmである彼らは公式にはピグミー族と認められている。ヤリ族の男性には先住民族の身分を示すために男性器にコテカと呼ばれるヒョウタンで作られた装飾具をつける習わしがある。


7. カロ族(エチオピア)
11_e

 アフリカの大地溝帯にあるオモ渓谷に暮らす先住民族。この地にはおよそ20万人が1000年もの間暮らしていると考えられている。彼らは互いにビーズや 食料、家畜や衣類などを長年物々交換し続けており、最近では銃や弾丸も交換している。そのため交換用に使う道路も存在し、ビールや食料などの物品がその村にも流れている。

12_e

13_e

14_e

15_e


8. デサネック 族(エチオピア)
 この民族は厳密にはどの民族に属するかが不明のままだという。
16_e

17_e


9. ファオラニまたはワオラニ族(エクアドル)
18_e

 ここ1000年でエクアドルのアマゾンの熱帯雨林であるオリエンテはファオラニ族の故郷になっている。彼らの民族名である「ファオラニ」は、人間もしくは人々という意味を持つ。彼らは自分たちのことを勇敢な民族だと考えている。また、1956年まで外界と一切接触をしていなかった民族でもある。この部族はアルゼンチン地方にいるグアラニ族(Guarani people.)と混同されがちだが別の部族だそうだ。

19_e


10. バヌアツ族(バヌアツ共和国 トルバ州)
20_e

 バヌアツ族の大半が富は儀式を通じて得るものだと思っている。彼らの文化にとって踊りは重要で、多くの人々がナサラという踊りを踊る。

21_e

22_e


11. ラダック族(インド)
23_e

 ラダック族は隣国のチベットの信仰と共通点があるチベット仏教を信仰している。仏教以前のボン教の影響も受けているチベット仏教は、千年以上も前からラダックの主要な宗教になっている。

24_e


12. ムルシ族(エチオピア)
25_e

 ムルシの戦士は体に馬蹄型の傷を体につけており、女性は右腕に深い切り傷がつけられる。非常に活躍した戦士は腿にも印がつく。

26_e


13. ラバリ族(インド)
27_e

 ラバリ族はほぼ千年にわたって現在の西インドにあたる地域の砂漠や平野を巡る暮らしを続けていた。ラバリ族の女性は、この民族にとって非常に重要であり布作りの伝統の発展にもつながる刺繍をして過ごす。彼女たちは男性たちが家畜を放牧している間、村と金銭面の管理も行っている。

28_e


14. サンブル族(ケニアおよびタンザニア)
29_e

 サンブル族は家畜に餌をやるために、およそ1ヶ月から2ヶ月ごとに移動して暮らす。彼らは独立した平等主義でマサイ族より伝統を重んじる。

30_e


15. ムスタン族(ネパール)
31_e

 彼らの大半はまだ世界が平らであると考えている。彼らは信仰心が非常に強く、祈りや祭事が生活上の一部になっている。現在のチベットの文化は消滅の危機に直面していて、真のチベット文化を存続させている民族のうちの最後の一族として孤立している。ムスタン族が外部の人間を受け入れたのは1991年以降からだ。

32_e


16. マオリ族(ニュージーランド)
33_e

 マオリは複数の神や女神、魂を崇拝する多神教文化を持つ。マオリは自分たちを見守る先祖と超自然な存在がいざという時に自分たちを助けてくれると信じている。これらの神話は大昔からあるもので、宇宙の創造と神や人間の起源にまつわるマオリの思想を示している。

34_e

35_e

36_e

37_e

38_e


17. ゴロカ族(インドネシア+パプアニューギニア)
39_e

 高地の村で質素な暮らしを営み、狩猟や植物採集、農作物から良質な食料を手に入れている。彼らは密接な家族関係や自然の驚異に深い尊敬の念を抱いている。また現地での争いは日常茶飯事で、男性たちは化粧と装飾で敵に強い印象を与えるためにかなり努力をしている。

40_e

41_e

42_e

43_e


18. フリ族 (インドネシアおよびパプアニューギニア)
44_e

 土地や豚、女性をめぐって争う先住民集団。敵に強烈な印象を与えるために大変な努力をしている。フリ族の中でもウイッグメンは族内最大のグループで、自分たちの髪の毛で装飾的なカツラを作り、顔を黄色や赤、白色の着色を施す伝統で広く知られている。

45_e


19. ヒンバ族 (ナミビア)
46_e


 彼らはそれぞれが父母を通じて2つの部族に属し、婚姻は富を広げる目的で行われる。外見を非常に重んじており、外見がグループ内の地位となり、生活にも影響する。一般的には祖父にあたる男性がその一族の掟に責任をもつ。

47_e


20. カザフ族 (モンゴル)
48_e

 カザフはチュルク語族やモンゴルの言語、インド・イラン語を使う土着集団とセルビアと黒海間の地域に暮らすフン族の子孫にあたる。また、鷹狩りは彼らが古来から現代まで保っている数多くの伝統や技のうちの1つだ。彼らは同族と家畜に頼る暮らしをしており、空、祖先、火、そして善と悪の魂がもつ超自然的な力を崇拝するイスラム教以前の信仰を持つ。

49_e

1_e

 モンゴルでカザフの鷹が狼を狩る動画
hunting wolves with a golden eagle in Mongolia. Kazajstan-Ky

ジミー・ネルソンの写真集(英語)は日本のアマゾンでも販売中。またネルソンの作品は彼のHPInstagramでも公開されている。

via:designyoutrustbeforetheylivelearnevolve・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
アイヌ民族が話すアイヌ語で民話を聞くことができるデータベース「アイヌ語口承文芸コーパス」が公開される。


ああ感動のサプライズ!マオリ族のハカダンスを目の当たりにし感極まる新郎新婦(ニュージーランド)


イルカの目を持つ人間の子どもたち。日々の大半を水中で暮らす海の遊牧民、モーケン族(タイ)


まるでエイリアン。かつて世界各地で行われた人工頭蓋変形、その歴史と意義(※閲覧注意)


人種も民族も越えた美しさ。異なる国の両親から生まれたダブル(ハーフ)の子どもたちのポートレート


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2016年09月28日 20:40
  • ID:McD8qfJz0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 20:40
  • ID:i0.OTMXU0 #

マオリのにーちゃん格好良すぎる

3

3. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 20:42
  • ID:dVQ9SRfV0 #

この手の記事を見る度に北センチネル島の事が気になり出すんだ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 20:43
  • ID:.lQxY9qj0 #

真の肉体美をみて、鏡見れない…

5

5. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 20:49
  • ID:PN9tGV970 #

デサネック族の目、眼差しが美しい

6

6. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 20:52
  • ID:3SlDIThl0 #

なんて美しいんだ。
どの部族の人々も。

7

7.

  • 2016年09月28日 20:53
  • ID:dBrs1PdxO #
8

8. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:00
  • ID:ZBXqfAL.0 #

色彩とか似てるよなあ。
後無駄のないボディかっけえ

9

9.

  • 2016年09月28日 21:01
  • ID:X8mHeKeB0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:02
  • ID:583nQ6iw0 #

ムスタン族の衣装はアジアっぽくて興味がわく
それとゲスいけど、観光のための少数民族で
普通に洋服を着ていたりスマホとか使ってるんじゃね?
って穿ったみかたをしてしまうなぁ

11

11. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:10
  • ID:L4t9l9W80 #

日本のお歯黒も相当奇妙な文化として見られてたらしいね

12

12. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:10
  • ID:5uxAwAlNO #

ヤーガン族の人が殆ど残ってないのが残念ですな

13

13. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:17
  • ID:g.1BT9Sd0 #

そのうち日本人も少子化で少数民族になってこの手の記事で取り上げられることになるのかしら

14

14. カモノハシ

  • 2016年09月28日 21:35
  • ID:rfupKV2W0 #

なんで自動小銃もってんの

15

15. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:46
  • ID:kP3L92vk0 #

カザフ族の1枚目の写真、金庸の小説の表紙みたいだなぁ…
どの民族からも誇りが感じられますね。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:47
  • ID:PTowa81U0 #

※10 携帯電話は電線引かなくて良いからアフリカの遊牧民に普及してるのテレビで見た。

17

17. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:47
  • ID:93aYkrsP0 #

※10
別にゲスくはないぞ。
マサイ族なんて普通に携帯(今ならスマホ?)使ってるし。
実は広ーい地域で狩猟や遊牧で暮らしている人たちにとっての携帯電話は都会人からは想像もつかないほどに便利な道具なんだそうですよ。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 21:49
  • ID:ih61ujxL0 #

こうしてみるとエライカッコイイが、
実際コイツラの立場で生まれたらすっごい生きづらいだろうな。
このクソ日本ですら前時代的で我慢できないというのに
毎日毎朝隣村を威嚇するために出かけていくとか

19

19.

  • 2016年09月28日 21:49
  • ID:AtfP7al50 #
20

20.

  • 2016年09月28日 22:08
  • ID:7RkAoA.s0 #
21

21.

  • 2016年09月28日 22:12
  • ID:CZ3L3L7d0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 22:15
  • ID:lmpbOCSy0 #

16. マオリ族(ニュージーランド)の5枚目の男性の右目、偶然でこう写ったの?どうなってんの?
20. カザフ族 (モンゴル)の構図最高

23

23. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 22:26
  • ID:PgDpfn1c0 #

>外見を非常に重んじており、外見がグループ内の地位となり、生活にも影響する。

これはある意味、全ての世界の民族にあてはまっていると思うぞ

24

24. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 22:45
  • ID:xpFGVWHr0 #

地獄の黙示録を思い出す

25

25. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 23:01
  • ID:Jyq7Jyhd0 #

そういう風に撮影してるだけかも知れんけど、眼光が文明社会で生きるもんとは全然違うな。
こう全然違う地域の人々なのに共通点があるというか、衣装云々よりもそっちのが気になる。

26

26.

  • 2016年09月28日 23:07
  • ID:BAWDTHxf0 #
27

27.

  • 2016年09月28日 23:11
  • ID:CReV.tOK0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 23:26
  • ID:6Sb8U2bB0 #

少なくともマオリは現代的な暮らしをしているよ。この衣装は完全に観光用だね。裏では昼ご飯は絶対にバーガーキングだよ。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 23:53
  • ID:Ivi7Cgyq0 #

絶滅寸前の保護対象としてみると畏敬の念すらもつが
そういう未開部族が銃を手にすると一気にテロリスト集団に見える

もともと戦闘部族なので方向性は同じなのだろうが分不相応
猿に文明の利器を与えてはいけないって言葉が思い浮かぶ

教育にして現代社会への同化を促すか 無理なら人類の敵として殲滅すべきってなる

30

30. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:06
  • ID:7DHV49pk0 #

アサロ族の泥と仮面って、宮古島のパーントゥと似てて海の道で繋がってるんだなと思ってしまう

31

31. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:09
  • ID:3klAdPl90 #

人間ってのは美しいな。

32

32. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:12
  • ID:uyiWTBrr0 #

ピートンルアン ムラブリ族が見当たらない

33

33. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:20
  • ID:17fp16Eb0 #

みなさん凛々しいですね
近代化が善とは思わないけど、医学は命を救えるし
民族自決権と言っても意見が割れそうだし、難しいですね

34

34. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:37
  • ID:z0m0F7cO0 #

すごい…この本欲しい

神秘的だなぁ
まだ神や精霊が彼らのそばにいて
共に暮らしてる感じがする

35

35. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 00:43
  • ID:HnC3B8MW0 #

こういうの好き。
残って欲しいわ。別に観光目的でもよくてよ。

36

36.

  • 2016年09月29日 01:20
  • ID:njAOLj.00 #
37

37. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 02:31
  • ID:Q.oE5czh0 #

他文明に触れても後、自分たちの文化を保ち続けているのが何より素晴らしい
矜持の体現とはまさにこの姿であろう

38

38. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 02:51
  • ID:fOSQVUMc0 #

>早朝に他の村を訪れて威嚇する慣習

何嫌がらせを生きがいにしてんだよwwwww

39

39. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 03:07
  • ID:y8cqN7s60 #

YouTube"Jimmy Nelson Channel"見ると人々を撮るのが好きすぎるのねこのおっちゃん。あとTEDのトーク面白い。村の皆さん集めて光待ちしてたらまさかの理由でしっちゃかめっちゃかとかもう大笑い
「ジミー・ネルソン : 消えゆく民族の華麗なる肖像 : TED Talk (TED.com)」

40

40. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 03:49
  • ID:S0Vctqfg0 #

※14
本文に書いてある。物々交換で手に入るみたい
食料や衣類や装身具と同等の見なされ方をされてるのだろうかな

民族についての本を読んでた中で、環境についての適した身体という記述があってそれが
この写真に当てはまっているなあと思った
気温が高く平らな地で獲物を追って走って暮らす人々は手足が長く細い(アフリカ等)
基本的に降水量が少なく高温の気候に適した体がそれ↑(放牧生活だったりもする)
熱帯雨林の中に暮らす人々は上記の人々に比べて手足が短い(これも環境適応してる体)

41

41. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 04:26
  • ID:IDOwo4rw0 #

※10
「おーい、獲物がそっちへいたぞー。」「よっしゃ任せろ。」
とかやってるんだろう。

42

42. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 04:27
  • ID:8crTVmmZ0 #

先日、日系ブラジル人の友人から
「また新しいインディアンが見つかったよ!なんか腰にヒモ巻いてるけど下丸出し!」
ってメールきた。
彼らは独自の言葉を使用しているため此方とコミュニケーションが取れず迂闊に近づくと普通に殺されてしまうので調べるのも大変らしいよ。
写真を撮らせてくれるならかなり文明開化した部類の民族なんだろうね。

43

43.

  • 2016年09月29日 04:27
  • ID:BZNbpBOd0 #
44

44. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 04:33
  • ID:Cira9.5w0 #

こう言うの見るとみんな強そうだなぁって思う

45

45. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 05:07
  • ID:T4JeeZNX0 #

14. サンブル族
民族衣装にデジタル時計が溶け込んでる

46

46. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 05:21
  • ID:pfBJ8zKY0 #

マオリ族の兄ちゃんの目がかっこよすぎ!!!

47

47. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 08:22
  • ID:A5HAXJ2n0 #

ファオラニ族(アルゼンチンおよびエクアドル)ってのが分布域離れすぎてるのが気になって調べたんだがエクアドル領アマゾンにいる
ファオラニ族=ワオラニ族(Huaorani people)
とパラグアイ、アルゼンチン地方にいる
グアラニ族(Guaraní people.)とを同じものとして紹介してるようだ。
ワオラニ族の英語wikiにも両者を混同しないようにとの記述あり。

48

48. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 08:37
  • ID:mU3K.zbt0 #

ファオラニ族ムキムキやな

49

49. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 09:47
  • ID:qzj1q4XO0 #

みんな面構えがかっこいいね、子供もシュッとしてる

俺は壊滅的にダンスやリズムのセンスないから、舞踊を重んじる部族に生まれなくてよかったって心から思う…

50

50. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 10:45
  • ID:kGfbdCoe0 #

マサイ族は携帯持ってるけど家に電気が通ってないから充電施設まで五時間くらいかけて通うらしい
それでもあると便利なんだろな

51

51. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 10:53
  • ID:MbBiM1em0 #

※30
そう思うね。案外、ムー大陸みたいなのが、本当にあったりしてね。

52

52. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 12:12
  • ID:okUlgaQ9O #

どの民族も美しいですね、カザフ族の写真は凛々しさと雄大さが入り交じってて素晴らしい

53

53.

  • 2016年09月29日 13:06
  • ID:FbuNO.Kt0 #
54

54. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 14:44
  • ID:CfpSRpFo0 #

アイヌとかも日本と同化しなければこんな感じで紹介されてたのかな?

55

55. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 15:03
  • ID:fd3i0ykK0 #

NZにマオリの友達いるけど、今は普通に現代的な暮らししてるよ。
でもNZ自体がマオリの文化とかを大切にしていて今でもマオリの伝統は息づいてる。
地名にもマオリ語のものがたくさんあるし。(日本でいうなら北海道のような感じ?)
マオリアートとかも盛んでNZのシンボルのツタの葉っぱはよくモチーフにされるけど、それもマオリの文様がモデルになってる。

56

56.

  • 2016年09月29日 17:00
  • ID:bZ0e3F.I0 #
57

57.

  • 2016年09月29日 19:13
  • ID:H0Q6NKWG0 #
58

58. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 19:42
  • ID:S28hFhG90 #

残念ながら脚色の類がある芸術作品だね
最近TVでやっていたNHKスペシャルの「最後のイゾラド」をおすすめしたい
本物の未開の部族が収められている

59

59. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 21:42
  • ID:c6YxbuRg0 #

この本欲しい!と思って調べたら
某密林サイトで発売されているけれど、14135円と中々手が出せないお値段でした…
でもこのクオリティでかなりのページ数もあるみたいだから
お金がたまったら欲しいな。

60

60.

  • 2016年09月29日 22:25
  • ID:DvIyB8a20 #
61

61. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 23:06
  • ID:Q9nHf5Xo0 #

※29
なぜ俺らが猿じゃないと思った?
俺らは絶賛猿だぞ、法治国家ですらねーんだからな。

62

62. 匿名処理班

  • 2016年09月29日 23:34
  • ID:IhpM2AJx0 #

色をいじりすぎてはいないだろうか
記録ではなく芸術作品ってことなんだろうけど

63

63. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 04:06
  • ID:MRrESkSM0 #

同じ黒人系でも、肌に白い装飾を施すタイプの部族と
暗色で統一してるタイプの部族があるんだね
環境に基ずく実用的な理由なのか
ファッション的な理由なのか気になるね
ただ写真のコントラストとカラーバランスが極端だから元の色で見たい
赤系がみんな朱色になってる

64

64. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 06:10
  • ID:RY4zzjn80 #

一部、名の知れた部族もいるけど絶滅危機なんだね
しかし本当に味わい深くて美しい写真だよ……

65

65. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 09:22
  • ID:3ySg.vFV0 #

なんだろうな、銃のが知的に見えそうなのに
槍や弓持ってる方が知的に見えて銃持ってると野蛮や馬鹿に見える
似合わないって事なのかな

66

66. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 10:32
  • ID:76S2J2xn0 #

※65
どっちかっていうと銃のもつイメージの方が野蛮に見える
近代兵器として使われすぎたからかな(スペイン人のアメリカ大陸進出から今の紛争まで)
こういう部族の人達が携えるとより一層銃そのものが浮き立つ

67

67.

  • 2016年09月30日 11:09
  • ID:A0atsC.u0 #
68

68. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 12:53
  • ID:KhdNILQR0 #

そういう写真の撮り方とか加工とかしているんだろうけど、モノクロ写真に色つけたみたいに見えてなんだか勿体無い

69

69. 匿名処理班

  • 2016年09月30日 15:55
  • ID:yKkUjZEq0 #

インドネシアの竹でけえ

70

70. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 01:37
  • ID:Mw5ZfsXS0 #

ヒンバ族は最も美しい民族と言われてるが、なるほど外見がいいほど地位が高いんだな
そら美男美女ばかりになるわ

71

71. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 19:20
  • ID:.zjwxaXv0 #

カザフの鷹匠が手に乗せてるのは鷹じゃなくて鷲なんだな
漫画「将国のアルタイル」の主人公が鷲を使役しているが、トルキスタンとか中央アジアの平原地帯では鷲の方が適しているんだろうか
(挙げた漫画ではオスマントルコ?を舞台にした一応架空の国)

72

72. 匿名処理班

  • 2016年10月02日 22:38
  • ID:1Pvj30qX0 #

8. デサネック 族(エチオピア)
どうしたらこんな見惚れそうな美しい目になるんですかねえ

73

73. 匿名処理班

  • 2016年10月03日 10:37
  • ID:MmY.BgKh0 #

なんて美しいんだ。。。

日本人がはるか昔に失くしたものを持っている気がする。

74

74.

  • 2016年10月04日 11:36
  • ID:6EbEJWmJ0 #
75

75. 匿名処理班

  • 2016年10月05日 01:28
  • ID:jJL6nX7.0 #

マオリのお兄さんなんでカラコンしてるの?

76

76. 匿名処理班

  • 2016年10月05日 17:43
  • ID:8fA06pC.0 #

ここまで諸星大二郎なし

77

77. 匿名処理班

  • 2016年10月06日 09:06
  • ID:WVI3N41x0 #

>早朝に他の村を訪れて威嚇する慣習をもっている
こええな、おいw

しかし…どこにでもあるなAK-47は

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク