0_e17

 牛をライオンから守るため科学者たちが考えついたのは牛のお尻に目を描くことだった。

 馬鹿げたアイデアのように聞こえるかもしれないが、これは牛を守り、なおかつ牛を襲ったライオンを殺す人間を減らす最善の策だという。
スポンサードリンク


Scientist paints eyes on the back of cattle to stop lions hunting them

真の目的はライオンを殺す人間からライオンを守るため

 一見、かわいそうな牛を守るための戦略のようだが、実はこれ、目的は絶滅の危機に瀕しているアフリカのライオンを人間の報復から守ることである。

 ライオンは国際自然保護連合の絶滅の恐れのある生物種のリストに入っており、現在の個体数は2万3000匹から3万9000匹。その数は急激に減っている。

 「ライオンたちの保護地域も徐々に縮小され、ライオンは活動範囲を広げざるを得ず、人間と衝突する機会が急増している」、オーストラリアにあるニューサウスウェールズ大学の生態系科学センターに務める保全生物学者のニール・ジョーダン博士は語る。

 餌を求めライオンは家畜を襲い、その結果多くの農家が射殺したり毒を使ってライオンを殺すことになる。彼らには非致死的な方法で家畜を守る手段がないのだ。


 人間と家畜がライオンと共存できるよう、ジョーダン博士は、ライオンの攻撃とそれに対する人間の復讐が止むことを願って低予算の戦略を考えた。

 そのアイデアとは牛のお尻に威嚇する様な目を描くことだった。これによりライオンは見つかったと錯覚し、狩りを諦める、という仕組みだ。

4_e9

 捕獲者たちの中には、目が合いその姿を確認されると捕獲を諦める種がいるということを科学者たちは知っていた。例えば、インドの木こりは長い間目を描いたボロボロのマスクを頭の後ろにつけ、人間を食べる虎から自らの身を守っていた。また羽に目の模様がある蝶も、その目でプレデターの鳥たちを遠ざけている。

 ジョーダン博士は、ライオンがインパラアンテロープを襲う場面を見て、牛のお尻に目を描くアイデアを思いついたという。

 「ライオンは奇襲攻撃型のハンターです。こっそりと獲物に近づき、姿を見られないうちに飛びかかります。しかし、私がその狩りの様子を見ていた時、インパラがライオンに気付いたのです。そして、自分が目撃されたことに気付いたライオンは狩りを諦めたのです」と博士はアイデアを得た経緯を話してくれた。

5_e6

 昨年、ジョーダン博士はボツワナ・プレデター・コンサベーション基金(BPCT)の協力を得て、“iCow”と名付けた実験を行ってみた。

 研究者たちは62匹いる牛の3分の1の牛のお尻に目を描き、毎晩戻ってくる牛の数を数えた。10週間が経過すると、期待が持てる結果が出た。目の描かれていない牛が3匹ライオンに襲われ死亡、目の描かれている牛は一匹も死なずに帰って来た。しかし、iCowの効果なのかどうか、それともただラッキーだったのか、実例の数が少ないためはっきりしなかった。

 そして今月、ジョーダン博士の研究を続行するため、オーストラリアの自然保護活動家たちがボツワナに戻った。博士はクラウドファンディング、Experiment.comで約80万円以上の資金を集めることに成功。10個の牛用GPSロガーと、1個のGPS無線首輪を購入し麻酔をかけた野生のライオンに装着した。

0_e17

 ジョーダン博士とチームは60匹の群れの牛のおよそ半数の牛のお尻に目を描き、GPS装置を付け、牛とライオンの動きを観測し、iCowの効果を調べた。

 もし偽の目が牛をラインから守ってくれるならば、ボツワナの農家の人々に家畜をライオンから守る持続可能な手段を提供することができる。そして同時にライオンを人間の報復から守ることもできるのだ。

via:sobadsogoodexperimentodditycentralなど、/ translated melondeau / edited by parumo

▼あわせて読みたい
15頭のライオンたちが高い木に登ってガクブル。彼らを脅かした捕食者はいったい?(タンザニア)


オスのように立派なたてがみを持つメスライオン。ボツアナに住む両性具有のライオンたち


イエネコとライオンはもっとも性格が似ていることが判明(英米研究)


飢えた15頭のライオンから餌を奪う、ライオンに寄生して生きる人々(アフリカ)


非難殺到!人々の逆鱗に触れた10のハンターたちの記念写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:07
  • ID:nAuulMtI0 #

お尻に目を描くと、ゾウみたいだね。

2

2. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:23
  • ID:s2b1s2SV0 #

目からウロコ!
大きな群れで狩る場合には「発見された状態からのヨーイドンで体力の危険域まで消費せねばならなくなる体力というコスト」を度外視してくるのではないか、というのと実際はハイエナが狩ってるのにライオンが報復を受けている数がどのくらいか、そして闇の中で狩りをするハイエナさんにお尻目玉作戦は通用するのでありましょうか
朗報を期待したい

3

3. かわうそ

  • 2016年08月08日 09:25
  • ID:ErNSiIKp0 #

目玉模様が鳥に有効なのは知ってるが
果たして哺乳類であるライオンにはどうだろう?
狩りの時、お尻だろうが顔だろうが関係無く噛むしなぁ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:25
  • ID:s9tyc4on0 #

※1
ライオン「象やんけ! 集団で襲ったろ!」

5

5. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:44
  • ID:krUKmSAX0 #

平和的なアイデアは本当に素晴らしい
着実な効果を上げることを期待したい

6

6. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:48
  • ID:FO6yEo0i0 #

アホかと、そんなのが有効なら自然淘汰されてケツに目玉の模様が付いてる牛しか生き残ってねーだろ

7

7. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 09:54
  • ID:zUW3gysB0 #

ライオン食べるもの無くなる
次は何を襲うんだろう?

8

8. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:01
  • ID:rfJ7hZme0 #

結果的に飢えるライオンが死ぬのでは…

9

9. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:10
  • ID:nf7J410O0 #

テケテケかよ

10

10. かわうそ

  • 2016年08月08日 10:19
  • ID:ErNSiIKp0 #

オレめっさいいアイデアが浮かんだんだがどうだろう?
目を描くんじゃなくて尻尾に緑色のカバーを着せてキュウリに見せるってのどお?
猫にマタタビがライオンにも有効なように、猫にキュウリもイケるんじゃないか?

11

11. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:39
  • ID:jAseB76G0 #

もしこれが効くなら、アフリカにそういう進化をした草食動物がいてもいいんじゃないか?いないってことは、効かないんじゃないか?

闇夜で光る蛍光物質で目を描くと、なんかネコ科の目っぽくていいかも。

12

12. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:39
  • ID:..XQk.1v0 #

「うわ、なんだあれ。きも!」
って思わせたら勝ちなんだろうか
問題はただの模様だから学習したらおしまいなとこかな。そしたらもっと派手なペインティングするとか?

13

13. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:46
  • ID:QwhWUlff0 #

真の目的は人間というところに何か引っかかるものを感じる

14

14. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:50
  • ID:EkftVuCG0 #

>>8
家畜の牛しか目玉書かないから、野生の牛は喰えるだろう。
でも生活圏が狭まってるなら一時的な防御でしかないかも。
飢えれば何でも襲うだろうな。
人間の行動を制御する方が難しいね。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 10:56
  • ID:u0VGVgF20 #

肉食獣は背中側から襲い掛かる本能があるからね。
狩りの成功率を下げるくらいの効果は間違いなくあると思う。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 11:10
  • ID:5ojWnwrN0 #

有りだと思う

背中をむけた動物を本能的に襲っちゃう相手に対してものすごく有効な手段かもしれん
大真面目にもっと口とか書いて、顔として認識しやすい絵にしたら効果抜群なんじゃないのか?

17

17. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 11:10
  • ID:mL7ddld30 #

単純に家畜を隔離すればいいだけだと思うんだがなぁ
結局のところはお金なのか

18

18. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 11:31
  • ID:ydBfaP530 #

この記事見るまで百獣の王が絶滅寸前なんて考えもしなかった

19

19.

  • 2016年08月08日 11:45
  • ID:.VSMIjwg0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:10
  • ID:UfPvZiAj0 #

というかよ、家畜とライオンが加害する機会を増やし
無分別にライオンの保護区を済崩しに廃止させる原因であり
無分別に牛の放牧地と開拓村を増やす原因でもある
無分別な牧畜民の人口爆発の方を何とかしろよ…

21

21. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:23
  • ID:WlHFan8v0 #

いいと思うけどライオン辺りだと何れ学習されちゃいそうな気もするなぁ
そうなるまでの凌ぎにはなりそうだけど

22

22. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:39
  • ID:Z7UvQz6j0 #

天才的…!

23

23. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:42
  • ID:qcBVQAGn0 #

※6
猛禽類が補食する虫や小動物の大半には目玉の模様なんかついてないけど?

24

24. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:56
  • ID:GkuIH1SF0 #

いい話なんだけど「お尻に目玉」と「ジョーダン博士」の絶妙さで吹いてしまう

25

25. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 12:58
  • ID:3tsUOn9W0 #

※3
実は鳥類に目は有効ではないw
単に見慣れないお飾りに警戒しているだけですぐ馴れる
鳥類は多くの哺乳類と違って目を合わせることこそ友好なので

26

26. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 13:46
  • ID:SLdqSuwJ0 #

※6
自然淘汰は最適解を保証するものではない

27

27. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 13:47
  • ID:1l.URX2w0 #

※17
隔離だとすさまじい額がかるだろう。
これならマジック代一本

28

28. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 14:16
  • ID:tnsw1nGb0 #

※11
昆虫とかと違って遺伝子プールの絶対量が少ない哺乳類の場合、偶然に目玉模様が出現して遺伝的浮動に有効な効果を与えるだけの数が発生するってのは難しいんじゃないかな。
シマウマみたいな特徴のある模様してる動物が少ないみたいに、基本的には周囲に紛れやすい毛色や模様が限界かと。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 15:12
  • ID:uzA2jr8h0 #

ジョーダンみたいな作戦ですね!

30

30. かわうそ

  • 2016年08月08日 15:30
  • ID:ErNSiIKp0 #

まぁ、人間だったら
(°ノ °)
∪ ∪
こんなん居たら逃げ出すわなw

31

31. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 15:43
  • ID:I6XufkpL0 #

かかしじゃあダメなのだろうか

32

32. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 15:51
  • ID:ZG6aaSHy0 #

※6
現代は全ての進化の終着点の時代じゃねえぞ、進化にはまだまだ続きがあるんだ

33

33. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 17:16
  • ID:6HN5.liP0 #

いやあ、これは興味深い。
効果はありそうな気がする。

34

34. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 17:36
  • ID:OPZ.i34E0 #

蛍光塗料で書けばもっと効果が…と思ったけど想像したら怖すぎた

35

35. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 17:59
  • ID:jM3jccby0 #

大阪のおばちゃんはヒョウ柄を着て
ヒョウと互角の存在感を放っているからな。
あれも何かの威嚇行為なのかもしれない。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 19:03
  • ID:JvfCQ0Ue0 #

ケツからうろこ!!!!!…じゃなかった、目から鱗。

37

37. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 19:05
  • ID:jZwN0ntTO #

妖怪尻目ェ……

38

38. 2

  • 2016年08月08日 19:08
  • ID:CPHlSEGZ0 #

インドだかも農作業中に後頭部にお面をかぶってトラから襲われないようにするってのあったね。

39

39.

  • 2016年08月08日 19:15
  • ID:vRZ5TdCW0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 20:11
  • ID:K2kHyQUw0 #

※24 ※29
目の付け所が違うわけです!

41

41. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 20:11
  • ID:r6sSJ1Qe0 #

ただし視線は尻から出る

42

42. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 22:53
  • ID:mCWN5WSL0 #

撃墜…?

43

43. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 23:36
  • ID:bd5dUUM.0 #

虫とかでもこういうのいるよね
でも何世代も経つとライオンのほうも学習しそう

44

44. 匿名処理班

  • 2016年08月08日 23:53
  • ID:3YHp50Xd0 #

※39が懐かしすぎてクッソワロタ

45

45. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 00:35
  • ID:Q3YtWiZ80 #

いいね
柵なんて作るよりペイントのほうがよっぽど低予算でできるし
思いもつかなかったね

46

46. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 03:38
  • ID:a5DDTgN10 #

魔除けみたいだね。
船にも、目の模様描いたりするし。

47

47. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 07:06
  • ID:iqXgZeqS0 #

この博士は白澤にあったんだな

48

48. かわうそ

  • 2016年08月09日 08:50
  • ID:4rn237V70 #

まぁ、横着せずに牧場を柵で囲えってコトだな
野生と家畜は人間の都合で区別してるだけだから、ライオンからすりゃ入っていって狩れる動物に区別無し
文字通り目印付けたから狩らないでってのはおこがましいわw

49

49. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 15:23
  • ID:Tvny7SDG0 #

ならライオンは何を食うわけ?餌が減って個体数も減るんじゃないの?

50

50. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 16:18
  • ID:KistSkvc0 #

後のシリメダマウマである

51

51. 匿名処理班

  • 2016年08月09日 21:46
  • ID:uEaHpZf.0 #

いいなこれ

52

52.

  • 2016年08月09日 21:47
  • ID:uEaHpZf.0 #
53

53. 匿名処理班

  • 2016年08月10日 16:34
  • ID:InW5sNE90 #

※1
目のデザインはライオンの眼ですね。

54

54. 匿名処理班

  • 2016年08月10日 22:25
  • ID:e7kJ1ZDA0 #

この事に気づいた人に敬意を表する

55

55. 匿名処理班

  • 2016年08月11日 22:45
  • ID:.eXnGEpB0 #

ライオンはめちゃくちゃ余ってるんだぞ

56

56. 匿名処理班

  • 2016年08月14日 08:43
  • ID:ddxP418t0 #

ボツワナは農業に向かないから食肉生産が主な産業だからな
南アフリカへ輸出し、高品質で高級牛肉として取引されてる
国が品質検査や加工場を整備して流通網も作り上げた
自然保護区も広大でアフリカの中では治安が凄く良いから観光業も盛ん
国の産業の柱だから牧畜と自然保護を両立させないとね

57

57. 匿名処理班

  • 2016年08月14日 15:06
  • ID:wzdxblJA0 #

なんで揃いも揃って目線が上なんだよwwwwwwwwww

58

58. 匿名処理班

  • 2016年10月03日 23:52
  • ID:xuBy8zLU0 #

ほんの少しの工夫で捕食者から牛を守るだけでなく、人間から捕食者を守ることだってできる。そう、iCowならね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク