top

 フィンランド、ヘルシンキに住む21歳の写真家、コンスタ・パンカは、息をのむような自然や野生動物の写真を撮る。そこには自然や動物たちに対する多大なる愛があるのだ。

 野生動物たちを傷つけることなく、驚くほど近い距離で撮影したこれらの写真は、長い時間をかけて信頼関係を築き上げたり、小動物の場合には時にピーナツなどの餌をごく少量与えることもあるという。

スポンサードリンク

1.
01_e
image credit:boredpanda

2.
02_e
image credit:boredpanda

3.
03_e
image credit:boredpanda

4.
04_e
image credit:boredpanda

5.
05_e
image credit:boredpanda

6.
06_e
image credit:boredpanda

7.
07_e
image credit:boredpanda

8.
08_e
image credit:boredpanda

9.
09_e
image credit:boredpanda

10.
10_e
image credit:boredpanda

11.
11_e
image credit:boredpanda

12.
12_e
image credit:boredpanda

13.
13_e
image credit:boredpanda

14.
14_e
image credit:boredpanda

15. コンスタ・パンカさん
15_e
image credit:boredpanda

16. 撮影には18-55ミリレンズと105ミリレンズ、一眼レフが使えない時はiPhoneで撮影することもあるそうだ
16_e
image credit:boredpanda


 彼の美しい写真は、インスタグラムで日々公開されている。

translated byいぶりがっこ / edited by parumo

▼あわせて読みたい
あの忌まわしい事故からちょうど30年。チェルノブイリは今、野生動物が支配する世界へと変貌していた


思わずプププ。野生動物たちの面白い仕草や表情を集めた2015年「コメディーワイルドライフ・アワード」


生き生き自然、パワフル刹那。野生動物写真コンテストの最終選考に残った素晴らしい写真(昆虫有り)


人間の手により救い出された野生動物たち


ひん死の状態で横たわっていたリスと出会った家族の6年間の物語(フィンランド)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 00:41
  • ID:TnImN.IM0 #

「フィルター」から?
もしかして「ファインダー」からと言いたかったのかな?
しかしファインダーは撮影者しか目にしないものなので素直に「写真から」、
いやその部分もいらなくて、
「野生動物を接写。動物愛が溢れ出る素晴らしい動物写真」
でいいのかも〜(^^

2

2. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 00:42
  • ID:NcDIXSBv0 #

信頼関係ってすごいな。動物たちがこんなにも表情豊かだったとは初めて知ったよ。

3

3. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:08
  • ID:pJuJTbfz0 #

や、やさしい……
動物と自然を心底大切にしてんだなぁ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:10
  • ID:BfNpVSnf0 #

この人だったんだ!
自分のスマホに保存してた写真があってビックリ。インスタ嬉しい。即フォローしやした。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:20
  • ID:eGBz8dEX0 #

キツネさ〜ん、線路で遊んじゃダメだよ!

6

6. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:29
  • ID:9L94SaS60 #

クマはやべーよ
ここの過去記事色々思い出しちゃったよ!

7

7. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:43
  • ID:txBrhFqk0 #

13の鳥のやる気が凄いw

8

8. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 01:59
  • ID:zV2eONAn0 #

コンスタくん熊いるけど気をつけや

9

9. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 02:51
  • ID:g3XxFi800 #

やはり狐は神秘的な生き物ですね。
タヌキなら秋口になるとよく見かけます。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 03:55
  • ID:0udZ.zmE0 #

子グマの写真は近くに母親がいないか神経使っただろうなあ
こわいこわい

11

11. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 04:02
  • ID:8rR3gEhH0 #

いい写真だった!
ただ16番の写真のどこに動物が居るのだろうと頭を見た時にモフってる一部を発見してリスかと思ったらサイドが薄そうな感じでしょんぼりした・・・

12

12. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 06:31
  • ID:ZsQ..qMC0 #

15番はカンバーバッチに似た動物だのうw
それはそうとフクロウかわええ!

13

13. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 07:13
  • ID:7F22ZJXX0 #

機材はAPS-Cだし、ぶっちゃけ大したこと無い。
結局は腕なんだな・・・
フォトショの使い方も相当凝ってるけど

14

14. 匿名係

  • 2016年09月14日 07:21
  • ID:TSaiA2tg0 #

動物たちの表情がとてもキュート。
そして環境も素晴らしいです。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 09:33
  • ID:byoSPKha0 #

14は何ていう動物? ヘラジカの角がない個体?

16

16. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 09:43
  • ID:0L.Oi3dr0 #

野生動物撮るのに105mmまでってすげえな
俺なんて野鳥撮るだけでも100ー300と500レフ持ってくのに

17

17. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 12:13
  • ID:VHfORouR0 #

確かに素晴らしい写真だけど餌付けしてる時点で・・・
人馴れした動物増やしても動物側にはデメリットしかないんだよ。北海道のクマみたいに。
写真家みたいなヒトにこそこういうことはやめてほしい。そんなことをしなくてもこの人なら素敵な写真が撮れるでしょ。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 12:14
  • ID:VHfORouR0 #

追伸
ちなみに日本ではヒグマやキツネあたりに餌付けするカメラマンが大変多くて地元のヒトも困っています。

19

19. めしねこ

  • 2016年09月14日 12:26
  • ID:TQEVvgrG0 #

望遠なしで野生動物をここまで近く撮れるとはたいしたもんや
メインはソニーかニコンかどっちなんだろ?

20

20. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 12:36
  • ID:5Xh5PzJM0 #

※6
星野さん。。。

21

21. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 13:27
  • ID:8WN0eImO0 #

インスタにある風景群の「似た光景の記憶が無い異世界っぷり」にあきれます。凄い。ヒトが直に見る絵はここまでではなかろうと、頭の中で日常化補正を試みるのですが無理で、フィンランドあたりてのはこのまんまな場所なんだろうなと思うことにしました。
YouTubeに撮影同行やインタヴューが多くありますが("konsta punkka"で探す)小鳥もリスも寄って来すぎ。ヒトの場所と森林の境界が薄く、境界というかシームレスぽいし不思議な雰囲気。自然享受権というものの存在であるとか日本的な感覚とはちょっと根本が違うのかな。厳しくて魅力的ですね。
インスタにある小鳥動画が愉快で飽きなくて困ります「kpunkka~ Early bird catches the wor... or? (wait for it)」でググると出てくるやつ。ドリフか。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 13:47
  • ID:2ZZCbUJC0 #

地味な写真だけど凄いな
全てに被写体に添って対話している雰囲気がある
自然と野生に部外者として対するアプローチと真逆のベクトルの写真

23

23. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 18:18
  • ID:.zavAvI00 #

熊好きすぎな有名な研究者のカップルが生きながら熊に食われた記事なかったけ?
娘が熊に食べられてるのって電話してきたやつだっけ?
サファリパークの痛いよーだっけ?思い出せないな

24

24. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 19:55
  • ID:8WN0eImO0 #

熊写真はおそらく観察小屋からではないかと。撮影地はスオムッサルミと写真のコメントに書かれていますが、そこはフィンランドの政府観光局公式ホームページに書かれている"ツアーに参加してクマの写真を撮りたいなら東部の国境付近の深い森"という説明に近い場所のようです。
ガイドに引率されてのスオムッサルミでの熊観察ツアーの様子は「Bear safari at Arola farm - Suomussalmi, Finland」などの動画で確認できますが、熊の食べ物(おろした魚をトロ箱四つ)もちゃんと持っていくのですね。鳥たちもワクワクでおこぼれを待っているし熊たちは食べ放題だし参加者もサンドイッチぱくつきながらで、見ているこちらの空腹を直撃する映像でした。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 21:35
  • ID:Ji849QDc0 #

いい写真だけど、ごく少量でも餌やるのはまずいのでは……

26

26. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 21:36
  • ID:SGXW7vsL0 #

とても21歳には見えない…やっぱり神経使うのかなぁ

27

27. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 23:26
  • ID:fLSrdUFo0 #

フクロウは触っちゃだめだろ。野生個体でないと信じたい

28

28. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 23:42
  • ID:uD0FLDHe0 #

1のキツネの顔、ハート型だね。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年09月14日 23:43
  • ID:bw2ULOkP0 #

ナウシカ…!

30

30. 匿名処理班

  • 2016年09月17日 08:23
  • ID:Ts0b46X40 #

写真は機材じゃなくて腕なんだなって確信させてくれる写真ですね
まあ写真に限らず、ですけど

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク