0_e16

 世界の多くの人々は、牛と言ったら「牛肉、牛乳、革の原料」と考えるだろう。だが牛を尊敬し崇めている人々が存在する。もちろん牛から恩恵を得ているのだが、牛の存在が文化的に不可欠であり、宗教伝統とも繋がっているのだ。

 南アフリカの写真家ダニエル・ノーデは、ウガンダ、マダガスカル、インドの美しい牛たちの姿を撮影した。その写真には素晴らしい角を持った神々しい牛たちの姿が収められている。

スポンサードリンク


 ノーデが牛の写真を撮ろうと思ったきっかけは、南アフリカに住むコーサ族とングニ族の畜牛たちを見たことにある。その後、ウガンダのアンコーレ牛の記事を読み、ますます牛に興味がわいた。

 曲線が美しい大きな角が特徴的なアンコーレ牛は何百年にわたり牧畜民ヒマの資源であった。しかし経済的圧力により、多くのヒマがミルクをより多く生産するアメリカンホルスタインを繁殖させるようになり、アンコーレ牛はあと40年で消滅してしまうという。

 ノーデは自らの目でアンコーレ牛を見るため、ウガンダに出かけて行き、現地のガイドと一緒に彼らを捜し出した。

 ウガンダのアンコーレ牛
1_e17

 ウガンダのアンコーレ牛
2_e16

 ウガンダのアンコーレ牛
0_e16

 アンコーレ牛の群れの動画


THE INCREDIBLE ANKOLE.mpg

 マダガスカルでは、コブウシ(ゼビュー牛)の写真を撮った。コブウシは農耕に用いられ神とつながりがあるとして神聖視されている。動物のポートレイトを作るかたわら、ノーデさんは、コブウシの頭蓋骨と角を祭るお墓も訪れた。コブウシの墓は通常飼い主の墓のそばに作られるという。

 マダガスカル、コブウシ
4_e18

 インドでは、収穫祭「ポンガル」に参加した。4日間にわたる収穫祭では、家畜に感謝する日「マートゥ・ポンガル」がある。この日は日頃の感謝を込めて、牛たちの角や体に色彩を施し、鈴などで飾り付ける。

 インド人の多くはヒンドゥー教を信仰している。彼らが崇拝するシヴァ神の乗り物はナンディンという牡牛でありインドでは牛が神聖視されているのはご存じの通りだ。

 インド、タミル・ナードゥ州ポンガル祭りで飾り付けられた牛
3_e19

5_e18

6_e14

7_e12

8_e11
via:slate

▼あわせて読みたい
かわいすぎて牛肉が食べられなくなりそう。心を溶かす「もふもふ牛」


筋肉隆々スーパーマッチョなベルギーの巨大牛、「ベルギアン・ブルー(Belgian Blue)」の見事なプロポーション


今度は牛が犬化。自分を犬だと思い込み犬のようにソファーでくつろぎだした子牛


UFOが牛を誘拐?新たなるキャトルミューティレーションの画像が公開される。


本当に怖いのはクマより牛。危険度はどっちが高い?意外な死因ランキング10(アメリカ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:35
  • ID:X9U9m8VI0 #

アンコーレ牛って、1人1人、角の形が違うんだ!
かっちょえぇ〜〜〜(^O^☆♪

2

2. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:36
  • ID:yk0Clt6q0 #

ゴッド・ビーフと名付けよう

3

3. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:37
  • ID:LdGv0ziG0 #

飾りか…うっわ、ハデな色…こんな色のツノ生えてくるんか〜と一瞬思った
クリスマスみたいな飾りだね

4

4. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:39
  • ID:7yx6YK470 #

牛界の本多忠勝。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:47
  • ID:8PifyyYn0 #

カッコいい!いろんなタイプがいるんだね。文化とも密接に繋がってるし、失われるのは惜しく感じるけど、生活もあるしね…お祭りとか含めて観光に活かせれば少しは残せるかも。

6

6. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 22:48
  • ID:FN7aDBJg0 #

これはRPGで聖獣として出てくるやつだな

7

7. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 23:06
  • ID:.PklspRo0 #

10年くらい前に話題になったアフリカン・ワツシという品種のラーチくんが思い出されたので、どうしてるだろうとググッてみたら、2012年に亡くなったらしい。

8

8. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 23:12
  • ID:.PklspRo0 #

※2
ビーフは牛肉のことだから

9

9. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 23:19
  • ID:.PklspRo0 #

※8
あっ、ツッコミ間違ってたら(勘違いだったら)ごめんなさい。
連投失礼。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 23:24
  • ID:nTmfe2zs0 #

頭重くないのかな?首痛めそう。
あぁ見えて角って中身は案外スカスカで軽いとか?

11

11. 匿名処理班

  • 2016年07月19日 23:45
  • ID:9T17QKzG0 #

古代エーゲ海文明のミノタウロスの伝説は、どの品種の牛がモチーフになったのか気になる
間違っても現代の大量生産の家畜ではないのは確かだろうw

12

12. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 00:09
  • ID:tF5zS2mL0 #

アンコーレ牛って、絶滅した数々のびっくり動物達に匹敵する現生種だよね。
何とか現地で一度見てみたい。

13

13. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 01:10
  • ID:pSLxIC150 #

コブウシ見たら、コブの部分がジューシーで美味しかったのを思い出した。クピンっていうんだっけ?

14

14. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 01:11
  • ID:8.v.X9.W0 #

確かサハラ砂漠に残された大昔の壁画に、この角が大きい牛が描かれていた覚えがある。(サハラ砂漠に雨が多く降っていた時代の壁画だとか)今はサハラ地域には居ない動物達だと解説されていたけど、他の地域にはしっかりと残っているんだね。牛が全てホルスタインになってしまったら、それはそれで悲しい事だと思う。角が大きい牛の魅力って、なかなかのものだと思った。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 01:22
  • ID:0WTsQ5qD0 #

※12
専門外なんでそこまで詳しく無いけど…古代地中海世界なら恐らくはヨーロッパ系のオーロックス牛じゃないかな?現存する壺の文様や壁画に描かれた牛の姿はどれも一様にスマートで南方アジア系コブウシの特徴である「背中のコブ」と「喉下の垂れ」が見られないので。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 01:26
  • ID:Rg6G01eu0 #

黄金の牛、占拠!

17

17. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 04:35
  • ID:K9L.Pgp40 #

俺の真ん中の角にはかなうまい

18

18. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 05:16
  • ID:h09rQCwu0 #

角やコブなどどうして発達したのか不思議ですが、その奇怪や美しさに引き込まれますね。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 07:49
  • ID:okNRpmO80 #

ゼウスが牛に変身したのも納得の神々しさ。人類が普遍的に持っているイメージと重なる部分があるんだろう

20

20. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 08:13
  • ID:AkyTZcBb0 #

そのうちハートに見える角の子も出そうな勢い

21

21. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 08:25
  • ID:EWxFDNQi0 #

※10
アンコーレ牛は角の中に血管が通ってるとか聞いたような
アメリカにいるアンコーレは真横にぶっとい角がまっすぐ延びた種だった

22

22. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 10:45
  • ID:1ep4rTos0 #

どうしてもウシに生まれ変わらなきゃいけない場合は、ぜひインド限定でお願いします

23

23. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 12:11
  • ID:nvYsNSCi0 #

落雷を両角に受けて、
「サンダーなんとか」的なビームを放ちそう

24

24. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 12:30
  • ID:rSMSKlli0 #

ロイコクロリディウム思い出す・・・

25

25. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 13:54
  • ID:TIWgSjKq0 #

思ったより神々しかった
神の使いって言われるのも解る気がする

26

26. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 17:42
  • ID:upbU7Fo60 #

元々は生け贄として使われてた動物だから神聖な感じにも納得。

27

27. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 21:24
  • ID:gkrTrLXn0 #

小さい頃、小学館の動物図鑑の「かちく」ページが大好きだったなあ。
人為的とはいえ、様々に進化した牛、馬、にわとり達。
みんな美しいと思うよ。

28

28. 匿名処理班

  • 2016年07月20日 23:50
  • ID:it2CCvKb0 #

つい立派な角に目が行ってしまうが、よく見るとどの牛も優しそうな目をしておられる。

29

29. 匿名処理班

  • 2016年07月21日 00:36
  • ID:6e1u67Fr0 #

四足歩行の動物って、建造物で言ったら高床にする柱があって箱体があって、その箱体からけっこうな重たいものが突き出てくっついている形なんだよなあ。相当に首や肩が疲れるんじゃなかろうかと思って、よく猫の肩甲骨あたりを揉んであげてるんだけど、うちの子はすごく満足げに気持ちよさそうにしてる。これだけ立派な角までつけてたら、肩こるなんてもんじゃなさそうで、ちょっとツボ押ししてあげたい。

30

30. 匿名処理班

  • 2016年07月21日 10:30
  • ID:0nUgnd7v0 #

余談だけど、牛の角って実は骨のように固くないよね
なんかタケノコみたいな構造してんだよあれ、角質化したかための皮膚っぽいものが何重にも重なってる感じ

31

31. 匿名処理班

  • 2016年07月21日 11:16
  • ID:gXnLB6Q90 #

※33
以前、どこかの動物番組でやっていたんだけど、動物の角の構造には大きく分けて4種類のタイプがあるらしい。
1.骨が発達したもの(キリンとか)
2.毛が発達したもの(サイ)
3.木の枝のようなタイプ(鹿など)
4.骨の土台に、ケースのようにかぶさっているもの
牛はたしか4だったと思う

32

32. 匿名処理班

  • 2016年07月21日 15:40
  • ID:6xzq8o1O0 #

すげー、頭蓋骨を飾りたい。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年07月22日 01:43
  • ID:6fyIb3Pd0 #

角の先がとんがってるやつ見るとタマヒュン感に襲われる私は、もしかすると先端恐怖症なんだろうか…
まあ、タマは付いてないんだけどね
気持ち的にね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク