top

 犬の癒し能力はどうやら万能らしい。セラピードッグは闘病中の大人やこどもたちだけではなく、トップクラスの水泳選手からも最高だ、というお墨付きをもらっているという。

 先日、アメリカで8日間にわたり行われた2016年リオデジャネイロ五輪の代表選考会で、水泳選手たちのメンタル面のサポートとして、セラピードッグが導入された。

 彼らはストレスで凝り固まった選手たちに笑顔をと安らぎを与え、精神面をほぐす救世主としての役割を大いに果たしたようだ。

スポンサードリンク


Therapy dogs at 2016 U.S. Olympic Trials

 先日、アメリカはネブラスカ州オマハにて、リオデジャネイロ五輪の代表選考会が行われ、1700人の水泳選手がふるいにかけられた。当然のことながら現実は厳しく、その切符を手にできる選手は一握りしかない。現地の選手たちはさまざまなプレッシャーや不安に飲み込まれていた。

 幸いなことに犬たちを率いるアメリカの非営利団体、Domesti-PUPS のスタッフは神経質な選手も対象にしている。彼らは緊張でナーバスになっている選手をなだめてくれる30匹のフレンドリーなセラピードッグを提供した。

セラピードッグチームの一員、ゴールデン・ドゥードルのラリーさん。
1
imege credit:AP

愛を捧げることが僕らのお仕事

 もちろん一緒に走ったり、抱きしめたりといった基本的なスキンシップや、投げたボールを拾ってくるお決まりの遊びもウエルカムだ。愛犬がいる選手も彼らと接すると自宅にいるような気持ちになるのだという。人懐っこいセラピードッグたちは、選手たちにお腹を出して撫でてと催促する。

3
imege credit:AP

 セラピードッグたちは与えられた任務に対し真剣に取り組んでいる。彼らは専用の写真付きセキュリティカードを身につけ、1チーム4匹で構成されたグループで、3時間ごとのシフト制で働く。朝から晩まで選手たちのメンタル面のサポートとして、無条件の愛情をあたえてくれるのだ。
 
 この試みは、アメリカ水泳連盟のプログラムマネージャーのアイデアがきっかけだったという。ガチガチになる選手たちのケアは大切だ。犬はもとより動物好きな彼女は、選手たちがセラピードッグたちからくつろぎや笑顔を与えてもらえるかもしれない、と思ったのだそうだ。

4
imege credit:AP

選手は癒されパフォーマンスが向上

 オリンピック出場権を目指しハードな戦いに挑む選手たち全員が深刻になっている時でも、ハッピーな犬たちが駆け回っているのを見てるのは楽しいし落ち着く、という選手もいた。楽しそうにしてる犬たちには心が和むという。また、競技者のなかには20分間お気に入りのセラピードッグと遊んだ後、リラックスした気分でプールに入り最高の泳ぎができたという選手もいた。その選手はパフォーマンスの向上を感じたという。

 現在、病院や刑務所、被災地など、強いストレス環境にある人々の心をほぐすセラピードッグの活躍を求める動きは増加しているという。ブラジルの状況が懸念されているが、現地で多くのセラピードッグに協力してもらうことが解決につながる可能性もある。それですべてがうまくいくわけではないが、笑顔になるきっかけが生まれる。可愛さマックスの犬たちが人々の気分を和ませてくれることだけは確かなのだ。

via:vocativ/AP・translated R/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
この素晴らしい笑顔!いつも笑顔を絶やさない盲目のゴールデン・レトリバー、みんなに笑顔を分け与えるセラピードッグに。


空港で疲れた利用客を癒すのは人なつこい犬だった。ユナイテッド航空で導入した空港のセラピードッグたち


ほらね、痛くないでしょ。怖がる子どもたちに最強の助っ人が現れた。アメリカの小児歯科で働く歯科助手犬


犬も本当に悲しいときには声を詰まらせて泣く。亡くなったおばあさんのお墓に寄り添い嗚咽をあげるウルフドッグ(アメリカ)


みんな、会いに行くから待っててね!自発的に老人福祉施設のお年寄りたちを励まし続ける小さな犬、ナラさんの物語





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 12:04
  • ID:CNaW6KAA0 #

待っててね、ひと泳ぎしてくるから!

2

2. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 12:09
  • ID:mZ..OPDT0 #

たとえ自分が失敗しても全く変わらない全開の愛情で応えてくれる存在がいるって思わせてくれるのが犬だと思う
だけど犬が苦手な選手のケアはどうするんだろう…

3

3. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 12:32
  • ID:.Eezknb80 #

なお、犬が嫌いな人、好きだけどアレルギーのある人には、逆にストレスになります
個人的には良い取り組みだよなぁとは思う
けど、どうせだったらセラピーキャットとかセラピーバードとかセラピーラビットとかetc.etc.で、移動動物園状態にしたら良さそうかなぁ(犬以外は言うこと聞かせづらいから難しいんだろうけど

4

4. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 12:51
  • ID:PJjeLT2J0 #

肩の力が抜けるのは確かに良さそうね。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 14:06
  • ID:Zq2sapVX0 #

お仕事の終わった犬も癒やしてあげてほしい。お疲れさま。

6

6. かわうそ

  • 2016年07月09日 14:31
  • ID:UpW7jjV20 #

いやもうリオデジャネイロの犯罪率は犬に癒されてハッピーになれるレベルじゃないんだけどな
オリンピック自体が開催されるかどうか...されても選手村が襲われる可能性も
犬に癒しを求めるよりもボイコットする方が選手の精神衛生上よほど良いんじゃないか?♪

7

7. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 15:09
  • ID:4FqOkl390 #

噛まれたらどうすんだ!
賠償だ!

8

8. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 16:54
  • ID:CInIF9pm0 #

犬のストレスも解消できるように活動してもらいたいね
※3
他の動物は触られるのがストレスになるのが多いのでは?
目があってオキシトシン(母性?)というホルモンが出るのは犬だけなんだよね
もちろんお互いリラックスした状態で

9

9. 匿名処理班

  • 2016年07月09日 20:27
  • ID:YNcHJfSE0 #

一般企業のセラピー犬は非常に寿命が短いと聞くから
犬にしたら相当ストレスたまるんじゃないかな

10

10. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 02:18
  • ID:f6Kh2ZCE0 #

動物が好きでよかった 動物が苦手だと遭遇できない悦びがあるし 救いも癒しも

11

11. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 03:06
  • ID:OFgeLdmF0 #

IOC「せや、犬もドーピングの対象にしたろ。」

12

12. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 06:58
  • ID:ju.ahvPm0 #

「オリンピック」というより正確には「オリンピックに出場するための選考会」で導入されたということだけれど。
記事を読む限り良さそうな取り組みだなあ。犬はそこららしこにいるわけではないでしょ。
たぶん犬ゾーンがあるんじゃないかな?

13

13. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 07:15
  • ID:ZwBFJva60 #

今回のは不特定多数と触れ合わせるんじゃなくて選手たちでしょ?
だったら事前に犬が苦手だったりアレルギーがあると聞き取りできるのにしてないはずは無いと思うんだけど、それでも犬嫌いやアレルギー問題を持ち出すの?

14

14. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 10:27
  • ID:J52N4m.00 #

犬「プールで遊びたい…」
関係者「それは無理」
選手(一緒に泳ぎたい!ボール投げたい!!)

15

15. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 11:28
  • ID:OIb3gFwI0 #

なぜか全員いぬかき自由型に

16

16. 匿名処理班

  • 2016年07月10日 23:30
  • ID:D7wNgbyB0 #

記事とは離れるけどゴールデン・ドゥードルっての検索しちゃったわw
時々見かけるプードルにしてはなんか違う感じ、この種だったのかも

17

17. 匿名処理班

  • 2016年07月11日 15:01
  • ID:q90NVUe40 #

病気でもない健常者なら、受けるストレスの原因を解決する方が先じゃないのかね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク