top

 「それほど難しいことじゃない」という意味の英語で、“It’s not rocket science!”(ロケット科学ほどじゃない)と言う表現がある。実際に、60年代初期のロケット科学は非常に複雑であり凡人には理解不能のものだった。

 今なら、月に行くのにどのぐらいの燃料が必要なのかをスマホアプリで把握することができるし、海王星の重量を知りたい時もグーグルで簡単に検索することができる。


スポンサードリンク

 だが1961年当時、NASAの科学者たちはチョークと巨大な黒板でその数式を計算をしていたのだ。そしてこの年、彼らはアメリカ初の宇宙飛行士を宇宙へ送り出している。その当時はパソコンはおろか電卓すら発明されていなかったことを考えると、それがどれほどの偉業だったかがわかるだろう。

1.
nasa-presentation-before-powerpoint-1961-3_e

2.
nasa-presentation-before-powerpoint-1961-2_e

アメリカ初の有人宇宙飛行
Freedom 7 Mercury-Redstone 3, The Complete Flight Of Alan Shepard, First American In Space

via:NASA Before PowerPoint in 1961・translated byいぶりがっこ / edited by parumo

▼あわせて読みたい
量子力学の研究機関で物理学者が使用している黒板の写真


美術解剖学の先生のチョークスキルがあまりにも高かった。黒板にチョークで描いた人体解剖図がハイクオリティ


日本の先生が黒板に書いた「最後の宿題」が翻訳され海外へ。新たなる感動を呼ぶ。


NASAの極秘テープが流出、1973年、NASAは火星への有人ミッションを成功させていた!?


手に触れることのできる宇宙。NASAが撮影した壮大なる宇宙世界に浸ることができる写真集&カレンダー「Earth and Space」




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
30975 points
「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

2020年9月11日
2位
11360 points
あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

2020年9月11日
3位
8979 points
「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

2020年9月10日
4位
7561 points
生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

2020年9月9日
5107023424
5位
4105 points
うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

2020年9月8日
4583630215
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 14:44
  • ID:j7JiLDQd0 #

複雑そうに見えて
よくみると高校レベルの三角関数の計算ばっかな気が。

2

2. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 14:56
  • ID:nfLejgTl0 #

日本も計算尺と職人魂で世界最速である新幹線を作り出した
功績あるので、時代的には人間の頭脳と機械のいい関係が
築けたのかもね

3

3. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 14:56
  • ID:3kmU.BYj0 #

おいおい手計算かよ。。一つ間違ったらアウトだな
気が遠くなるわ…オレはムリ。
※1
そうか、すごいね。君がいたらNASAはもっと早くロケットを飛ばせたかもね。

4

4. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:07
  • ID:.ZXvVu.Z0 #

紙に書いて配る、じゃなくてデカい黒板を作る事から始めるのが
いかにも奴ラらしいなと思った。
みんなが突っ込みあうように、という事なんだろうか。
例えばハリウッド映画でも模型を鉄骨溶接から作り始めるような。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:09
  • ID:AC1FCpIF0 #

画像1
方膝たててる人、ズボン丈を測り間違いか?

6

6. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:13
  • ID:L7hfUZ9H0 #

これはよく見れば実際の計算をこの黒板でやってるわけじゃなくて、プレス用か撮影用の雰囲気を出すためにまとめ的に公式程度のものを書いてるだけだね。実際の計算を黒板でやるともっとごちゃごちゃとなるし、消したり書いたりで黒板も汚れる。
そもそも実際には黒板は議論のときだけで、普通は紙で式を計算したらプログラムにして大型計算機に突っ込むだろう。60年代はもうそういう時代。

7

7. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:19
  • ID:8XOZtyyw0 #

これ宣材写真じゃねーの?

8

8. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:29
  • ID:ZlHV2Bz60 #

かっこいい

9

9. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:42
  • ID:w2XcBMH30 #

※1
図を見ても分かるように、極めて単純な場合。
公式の変形くらいしか書いてない。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:43
  • ID:MOVckP8J0 #

この数式は何を意味するのか説明して欲しかったな

11

11. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:44
  • ID:KPsBGUNW0 #

電卓ってそんな最近なんかと思って調べたら、1963年が最初の電卓発売なんだな

12

12. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:46
  • ID:YTLQjLxv0 #

研究大好きであまり服装には頓着しないタイプなんだろう

13

13. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 15:56
  • ID:BeVKKWMu0 #

大学でまともに古典力学を学んでたらできるレベルの計算やね。この黒板は広報用じゃないの?実際はもっと摂動計算と数値計算をガリガリやってたはず。

14

14. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 16:09
  • ID:Xz1zjvaZ0 #

多段式ロケット 最初は点火のタイミング、ストップウォッチで計って地上からスイッチを押したってどこかで読んだな。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 16:15
  • ID:QvoxpM3A0 #

綺麗な円を描くには、コンパスか型枠が必要そうだし、手が届かないから
写真は書き終わった後に脚立と科学者をキレイに並べて撮影したと思う。
体の正面じゃないと均整のとれた文字も書きづらいし、落ちたら怪我どころじゃ
済まないし、第一NASAが大切な頭脳を危険にさらすはずは無いと信じたい。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 16:22
  • ID:xkhu.6Ie0 #

すげーデカい尻をしているしポケットにも何か入っているように見える
これで片膝をあそこまで立てるとズボンが破ける恐れがあるから、裾をぐっとたくし上げているんだろう
あのポーズにどんな意味があるのか知らないけどw

17

17. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 16:40
  • ID:QkKAiUPI0 #

高校の数学と物理の教師を沢山集めればロケットが飛ばせるわけでもなさそうだから、何を元にどのように計算したらいいかがちゃんと分ってなきゃダメってことなのかな?

18

18. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 16:40
  • ID:VZ.YTm560 #

三角関数そのものではなく、三角関数などを使って導き出した結果が凄いのであって。
サインコサインタンジェントでつまずいた私ですが、これも波の高さを表せるツールなんだよね、、たしか、、多分。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:11
  • ID:nKpk6H6n0 #

※6
スーツ着たことないのか?
座ったり、膝曲げるとソックス見えるぐらい上がるのは普通だぞ。

20

20. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:15
  • ID:XqehONT70 #

横に長いの作れば脚立いらないのにね

21

21. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:18
  • ID:phc0Cy3X0 #

これだけ大きな黒板なら立てて使うより
横にしたほうが使い勝手良くない?

22

22. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:23
  • ID:OZN98NDj0 #

数式って難しそうだが
結局足すか引くかの計算やってんだよな
掛けるってのも足すの連続だし
割るってのも引くの連続を簡略化したもんだろ

23

23. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:34
  • ID:0JL4xv5a0 #

※1の言ってるとおり、数式自体は難しくないのがポイントだねぇ。
今の日本だと数学としては高3、物理としては大1で習うレベル。とはいえ自分らは先人の通った後をなぞってるだけで。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:34
  • ID:F3hNqj9O0 #

かっこいいなあ、知の結晶って感じがある

25

25. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:38
  • ID:vavi6xsf0 #

まぁ当時のロケット開発なんて重要機密だろうし、そんなしっかりした数式書いた写真撮るわけにもいかんかったのだろうな

26

26. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 17:45
  • ID:wqUoFHeg0 #

今日、レンタルした『オデッセイ』を見たばかりでタイムリー。
火星に取り残された主人公が『世界中の賢い人が僕をサポートしてくれる』って言ってたシーンを思い出したよ。

27

27. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 18:10
  • ID:YyY.dMuT0 #

数式というか公式にしか見えないのだけど…

28

28. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 18:44
  • ID:6AgUlZd30 #

実際に計算するなら大きい紙に書けば済むでしょう
撮影用でしょう
当時は「すげえ」ってなったんですかね

29

29. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 18:47
  • ID:vzOPGQz50 #

これってコンピューターを使わないで全部手で計算したって話?
んなわけ無いじゃん

30

30. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 18:51
  • ID:HCdBsuq20 #

まあ、当時のコンピューターは真空管式だし、根性で月まで行けたんだな。

31

31. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 19:19
  • ID:xB6nxFD10 #

このころは手回し式の機械式計算機が使われていた。
機械式計算機による大量の繰り返し計算は若い女性の仕事だった。
黒板とチョークしかないとか、そこまで原始的ではないよ。

32

32. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 19:25
  • ID:t4UgqXUG0 #

だから上下にスライドする黒板が発明されたんだな。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 19:45
  • ID:SOlNABEd0 #

※25
あることを最初にやるのはとても難しいけれど、過去の人のなした
ことを再現したり、証明を読んで理解するのは簡単だもんねえ。

34

34. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 20:40
  • ID:xDsV1oH90 #

当時の数学者・天体物理学者が現代のパソコン使えていれば、とっくに火星に中継基地作って木星まで飛んで行き、ヘリウムガスを採取して核融合発電が普及してたりしてw
ただ、現代と往時とで決定的に違うのは「命の価値」じゃないだろうかとも思う。
もし当時の技術のみを使って現代で有人ロケット飛ばそうとしたら、間違いなく許可されないw
でも、極めて有能な学者の人が操る計算尺は、電卓どころの騒ぎじゃないっすよ・・・w
そもそも凡人だと出力された結果が正しいかどうか確信持てない事が多いしw電卓ですら使いこなせないw

35

35. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 22:08
  • ID:NIoSQeMI0 #

手が届いたのだろうか

36

36. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 22:08
  • ID:mCjK18OC0 #

年代的にIBMコンピュータがあるから
いちいち黒板で計算しないだろ。

37

37. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 22:21
  • ID:annSLIYN0 #

聞いた話だけど、当時のコンピューターがファミコン並ってマジ?

38

38. 匿名処理班

  • 2016年06月16日 22:47
  • ID:79qAa4TM0 #

昔の科学者とか技術者はすごいよなぁ。
カメラのレンズとかも戦前の段階で収差がほとんどないレンズできてるし。

39

39. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 00:48
  • ID:xyn0lxf80 #

あの時代のNASAなら既に今で言うスパコン使ってるぞ、手計算じゃ百年掛かる計算式があっちゅうまに終わるからこそ
宇宙に行けたんだぜ。

40

40. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 02:48
  • ID:YHC8Ez.80 #

>>42
NASAは今でもすべてをパソコンでやらずに黒板や紙を併用してる
日本企業でもパソコンですべてをやってるところはまずないでしょ

41

41. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 08:59
  • ID:XnHN4T.B0 #

コンピューターがあっても、手計算でちゃんと訓練してコンピューターを操作しないと何の計算してるか理解できないしな。

42

42. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 11:50
  • ID:HupRX6kQ0 #

※40
1961 年は IC 発明の年ですね。
Wikipedea の IBM 1410 の項を読むと、 CPU 不明メモリは多くても 80kbytes ですね。
ファミコンは、 CPU 1.79MHz 、メモリは ROM 以外に、2kbytes(画像用)+2kbytes(ワーキングメモリ)とでているので、さすがにファミコンよりはパワーありそうですね。
ただ、一桁しか違いませんので、同等に近いとはいえます。
ちなみに今のパソコンだと CPU 3GHz 、メモリ 8Gbytes くらいですかね。
単位を合わせると 3000MHz で、 8,000,000kbytes です。←厳密には間違っていますが理解しやすさを優先しています。

43

43. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 12:19
  • ID:WO4D72yl0 #

宇宙ではなく、アポロ計画自体が研究対象になっていると聞いたことありますよ。
人類史上初の難事業を計画立案しスケジュール通りと言うより一部前倒しで完遂した希有のプロジェクト。
なぜ成功したのか長年研究され続けているしまだまだ研究が必要らしい。

44

44. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 13:16
  • ID:0E8yjW5e0 #

※31
ん?それじゃ、そのコンピュータを発明するのにコンピュータを使うのかい?

45

45. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 13:18
  • ID:uS2QLSlC0 #

※40
この前、きゃりーぱみゅぱみゅが出てる『世界の何だコレ』って番組で、NASAに行ってたけど、アポロ11号時代の管制センターが出てきて、ガイドの人が『ここにあるコンピュータは、全部足してもスマホよりもショボい』って言ってた。

46

46. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 19:32
  • ID:9Bt87n.60 #

1961年なら既に大型コンピュータ(メインフレーム)が使われてるでしょう

47

47. 匿名処理班

  • 2016年06月17日 23:30
  • ID:rRBu1dn00 #

さすがにこれで月に行けたとは思えないな

48

48. 匿名処理班

  • 2016年06月18日 08:09
  • ID:aJyMOZMA0 #

横長の黒板にしたらええのえに

49

49. 匿名処理班

  • 2016年06月18日 09:03
  • ID:Sab6qRwy0 #

※46
お仕事がサーバー運用管理だったので。
apollo13なんかはトラブル対応のバイブルですよね。
「今ここにあるもので」という訓練は今でもあるとか。
イレギュラー対応を手順に起こすなんてね。
幸いあれほどのクリティカルな状況はなかったけど。

50

50. 匿名処理班

  • 2016年06月18日 09:23
  • ID:Sab6qRwy0 #

もっと大変なのが爆縮レンズじゃなかったか?
ノイマンが10ヶ月かかったとか。
泊り込みで計算したのかな?

51

51. 匿名処理班

  • 2016年06月18日 16:43
  • ID:PHJBa.pR0 #

爆縮レンズは原爆の話でロケットとは何も関係ないぞ
後ノイマン一人で計算した訳でもない。ノイマンを含む大量の数学者が計算して10ヶ月かかったってことな

52

52. 匿名処理班

  • 2016年06月19日 18:16
  • ID:jGHHeNA.0 #

簡単だーって言っている奴は
彼らが一体何を計算しているのか教えてくれ

53

53. 匿名処理班

  • 2016年06月19日 23:43
  • ID:pHPXogXf0 #

ずら〜と並んだ女の人が一生懸命計算するんじゃないの?

54

54. 匿名処理班

  • 2016年06月20日 00:30
  • ID:s7r96eZy0 #

人類、月に立つ。(DVD名、A Man on the moon ストーリーテラーはトム・ハンクス)が、オススメ。

55

55. 匿名処理班

  • 2016年06月20日 00:47
  • ID:s7r96eZy0 #

#37
宇宙で放射線の影響をどれだけコンピュータが受けるか判らなかったから、あえて容量の小さいのを積んだ。
スマホの何千万分の一の能力しかなかった。てナンバーズてドラマでやってた。
どちらにしても、そんなに高性能のはデカ(重)過ぎて宇宙まで持っていけなかったみたい。
11号着陸船イーグルのコンピュータが、降下中2回オーバーロード・再起動したから予定ポイントからずれたみたい。

56

56. 匿名処理班

  • 2016年06月20日 18:22
  • ID:1.5Z.8X10 #

黒板に書いてるようでありながら、写ってる人は何も書いてない。

57

57. 匿名処理班

  • 2016年06月22日 06:56
  • ID:2sXybPVU0 #

ズボンの裾を折って靴下を見せるオシャレだな

58

58. 匿名処理班

  • 2016年07月05日 02:38
  • ID:AFoYnZtQ0 #

科学ってなければおかしい、あるという前提で話を進めて証明していくから意味不明だわ
そもそもあるという前提ってなんだよ…
デザイン畑の俺には確実に無理な世界だ

59

59. 匿名処理班

  • 2018年03月08日 22:14
  • ID:X9FlnMKo0 #

※23
何というか、思考の流れが、上の方から水が落ちるようにすぐ下に向かう
文字と数字でできたピタゴラ装置みたいな感覚というか
下まで行き着いて横に移動して上から書き始める時に、思考が一時的にちょっと途切れる
それを目で追う他の人にもそれは起きて、そこで勘違いや見落としが起きやすい
プログラムなんかでも、ファンホールド紙(つづら折りの長い紙)やロール紙にプリントアウトして切らないままの方が、A4コピー用紙にプリントしたものよりも机上デバッグし易かったんだ、少なくとも自分はだけど(持ち運びは厄介だったw)
ひょっとしたら件の数学者たちもそんな感覚だったのかもな

60

60. 匿名処理班

  • 2019年05月12日 01:20
  • ID:4Keu1z3.0 #

世界初の機械式コンピュータの発明は1938年である(Zuse Z1)。世界史上最強の数学者にして原爆関係者のジョン・フォン・ノイマンがプログラムを作ったのが1945年、世界初のコンピュータ(ENIAC)の発明が1946年。

そして、個人用卓上電卓の登場は1963年である(Anita Mark8、真空管式)。過去の偉人たちの発明をなかったことにして小馬鹿にするのもいい加減にするのである。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク