00_e16

 5月22日、火星が「衝(しょう)」を迎える。衝とは、観測点(主に地球)から太陽系の天体を見たとき、その天体が太陽と正反対の位置にある状態のことで、今回は太陽と地球と火星が一直線に並ぶことになる。

 そして5月31日、火星と地球が最接近する。その距離はおよそ7,560万kmで過去11年間で最も近くなるという。
 
 最接近前後の2016年5月18日〜6月3日までが火星観測の絶好のチャンス。南の空の低い位置に浮かぶさそり座アンタレスの側に、通常よりも大きく明るく輝く火星が見えるはずだ。16日間もあるからきっと晴れる日も来るわけで、普段は見ることのできなかった火星のディープな部分を拝み倒せるぞ。

スポンサードリンク

 さそり座の恒星「アンタレス」の名前の由来は、ギリシャ語の「火星に抗するもの(アンチ・アーレス)」なのだそうで、まさにその名の通りの赤い星々が共演する姿を楽しむことができる。また、近くには月と土星も現れるという嬉しい演出付きだ。

 さらに5月31日には、地球と火星が過去11年間では最も近い7,528万kmの距離まで中接近する。NASAによれば、火星の観測に適しているのは5月18日〜6月3日とのこと。その間は目に見えるような違いはほとんどないそうなので、天気の良いときに観察してみるといいだろう。

0_e65

 火星と地球の会合周期はおよそ26ヶ月だが、火星の軌道は軽い楕円軌道であるため、両惑星の距離はその都度異なる。今回のように火星の軌道が太陽に最接近したタイミングで起きるのは15〜17年に1度しかない。また衝が必ずしも最接近のタイミングにならないのも、楕円軌道が原因だ。

 なおSNSでは火星が月よりも大きく見えると噂されているが、それは嘘なので気をつけてほしい。もちろん実際の大きさは火星の方が大きいのだが、地球から見た姿は月よりも小さい。

 次に火星が接近するのは2018年夏のことで、今回よりもさらに接近するそうだ。実は2003年にはその2018年を上回る超大接近があったのだが、それほどの好条件が次に訪れるのは2287年になるという。

 動画は2003年に地球に最接近した火星をとらえたものだ

Mars on July 29th, 2003 from Earth through a telescope

via:nasaaustraliangeographic.wnepなど、translated hiroching / edited by parumo

▼あわせて読みたい
「ルイ・ヴィトン」が手掛けたCGで巡る迫力の火星への旅「RED JOURNEY」


10月20日午前4時27分、サイディング・スプリング彗星が火星に大接近!NASAの火星探査機が絶賛記録中


「火星視点から見たら地球なんてこんなもの」というのが一発でわかる画像


もしも月と同じ距離に太陽系惑星があったら地球からどう見える?4K夜バージョン


もし月が地球に衝突したらどうなるのか?3Dシミュレーションした動画





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 10:39
  • ID:uZY8QPFn0 #

土星も近くにあって明るい星が逆三角形を作るからわかりやすいよ
こんな感じ
 土星
          火星
   アンタレス

2

2. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 11:40
  • ID:biUocqD60 #

火星人いるかな?タコみたいな光線銃所持してる奴らさ。
ま、俺も部分的な火星人なり。
金星人はブロンド美女(豆

3

3. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 11:56
  • ID:biUocqD60 #

モルダー 火星人は生臭いのよ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 12:14
  • ID:NDgNXW0A0 #

2003年の時はかなり大きく見えてたから、よく覚えてるわ

5

5. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 13:38
  • ID:HDc.I17G0 #

昔の人は肉眼で火星は赤いってわかったんだろ?

6

6. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 16:02
  • ID:eq5AJYz50 #

火星が月より大きく見えるなんていう話を信じる奴がいるのか?

7

7. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 16:09
  • ID:CcinEAwD0 #

火星ってのべつ幕なし大接近してるような・・・w

8

8. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 16:49
  • ID:PTjv996B0 #

天文学マニアにとってはうれしい話
占星術側としては禍々しい話

9

9. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 17:20
  • ID:rCvkRLpR0 #

※7
今だって火星は赤く見えるだろ。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 17:58
  • ID:Mr5v7dlf0 #

人類は火星生まれです
間違いないです

11

11. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 18:47
  • ID:NsHnfqJg0 #

言われなければわからなかった、来週観てみよう 。ところでアンタレスって ドレ?

12

12. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 20:06
  • ID:bJmCDb4r0 #

火星・エウロパ・ガニメデ・エンケラドス・タイタン
いずれかで生命がいれば
ぼぼ100%宇宙人が存在すると
言う事になるんだけどな・・・
太古の火星の海は死海並みに塩分が
高い海だったらしいけどそれでも
生命がいる可能性は捨てきれないし
地下か極地の氷に生命いないかな?

13

13. 匿名処理班

  • 2016年05月10日 21:03
  • ID:EMVGrSpn0 #

火星は赤くて明るく見える。
下にあるアンタレスも赤いけど、ちょい暗い。
左の土星は黄色くて、ちょい暗いよね。
いまの時期、この三つは握りこぶしに収まる位置にあるから、見つけやすいね。

14

14. 匿名処理班

  • 2016年05月11日 23:15
  • ID:zmbDZpzM0 #

未来人がくる理由がこれなのかな?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク