000_e

 「ガラス妄想」とは、自分の体はガラスでできていると信じ込み、壊れやすく粉々に砕け散ってしまうことを極端に恐れる精神障害の一種である。15世紀から17世紀のヨーロッパで顕著にみられたが、現在でもまだこの症状を持った人が存在する。

スポンサードリンク

中世におけるガラス妄想

 ガラス妄想のもっとも有名な例は、中世後期のフランス王シャルル6世だろう。彼は毛布に身を包み、自分の臀部が壊れないようにしたと言われている。

1_e10

 ガラス妄想の例は、ヨーロッパの中世の百科事典に突然現れる。フィクションでの文献もいくつかあるが、もっとも知られているのは、セルバンテスによる1613年の短編集の中の『ガラスの学士』。主人公が催淫剤のつもりで摂取したマルメロ(バラ科の落葉高木)が、ガラス妄想の引き金になってしまったという話だ。

5_e4

 患者は、自分はガラスになったと信じている以外は一見正常で、日常生活もちゃんと機能している。人が近寄りすぎて、壊れやすい手足が粉々になる危険を心配しているだけだ。

 しかし、1830年代には、この妄想の記録は消えてしまう。それは、社会や文化が劇的に変化した影響もあるだろう。この特殊な妄想の症状が表立って現れることはなかった。

近代におけるガラス妄想

 しかし、オランダ、ライデンのエンデギースト精神病院の理事である精神科医アンディ・ラメイジンは、現代のケースも公表している。患者らのカルテを調べていくうちに、この謎めいた妄想の意味を突き止めるチャンスとなった。これはまぎれもないガラス妄想のケースだった。

 ラメイジンは1830年以降の患者の記録を調べあげた。エジンバラの精神病院の歴史文書にある1883年の講義では、300人の女性患者の症状をとりあげている。そのうちのひとりは自分の足がガラスでできていると信じていたという。

 1880年代の別の例は、セルバンテスの『ガラスの学士』の脚注に出てくる。パリの精神病院で当時あったケースについてふれているが、それ以上の詳細はわからない。

2_e8

 ラメイジンはこの現象について講義を行ったり、論文を書いているが、仲間の精神科医が自分のオランダの病院の1930年代にさかのぼる文書の中で、あるケースを発見した。精神病院に入院したその女性は、自分の足と背中がガラスでできていると思い込んでいて、人と接触すると壊れてしまうと怖れ、看護婦も近づくことができなかったという。

 女性は治療を受けて回復したようだ。また別の医者が、1964年からの違う病院のケースを、ラメイジンのところに持ち込んだ。その一方で、ある若者がライデンの大学病院に現れて、自分はガラスでできていると主張した。ラメイジンは、長期に渡ってガラス妄想の症状を示している、現代の生の患者と話すチャンスを逃すまいとした。

患者からのヒアリング

 ラメイジンはこの若者と数時間に渡って会見した。話を歪めないように、壊れやすいとか、透明といった言葉は出さずに、自分がガラスであるということはどういう感じなのかを訊ねた。若者は最初は渋っていたが、そのうち口を開き始めた。

 若者は部屋の窓を指さして、ラメイジンになにが見えるかを訊いた。ラメイジンは外の通りや車やビル、歩く人が見えると答えた。すると、若者は「先生は窓ガラスを見ていない。ガラスがそこにあるのに、先生は見なかった」と言った。そして、「あれはぼく。ぼくはあそこにいるのに、いない。まるで窓のガラスみたいなんだ」

0_e12

 会話は続き、若者はガラスでできているという感覚をさらに詳しく説明した。スイッチを入れたり切ったりするように、そこにいる、いないという感覚を心の中で自由に変えることができるのだという。消えたり、また現われたりできるらしい。


何故現代にガラス妄想が起きるのか?

 話を進めるうち、彼は最近事故にあっていたことが明らかになった。ラメイジンはなぜ現代の人間がガラス妄想の症状を示すのか、ひとつの仮説を考え出した。

 問題の若者は、ガラス妄想を通して、事故後の人間関係の距離の調整をしているという。事故の後、若者の家族は彼に対してやたら過保護になってしまったため、ガラス妄想は自分のプライバシーを取り戻し、やたらと干渉する家族から逃げるための手段だというのだ。

 中世期、特に17世紀には、精神疾患をもつ人にガラス妄想の症状があらわれる理由はたくさんあった。当時は、透明なガラスは珍しい素材だったため、まるで魔法か錬金術のような感覚で見られていたのだ。

 しかし、もうガラスが珍しいものではない現代に、なぜ、再びガラス妄想はあらわれたのか?ガラス妄想を呼び起こす、現代の引き金はなんなのだろうか?

 精神分析医のアダム・フィリップスは、ガラス妄想は、同じ時代の社会と共鳴する力がかなり大きく、壊れやすいこと、透明性、個人の空間に関するさまざまな不安が、現代社会で生きる多くの人々の体験や心配ごとと直接関係しているという。

00_e2

 自分がガラスでできているという感覚は、ますます人があふれ、テクノロジーの進歩に孤立させられる、境界線のない共同体である社会との折り合い方を理解する上で、有効な方法かもしれない。

 『ガラスの足をもつ少女』の著者アリ・ショーは、ガラス妄想はわたしたちのほとんどが多かれ少なかれ体験する、社会不安の極端な結果ではないかと言う。社会でへまをしたり、なにかを破壊してしまう恐怖は、本当は社会的な屈辱の恐怖が誇張されたものだという。

 トロント大学の精神医学の歴史家エドワード・ショーター教授は、17世紀のヨーロッパでは、透明ガラスが比較的新しい素材だったことが、この障害を理解する鍵を握っていると言う。歴史を通して、創造力豊かな潜在意識が、こうした妄想を新しい素材や時代の技術進歩と結びつけてきたと主張する。

 19世紀には、セメント妄想なるものもあらわれた。ちょうどこの頃は新たな建築材料として、セメントが登場したころだ。最近の妄想は、CIAやその他の警備サービスがマイクロ送信機で、人々の考えをダウンロードしているとか、人の心が読めるといった誤まった思い込みがある。

20_e2
19世紀にはセメント妄想もあらわれた。

 現代では、ガラスは特に目新しいものではないが、人の心を奪う力はまだあり、現代社会とうまくやっていく際の、人々の恐怖や希望を反映しているのかもしれない。

via:io9neatorama.bbc.など

 日本でも心が壊れやすいガラスの少年という歌があるように、思春期はとかくガラスのように壊れやすいイメージがある。壊れそうなものばかり集めてしまうのも思春期における特徴だ。でまあ、中には本当に自分をガラスと信じ込んでいる場合もあるわけで、日本におけるガラス妄想の研究ってどの程度進んでいるのだろう?

 私が中学生時代、常に背後に何かの気配をビンビン感じて、いきなり刺されるのが怖すぎて人に背中を見せられず壁に背中を押し付けながらカニ歩きしていたあれも、もしかしたらちゃんとした名前とかあるんだろうか?いや中二病以外で。

▼あわせて読みたい
自分の能力を過小評価するあまり、成功すると周囲を騙しているように感じてしまう「インポスター・シンドローム(詐欺師症候群)」とは?


原因不明な奇病ファイル:世にも奇妙な20のシンドローム(症候群)


日本人が陥りやすい「パリ症候群」とは?


特定の国、民族にしか存在しない10の奇病・症候群


世にも奇妙な10の症候群と奇病、その治療法(※閲覧注意)




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 20:33
  • ID:VzWbA56Y0 #

いつも心はガラスの十代

2

2. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 20:36
  • ID:zvTgUOO20 #

体がガラスでも心はすりガラス

3

3. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 20:39
  • ID:f0hZ7ZxP0 #

心はガラスだけど体は剣で出来ています

4

4. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 20:47
  • ID:YlAxpLAm0 #

人間の心は昔よりも繊細になってると思う。
だから精神疾患も増えている。
もっと人間の心に優しい世の中にならないと、自殺は減らないよ。

5

5. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 20:56
  • ID:ghNj6PaT0 #

自分の体が不思議なのは理解できるなあ
自分のなかには血や肉が詰まっているのを、理解はしているけど実感が伴っていないというか
その延長線上でこんな考えに行き着くのかな

6

6. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 21:02
  • ID:ODcPUN1B0 #

ハート・オブ・グラス / ブロンディー

7

7. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 21:11
  • ID:QnGj0taE0 #

俺はガラスのハートの持ち主

8

8. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 21:18
  • ID:qx77Eysz0 #

※1
よう。おっさん。俺は硝子の少年だわ

9

9. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 21:29
  • ID:k7Cep7DE0 #

伊藤潤二先生の漫画の世界観

10

10. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 21:43
  • ID:TP0AUFzN0 #

精神科で20年以上、心理士してるけど
こういう妄想には会ったことがないな。
自分が蝶々だって人には会ったけど。

11

11. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 22:05
  • ID:0ldzACJc0 #

グラスボーン / 映画『アンブレイカブル』

12

12. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 22:17
  • ID:HzqNtQtQ0 #

ガラス妄想の人はうっかり足の小指をぶつけた時に「俺の小指割れてねぇじゃん!」とはならないのかな…?

13

13. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 22:26
  • ID:XAfeFgg40 #

※6
胃カメラ飲んでその映像リアルタイムで見てたら、なんとなく実感したわ

14

14. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 22:33
  • ID:cX.88AhY0 #

涙も硝子かな

15

15. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 22:56
  • ID:g6cXn1vi0 #

クーロンズゲートというPSのゲームに、妄人(ワンニン)という存在がいたのを思い出しました。
偏執的にモノに執着することによって、モノと人のハザマの存在に化けてしまったのが妄人。妄人になってしまったら、逆に自分がそのモノであると妄想し続けなければ、自我も失い本当にモノになってしまう、という。
元ネタがあるのかわかりませんが、創作でなく中国のタオイズムとか民間伝承で実際に伝えられてたのだとしたら、ガラス妄想のようなものだったのかも。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 23:08
  • ID:LVzQhtC70 #

ガラスと言えば、固体なのか液体なのかという議論があることを去年あたりのニュースで知ったな

17

17. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 23:36
  • ID:7RMLVYkA0 #

ガラスのクレア

18

18. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 23:46
  • ID:NC65YVa90 #

>もしかしたらちゃんとした名前とかあるんだろうか
チープトリック症候群でいいんじゃない

19

19. 匿名処理班

  • 2016年04月15日 23:49
  • ID:Aa8mlHJT0 #

ガラスのクレアさんくらい柔軟性あれば大丈夫だよ!
いや、最後砕けたけどさ

20

20. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 00:22
  • ID:EfkJKCNK0 #

新しいテクノロジーが新しい妄想を産むというのがおもしろいな。
近い将来ドローン妄想(常に上空からドローンに監視されていて不快である)とか、クラウド妄想(自分の意識はクラウド上にあって、この身体にダウンロードされてるけど、他人が勝手に共有しているので困っている)とか登場するんだろうか。

21

21. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 01:44
  • ID:lNMTLTKC0 #

ガラスは固体のような性質を持った液体

22

22. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 02:20
  • ID:pxfsTfjz0 #

ミスター・ガラスはマジでポキポキ折れちゃう人なのではなく、妄想の人だったの?

23

23. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 03:34
  • ID:IrlJXNV60 #

天才だけどガラス製

24

24. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 06:30
  • ID:nsohLH3H0 #

映画「アメリ」に出てきたガラス男も、実は本当に骨が脆いわけじゃなくて、ガラス妄想だったのかな?
だとしたら、アメリに「お前は脆くない」と言った彼自身も本当は脆くなくて、そのことに気付いていないという設定なのかもね。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 06:34
  • ID:3oTXOEVS0 #

毎日食って出してたら、人間本来糞袋、という禅の言葉を思い出すが
それとてガラスの体とかわらん思い込みの一つに過ぎないんだろうね。
だって自分は培養液につかった脳かもしれないし、脳ですらないのかもしれないのだから。

26

26. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 07:31
  • ID:U9CsDJ8Q0 #

ウエディンゴ憑きみたいにちゃんとした原因があるのかもね
根拠は無いけど何かそんな感じがする

27

27. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 10:15
  • ID:D9wBHTLp0 #

谷山浩子の「ガラスの巨人」思いだした。

28

28. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 11:01
  • ID:Y.HzseOv0 #

現代だと自分をアンテナかなんかと勘違いしてる人いるよね

29

29. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 11:48
  • ID:sBQQ9dxE0 #

セルバンテスが短編書いてるよ
ガラスの学士

30

30. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 12:22
  • ID:MkRz1wmu0 #

壊れやすい物ばかり集めてしまうのか?

31

31. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 13:25
  • ID:TWim6JiQ0 #

>人に背中を見せられず壁に背中を押し付けながらカニ歩きしていたあれ
ジョジョ4部かな?

32

32. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 14:00
  • ID:bKzwB.6Z0 #

オレの体は特殊偏光ガラスでできている

33

33. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 14:32
  • ID:f9pP6FFy0 #

臀部が割れないように・・・の部分のせいでその後が何にも頭に入ってこない

34

34. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 15:12
  • ID:J5A7VSul0 #

見た目はバリケードなのに精神はデリケートとか、どんだけヘタレなクリスタルボーイだよ

35

35. みあきち

  • 2016年04月16日 16:32
  • ID:QD7EPslz0 #

「屋根裏部屋に誰かいるんですよ」という本だったかな…その本の内容と関係があるかまでは記憶は曖昧だが、
妄想でよくあるタイプの「電波が命令する」とか「その時代ゝゝ(繰り返し記号)の『先端技術』」がその種の精神疾患に「取り込まれる」、らしいな。
何故現代にガラス妄想が起きるのか?  の段落の「その当時で珍しいモノ」と同質・共通の事例なのだろうが。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 16:45
  • ID:HeHBCYZM0 #

>常に背後に何かの気配をビンビン感じて、いきなり刺されるのが怖すぎて
お風呂場で目をつぶって頭洗ってる時とかに感じる背後や天井の気配みたいな感じで自分も子供の頃は暗い夜道やトイレ行くときにそういう漠然とした恐怖というか漠然とした害意?みたいなの感じて振り返って後ろ向きに歩いたりしてたけど「刺される」みたいな具体性はなかった
「刺される」っていう明確な行為に対する恐怖なのは何故なのかつきとめたらなんか知見が得られる気がする
名前は知らないけど

37

37. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 17:37
  • ID:lSxVtXfS0 #

おっと、心は硝子だぞ

38

38. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 19:21
  • ID:yofFaFb50 #

うーん、その素材について「知らない」ことも
妄想理由の一つのような気がする
日本人はガラスが固体か液体か議論するぐらいには
博学というか探求心旺盛というか…
ケイ素でできてて熱で溶けて
ガラス細工がどうやってできるとか
みんな大体知ってるもんな

39

39. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 20:55
  • ID:pv3fZ5qP0 #

デカルトの著書に狂人の一例として自分をガラスだと思う人がいたな。
突拍子もない例えだと思っていたが実際にある話だったとは。

40

40. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 21:12
  • ID:Jn.NulS10 #

昔よりかはガラス製品が壊れにくくなってからこの妄想が減ったんだろな
こんな障害持ちの人はとにかく自分は壊れやすいって思ってんだろ
昔はソレがガラスだっただけ

41

41. 匿名処理班

  • 2016年04月16日 23:28
  • ID:J.0kEWYn0 #

割れ者注意

42

42. 匿名処理班

  • 2016年04月17日 00:38
  • ID:POxSktYm0 #

アメリにも出てきたよね。

43

43. 匿名処理班

  • 2016年04月17日 12:55
  • ID:JgsV7eo80 #

妄人になれそうやな

44

44. 匿名処理班

  • 2016年04月17日 18:21
  • ID:HECeeWe.0 #

光子力バリアーを編み出した永井豪もガラスの内面性を有してた?

45

45. 匿名処理班

  • 2016年04月17日 21:03
  • ID:bZjhJ7OY0 #

美しいパラノイアだ。

46

46. 匿名処理班

  • 2016年04月17日 22:14
  • ID:Z3kUySQ.0 #

割れ厨かよ

47

47. 匿名処理班

  • 2016年04月18日 09:25
  • ID:po7.SFrF0 #

逆にスライムとかT-1000になっちゃえばいいんだよ

48

48. 匿名処理班

  • 2016年04月18日 13:02
  • ID:65IX3jl.0 #

おっさんが一定数いて安心したよ

49

49. 匿名処理班

  • 2016年04月18日 14:15
  • ID:N7giFvQS0 #

※4
近頃の人間は繊細、というより社会から与えられる外的圧力、
情報ネットワークの広がりと共に露わになっていく他者との能力差故の内的プレッシャー
などが増加しつつある、と思います
狼やバールおじさんからは逃げられても社会が“この時代の正当性”を持って与えてくるプレッシャーからは逃げられませんし、他者と比べれば比べるほど惨めになっていく心は捨てる以外ありません

50

50. 匿名処理班

  • 2016年04月18日 23:20
  • ID:v7FtgXBS0 #

おもいっきりケツ蹴り飛ばしてやれば治るんじゃない?
ホントにガラスで出来てるんじゃなければ。

51

51. 匿名処理班

  • 2016年04月20日 16:20
  • ID:BNGKQMOF0 #

最近知ったんだが、トゥレット症候群というものがある。
人気お笑い芸人の一人がそうだと言われている、「癖」が止まらない症状だ。
【あごを手でたたく癖が止まらなくて、泣きながら5000回も叩いてしまった等】
僕は軽度のトゥレットを持っていて、小学校のころから、
頭をふる、目をしばしばさせる、小さい声で奇声を発する、
今はカウント症状といって、何をするにも「数をカウントしてしまう」
という症状が出ている。
最近になって自分はトゥレット症候群だということを知って、
世の中のほとんどの人は、大なり小なりこの症状があることに気が付いた。
僕の場合はというと、「ちょうど良いところ」「しっくりするところ」
が解らないんだよね。
「ちょうど良いところ、すっきりする感覚」に収まるまで、症状を止めることができない。
このガラスの記事を読んで、この症状も「強い癖=トゥレット症の一種」なんじゃないかなと思った今日この頃。

52

52.

  • 2019年10月23日 05:05
  • ID:MWq.shV20 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク